鹿島アントラーズ


ACL鹿島戦で韓国人選手同士が争い→韓国紙「反日感情が高まったわ」

1: Egg ★ 2018/10/06(土) 06:41:46.03 ID:CAP_USER9
争うクォンスンテとイムサンヒョプ鹿島の元韓国代表GKクォン・スンテが起こした行動を巡り、母国で様々な議論が勃発している。3日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第1戦、水原三星(韓国)戦で3-2と逆転勝利を収めたなか、鹿島GKクォン・スンテが水原三星FWに頭突きを行い警告を受けたが、韓国紙「スポーツ朝鮮」は「水原三星ファンが激怒」「反日感情が高まっている」と波紋が広がり続ける様子を伝えた。

試合は前半2分、鹿島がオウンゴールで失点。さらに同6分、左サイドからボールを奪われ、FWデヤン・ダムヤノビッチに追加点を許した。一方の鹿島は同21分、MFセルジーニョのクロスにFW鈴木優磨が飛び込み、相手のオウンゴールを誘発。1-2で迎えた後半39分にMFセルジーニョの同点弾で追いつき、アディショナルタイム3分にこぼれ球を元日本代表DF内田篤人が流し込んで3-2と劇的な逆転勝利を収めた。

注目を浴びたのは前半44分のシーンだ。水原三星が右サイドからクロスを入れ、鹿島のゴール前で混戦となった。相手のシュートをDF内田とGKクォン・スンテがゴールライン上で阻止し、こぼれ球を巡ってクォン・スンテと相手が接触。GKへのファウルで鹿島ボールの判定となったが、直後に鹿島の守護神が憤怒し、水原三星FWイム・サンヒョプに蹴りを入れ、主審の前で相手FWに頭突きを試みた。一触即発の状況となり、最終的にクォン・スンテが警告を受けている。

韓国紙「スポーツ朝鮮」は「状況だけ見れば、レッドカードでもおかしくない場面だった。2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)決勝当時、フランスのジダンもイタリアのマテラッツィに頭突きして退場した」と指摘。ドイツW杯決勝の延長戦で、フランス代表MFジネディーヌ・ジダンがイタリア代表DFマルコ・マテラッツィに頭突きをお見舞いし、一発退場になった例を引き合いに出している。

記事では「クォン・スンテの行動が日本の仲間たちの闘志に火をつけた」と綴り、逆転勝利の一つのきっかけになったと分析した。その一方で水原三星のファンの反応も伝えている。

「水原三星のファンは激怒した。クラブのSNSを通じて『クラブはアジアサッカー連盟に必ず抗議しなければならない』、『ホームでは必ず勝つ』などの声を上げている」

批判の声も強まるなか、続けて「一触即発。反日感情が高まっている」と言及。鹿島が3-2と先勝したなか、「両チームは24日、水原ワールドカップ競技場で運命の第2戦を繰り広げる。これまで以上に熱い対戦が予想される」と展望した。

クォン・スンテの行為を巡る波紋は、今も広がり続けているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181006-00139429-soccermzw-socc
この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

来世は鹿島サポに生まれ変わりたいなあ

鹿島アントラーズの選手達

この記事の続きを読む

【ACL】準決1stレグ、鹿島が0-2から逆転勝利!内田が劇的決勝弾!

1: プーアル ★ 2018/10/03(水) 20:55:42.79 ID:CAP_USER9
内田が決勝ゴールAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・準決勝ファーストレグが3日に行われ、鹿島アントラーズと水原三星が対戦した。

試合は早い時間に動く。2分、水原三星のヨム・ギフンが右CKをニアサイドに蹴り込むと、ゴール前の内田篤人に当たったボールが自陣ゴールラインを割り、オウンゴールとなった。先制した水原三星は直後の6分、高い位置でボールを奪ったデヤン・ダムヤノビッチがそのまま右足のシュートを流し込んで貴重な追加点を奪った。

ホームで2点を許してしまった鹿島は21分、セルジーニョが右サイドから上げたクロスがオウンゴールを誘発し、1点を返す。さらに終盤の83分、途中出場の西大伍からのラストパスをセルジーニョが流し込み、同点に追いついた。

