鹿島アントラーズ


欧州強豪クラブと戦った浦和、鹿島、それぞれの監督のコメントの意識の差がすごい

スゴイやつらがやってくる

この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

鹿島、セビージャに2-0で勝利!鈴木優磨が2ゴール!

1: プエルトリコ ★@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 20:02:33.91 ID:CAP_USER9
鈴木ゴール明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017

【スコア】
鹿島アントラーズ 2−0 セビージャ

【得点者】
1−0 72分 鈴木優磨(鹿島)
2−0 90分+1分 鈴木優磨(鹿島)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170722-00616296-soccerk-socc
この記事の続きを読む

"レアルに善戦の鹿島"と"レアルに完敗のユーヴェ"が試合したらどっちが勝つと思う?

鹿島

この記事の続きを読む

【悲報】鹿島、石井監督を解任!ACLでの敗退が決め手に!

1: ホイミン ★@\(^o^)/ 2017/05/31(水) 13:56:51.91 ID:CAP_USER9
石井監督J1鹿島は31日、昨季チームをリーグ優勝に導いた石井正忠監督(50)の解任を発表した。初制覇を狙ったアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)での30日の敗退が決め手となった。後任には大岩剛コーチ(44)が昇格する。

石井監督は2015年7月に就任しヤマザキナビスコ・カップ(現YBCルヴァン・カップ)で優勝。昨季はJ1と天皇杯全日本選手権を制し、クラブワールドカップ(W杯)も準優勝と実績も残した。大型補強を行った今季だが、レオシルバら主力に故障者も出て、ここまでリーグは7勝5敗の7位。5敗は全てホーム試合だった。〔共同〕

http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK30332_R30C17A5000000/
この記事の続きを読む

鹿島MFレオシルバ「森脇さぁ、裁定後に謝っても意味ないだろ」

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/05/10(水) 23:22:02.76 ID:CAP_USER9
森脇レオ・シルバ、裁定後の森脇謝罪斬る「意味はない」

侮辱的発言による2試合の出場停止処分を科された浦和レッズDF森脇について、鹿島アントラーズMFレオ・シルバ(31)が試合後、手厳しい意見を口にした。

「過ち、ミス、人に害を与えた時は、すぐに謝罪すること。ピッチで悪いことが起きたら、試合直後に過ちを認めるのは人生でも一緒。裁定が下されてから謝っても意味はない。日本人は誠実で礼儀正しいところが良いところだが、彼は日本を代表する人に当てはまらないと思う」

発端は4日のリーグ浦和戦にある。試合中の小競り合いの中で、森脇がレオ・シルバに対し「くさい」と発言したと試合後、鹿島MF小笠原が主張し、「言葉の暴力。差別ととらえられてもおかしくない」と訴えた。一方、森脇は小笠原のつばが顔にかかったため、口にした発言だったと主張した。事態を重く見たJリーグは7日に森脇と小笠原を聴取し、9日に森脇に侮辱的発言があったとして処分を下した。

これを受けて森脇は会見を開き、発言について「不適切。多くの人に迷惑をかけたことを心から謝罪しないといけない」と謝罪し、「差別的な発言、言動はなかったことを伝えたい。なかったと理解してくれればと思っている」と語った。

ただ、レオ・シルバは「裁定が下されてから謝っても意味はない」とばっさりと切った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-01821361-nksports-socc
この記事の続きを読む

鹿島「小笠原が正しい」 浦和「森脇が正しい」 Jリーグ「両者呼んで個別聴取するわ」

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/05/07(日) 05:58:37.81 ID:CAP_USER9
森脇4日の浦和―鹿島戦で起きた浦和DF森脇良太(31)による“暴言騒動”を巡る問題で、Jリーグが7日に規律委員会を開き、聞き取り調査を行うことが分かった。森脇と鹿島のMF小笠原満男(38)を個別に招集。双方から直接、騒動に関する事情を聴き、その上で対応や処分を決定する。森脇の暴言発言を巡る問題に対し、Jリーグが調査に乗り出す。

オフ明けの鹿島は6日、騒動の周囲にいた選手に聞き取り調査を行った。その結果、MFレオ・シルバ(31)に対し、森脇が「臭いんだよ、おまえ」と言ったとされる小笠原の言葉に間違いがないことを確認。幹部は「小笠原が言っていることが全てだった。それをJリーグに報告します」とした。

練習後、小笠原は「一切、内容にうそはない。真実はJリーグが調査すれば明らかになっていくことだと思う」と落ち着いた様子で語った。森脇は、小笠原の「おまえだけは入ってくんじゃねぇ、ボケ」という発言が言い合いに発展する発端だったとしているが「そういうことは一切言っていない」と発言自体を完全否定。「いつか誰かが言わないと同じことになると思ったから」と問題提起に至った思いを口にした。

