サッカーレボリューション

サポーターの真実の声を伝えたい。 海外日本人、日本代表、Jリーグをピックアップ!



    キャプチャasd

















    1 :名無しのJリーガー 2018/08/21(火) 23:51:44.64 ID:CAP_USER9
    長谷部誠(フランクフルトMF)や長友佑都(ガラタサライDF)ら「30代おっさん世代」の活躍で16強入りしたロシアW杯から1カ月。本来ならば、彼らとともに日本代表としての集大成を迎えるはずだった日本人選手屈指の右SB内田篤人(鹿島)が再起に全力を注いでいる。今季8年ぶりに常勝軍団に復帰したが、右ひざ負傷に苦しんでJ9試合出場にとどまっている。それでも彼は「(15年6月に)手術してから1~2カ月(チームを)抜けずにチーム練習をやれることがなかった。今が一番手応えがある」と前向きに語り、28日のACL・天津権健(中国1部)戦に照準を合わせている。鹿島の練習場で内田の胸中を直撃した。

     ◇  ◇  ◇

     内田の古巣復帰で2年ぶりのJ1王者奪還に近づくとみられた鹿島だったが、今季は開幕から苦境にあえいだ。11位でW杯中断期間を迎えるとは想定外だっただろう。

     7月18日のJ1再開前には、ロシアW杯組のDF植田直通がベルギー1部のサークル・ブルージュに移籍。7月末にはエースFW金崎夢生も鳥栖へ赴き、守備の要であるロシアW杯主力メンバーDF昌子源も負傷離脱。内田自身も先発から遠ざかり、このところ若手中心の陣容で戦わざるを得なくなっている。

    「前半戦はロシアW杯を本気で狙い、剛(大岩監督)さんも後押ししてくれて先発で思い切って使ってくれた。けど90分持たずに代わる場面が多かった。今は練習も長くできてるし、スプリントもできるようになってきている。ドイツでやってきたし、プレーの質には自信がある。コンディションの問題だけ」と完全復活間近だと考えている。

     その状態にあと半年早く持っていけたら……。

     そんな悔恨の念も少なからずあるはずだ。内田が3年前に右ひざ手術に踏み切ったのも、30歳で迎えるロシアW杯での完全燃焼を期したから。日本復帰を決意したのも試合出場機会を増やし、ベストな状態に持っていきたかったからである。

    つづく

    8/21(火) 10:02日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000017-nkgendai-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180821-00000017-nkgendai-000-2-view.jpg





    【鹿島内田篤人、W杯ベルギー戦に言及!「美化は良くない。批判されて当然」】の続きを読む




    キャプチャgjkl




















    1 :名無しの海外組 2018/08/20(月) 22:11:04.53 ID:CAP_USER9
    面白いことをするな、というのが率直な感想だけど…
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180820-00045980-sdigestw-000-2-view.jpg

    サッカー界でも極めて珍しいケースだよね。GMという肩書で、カンボジア代表の“実質的な”監督に就任した本田のことだ。チームにはれっきとした監督がいるけど、編成などいろいろと現場を取り仕切るのは、どうやら本田らしいね。
     
     少し前には、アメリカの人気俳優ウィル・スミスと一緒に100億円以上のベンチャーファンドを立ち上げたりと、なにかと話題を提供しているけど、また新たな試みに挑戦しようというわけだ。
     
     とはいえ、なぜカンボジアなのかという疑問はある。スポーツは関係ないかもしれないけど、この国の強権政治に対し、アメリカやヨーロッパは非難の目を向けている。そういった難しい国での仕事は、一筋縄ではいかないかもしれない。
     
     本田は今夏からオーストラリアのメルボルン・ビクトリーに新天地を求めた。選手としても新しいスタートを切ったなかで、どこまで監督業をこなせるのか。週に何度かテレビを通じてアドバイスを送ったりするようだけど、それがどこまで効果があるのか。カンボジア代表が思うような結果を残せなかったら、責任を取る覚悟はあるのか。
     
     監督に興味があるなら、メルボルンでもどこでもいいから、プレーイングマネジャーをやればいいと思うけど、彼はたしか指導者ライセンスを持っていないはず。そういう人物に指導を任せたカンボジア協会にはどんな狙いがあるのか。本田よりもネームバリューがあって、監督を任せられるような人材はいくらでもいると思うんだけどね。
     
     就任会見では、今後の強化ビジョンや意気込みについて語っていた。それ自体は悪くない。選手でありながら監督もこなそうとするチャレンジも、面白いことをするな、というのが率直な感想だ。その経験が少しでも日本サッカーの成長に還元されればいいとも思う。
     
     ただ、意地悪な言い方だけど、彼は以前、「ワールドカップ優勝」を公言しながら、実際には成し遂げられなかった。今回も“口だけ”にならないよう、結果を出せるか注目だよ。
     
     自身のマネジメント会社を通じて、いくつかのクラブ経営にも関わっているように、サッカー選手というより、ビジネスマンみたいだ。でも、少し手を広げすぎている印象もある。複数の顔を持つけど、選手としても、監督としても、中途半端に終わらなければいいけどね。

    つづく

    8/20(月) 16:03配信サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180820-00045980-sdigestw-socc




    【セルジオ越後「現役の本田が代表を指揮?引退してからでも十分にできるんじゃないかな」】の続きを読む




    キャプチャhbnk




















    1 :名無しの海外組 2018/08/20(月) 20:14:02.73 ID:CAP_USER9
    昨シーズン限りでスペイン2部ジムナスティック・タラゴナを退団した日本人DF鈴木大輔が19日、インスタグラムを更新し、タラゴナのファンに別れの挨拶を綴った。

    鈴木は2010年に当時J1のアルビレックス新潟でデビューすると、その後柏レイソルを経て、2016年にスペイン2部のジムナスティックに加入。3シーズンで公式戦72試合に出場した。昨シーズン限りでジムナスティックを退団した鈴木はSNSを更新し、スペイン語で熱い思いをファンに伝えている。

    「まず挨拶が遅れ、すみません。皆さんに別れの挨拶をしたいと思います。日本を飛び出し、海外でプレーするチャンスを与えてくれたこれほど特別なクラブを退団することは、僕にとって難しい決断でした。ナスティックのユニフォームを着ることができたことを、とても誇りに思います。またサッカー選手として、人間として成長できたことを感謝しています」

    「一緒に戦ってきたチームメートやテクニカルスタッフ、クラブの方々、それに困難な時にいつも僕らを支えてくれたファンの皆、ナスティックに関係するすべての人たちに感謝しています。僕がタラゴナへやって来た時から今日の日まで、とても親切に接してくれた皆さんのことを決して忘れません。日本から到着した直後は、不安になることも時にはありました。それでも毎日、とても楽しく過ごすことができたのは、皆さんのサポートのおかげです」

    「“タラゴナ”の地で学んだことを活かし、これからの人生を進んでいきたいと思います。僕にとってタラゴナは、これからも第二の故郷であることは変わりありませんし、ナスティックは僕の心の中にあるクラブです。これからのナスティックの活躍を心の奥底から願っています。どうもありがとうございました」

    なお鈴木の今後の去就については、現段階において明らかになっていないが、28歳DFの動向は注目されるところだ。

    8/20(月) 18:16配信 GOAL
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000015-goal-socc

    写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20180820-00000015-goal-000-4-view.jpg







    【鈴木大輔、スペイン2部ジムナスティック・タラゴナ退団。「困難な時にいつも僕を支えてくれたすべての人に感謝」】の続きを読む

    このページのトップヘ