U-20ワールドカップ


【U20W杯】韓国メディアと選手達、日本を舐める「負けたことがない」「壁ではない」

1: Egg ★ 2019/06/04(火) 18:39:48.74 ID:SqZqf34D9
宮代とイガンイン

ポーランドで行なわれているU-20ワールドカップの決勝トーナメント1回戦で対決することになった日本と韓国。国際舞台で相まみえることになった“宿命のライバル対決”を前に、韓国メディアの注目も高まっている。
 
6月3日からは韓国のA代表合宿がスタートしたこともあって、現役代表選手からの助言やエールも報じられている。
 
例えば2017年のU-20ワールドカップを経験したペク・スンホは後輩たちに、「試合ごとに良くなっているようだ。今までのようにやればいい結果を出せるだろう」とコメント。2009年U-20ワールドカップを経験し、2012年ロンドン五輪の3位決定戦で日韓戦を経験しているキム・ボギョンは、「後輩たちがとてもうまいので助言することはない。ただ、いい試合をしても一度や二度のミスが左右することもあるだけに、トーナメントでは90分集中しなければならない。韓日戦は必ず勝たなきゃいけないと考える。勝てばいい成績を出せるだけに期待している」とエールを送った。
 
そんな国内の期待と関心の大きさを知ってか、選手たちも意欲を燃やしている。イ・ジェイクが「どうしても勝ちたいので、どう覚悟を決めるべきか悩んでいるほど」と語れば、キャプテンのファン・テヒョンは「14歳の時の交流戦から日本戦で負けたことがない。目標のためには必ず勝たなければならない相手だ。日本戦でゴールを決めた時は散策セレモニーを準備している」と自信を覗かせている。
 
散策セレモニーとは、2010年5月にさいたまスタジアムで行なわれた日韓戦時に、開始直後にゴールを決めたパク・チソンが見せたパフォーマンス。韓国では“韓日戦の象徴”とも言われており、「誰が言い出したわけでもなく、選手全員がそれをしたいと思っている」(イ・ジェイク)という。

『スポーツソウル』は「日本は戦力ダウンした。手強いが壁ではない」と題した記事の中でこう分析している。

「日本は手強い相手だが、田川や斎藤など負傷者が発生し、戦力ダウンは避けられない。ふたりが日本の攻撃陣の中では最も脅威だったが、そのキープレーヤーふたりを失った状態だ。そんな日本とは対照的に韓国の状態は上がっている」

いずれにしても、「20歳以下W杯で韓日戦、槍と鉾の対決」(『ハンギョレ日報』)と謳われるように、激しい攻防戦になることが予想される“宿命のライバル対決”。国際舞台にふさわしいレベルの高い好勝負になることを期待したい。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190604-00059573-sdigestw-socc
この記事の続きを読む
 
Sponsored Links

【U20W杯】決勝T1回戦の日本の対戦相手が韓国に決定wwwwww

1: 豆次郎 ★ 2019/06/01(土) 05:28:40.20 ID:BZR43E899
U-20韓国代表ポーランドで開催中のU-20ワールドカップに出場しているU-20日本代表の決勝トーナメント1回戦の相手はU-20韓国代表に決定した。

グループリーグ第3戦で韓国が2-1でアルゼンチンを下し、F組2位で予選を突破。日本の対戦相手は韓国に決定した。決勝トーナメント1回戦は6月4日24時半(現地時間17時半)キックオフ。日本はFW田川亨介(FC東京)、MF斉藤光毅(横浜FC)の2人は5月31日に負傷離脱。大会中の追加招集は出来ないため、19人で決勝トーナメントに挑む。

日本が“16強の壁”を破ったのは8大会前に遡り、2003年のUAE大会となる。GK川島永嗣、MF今野泰幸、DF徳永悠平、当時飛び級だったFW平山相太らを擁し、決勝トーナメント1回戦で韓国に勝利している。日本は16年前の再現を目指し、8強入りを狙う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-43467661-gekisaka-socc
この記事の続きを読む

【U20W杯】日本、2大会連続決勝T進出キター!イタリアとドローで2位通過

1: 豆次郎 ★ 2019/05/30(木) 02:51:59.35 ID:w5/nOeUV9
競り合う斉藤FIFA U−20ワールドカップ ポーランド2019・グループステージ第3節が29日に行われ、U−20日本代表とU−20イタリア代表が対戦した。

