Jリーグ


俊さんの磐田移籍の理由はマリノスの環境の悪さ・・・食事はファミレス、風呂場はなし

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/18(土) 19:47:34.49 ID:CAP_USER9
「俊さん、今日の食事どうします?ガスります?マリノスタウンそれともロイホ?」

 2015年終了と同時に、年間使用料6億円で結んでいたマリノスタウンの定期借地契約が満了となったため、昨シーズンの1年間、横浜F・マリノス(以下FM)選手の間では、冒頭のような会話が飛び交っていた。

 かつて、マリノスタウンには4面のグラウンド、レストラン、ケアルームを完備するクラブハウスが隣接していたため、選手は練習後を心配する必要はなかった。

 それも昔の話。昨シーズン選手たちは練習場を転々とした。そこは風呂なし、ケアルームなし。当然、食事する施設もなく、冒頭の会話のようにファミレスの名前が挙がるのだった。

 「練習用具を管理する場所もないからホペイロ(用具係)が毎回ワゴン車から出し入れし、選手も手伝っていたほど。J1とは到底思えない、まるで企業からサポートを受けられなかった1980年代の日本サッカーリーグに戻ったかのようだった。俊輔はなによりも体のケアを大事にする。こんな環境ではやっていけないと不満を募らせたことが、移籍へと繫がった」(担当記者)

 年始早々、サポーターを驚かせた中村俊輔(38)の磐田への移籍には、こうした事情が隠されていた。

(中略)

 「今回の移籍は、マリノスの環境に不満を持った俊輔から持ちかけたもの。彼ほどマリノスタウンを有効に使っていた選手はいない。午前練習時もゆっくり風呂に入り、カロリー計算された食事をし、マッサージを受け、昼寝までしていた。施設から出るのは夕方過ぎ。じつは子供が4人いて、自宅では落ち着けないこともあったからだった」

 2013年、年間MVPに輝いたとき、俊輔はこう挨拶した。「この受賞は、ひとえに素晴らしい環境で日々練習できたからです」

 現役生活最終章の決断はカネやファンよりも、よりよい職場環境を選んでのことだった。俊輔の再挑戦が始まる――

2017年2月18日 12時0分 Smart FLASH
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12691464/
この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

【ゼロックス杯】鹿島が浦和に3-2で勝利!今季初タイトル獲得

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/18(土) 15:28:15.68 ID:CAP_USER9
ゼロックススーパーカップ鹿島

会場/日産スタジアム 観衆/48,250人

【スコア】
鹿島アントラーズ 3‐2 浦和レッズ

【得点者】
[鹿]遠藤康(39分)
[鹿]遠藤康(43分)
[浦]興梠慎三(74分)
[浦]武藤雄樹(75分)
[鹿]鈴木優磨(83分)

【ラインアップ】
・鹿島アントラーズ
クォンスンテ、西大伍、植田直通、昌子源、三竿雄斗(後半37分山本脩斗)、
小笠原満男、レオ・シルバ(後半24分永木亮太)、遠藤康、土居聖真、
金崎夢生(後半20分鈴木優磨)、ペドロ・ジュニオール
(控え:曽ヶ端準、町田浩樹、レアンドロ、金森健志)

・浦和レッズ
西川周作、森脇良太、遠藤航、宇賀神友弥、駒井善成(後半19分長澤和輝)、
青木拓矢、阿部勇樹、菊池大介(後半19分関根貴大)、
李忠成(後半0分興梠慎三)、武藤雄樹、ズラタン
(控え:榎本哲也、那須大亮、平川忠亮、矢島慎也)

Jリーグ公式
http://www.jleague.jp/sp/match/fxsc/2017/021801/livetxt/
この記事の続きを読む

欅坂46影山さん「サンフレのベストイレブン選んだよ!」→叩かれる

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/15(水) 12:18:45.80 ID:CAP_USER9
 私のサッカーのルーツは両親です。父は昔から景山さん日本代表の試合になると、アウェーゲームまで応援しに行くほどのサッカー好きでした。母も一緒に試合についていくうちに好きになったそうで、物心ついた時から影山家にはサッカーがありました。どんなことがあっても、サッカーの話をすればみんなが笑顔になる――。私や家族にとって、サッカーは本当に大きな存在です。