このままタイムアップかに思われた後半アディショナルタイム4分、セットプレーのこぼれ球を内田が押し込み、鹿島が土壇場で逆転に成功。2つのアウェイゴールを許したものの、鹿島がファーストレグを3−2で制した。セカンドレグは24日に行われる。

【スコア】

鹿島アントラーズ 3−2 水原三星

【得点者】
0−1 2分 オウンゴール/内田篤人(水原三星)
0−2 6分 デヤン・ダムヤノビッチ(水原三星)
1−2 21分 オウンゴール/チャン・ホイク(鹿島)
2−2 84分 セルジーニョ(鹿島)
3−2 90+4分 内田篤人(鹿島)

この記事の続きを読む

【悲報】神戸、鹿島に0-5でフルボッコにされてしまう

1: 久太郎 ★ 2018/09/29(土) 18:06:30.85 ID:CAP_USER9
ゴールを決める鈴木明治安田生命J1リーグ 第28節

神戸 0−5 鹿島

[得点者]
30'レオ シルバ(鹿島)
40'西 大伍  (鹿島)
56'鈴木 優磨 (鹿島)
75'セルジーニョ(鹿島)
90+1'金森 健志(鹿島)

スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
入場者数:23,774人

https://www.jleague.jp/match/j1/2018/092911/live/#live
この記事の続きを読む

鹿島、初のACLベスト4進出!天津権健を2戦合計5-0で撃破!

1: プーアル ★ 2018/09/18(火) 22:34:22.94 ID:CAP_USER9
安部ゴールAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝セカンドレグが18日に行われ、天津権健(中国)と鹿島アントラーズが対戦した。

ファーストレグはレオ・シルバとセルジーニョの得点で鹿島が2−0で先勝。ベスト4進出へ、一歩前進している。中立地・マカオで行われるセカンドレグ、鹿島は鈴木優磨とセルジーニョの2トップで臨んだ。

13分、鹿島は遠藤康のCKをセルジーニョが頭で合わせ、先制に成功する。続く27分、内田篤人が右サイドを突破し、折り返しを安部裕葵が決めて追加点。後半に入り66分、土居聖真がセルジーニョとの連係から決定的な3点目を決めた。

試合は0−3で終了。2試合合計0−5で、鹿島がクラブ史上初のベスト4入りを果たした。準決勝では全北現代(韓国)と水原三星(韓国)の勝者と対戦する。

【スコア】
天津権健 0−3(2試合合計 0−5) 鹿島アントラーズ

【得点者】
0−1 13分 セルジーニョ(鹿島)
0−2 27分 安部裕葵(鹿島)
0−3 66分 土居聖真(鹿島)

この記事の続きを読む

【悲報】昌子、海外には挑戦せず鹿島残留・・・

1: Egg ★ 2018/07/23(月) 07:30:29.67 ID:CAP_USER9
昌子日本代表DF昌子源(25)がロシアW杯後初の公式戦のピッチに立った鹿島は柏に大勝。昌子は欧州クラブからJリーガー史上最高額となる移籍金約5億円の正式オファーを受けていることが22日までに判明したが、鹿島幹部が残留を明言した。

昌子にとっての“再出発”は思わぬ6発大勝劇だった。ロシアW杯ベルギー戦以来の公式戦出場。素早い出足のパスカットで3点目の起点になるなどDFラインに安定感をもたらし、攻撃陣の爆発を後方から支えた。2012年5月19日の札幌戦以来、約6年2か月ぶりの6得点に「最後の方は暑さでしんどかったけど、チームの勝利に貢献できてよかった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

届かなかった「50センチ」の差を埋めるための4年間が始まった。ベルギー戦の後半ロスタイム。相手カウンターを止めようと減速せず約90メートルを猛ダッシュで戻った。それでもスライディングした50センチ先で、決勝点を押し込まれた。「いまだにあのシーンの映像は見られない」と話し、帰国後は体調不良にも見舞われたが、「あの一歩が届くようにならないといけない」と決意しカシマスタジアムに帰還。次期日本代表監督最有力の森保一氏が見守る中で主将マークを巻いてチームを引っ張った。