試合は9分、最終ラインからのロングボールに田川亨介が抜け出しエリア内に侵入。すると相手DFがファールを犯し、日本がPKを獲得する。しかし、伊藤洋輝のシュートはイタリアのGKマルコ カルネセッキにセーブされ、先制点とはならなかった。

19分には再び田川が抜け出し、GKとの1対1の場面を迎えるも、ゴールは奪えず。さらに、このプレーで田川は右太もも裏を痛め、ピッチを後にした。

前半終了間際には右サイドから崩し、最後は伊藤がシュートを放つも、GKに防がれた。

スコアレスのまま後半に突入すると、互いに決め手を欠き0−0で試合終了。この結果、日本は1勝2分のグループ2位で決勝トーナメント進出を果たした。グループBを2位で通過した日本は6月4日、、ラウンド16でグループFの2位通過国と対戦する。

【スコア】
U−20イタリア代表 0−0 U−20日本代表

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00942480-soccerk-socc
この記事の続きを読む

【U20W杯】日本、メキシコにまさかの3-0で快勝!宮代が2ゴールの活躍!

1: 豆次郎 ★ 2019/05/27(月) 00:25:02.08 ID:D7O2+P599
2ゴールを決めた宮代FIFA U−20ワールドカップ ポーランド2019・グループステージ第2節が26日に行われ、U−20日本代表とU−20メキシコ代表が対戦した。

エクアドルとの初戦を1−1のドローで終えた日本は東俊希、伊藤洋輝、郷家友太の3選手を鈴木冬一、藤本寛也、宮代大聖に変更。イタリアに1−2で敗れて、黒星発進となったメキシコはベティス所属のディエゴ・ライネスらが先発に名を連ねた。

ペースを掴んだ日本は21分、相手選手が負傷でピッチの外に出ている間に数的優位の状況を突く。鈴木の左クロスがクリアされたところを拾った藤本がエリア内左に浮き球のパスをすると、反応した宮代が左足でファーサイドに流し込んで先制。宮代にとって19歳の誕生日当日のバースデーゴールとなった。

35分には右アーリークロスを田川がボレーで合わせたがオフサイドの判定で残念ながらノーゴール。守備では立ち上がりに好機を作られた以外はエリア内への侵入をほとんど許さず、日本ペースと言える前半を終える。

後半、追加点を早めに取りたい日本は52分、右サイドのCKを藤本が蹴ると、ニアサイドに走り込んだ田川が頭でこすって逆サイドへと決めて、2トップが仕事。リードを広げる。手を緩めない日本は76分にも投入直後の中村敬斗、田川とつないで、宮代がこの日2点目を獲得した。

守備陣もシャットアウトした日本は3−0の完封勝利で大会初白星。勝ち点を4に伸ばし、決勝トーナメント進出へ近づいた。日本は29日の第3節でイタリアと対戦する。

【スコア】
U−20日本代表 3−0 U−20メキシコ代表

【得点者】
1−0 21分 宮代大聖(日本)
2−0 52分 田川亨介(日本)
3−0 76分 宮代大聖(日本)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00941376-soccerk-socc
この記事の続きを読む

U-20W杯見て思ったけど齊藤未月ってめっちゃいい選手だな、和製カンテだわ

齊藤未月
この記事の続きを読む

【U20W杯】日本、初戦はエクアドルと1-1ドロー!山田が同点弾

1: Egg ★ 2019/05/24(金) 05:22:09.64 ID:zzY9dXE/9
同点ゴールを決めた山田FIFA U−20ワールドカップ ポーランド2019・グループステージ第1節が23日に行われ、U−20日本代表とU−20エクアドル代表が対戦した。

初戦でこの世代の南米王者・エクアドルに挑んだ日本は、引いて守る時間が続くなかで先に決定機を迎える。22分、相手DFがスルーパスの処理をミスした隙を突き、斉藤光毅がペナルティエリア内に抜け出す。斉藤は飛び出したGKの頭上をループで狙ったが、シュートに勢いが足りず、戻ったDFにクリアされた。

