ACL


ACL鹿島戦で韓国人選手同士が争い→韓国紙「反日感情が高まったわ」

1: Egg ★ 2018/10/06(土) 06:41:46.03 ID:CAP_USER9
争うクォンスンテとイムサンヒョプ鹿島の元韓国代表GKクォン・スンテが起こした行動を巡り、母国で様々な議論が勃発している。3日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第1戦、水原三星(韓国)戦で3-2と逆転勝利を収めたなか、鹿島GKクォン・スンテが水原三星FWに頭突きを行い警告を受けたが、韓国紙「スポーツ朝鮮」は「水原三星ファンが激怒」「反日感情が高まっている」と波紋が広がり続ける様子を伝えた。

試合は前半2分、鹿島がオウンゴールで失点。さらに同6分、左サイドからボールを奪われ、FWデヤン・ダムヤノビッチに追加点を許した。一方の鹿島は同21分、MFセルジーニョのクロスにFW鈴木優磨が飛び込み、相手のオウンゴールを誘発。1-2で迎えた後半39分にMFセルジーニョの同点弾で追いつき、アディショナルタイム3分にこぼれ球を元日本代表DF内田篤人が流し込んで3-2と劇的な逆転勝利を収めた。

注目を浴びたのは前半44分のシーンだ。水原三星が右サイドからクロスを入れ、鹿島のゴール前で混戦となった。相手のシュートをDF内田とGKクォン・スンテがゴールライン上で阻止し、こぼれ球を巡ってクォン・スンテと相手が接触。GKへのファウルで鹿島ボールの判定となったが、直後に鹿島の守護神が憤怒し、水原三星FWイム・サンヒョプに蹴りを入れ、主審の前で相手FWに頭突きを試みた。一触即発の状況となり、最終的にクォン・スンテが警告を受けている。

韓国紙「スポーツ朝鮮」は「状況だけ見れば、レッドカードでもおかしくない場面だった。2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)決勝当時、フランスのジダンもイタリアのマテラッツィに頭突きして退場した」と指摘。ドイツW杯決勝の延長戦で、フランス代表MFジネディーヌ・ジダンがイタリア代表DFマルコ・マテラッツィに頭突きをお見舞いし、一発退場になった例を引き合いに出している。

記事では「クォン・スンテの行動が日本の仲間たちの闘志に火をつけた」と綴り、逆転勝利の一つのきっかけになったと分析した。その一方で水原三星のファンの反応も伝えている。

「水原三星のファンは激怒した。クラブのSNSを通じて『クラブはアジアサッカー連盟に必ず抗議しなければならない』、『ホームでは必ず勝つ』などの声を上げている」

批判の声も強まるなか、続けて「一触即発。反日感情が高まっている」と言及。鹿島が3-2と先勝したなか、「両チームは24日、水原ワールドカップ競技場で運命の第2戦を繰り広げる。これまで以上に熱い対戦が予想される」と展望した。

クォン・スンテの行為を巡る波紋は、今も広がり続けているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181006-00139429-soccermzw-socc
この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

【ACL】準決1stレグ、鹿島が0-2から逆転勝利!内田が劇的決勝弾!

1: プーアル ★ 2018/10/03(水) 20:55:42.79 ID:CAP_USER9
内田が決勝ゴールAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・準決勝ファーストレグが3日に行われ、鹿島アントラーズと水原三星が対戦した。

試合は早い時間に動く。2分、水原三星のヨム・ギフンが右CKをニアサイドに蹴り込むと、ゴール前の内田篤人に当たったボールが自陣ゴールラインを割り、オウンゴールとなった。先制した水原三星は直後の6分、高い位置でボールを奪ったデヤン・ダムヤノビッチがそのまま右足のシュートを流し込んで貴重な追加点を奪った。

ホームで2点を許してしまった鹿島は21分、セルジーニョが右サイドから上げたクロスがオウンゴールを誘発し、1点を返す。さらに終盤の83分、途中出場の西大伍からのラストパスをセルジーニョが流し込み、同点に追いついた。

このままタイムアップかに思われた後半アディショナルタイム4分、セットプレーのこぼれ球を内田が押し込み、鹿島が土壇場で逆転に成功。2つのアウェイゴールを許したものの、鹿島がファーストレグを3−2で制した。セカンドレグは24日に行われる。

【スコア】

鹿島アントラーズ 3−2 水原三星

【得点者】
0−1 2分 オウンゴール/内田篤人(水原三星)
0−2 6分 デヤン・ダムヤノビッチ(水原三星)
1−2 21分 オウンゴール/チャン・ホイク(鹿島)
2−2 84分 セルジーニョ(鹿島)
3−2 90+4分 内田篤人(鹿島)

この記事の続きを読む

鹿島、初のACLベスト4進出!天津権健を2戦合計5-0で撃破!

