キャプチャ7899

















1 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:00:19.11 ID:CgGvpy5S9
森保一監督と選手たちにとって、心地良い復讐の叫びだったに違いない。

現地時間1月28日18時にキックオフされたアジアカップ準決勝で、日本はイランに3-0で快勝した。
今大会の出場国ではFIFAランクが最上位であり、ここまで5試合を12得点無失点で勝ち上がってきた優勝候補の最右翼を、完膚なきまでに叩きのめした。

イランはキーマンのひとりを欠いていた。背番号17を着けるメフディ・タレミが、累積警告で出場停止だったのである。
ウイングやインサイドハーフを担当するこのアタッカーは、ここまでチーム2位の3ゴールを挙げていた。

彼と背番号11のバヒド・アミリが左サイドでコンビを組むと、ポジションチェンジが頻繁なうえにクロスの供給源が分散され、
守備側にとってはひどくやっかいになる。タレミの出場停止によって、左サイドからの攻撃の脅威度はダウンしていた。

もっとも、イランがベストメンバーだったとしても、結果は変わらなかったかもしれない。
いや、変わらなかっただろう。この日の日本のパフォーマンスは、それぐらい出色だった。

6試合目にして最高の状態。

アジアカップやワールドカップのような短期集中の大会で優勝をターゲットとするチームは、グループリーグからアクセルを踏み込まない。
勝ち点を落とさないように注意しながら試合を重ねていき、徐々に調子を上げていく。

準々決勝から中3日のスケジュールで、大会通算6試合目となる準決勝は、どちらのチームにとっても厳しい。
日本はグループリーグ第3戦でターンオーバーを採用しているが、レギュラーのほとんどは4試合フルに出場してきた。

ところが、チームに疲労の色はない。ベトナム戦より躍動感がある。試合への準備において、はっきりと日本はイランを上回っていた。

相手を混乱させた大迫の存在感。

戦略的にはアンカーの両脇がポイントになった。

イランは4-3-3のシステムを敷く。3人のMFは逆三角形の立ち位置で、アンカーの両脇にスペースが生じる。
4-3-3のシステムが内包するウィークポイントを、日本は前半から確実に突いていく。

相手守備陣を混乱させたのは大迫勇也だ。今大会3試合目の出場にしてトルクメニスタン戦以来のスタメンとなった背番号15は、
1トップのポジションから中盤へ落ちてボールを受け、ボランチやサイドバックの攻撃参加を促す。

ボールを失うことがほとんどないから、2列目、3列目の選手が思い切って飛び出していくことができ、カウンターを受けるリスクを過度に気にかける必要もない。

56分の先制点も、頼れるエースがチャンスを広げ、自ら決め切った。柴崎岳のタテパスを受けた大迫が、南野拓実へパスをつなぐ。
最終ラインの背後を突いた南野はペナルティエリア手前で相手DFと交錯して倒れる。するとイランはPKではないことと、シミュレーションを主張した。

白いユニフォームの選手たちが主審にアピールをしている間にも、南野は立ち上がってボールを追いかけ、左コーナー付近からゴール前へクロスを入れる。
ポジションを修正しきれない相手守備陣を置き去りにするように、大迫がGKの目前でヘディングシュートを決めたのだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190129-00833318-number-socc
1/29(火) 11:36配信









3 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:01:18.25 ID:CgGvpy5S0
吉田と冨安の高い集中力。

67分の追加点も、大迫がきっかけを作った。相手守備陣のミスを突いてボールを収め、ペナルティエリア内左で南野へつなぐ。
ゴール前へ走り込んだ大迫へ背番号9がパスをつなごうとすると、グラウンダーのクロスが相手CBのハンドを誘った。

イランのGKアリレザ・ベイランバンドは、オマーンとの決勝トーナメント1回戦で前半開始早々にPKをストップしている。
イランのサポーターが優勢なスタンドからは大声援が飛ぶが、キッカーの大迫は心にくいほどの冷静さでネットを揺らした。

ディフェンスも高い集中力を保った。CFのサルダル・アズムンへのタテパスは、吉田麻也と冨安健洋の両CBが高い確率で跳ね返した。
セカンドボールは遠藤航と柴崎のダブルボランチが回収していく。