(以下、略)

 今回、この場をお借りして、大好きなサンフレッチェ広島の歴代ベストイレブンを私なりに選ばせて頂きました。

【影山優佳さん選出のサンフレッチェ広島歴代ベストイレブン】
(システム:3-4-2-1)
GK:西川周作(2010〜13)
DF:田中マルクス闘莉王(2001〜02)、千葉和彦(2012〜)、森脇良太(2004〜05、08〜12)
ボランチ:サンパイオ(2003〜04)、青山敏弘(2004〜)
ウイングバック:槙野智章(2006〜10)、ミキッチ(2009〜)
シャドー:久保竜彦(1995〜2002、08〜09)、佐藤寿人(2005〜16)
センターフォワード:浅野拓磨(2013〜16)

 GKは絶対的な守護神の西川選手です。スーパーセーブに加えて、ロングフィードで攻撃の起点にもなっていて、チームプレーの中でも重要な役割を担ってくれるんじゃないかなと。一般的に、GKは手でボールを掴むイメージのポジションですが、足もとの技術も高くて、全身を使ってプレーする姿が凄いなと思います。

 3バックはリベロに闘莉王選手、ストッパーに千葉選手と森脇選手を選びました。闘莉王選手は在籍期間は長くなかったですが、空中戦に強くて、ロングボールもしっかりと撥ね返してくれる。溢れんばかりの闘志で、最終ラインを統率してくれると思います。千葉選手と森脇選手は、実は私がサンフレッチェ広島を好きになるきっかけとなったふたりです。『やべっちF.C.』の「デジっちが行く!」のコーナーで、一発芸をしたりしてチームを盛り上げていたのが印象的でした。とても面白くて大好きなんですが、キャラクターだけではなく、ふたりには得意のビルドアップでも活躍してほしいです。

 ウイングバックは左が槙野選手、右はミキッチ選手です。槙野選手はサイドを駆け上がる攻撃参加と、守備でも仕掛けてきた相手を前線で止めているイメージがあるので、ディフェンダーですが、サイド(ウイングバック)に置きました。ミキッチ選手はスプリント能力が素晴らしくて、突破からクロスという確固たる攻撃の形があります。ぜひ、私が選んだチームでも、サイドの攻防を制して、攻撃の中心になってくれると信じています。

http://news.livedoor.com/article/detail/12674807/
この記事の続きを読む

DAZNのジェームズCEO「Jリーグファンを2000万人に増やしたい」→叩かれる

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 20:19:48.39 ID:CAP_USER9
 Jリーグは、2月25日からの開幕に向けたメディア向けジェームズCEOイベント「2017 Jリーグ キックオフカンファレンス」を開催。今季からJリーグの生中継配信を行う映像配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」のジェームズ・ラシュトンCEOも駆けつけ、サービスの狙いやJリーグの魅力を改めて語った。

 ジェームズCEOのスピーチは、Jリーグの中西大介専務理事とのトークセッションという形で展開。これに先立ちあいさつに立ったJリーグの村井満チェアマンが「(今年で25年目を迎える)Jリーグの次の25年を作る頼もしいパートナー」と述べ、中西氏も、パフォームグループがイギリスの企業であることにかけ「シェイクスピアよりチャーチルよりも大事なパートナー」と、大きな賛辞を持ってジェームズ氏を紹介した。

 そのジェームズ氏は日本のファンはスポーツに対する情熱が高いこと、各チームの戦力が拮抗していて多くのチームに優勝の可能性があることなどがJリーグの魅力だとし、「とても大きなポテンシャルがJリーグにはある」とコメント。パフォームグループとしてJリーグに大きく投資をすることで「現在Jリーグには1,000万人のファンがいるが、それを1,500万人、2,000万人へと広げていきたい」と語る。

(以下、略)

2017年02月13日
http://www.phileweb.com/news/d-av/201702/13/40537.html
この記事の続きを読む

今のJリーグってアジアで何番目のリーグだと思う?