1: プーアル ★ 2018/09/18(火) 22:34:22.94 ID:CAP_USER9
安部ゴールAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝セカンドレグが18日に行われ、天津権健(中国)と鹿島アントラーズが対戦した。

ファーストレグはレオ・シルバとセルジーニョの得点で鹿島が2−0で先勝。ベスト4進出へ、一歩前進している。中立地・マカオで行われるセカンドレグ、鹿島は鈴木優磨とセルジーニョの2トップで臨んだ。

13分、鹿島は遠藤康のCKをセルジーニョが頭で合わせ、先制に成功する。続く27分、内田篤人が右サイドを突破し、折り返しを安部裕葵が決めて追加点。後半に入り66分、土居聖真がセルジーニョとの連係から決定的な3点目を決めた。

試合は0−3で終了。2試合合計0−5で、鹿島がクラブ史上初のベスト4入りを果たした。準決勝では全北現代(韓国)と水原三星(韓国)の勝者と対戦する。

【スコア】
天津権健 0−3(2試合合計 0−5) 鹿島アントラーズ

【得点者】
0−1 13分 セルジーニョ(鹿島)
0−2 27分 安部裕葵(鹿島)
0−3 66分 土居聖真(鹿島)

この記事の続きを読む

【悲報】セレッソのACL軽視に海外記者がブチ切れ「追放されろ!」

1: Egg ★ 2018/04/18(水) 18:39:01.14 ID:CAP_USER9
セレッソJ1・セレッソ大阪が、アジア最強クラブを決めるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)広州恒大戦に、直前のJリーグの試合から先発を10人入れ替えて臨んだことが賛否を呼んでいる。

C大阪は広州恒大に敗れ、他の試合の結果から敗退が決定した。メンバー大幅入れ替えが「ACLの軽視」と映った海外のジャーナリストから「追放されるべき」と非難が飛んだ。一方で、過密日程などを考慮して理解を示す声もある。

C大阪は2018年4月17日ACLグループステージG組第6節、広州恒大(中国)とのアウェー戦に1-3で敗戦。ACLは4チームのリーグ戦(ホーム&アウェーの総当たりで6試合ずつ)を行い勝ち点上位2チームが次のステージに進める方式をとる。G組はもう1試合の結果次第では進出の可能性があったが、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)が済州ユナイテッド(韓国)を破ったことで、広州とブリーラムの進出が決定。C大阪は敗退することとなった。

広州戦のC大阪はメンバーを大幅に入れ替えて臨んだ。直前の試合、14日のJ1第8節・FC東京戦から、不動の守護神GKキム・ジョンヒョンをはじめ、先発10人を変更した。FW柿谷曜一朗やFW高木俊幸ら、主力の多くはベンチにも入らなかった。結果的に、今季Jから3クラブしか出場していないアジア最高峰の大会から早々と姿を消すことになった。

そもそもなぜメンバーを大幅に変えたか。スポーツニッポンの18日付の報道によればユン・ジョンファン監督は「ACLよりJリーグを優先しているのか?」と聞かれ、「今年、ACLよりJリーグに重点を置いているのは事実です」と明言した。主力を休ませたというわけだ。

メンバーを落としたC大阪に、オーストラリアのサッカージャーナリスト、スコット・マッキンタイヤー氏から厳しい批判が飛んだ。ツイッターで17日、「セレッソ大阪はACLを完全に嘲笑している。突破を確実にするためには勝たなければならない試合にもかかわらず、全くのリザーブチームで試合を始めた。大会規約に反しているのになぜ許容されるのか、何度も尋ねた。だが、何の応答もなかった。彼らは追放されるべきだ」(英文を編集部で和訳。以下同)と投稿したのだ。

「選手起用はクラブの自由だろう」という意見には、「いや、それは違う。これはACLの規約だ」と反論し、主催のアジアサッカー連盟(AFC)の大会規約を提示した。そこには、「大会を通して最強のチームで試合をすること」という項目がある。

