サッカーレボリューション

サポーターの真実の声を伝えたい。 海外日本人、日本代表、Jリーグをピックアップ!



    キャプチャreww



















    1 :名無しの海外組 2017/09/23(土) 07:08:45.46 ID:CAP_USER9
    22日にプリメイラリーガ(ポルトガル1部)の第7節が行われ、中島翔哉が所属するポルティモネンセがポルトに2-5で敗れた

    ポルティモネンセが0-3とリードされる展開で迎えた36分に、中島による技ありのゴールが生まれた。

    右サイドを突破したパウリーニョからのパスを受けた中島が敵陣ペナルティエリアに侵入し、巧みなフェイントで相手DFフェリペをかわす。

    そして右足のアウトサイドキックでGKイケル・カシージャス(元レアル・マドリード)のファーサイドを射抜き、ゴールを陥れた。

    直近の同リーグ2試合で3得点を挙げたほか、8日に行われた同リーグ第5節では強豪ベンフィカ相手にアシストを記録するなど、好調を維持している中島。

    ポルト戦では勝利を逃してしまったが、今後も持ち前のドリブル突破を活かし、チームの勝利に貢献したいところだ。 

    9/23(土) 6:33配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00010001-theworld-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170923-00010001-theworld-000-1-view.jpg

    動画
    http://www.theworldmagazine.jp/20170923/01world/180479


     



    【【朗報】新翔さん、FCポルトの名手カシージャス相手にファインゴール!直近2試合で3得点と大暴れ】の続きを読む



    キャプチャye






















    1 :名無しの海外組 2017/09/22(金) 20:23:27.61 ID:CAP_USER9
    「今シーズンから、考え方を変えたということ」。

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170921-00030230-sdigestw-000-5-view.jpg

    火曜日のカラバオ・カップ(リーグカップ)3回戦、リバプール戦で、後半途中からの出場ながら1ゴール・1アシストのハイパフォーマンスを披露した岡崎慎司。全得点に絡み、レスター・シティを2-0の勝利に導いた。
     
     岡崎がレスターに入団したのは2015年夏。最初のシーズンは奇跡のプレミアリーグ制覇に貢献したものの、公式戦39試合に出場して6得点に終わった。2年前の昨シーズンは、41試合で6得点。とかくFWはゴール数という結果で評価されがちで、「ストライカーとしては結果を出せていない」や「ピッチに倒れている時間のほうが長い」など、批判的な意見が少なくなかった。
     
     献身的な守備でジェイミー・ヴァーディーの負担を軽減し、そのゴールセンスを引き出しているのは、ほかでもない岡崎なのだが……。なかなか正当な評価を得られないでいた。
     
     しかし、今シーズンは蓋を開けてみれば、ここまで公式戦7試合に出場して4得点のハイペースだ。いったいなにが変わったのか。レスターの地元紙『Leicester Mercury』が岡崎本人のコメントを掲載し、その“秘密”に迫った。
     
    「やっている仕事は変わらないし、スタイルも変えていない。ただ、ハードワークをしてプレッシャーを掛けつつ、チームがボールを持った時はよりボックスの中で勝負しようと意識している。今シーズンから、考え方を変えたということ」
     
     同紙は、「日本代表で50得点を挙げ、ブンデスリーガでも42得点を決めてきた彼は、本来はゴール前で力を発揮するフィニッシャー」と説明。しかしながらレスターでは、「完全に異なる役割をこなしてきた。広範囲を活発に動いてカバーし、時には中盤に下がる。攻撃をスムーズにさせるうえで欠かせない選手」と、その名黒子ぶりを称えている。
     
     そして岡崎は、こう続ける。
     
    「正直先発で出たいし、もっとゴールを決めてチームの勝利に貢献したい。でもいまのレスターの前線はいいストライカーが揃っていて、とてもレベルの高い競争がある。しかも、ヴァーディー、スリマニ、イヘアナチョ、ウジョアとみんな個性が違う。その中で、今シーズンは自分的にいいスタートが切れたと思う。フィットできているという手応えがあるし、チームのためにも自分のためにも、この状態をキープしていきたい」
     
     これまでの黒子的な役割に加え、信頼に足るフィニッシャーへの脱皮も図る“ブランニュー・オカザキ”。最後に同紙は、日本代表FWにこんなエールを贈った。
     
    「リバプール戦のオカザキは実に力強かった。確かにFWの競争は激しく、イヘアナチョやスリマニも優良なタレントだが、レスターの前線に欠かせないのはやはりオカザキ。土曜日のリバプール戦(プレミアリーグ6節)では、彼がスタメンを張るべきだ」

    9/21(木) 18:11配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170921-00030230-sdigestw-socc

    【サッカー】<レスターFW岡崎慎司>勝利に導く1ゴール1アシスト! リヴァプール下し4回戦進出©2ch.net
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505853797/


    【サッカー】<レスター番記者が「岡崎慎司」不要説に真っ向から反論!>「痛快だ! オカザキは批判する者を黙らせた!」©2ch.net
    http//hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505943168/

    今季5戦3発の岡崎、好調の要因は“意識改革”
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-01644322-gekisaka-socc

    岡崎慎司の“インザーギ化”に期待 本人も「考え方が変わった」「走り続けるのも良いけど……」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00010013-theworld-socc




      【レスター岡崎慎司、地元紙に明かす!それは必然のゴールラッシュ】の続きを読む




    キャプチャferg
























    1 :名無しの海外組 2017/09/22(金) 07:21:01.00 ID:CAP_USER9
    [9.21 オランダ杯1回戦 ヘラクレス2-4フローニンゲン]

     21日に行われたオランダ杯の1回戦の敵地で行ったヘラクレス戦で、フローニンゲンのMF堂安律が移籍後初ゴールを決めた。

     ベンチスタートとなった堂安だが、1-1で折り返した後半開始から途中出場。するとすぐのプレーでFWミムン・マヒからのリターンパスを受けてゴール前に抜け出すと、左足で落ち着いてGKの股下を抜くシュートを蹴り込み、逆転弾を決めた。出場から43秒後の出来事だった。

     その後も堂安は切れ味鋭いドリブルでチャンスを演出。セットプレーのキッカーも務めるなど、後半だけで3得点を奪ったチームのリズムを作った。試合は4-2でフローニンゲンが逆転勝ちを収めている。

     堂安は今夏の移籍でG大阪からフローニンゲンに期限付き移籍。しかしエールディビジ開幕戦のヘーレンフェーンこそ先発出場したが、その後の試合はベンチスタートが多く、出場機会はなかった。カップ戦とはいえ、移籍後初ゴールで結果を残せたことは、レギュラー奪取へ向けた明るい材料と言えそうだ。


    9/22(金) 6:18配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-01644331-gekisaka-socc

    写真
    https://amd.c.yimg.jp/amd/20170922-01644331-gekisaka-000-1-view.jpg

    堂安が移籍後初ゴール!スアレス、ロッベンらに続けるか
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00000035-goal-socc

    堂安が公式戦初ゴール「もうこっちのもんかなと」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170922-00009174-nksports-socc





    【フローニンゲン堂安律、途中出場43秒弾!オランダ初ゴールは貴重な逆転弾「もうこっちのもんかなと」】の続きを読む

    このページのトップヘ