一方、浦和側は5日に森脇の周囲にいた複数の選手から聞き取りを行い、森脇の主張に間違いはなかったとしている。両クラブの言い分は真っ向から対立しており、Jリーグ規律委員会の調査結果が待たれる。

スポニチアネックス 5/7(日) 5:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170507-00000004-spnannex-socc
この記事の続きを読む

侮辱発言疑惑の浦和DF森脇「小笠原選手は僕のこと嫌いなの?逆にショックだわ」

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/05/05(金) 09:22:49.60 ID:CAP_USER9
森脇試合後の小笠原満男(鹿島)の説明によれば、このときに森脇良太(浦和)がレオ・シルバ(鹿島)に対して「臭いんだ、お前」という言葉を浴びせたと言う。また、森脇がこうした発言をするのは今回がはじめてではなく、過去のチームメイトにも同じような発言をしてきたとも。

(中略)

【森脇良太コメント】

──レオ・シルバではなく、小笠原とのやりとりだった?

そうですね。小笠原選手とのやりとりで、そこに3人、4人の選手が詰め寄ってきたというのもあるので、そこでなにを勘違いしたのかわからないですが……。毎試合、毎試合、小笠原選手と激しくやり合うのは今年に限らずありますが、そういうところでボクをよく思っていない部分があるのかもしれないですが……。いま話したのがすべての事実です。彼がなにを主張したのか理解できないですが、ボクの主張はそういう部分です。

──試合後にマッチコミッショナーと会話は?
とくにしていません。

──小笠原やレオ・シルバとは?

まったくないです。小笠原選手は途中で交代していたので。レオ・シルバ選手とは試合後に握手をしましたが、すみません本当に、ボク自身が子どもなので……。「口が臭い」とかそういう発言はもしかしたら慎まないといけないのですが、試合中はカッカしているので、そういうやりとりは少なからず1回、2回は……。もちろん、あってはいけないのですが、タマにやってしまうのがボクの反省点で、たとえばその言葉がポルトガル語かなにかで、差別的な発言に近いような、似ているような発音だったのあれば、もっとレオ・シルバ選手がむき出しで怒ってくる。ボクはそう思います。彼の対応を見たら、そういうふうにはボクは思わなかったです。

──毎試合のように激しくやり合うなか、なぜ小笠原が今回怒ったと思う?
小笠原選手がボクのことを嫌いなのではないでしょうか。毎試合バトルしている部分があるので小笠原選手からしたらボクは後輩なので、「このクソ年下が」と──。もしかしたら、そう思っている部分があるのかもしれません。そこはわからないですが、なぜそこまで言ったのか、ボクにはわからないです。

──(小笠原は)メディアに伝えたかったようだが?
それはボクが聞きたいです。一番ショックを受けています。なぜなのだろうというのが一番です。いま話したことが試合中に起きたすべての事実なので、なにが侮辱的で、なにが気に障ったのか彼に聞いてもらいたいです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00010003-theworld-socc

【関連記事】
浦和DF森脇、鹿島の選手に「臭いんだよ!」と侮辱発言・・・本人は否定
http://blog.livedoor.jp/soccerkusoyarou/archives/2051668.html
この記事の続きを読む

浦和DF森脇、鹿島の選手に「臭いんだよ!」と侮辱発言・・・本人は否定

1: @Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/04(木) 19:28:47.65 ID:CAP_USER9
森脇白熱の首位攻防戦で両チームが“衝突”した。鹿島アントラーズが1-0とリードして迎えた後半34分、敵陣の右コーナー付近でMF土居聖真とDF伊東幸敏がボールキープに入ると、そこに浦和レッズのDF槙野智章とFW興梠慎三が割って入り、激しいボールの奪い合いとなった。

結局、鹿島のファウルで浦和ボールの判定となったが、笛が鳴ったあとに興梠が土居を突き飛ばしたことに鹿島の選手が激高。両チームの選手が入り混じっての小競り合いに発展すると、中でもMF小笠原満男とDF森脇良太が激しく言い合い、周囲の選手が2人を引き離し、両者をなだめる事態になった。

試合後のミックスゾーンで小笠原は森脇にMFレオ・シルバに対して「臭いんだよ」という侮辱的な発言があったと主張したが、森脇はその後、報道陣に対して完全否定し、両者の言い分は真っ向から対立した。

森脇によると、小競り合いに加わった際、「最初に小笠原選手から『お前だけは入ってくるんじゃねえ』と言われて、それに対して『うるせー、ボケ』という感じの口調で返した。 何人かの選手が僕に詰め寄ってきてたくさんのつばがかかったので、子供の喧嘩みたいで恥ずかしいけど、『口が臭いんだよ』と言った。そのあとチームメイトに止められて離された」と、やり取りの詳細を自らの口で語った。