イランの攻撃パターンを封鎖。

両サイドからゴール前へクロスを入れ、セカンドボールを支配してさらにクロスを入れていくイラン得意の攻撃パターンは、ダブルボランチを含めたチーム全体の献身性によって封じることができていた。
イランが失点を喫するたびに冷静さを失っていったことで、守備にかかるストレスが軽減されていったことも勝因にあげられるだろう。

このまま2-0で終わっても十分だが、90+1分にダメ押しの3点目を奪う。それまで守備で貢献してきた原口元気が、ペナルティエリア左に侵入して左足でネットを揺らしたのだった。







5 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:01:28.71 ID:CgGvpy5S0
5連勝で準決勝へ辿り着いたにもかかわらず、森保監督の采配には疑問が向けられてきた。
先発メンバーを入れ替えない、途中出場の選手もほぼ変わらない、総力戦と言いながら選手起用がそのとおりになっていない、といった指摘は試合のたびに厳しさを増していった。

チームへ向けられる視線も厳しかった。
準々決勝までの5試合はすべて1点差であり、しぶとく勝ち上がっているとの見方ができる一方で、強さを見せつけることができていないとの批判は絶えなかった。

それだけに、攻守にスキのない戦いでイランを圧倒した準決勝は、森保監督と選手たちにとって復讐の叫びだったに違いない。
オーストラリアのクリストファー・ビース主審による試合終了のホイッスルに、日本はこれまで封印せざるを得なかった歓喜を爆発させたのだった。

優勝してこそ、得られるものがある。

ポゼッションスタイルにこだわることなくシンプルなタテパスも織り交ぜ、守勢の局面では割り切ってクリアも選ぶ戦いぶりは、ロシアW杯で形を帯びた柔軟性がチームを貫いていることを示している。

リオ五輪世代や東京五輪世代を加えたチームで最多7試合を経験できるのは、アジアカップ後にもつながる財産だ。

それでも、まだ何も得ていない。2大会ぶり5度目の優勝を勝ち取ることで、ここまでの戦いで得た自信に太く強い芯が通る。







7 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:03:09.42 ID:0MQpCxtJ0
Yuto Nagatomo | 長友佑都 @YutoNagatomo5
終了間際の乱闘は腹立ったけど、さっきエレベーターでイランの選手と一緒になり、昨日はごめんねって謝ってきた。
自分も挑発したから謝った。
熱くなってたものがすっと消えた。
ピッチ上は国を背負いプライドがぶつかり合う。
ピッチ外では同じ人間で仲間だ。
スポーツの素晴らしさを感じた瞬間。
http://twitter.com/YutoNagatomo5/status/1090149169698914304?s=19





31 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:17:47.18 ID:lRRkk8O40
>>7
昨日の敵は今日の長友か







165 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 20:20:34.74 ID:fIaYGzyB0
>>7
挑発すんのと後ろから無防備な足を踏み付けたり顔をはたいたりすんのは随分違うけどなあ







8 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:03:14.03 ID:oQs1tHUR0
ただ戦術大迫が復帰して他のスタメンも合宿代わりの試合をこなして連携とコンディションが上がってきたからだろ
アジアカップとはいえ怪我人続出の上に準備もせず臨めばそうなるわ







30 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:17:35.95 ID:yh077NuU0
>>8
準備もせずというか普通に照準をトーナメントに合わせてただけでしょ
優勝狙ってるのにグループリーグにピーク持ってっちゃダメ







11 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:07:12.22 ID:Wztxe+gx0
緊急招集の塩谷がめっちゃ使える
CBとしてサイドとしてボランチとして、更にミドルすら撃てる

中東開催かつ森保でなかったら召集対象外だったと思うと、監督としての運も持ってる







12 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:07:31.91 ID:uDDnl0RJ0
大迫と冨安がいなかったらイランに負けてるよな






17 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:11:59.91 ID:5qwLyv2L0
>>12
厳しいゲームになるほど大型の選手は頼りになるな。ボランチにも180センチ台の選手が欲しいね







19 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:12:16.30 ID:I4BgdRe70
もしかして森保って有能なの?