一方のエクアドルは35分、エリア内でこぼれ球に反応したレオナルド・カンパーナが強烈なシュートを放ったが、GK若原智哉が正面でキャッチした。

試合が動いたのは45分。右サイドでFKを得たエクアドルは、キッカーのアレクサンダー・アルバラードが鋭いクロスを入れる。GK若原がパンチングしたボールが田川亨介に当たってそのままネットを揺らし、オウンゴールでエクアドルが先制した。

1点ビハインドで後半を迎えた日本は51分、相手CKの流れから郷家友太がハンドをとられPKを献上。それでもGK若原がジョルダン・レサバラのキックを完全に読み切りストップ。絶体絶命のピンチを凌いだ。

すると68分、日本はエリア内への浮き玉のパスに反応した宮代大聖が相手GKと競り合い、こぼれたボールを山田康太が右足ダイレクトで狙う。このシュートがゴール左に決まり、試合を振り出しに戻した。

その後は互いに2点目を狙って一進一退の攻防となったがゴールは生まれず、試合は1−1でタイムアップを迎えた。第2節は26日に行われ、日本はメキシコと、エクアドルはイタリアと対戦する。

【スコア】
U−20日本代表 1−1 U−20エクアドル代表

【得点者】
0−1 45分 田川亨介(OG/エクアドル)
1−1 68分 山田康太(日本)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00940525-soccerk-socc
この記事の続きを読む

【朗報】今夜からサッカーファン歓喜の1ヶ月が始まるぞおおおwwwwwww

代表戦
この記事の続きを読む

ニワカ「U20W杯に久保出ねーのかよ…」 玄人俺「斉藤光毅を知らないの?」

斉藤
この記事の続きを読む

久保君って実力はA代表レベルだけど、U-20W杯の方で見たかったよな?

久保君
この記事の続きを読む

U-20W杯メンバー21人発表!注目の久保君は選外でA代表へ

1: オレンジモンキー ★ 2019/05/07(火) 15:10:00.00 ID:XXX
U-20ワールドカップ日本サッカー協会(JFA)は7日、今月23日からポーランドで開催されるU-20ワールドカップに出場するU-20日本代表メンバー21人を発表した。

メンバーリストには、主力候補だった5人の名前がなかった。6月のコパ・アメリカでA代表初招集が見込まれるFW久保建英(FC東京)、MF安部裕葵(鹿島)、GK大迫敬介(広島)が招集を見送られたほか、DFリーダーの橋岡大樹(浦和)、GK谷晃生(G大阪)も負傷のため大会に間に合わず、選外となった。

昨年10月に行われたU-19アジア選手権を戦った世代屈指のGK3人中2人が抜ける形となり、高校2年生のGK鈴木彩艶(浦和ユース)が最年少でサプライズ招集。U-19アジア選手権後に初招集されたFW西川潤(桐光学園高/C大阪内定)も飛び級で選出された。西川は早生まれの2002年生まれだが、主軸のアタッカーMF斉藤光毅(横浜FC)と同じ高3の学年。10番は齊藤未月(湘南)が背負う。

日本は14日にポーランドに入り、現地で練習試合を予定している。U-20W杯では5月23日にU-20エクアドル代表、26日にU-20メキシコ代表、29日にU-20イタリア代表と対戦する。

▽GK
12 茂木秀(C大阪)
1 若原智哉(京都)
21 鈴木彩艶(浦和ユース)

▽DF
15 鈴木冬一(湘南)
4 瀬古歩夢(C大阪)
17 三國ケネディエブス(福岡)
5 菅原由勢(名古屋)
19 喜田陽(福岡)
3 小林友希(神戸)
2 東俊希(広島)

▽MF
10 齊藤未月(湘南)
7 伊藤洋輝(名古屋)
6 郷家友太(神戸)
8 藤本寛也(東京V)
16 山田康太(横浜FM)
18 滝裕太(清水)
9 斉藤光毅(横浜FC)

▽FW
11 田川亨介(FC東京)
13 宮代大聖(川崎F)
20 中村敬斗(G大阪)
14 西川潤(桐光学園高/C大阪内定)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-43466735-gekisaka-socc
この記事の続きを読む

Sponsored Links
カテゴリ
アーカイブ
最新コメント
逆アクセスランク
記事検索