森脇は侮辱的な発言はしていないと繰り返し、「小笠原選手が何を勘違いしたのか分からない。試合中にカッカして、子供じみた発言をすることはあっても、だれかを侮辱するような発言は一回もしたことがない」と強調。

鹿島側は小笠原らから状況をヒアリングしたうえで、「マッチコミッショナーに対して、試合中にあった事案として森脇選手からの暴言があったということで報告した」と話すにとどめた。

ゲキサカ 5/4(木) 19:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-01639403-gekisaka-socc
この記事の続きを読む

鹿島が浦和に1-0勝利!金崎弾で首位浮上!浦和は対鹿島3連敗

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/05/04(木) 15:57:31.33 ID:CAP_USER9
金崎ごる2017明治安田生命J1リーグ第10節が4日に行われ、浦和レッズと鹿島アントラーズが対戦した。

昨季の明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ決勝の再戦となったこの一戦には、57,447人のファン・サポーターが埼玉スタジアム2002に駆けつけた。

ホームの浦和は前節の大宮アルディージャ戦から、スタメンを2名変更。3バック中央は遠藤航に代わって、那須大亮が今季初のスタメン入り。ボランチは阿部勇樹と青木拓矢がコンビを組む。対する鹿島も前節のサガン鳥栖戦から2名を変更。右サイドバックに伊東幸敏が起用され、西大伍が左サイドバックを務める。ボランチはレオ・シルバと小笠原満男の組み合わせとなった。

24分、小笠原からのパスをエリア手前で受けた金崎夢生が反転から強引に持ち込み、左足を振り抜く。このシュートが森脇良太に当たり、コースが変わってゴールイン。アウェイの鹿島が先制に成功する。

追いかける浦和は33分、セットプレーのチャンスを得ると武藤雄樹のFKに青木が頭で合わせたが、わずかに枠を外れた。さらに前半終了間際の45分には、CKの跳ね返りを森脇がダイレクトで狙う。しかし、このシュートも枠を捉えられず。前半は鹿島の1点リードで折り返す。

後半に入り最初の決定機は65分、ペドロ・ジュニオールのスルーパスに抜け出した金崎がシュートを放つも、右のポストに直撃。対する浦和は75分に前線に上がってきた槙野智章が右足でコースを狙ったシュート。しかし、このシュートも右のポストに弾かれた。

試合は0−1で終了。勝ち点3を積み上げた鹿島は、浦和を抜いて暫定首位に浮上。一方の浦和は2連敗となった。

次戦、両チームは10日にAFCチャンピオンズリーググループステージ第6戦を控える。浦和は敵地で韓国のFCソウルと対戦。鹿島はホームにタイのムアントン・ユナイテッドを迎える。

【スコア】
浦和レッズ 0−1 鹿島アントラーズ

【得点者】
0−1 24分 金崎夢生(鹿島)

SOCCER KING 5/4(木) 15:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-00583634-soccerk-socc
この記事の続きを読む

セレッソ大阪が鹿島に完封勝利www決勝弾は山村wwwwww

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 17:04:29.02 ID:CAP_USER9
山村[4.8 J1第6節2日目]

◼鹿島アントラーズ 0-1 セレッソ大阪 [カシマ]

[C]山村和也(46分)

8日に明治安田生命J1リーグ第6節が行われ、鹿島アントラーズとセレッソ大阪が対戦した。

雨が降りしきる中キックオフの笛が吹かれた一戦は、両チームとも激しい入りを見せ、得点が簡単に生まれないことを示唆させる展開に。先に攻撃面で顔をのぞかせ始めたのはC大阪。杉本健勇のポストプレーから山村和也がクロスバー直撃のシュートを放ち、スタジアムを沸かせる。

それでも勝者のメンタリティがピッチに立つ11人に染み込む鹿島は、しっかりと受けきり、見せ場も作っていく。しかし、45分間でゴールは生まれることなく、前半はスコアレスで折り返す。

ハーフタイム前からチャンスを生み出し続けていたC大阪の努力は後半開始早々に実る。関口訓充が右サイド深い位置からクロスを上げると、マークを外し、ニアへ飛び出してきた山村が頭で合わせる。ボールはポストに当たりながら、ラインを越えて、ついに試合が動く。

反撃に出たい鹿島だが、ユン・ジョンファン監督仕込みのハードワークで、C大阪の激しいプレスとカウンターに苦しむ。C大阪は72分に丸橋祐介が競り合いで、頭から出血するアクシデントが発生するが、包帯を巻いてピッチに戻ってきて、なおも高い集中力を見せ続ける。

終盤は鹿島がハーフコートゲームを展開し、C大阪を自陣に押し込むが、身体を張った守備の前に決定的なシーンは生み出せず。C大阪が1−0で逃げ切り、3連勝。一方、鹿島の連勝は4で止まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000022-goal-socc
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
人気記事
逆アクセスランク
記事検索