3試合にフル出場したW杯での活躍が評価され、フランス1部トゥールーズ、ストラスブールなどから正式オファーが届いた。Jリーガー史上最高額の移籍金約5億円のものも含まれていたが、鹿島幹部が「もう決着した。残ります」と話すなど交渉の末に今夏の移籍見送りを決断。リーグ戦暫定10位からの巻き返しを狙い、クラブ初の8強に進出しているACLなど全冠制覇を目指す鹿島に力を注ぐことを決めた。4年後のカタールW杯で絶対的な存在になるべく、ロシアでの悔しさを胸に鹿島で己の力を磨いていく。(岡島 智哉)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180722-00000349-sph-socc
この記事の続きを読む

鹿島CB植田、ベルギー1部に移籍!W杯出番なしの危機感で海外挑戦

1: 3倍理論 ★ 2018/07/12(木) 04:01:27.81 ID:CAP_USER9
植田サッカー日本代表DF植田直通(23)=鹿島=がベルギー1部のセルクル・ブルージュから獲得オファーを受け、完全移籍へ向けた交渉が最終局面を迎えていることが11日、分かった。クラブ間ではすでに大筋合意に至っており、契約の細部やメディカルチェックなどを経て、近日中に両クラブから発表される。植田は16強入りしたロシアW杯でメンバー入りしたものの出場なし。悔しさと危機感を胸に、戦いの場を欧州に移す。

2022年カタールW杯の主力として期待されるセンターバックが海を渡る。セルクル・ブルージュから植田の完全移籍での獲得オファーを受け、交渉を開始。関係者によると、鹿島との契約解除に必要な移籍金(違約金)の満額を支払う提示を受け、クラブ間ではすでに合意に至っているという。セルクル・ブルージュは強豪クラブへの変貌を目指して数年前から長期的な強化計画をスタート。1部昇格を機にさらなる戦力補強を目指す中で植田の能力を高く評価し、複数年契約を提示したとみられる。

植田はロシアW杯ではメンバー入りしたが、DF吉田麻也(29)=サウサンプトン=、昌子源(25)=鹿島=の牙城を崩せず、一度もピッチに立てなかった。かねてからの海外移籍希望に、今大会で味わった「悔しさ」と「危機感」が加わり、海外挑戦の決断を後押ししたようだ。W杯を終えて帰国し、7日に鹿島に合流した後は「もっともっとレベルを上げたい。このままじゃダメだという危機感を感じた」と明かしている。

センターバックは周囲との綿密なコミュニケーションが求められ、屈強なFWと対峙(たいじ)する強さも必要なポジション。語学力や体格の面から日本人には不向きとされ、これまで欧州1部リーグでプレーしたのは元日本代表DF宮本恒靖氏、同DF中田浩二氏に加え、吉田、DF冨安健洋(19)=シントトロイデン=の4人だけ。だからこそ、4年後のカタール大会を見据える挑戦には大きな意味がある。

W杯16強に進出した02年日韓大会、10年南ア大会直後は国内組登録メンバーの欧州挑戦が9例あり、今大会後も日本の奮闘ぶりが欧州スカウトの注目を集めている。ロシアW杯後、海外移籍“第1号”は、ピッチに立つことができなかった植田。南ア大会不出場に終わったDF内田篤人(30)=鹿島=、MF香川真司(29)=ドルトムント=もそれぞれ欧州移籍後に飛躍した。「僕はここが一番好き。落ち着く場所」と話す愛着ある鹿島を離れ、ベルギーから4年後のW杯のピッチを目指す。

◆セルクル・ブルージュ 1899年創立。ベルギー北西部のブルージュに本拠を置く。昨シーズンに同国2部リーグを1位で終え、今季から1部昇格。ホームスタジアムはヤン・ブレイデルスタディオン(2万9268人収容)。チームカラーは緑。主な獲得タイトルはリーグ優勝3回(1910〜11年、26〜27年、29〜30年)、リーグ杯2回(26〜27年、84〜85年)。過去に元デンマーク代表DFで同国代表元監督のオルセン氏、元アイスランド代表FWのグジョンセン氏らが所属。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000015-sph-socc
この記事の続きを読む

