echko フィギュアスケートの記録

記憶を記録。動画主様、画像主様全ての方々に感謝します。

荒川静香

フレンズオンアイス公開リハーサル

170824_fig_uno06
170824_fig_uno12
170824_fig_uno02
宇野昌磨【坂本清】
170824_fig_takahashi01
高橋大輔【坂本清】
170824_fig_hongo01
本郷理華【坂本清】
170824_fig_ando02
安藤美姫【坂本清】
170824_fig_suzuki03
鈴木明子【坂本清】
170824_fig_murakami04
村上佳菜子【坂本清】
170824_fig_Lambiel03
ステファン・ランビエル【坂本清】
170824_fig_Abbott04
ジェレミー・アボット【坂本清】
170824_fig_ShaeLynn01
シェイ=リーン・ボーン【坂本清】
170824_fig_pong_tong01
チン・パン&ジャン・トン【坂本清】
170824_fig_hondatakeshi03
本田武史【坂本清】
170824_fig_hondajuria04
本田樹里亜【坂本清】
170824_fig_takeshi_juria03
(左から)本田樹里亜、本田武史【坂本清】
170824_fig_yamada01
山田耕新【坂本清】
170824_fig_terashima02
寺島綾優【坂本清】
170824_fig_ph09_06
(左から)ジェレミー・アボット、佐藤有香、ジェレミー・アボット、イリーナ・スルツカヤ【坂本清】
170824_fig_ph12_02
(左から)イリヤ・クーリック、荒川静香【坂本清】
170824_fig_ph13_01
(左から)本田武史、髙橋大輔、村上佳菜子、荒川静香【坂本清】続きを読む

宇野昌磨が4回転トーループ連発 25日開幕のアイスショーリハーサル

宇野昌磨が4回転トーループ連発 25日開幕のアイスショーリハーサル
8/24(木) 20:16 デイリースポーツ
d_10491575
フレンズの「F」のバルーンを持つ宇野昌磨(中)
d_10491576
アイスショーの公開リハーサルで、五輪シーズンのSPを披露する宇野昌磨=新横浜スケートセンター
d_10491577
アイスショーの公開リハーサルで、五輪シーズンのSPを披露する宇野昌磨=新横浜スケートセンター
 「フィギュアスケート、フレンズオンアイス」(25日開幕、新横浜スケートセンター)

 昨季の世界選手権男子銀メダリスト・宇野昌磨(19)=トヨタ自動車=が24日、公開リハーサルでショートプログラム(SP)「冬」、フリー「トゥーランドット」を披露した。

 どちらも黒地に赤の柄が入った衣装で登場した宇野。フリーの演技では、4回転トーループを連発した。

 公演は25日から3日間同会場で行われ、トリノ五輪金メダリストの荒川静香さんや高橋大輔さん、安藤美姫さんらが出演する。



宇野昌磨が今季のプログラム披露 アイスショー公開リハ
2017年8月25日05時06分
AS20170824004467_comm
AS20170824004466_comm
AS20170824004477_comm
アイスショーのリハーサルでSPを披露する宇野昌磨=遠藤啓生撮影
AS20170824004817_comm
AS20170824004815_comm
AS20170824004667_comm
AS20170824004839_comm
AS20170824004837_comm
アイスショーのリハーサルでフリーを披露する宇野昌磨=遠藤啓生撮影
AS20170824004646_comm
AS20170824004483_comm
アイスショーのリハーサルでフリーの演技を披露する本郷理華=遠藤啓生撮影
AS20170824004166_comm
アイスショー「フレンズオンアイス2017」のリハーサル冒頭、記念撮影に応じる出演者ら=遠藤啓生撮影
AS20170824004157_comm
アイスショー「フレンズオンアイス2017」のリハーサル冒頭の記念撮影で、村上佳菜子さんの顔を風船で隠す宇野昌磨(左から2人目)=遠藤啓生撮影
AS20170824004474_comm
アイスショーのリハーサルに登場した荒川静香さん(左)と高橋大輔さん=遠藤啓生撮影
 来年2月の平昌(ピョンチャン)五輪出場を目指すフィギュアスケート男子の宇野昌磨(トヨタ自動車)が24日、横浜市内でアイスショーの公開リハーサルに出演した。