J

この記事の続きを読む

【朗報?悲報?】Jリーグ、格差社会突入へ

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/10(金) 10:01:47.44 ID:CAP_USER9
 Jリーグが格差社会に突入!?J

 Jリーグは9日、今季から新設する理念強化配分金として、J1優勝クラブには3年に分けて10億円、4億円、1億5000万円の計15億5000万円を支給することなどを発表した。

 優勝賞金の3億円と全クラブに支給される均等配分金3・5億円を合わせると、総額22億円に達する。一方で、均等配分金の支給だけとなる5位以下のチームとは18・5億円の収入差が生まれ“格差リーグ”になる可能性もある。Jリーグのマネー事情が激変する。今季から導入する理念強化配分金の詳細を発表。優勝チームには3年に分け、計15・5億円を支給する大盤振る舞いを決めた。「競争力のあるトップ・オブ・トップのチームが出てきて、リーグ全体を引き上げてほしい」

 リーグ幹部が改革の意図を語った。近年、国際競争力の低下が心配される日本勢。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)では2008年のG大阪を最後に優勝から遠ざかり、“爆買い補強”で急成長した中国勢の後塵(こうじん)を拝してきた。

 しかし、今季から英国のスポーツ動画配信パフォーム社が運営するDAZN(ダゾーン)と10年で2100億円に及ぶ巨額の放映権契約を結ぶことに成功。潤沢な資金の下、今季の優勝チームには理念強化配分金にJ1優勝賞金3億、均等配分金3・5億を合わせ、総額22億円を支給することになった。昨季、年間優勝を果たした鹿島の総獲得額は賞金1・85億+均等配分金1・8億の3・65億円。手にする額は約6倍に跳ね上がる。海外の有力選手の獲得を期待しての投資であることは疑いない。

 ただ、潤沢な資金をJ1の上位チームに集中投資するやり方は、リーグ全体の格差を生む要因にもなり得る。優勝チームに比べ、均等配分金だけとなる5位以下のチームでは、18・5億円の収入差が生まれる。

 17年シーズンの王者が巨額の軍資金を元に強化を図って連覇を続ければ、年間予算は雪ダルマ式に増え、その差は広がる一方だ。J1の今季開幕は25日。本当の意味でのサバイバルが始まる。

サンケイスポーツ 2/10(金) 7:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000028-sanspo-socc
この記事の続きを読む

仕事を増やすためにJを観戦して「Jリーグ芸人」を目指す奴らが急増しているらしい

1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 10:38:04.44 ID:CAP_USER9
 「M-1グランプリ」「キングオブコント」といったJ賞レースへの参加だけでなく、一刻も早く日の目を浴びるべく、若手芸人たちはライブハウスで行われる小規模なトークイベントにも出続けている。

 そうしたイベントでは、「カープ芸人」を自称するゴッホ向井ブルーやザ・ギースの尾関高文のように、多くの芸人がみずからのキャラクターを立たせるための工夫を凝らしてトークを披露しているが、お笑い関係者は昨今、「芸人自身のキャラづけに大きな異変が生じている」と証言するのだ。

 「去年の夏頃から、若手芸人がこぞってJリーグの試合を観に行くようになり、『Jリーグ芸人』を目指すヤツらが急増しましたね」

 こう明かすのは、大手事務所マネージャーである。

 「ナインティナインの矢部浩之やペナルティのヒデ、土田晃之など、これまでもサッカー好きの芸人はいたんですが、熱の入れようがケタ違い。東京吉本のある若手芸人は『借金してまで浦和レッズのシーズンチケットを買った』と言っていました。

 実は、Jリーグの放映権を外資系の『DAZN(ダゾーン)』が取得したことで17年から放映権料が大幅に増え、各クラブの資金も爆発的に増えるんですよ。

 そこで芸人としては、みずからをサポーターだとアピールすることにより、クラブのファンイベントなど、ギャラのいい営業にありつきたいという魂胆で動いているんです」

 ブレイクを果たす「Jリーグ芸人」は現れるか。

(白川健一) 2017年2月8日 5時58分 アサ芸プラス
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12644765/
この記事の続きを読む

今オフのJリーグ三大ゲス移籍、一番酷いのはどれ?

俊さん

この記事の続きを読む

FC東京とサガン鳥栖の因縁が最高に面白くてワロタwwwww

喧嘩

この記事の続きを読む

【結論】清武がこの冬だけでJ復帰を決断したのは最悪の手だった

清武

この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
人気記事
逆アクセスランク
記事検索