鹿島復帰の内田「ブンデスでのプレーを見せ、伝えていく」

1: 数の子 ★ 2018/01/10(水) 22:49:29.43 ID:CAP_USER9
内田J1鹿島の新体制発表記者会見が10日、茨城県内で行われ、独2部リーグのウニオン・ベルリンから復帰した元日本代表DF内田は「ドイツは歴史があり、日本と大きな差がある。僕は日本に帰ってきて、プレーで見せ、伝えていくのが大事」と使命感を語った。

背番号は、2010年夏の渡独までの「2」を再び託された。15年に手術した右膝などの不安は「練習もしている。キャンプもあるし、大丈夫」と否定し、「鹿島は(J1優勝チームに与えられる)シャーレを掲げているのが似合うチーム。みんなで取りにいきたい」と意気込んだ。

FW金崎の背番号は「33」から「10」に変更され、清水からDF犬飼が加入した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00050131-yom-socc
この記事の続きを読む

内田篤人、今冬に鹿島復帰へ!違約金2.7億の正式オファー!背番号2も空き番で用意

1: 動物園φ ★ 2017/12/19(火) 04:27:33.77 ID:CAP_USER9
内田鹿島が元日本代表DF内田篤人(29)の今冬獲得へ向け、ドイツ2部ウニオン・ベルリンに正式オファーを出したことが18日までに分かった。今後はクラブ間交渉や内田本人との契約交渉を行い、合意に達すればドイツ1部シャルケに移籍した2010年7月以来、約8シーズンぶりの復帰となる。内田には右サイドバックとしてだけでなく、クラブの伝統を継承する役割を期待している。

ウニオン・ベルリンとの契約は来夏まで残っており、獲得には違約金200万ユーロ(約2億7000万円)がかかるとみられる。15年6月に右膝の手術を受け、復活に時間を要しているが、もともとフィジカルに頼る選手ではないことから、鹿島は出場機会の増加とともに回復すると判断。リーグ3連覇(07〜09年)を遂げた主力で、クラブが最も大事にする「勝負に徹する」姿勢を継承できる存在だ。

内田は今夏にシャルケからウニオン・ベルリンへ完全移籍したが左太もも裏の肉離れもあり半年間でリーグ戦出場は2試合(先発1)。今月上旬には内田の獲得に尽力したイェンス・ケラー監督も解任され、取り巻く状況は芳しくない。内田にとっても移籍を検討するタイミングで、交渉がスムーズに進む可能性は高い。

鹿島は退団後の8シーズンは「篤人が戻ってくる時に」(鹿島幹部)備えて、内田が背負った2番を空き番にしてきた。悲願のアジア・チャンピオンズリーグ初制覇、リーグ王座奪回へ向け内田獲得を目指す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000028-sph-socc
この記事の続きを読む

川崎、逆転優勝で遂に初タイトル獲得!FW小林悠が23ゴールで得点王!

1: Egg ★ 2017/12/02(土) 15:55:35.56 ID:CAP_USER9
川崎優勝◆明治安田生命J1リーグ 最終節

川崎 5―0 大宮(2日・等々力陸上競技場)

川崎が、逆転で初優勝した。

2位・川崎は17位・大宮戦に5−0で勝利。勝ち点2差の首位・鹿島が5位・磐田とスコアレスで引き分けたため、勝ち点72で並んだが、得失点差で大きく鹿島を引き離している川崎が優勝を決めた。

川崎は前半1分に阿部が先制ゴールを決めると、小林主将がロスタイムに2点目を決めた。後半にも小林が2点を追加。後半ロスタイムに長谷川が5点目を決めた。小林は最終節でハットトリックを達成した。小林は、今シーズン23得点でC大阪・杉本を抜いて得点王に輝いた。

15位・清水、16位・甲府の降格争いは清水が勝ち残り、甲府、新潟、大宮のJ2降格が決まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171202-00000150-sph-socc
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
逆アクセスランク
記事検索