35 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:19:07.29 ID:Wztxe+gx0
>>19
無能や並レベルが地方クラブで毎年のように主力を引き抜かれながら3回もJ1で優勝は無理だろう







22 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:13:34.62 ID:tmSwdtDK0
今大会一番の収穫は塩谷が長谷部や今野並に、ユーティリティで使える選手がいた事だなw
柴崎との相性も一番良く見えるし、同じ追加招集の乾や武藤より役に立ってて、今後も呼ばれそうな位にフィットしてるよね
CBで槙野の代わりにもなるから、是非槙野を蹴落として貰いたいわ







33 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:18:56.29 ID:8ggIsY7k0
富安のおかげですよ
富安の代わりに槙野が入っていたらどうなってたと思う?
そういうことです







44 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:22:34.54 ID:0hmTR1jf0
普通に前でボール収めてた大迫さんのおかげだろ






49 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:25:03.82 ID:Rt4CfMcFO
イランは中盤の選手がアンカーの脇を堅めに下りてきて、前線の両サイドの選手がアズランが落としたボールを取りに前線に出てきていたらもう少し良い内容でできていたかもな






51 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:26:14.15 ID:dekAKcZq0
>>1
広島時代、森保の良さは「控え選手のケアがうまい」だった。
控えの練習試合は必ず観に行き、選手とは細かく相談に乗る。
まあ、最後はレジェンド佐藤寿人と揉めてああなったけど。
その意味で「寄せ集め」の代表監督は向いているのかも。







64 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:40:14.45 ID:2ubBfHi80
森保になってから負けなしなのはすごいけど
いまだに森保の良さや戦術が分からない・・・
だれか解説してくれるサイトや動画とかないかな







136 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 18:58:47.84 ID:622l+Hiv0
>>64
とりあえず組織としての連動性をメンバー落ちしても早期構築できるのがすごいと思う

代表監督ではいそうでいなかった
今思うとうまくいってる方だったトルシエも型にはまった感じだったし、オシムも作るのに時間かかってた







72 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:50:52.50 ID:V3tzVOHR0
なぜこれだけ実績残せる監督が
今まで声かからなかったのか気になるw







73 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 17:51:23.89 ID:Fms5jkvG0
柴崎が試合勘を取り戻してきたのが大きい
前の試合までパス練習しに来たのかと思うほどプレーが軽かった







88 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 18:08:35.30 ID:h4ucPK4a0
サンフレッチェの時みたいに
ずっと強豪だったのに、急に降格レベルまで弱くなる現象が起きるんだろうか?







95 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 18:12:23.37 ID:gjGSA8CL0
>>88
森保広島は育てた選手を余所に取られても頑張ってたが
それにも限度ってのもあったんだよ







89 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 18:08:46.47 ID:0hGR3XCq0
大迫が入ると全然違ったチームになるからな。
大迫がまともに稼働してないと一気に難しくなる。
現状バックアップがいない。UMAが育つのを期待するくらい。







93 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 18:10:47.86 ID:NqMY5V5O0
>>89
大迫が凄いというより北川がしょぼすぎるだけだと思う
鈴木ゆうまってやつのほうが体をはってボールを収める力があると思う
鈴木武蔵とオナイウあどうを連れてくるべきだった
五輪予選で見たけどこいつらは普通に背負ってボール収まってた







98 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 18:13:57.79 ID:sOmxFCYI0
希少種であるポスト役大迫とパサー柴崎のバックアップは
早急に見つけた方がいい。







101 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 18:14:49.81 ID:XCVMUvpW0
今スポルティーバに杉山と浅田真樹の新作が載っていて
・イランの自滅だった、大迫が復帰して変わった
とほぼ同一内容
それはいいのだが大迫が不在で力が落ちることには選手層が薄いなどと批判的なのに
他国のエース不在時に日本が勝ったら「誰々いないので本来の力じゃないから参考外」となるのが理不尽だ







154 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 19:31:39.86 ID:tCXO9IGs0
ディフェンス陣がロングボールことごとく前に跳ね返してくれた影響が大きいな
そのおかげでボランチやウィングがDFラインまでカバーに下がり切ることなくある程度高い位置保てたので
いつもの日本代表では信じられないくらいセカンドボールを拾えた







155 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 19:35:18.15 ID:622l+Hiv0
>>154
富安はすげーわ

アズムンが抜け出した時に追い越してコーナーにボールかき出したシーン見て、こいつは本物だと思った

ハイボールもほとんどはね返してたし、安定感しか感じない







162 :名無しの日本代表 2019/01/29(火) 20:16:58.26 ID:opFyuOzC0
単にイランを買い被りすぎてた






引用元;http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1548748819/