マッキンタイアー氏は「他のJリーグクラブへの影響」も指摘した。「大会結果は、その国の将来のACL出場枠に大きく関わる」として、「私がACL出場を念願としているJリーグクラブの人間であれば、今の出場クラブがしていることに激怒するだろう」と不満を募らせた。なおオーストラリアはAFCの加盟国だ。

(以下、略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000008-jct-ent
この記事の続きを読む

【悲報】ACL、日本勢は鹿島以外全滅・・・

1: 動物園φ ★ 2018/04/17(火) 22:00:32.27 ID:CAP_USER9
ACLサッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は17日、各地で1次リーグ最終戦が行われ、既に1次リーグ突破を決めていたH組の鹿島はホームで水原(韓国)に0―1で敗れ、勝ち点9で同組2位となった。

G組のC大阪は敵地で広州恒大(中国)に1―3で敗れ、勝ち点8の3位で敗退した。

川崎と柏も最終戦を残して敗退が決まっており、日本勢は2013年以来5年ぶりに16強入りが1チームだけとなった。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000123-jij-spo
この記事の続きを読む

ACLを欧州のCLみたいに盛り上がらせるにはどうすればいいの?

ACL

この記事の続きを読む

セレッソ、日本勢唯一のACL白星スタート!水沼が土壇場決勝弾!

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/02/14(水) 21:41:09.96 ID:CAP_USER9
水沼アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ1節グループG・済州ユナイテッド対セレッソ大阪の一戦が2月14日済州ワールドカップスタジアムで行なわれ、C大阪が1-0で勝利を収め、白星スタートを切った。

C大阪はゼロックス・スーパーカップを欠場したソウザがスタメンに復帰。GKは韓国代表GKのキム・ジンヒョン、DFは右から松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介と入り中盤はボランチに日本代表の山口蛍とソウザ。左MFに清武弘嗣、右MFに水沼宏太、2トップは柿谷曜一朗と杉本健勇の新旧日本代表コンビとなった。

試合は、C大阪が圧倒的にボールを支配。前半途中で70%を超えるポゼッションを誇ったが、済州も堅い守りでゴールを許さない。

試合終盤には、プレーの流れのなかで清武と相手選手がもつれ、両軍が入り乱れて熱くなるシーンも。このプレーで清武と済州のパク・ジンポにはイエローカードが提示された。結局前半は0-0で終了。

後半もボールを支配するC大阪に対して、済州はロングフィードでディフェンスラインの裏に大きく放り込んでくる展開に終始。61分には、C大阪ゴール前に際どいクロスが入ると、飛び込んだGKキム・ジンヒョンに対して、警告を受けているパク・ジンポがアフター気味に足の裏を見せて激突。しかし、このプレーにはイエローカードは提示されず、C大阪のユン・ジョンファン監督も激昂して第4審判に詰め寄るシーンも。

さらにその直後には、柿谷のポストプレーに対して、相手DFが身体ごと掴みかかるようなタックルでファウル。再びユン・ジョンファン監督が声を荒げてアピールすると、バーレーン人主審にたしなめられる一幕もあった。

C大阪は65分すぎ、左サイドでボールを奪うと、杉本、柿谷のパス交換から清武が右足で強烈なシュートを放つ。しかし、これは相手GKの好守に阻まれ、ゴールネットを揺らすには至らない。

終盤に入ると、C大阪のペースも落ち、済州に攻勢を許す時間帯も見られたが、後半アディショナルタイムの93分、途中出場の高木俊幸のシュートのこぼれ球を水沼が押し込み、これが決勝点。C大阪が土壇場で飛び出したゴールで白星スタートを切った。

C大阪は次節(21日)、ホームのヤンマースタジアム長居で広州恒大と対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180214-00035690-sdigestw-socc
この記事の続きを読む

【悲報】Jリーグ王者の川崎、ACL初戦で黒星スタート→叩かれる

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/02/13(火) 20:58:04.69 ID:CAP_USER9
エウケソンゴールAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018グループステージ第1節が13日に行われ川崎フロンターレ(日本)と上海上港(中国)が対戦した。

J1王者・川崎は10日に行なわれたFUJI XEROX SUPER CUP 2018からスタメンを4名変更。エウシーニョ、大島僚太、大久保嘉人らがスタメンに名を連ねた。対する上海上港は元ブラジル代表のオスカルやフッキらが先発出場を果たしている。

23分、左サイドからのクロスを受けたエウケソンが胸トラップから右足を振り抜く。GKチョン・ソンリョンが触ったものの、シュートはゴールに吸い込まれた。前半は川崎の1点ビハインドで折り返す。

後半に入り70分、大久保のパスに家長昭博が抜け出し、GKと1対1の場面を迎える。しかしながら、シュートは枠を捉えられず。

試合は0−1で終了。川崎のACL初戦は黒星スタートとなった。次戦は20日、川崎はアウェイで蔚山(韓国)と対戦する。

【スコア】
川崎フロンターレ 0−1 上海上港

【得点者】
0−1 23分 エウケソン(上海上港)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00714862-soccerk-socc
この記事の続きを読む

柏、ACLプレーオフを3-0で制して本戦出場権を獲得!クリスティアーノ2発

1: Egg ★ 2018/01/30(火) 20:52:38.85 ID:CAP_USER9
クリスティアーノゴールAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・プレーオフが30日に行われ柏レイソルとムアントン・ユナイテッドが対戦した。

立ち上がりから攻勢に出た柏は23分、右サイドからのクロスに新加入の江坂任が右足ボレーで合わせたが、わずかに枠の右へ逸れた。32分にはペナルティエリア内右に抜け出したクリスティアーノが右足で狙ったが、ここはGKに阻まれた。

試合が動いたのは後半立ち上がりの51分。スルーパスでエリア内右に抜け出した伊東純也がドリブルでDFをかわし、ゴール前へラストパス。これをクリスティアーノが冷静に流し込み柏が先制に成功した。

勢いに乗る柏は62分、伊東からスルーパスを受けたクリスティアーノがドリブルでDFを抜き去りエリア内右に侵入。右足のシュートをゴール左下に決め、貴重な追加点を奪った。

その後はムアントンがチャンスを作る場面もあったが、柏がGK中村航輔を中心とした堅い守備でゴールを許さない。逆に終了間際の89分にはエリア内でパスを受けた伊東がダメ押しとなる3点目を決め、勝負あり。

試合はこのまま3−0でタイムアップを迎え、柏が3年ぶり4度目となるACL本戦出場権を獲得した。

【スコア】
柏レイソル 3−0 ムアントン・ユナイテッド

【得点者】
1−0 51分 クリスティアーノ(柏)
2−0 62分 クリスティアーノ(柏)
3−0 89分 伊東純也(柏)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00708856-soccerk-socc
この記事の続きを読む

【悲報】ACLベストイレブン、浦和から0人(※アルヒラルからは4人)

1: 豆次郎 ★ 2017/11/28(火) 16:09:53.60 ID:CAP_USER9
浦和アジアチャンピオンズ・リーグ(ACL)は、浦和レッズの10年ぶり2度目の戴冠で幕を閉じた。その歓喜の瞬間から2日が経った11月27日、アジアサッカー連盟(AFC)は今大会のベストイレブンを発表している。

驚くべきは、その11人の中に浦和のメンバーが一人も選出されていないこと。大会MVPに選ばれた柏木陽介はもちろん、決勝の2試合で2ゴールをマークしたラファエル・シルバや、キャプテンとしてチームを牽引した阿部勇樹や闘志あふれる守備を見せた槙野智章の名前もなかった。

その一方で、準優勝に輝いたアル・ヒラルからは決勝の第2レグを欠場したカルロス・エドゥアルドや大会得点王に輝いたオマル・ハリビンなど最多の4人が選ばれた。その他には8月に広州恒大からバルセロナへ移籍したブラジル代表MFのパウリーニョなどが選出されている。

いずれにしても優勝チームであり、今大会のフェアプレー賞も獲得した浦和のメンバーの名前が記されていないことには疑念を抱かざるを得ない。AFCの選考基準は定かではないが、この11人が本当に“ベスト”イレブンと呼べるのだろうか。

以下、AFCが発表した2017年のACLベストイレブン

【GK】
ヤシル・アル・ムサイリム(アル・アハリ)

【DF】
モハンメド・アルブライク(アル・ヒラル)
オサマ・ハウサウィ(アル・ヒラル)
フォン・シャオティン(広州恒大)
ホセイン・マヒニ(ペルセポリス)

【MF】
オマル・アブドゥラフマン(アル・アイン)
パウリーニョ(広州恒大→バルセロナ)
アラン(広州恒大)
カルロス・エドゥアルド(アル・ヒラル)

【FW】
オマル・ハルビン(アル・ヒラル)
フッキ(上海上港)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171128-00033094-sdigestw-socc
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
逆アクセスランク
記事検索