 今季の新プログラムでショートプログラム(SP)はビバルディの「四季」より「冬」、フリーは「トゥーランドット」を披露。4回転トーループジャンプやトリプルアクセル(3回転半)ジャンプなどを跳び、ステップやスピンでも会場を沸かせた。


続きを読む

プリンスアイスワールド2017東京公演(最終日)


























本田真凜、荒川静香さんの前でトゥーランドット披露


本田真凜、荒川静香さんの前でトゥーランドット披露
7/14(金) 15:35 デイリースポーツ
d_10370212
d_10370202
d_10370204
華麗な演技で魅了する本田真凜=東京・ダイドードリンコアイスアリーナ(撮影・開出牧)
 「フィギュアスケート プリンスアイスワールド」(14日、ダイドードリンコアイスアリーナ)

 世界ジュニア選手権銀メダリストの本田真凜(15)=関大高=は、平昌五輪シーズンのフリー曲「トゥーランドット」を演じた。

 ワインレッドの衣装に、髪をまとめて登場した真凜は、大人な表情でしっとりと世界観を表現。

 同アイスショーには、06年トリノ五輪のフリーでトゥーランドットを使用し金メダルを獲得した荒川静香さんも出演しており、元世界女王の前で勝負ナンバーを披露した。


真凜 シニアデビューへ「楽しみ大きい」、新葉とアイスショー
7/15(土) 6:01 スポニチアネックス
20170715-00000055-spnannex-000-1-view
プリンスアイスワールド2017でトゥーランドットを披露した本田
 フィギュアスケート女子で18年平昌五輪を目指す本田真凜(15=関大高)、樋口新葉(16=日本橋女学館高)が14日、都内で「プリンスアイスワールド」に出演した。

 本田は今季の新フリー「トゥーランドット」を演じ、「シニアデビューの楽しみが大きい。凄くいい年に五輪がある気がしている」と笑顔。樋口は今季のSPを「ジプシーダンス」、フリーは映画「007」の「スカイフォール」と明かし、「自分らしさを出していきたい」と意気込んでいた。


真凜、荒川さんの前でトゥーランドット披露「自分のペースで五輪出場を」
7/15(土) 7:00 サンケイスポーツ
fgr17071419570002-p1
アイスショーに出演した左から本田、荒川さん、樋口(撮影・石井文敏)
 フィギュアスケート女子の本田真凜(15)=大阪・関大高=が14日、東京都内で行われたアイスショー「プリンスアイスワールド2017」に出演し、平昌五輪シーズンとなる今季のフリーで用いる「トゥーランドット」を披露した。

 2006年トリノ五輪で同曲を使用して金メダルを獲得した荒川静香さん(35)も出演し、本田は「荒川さんのように力強く、美しいプログラムができるようになりたい」。その後の演目ではパティシエの衣装でもファンを魅了し、「自分のペースで五輪出場を目指せれば」と抱負を語った。

 また樋口新葉(16)=東京・日本橋女学館高=は、今季のフリーに映画「007 スカイフォール」の曲を使うと明らかにした。


樋口新葉、新プログラムへ「自分らしさを出せたら」
7/14(金) 17:52 日刊スポーツ
20170714-01855357-nksports-000-3-view
華麗な演技を披露する樋口(撮影・河野匠)
 フィギュアスケート女子の樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)が14日、東京・西東京市で行われたアイスショー「プリンスアイスワールド」の記者会見に出席し、今季の新プログラムについて初めて公の場で語った。

 ショートプログラム(SP)はバレエ音楽「ドン・キホーテ」の「ジプシーダンス」で、フリーは、映画「007」シリーズ第23作目の主題歌「スカイフォール」と11日に発表したばかり。樋口は「いろんな方が使っている曲なので、自分らしさを出すのが大変かなと思っていたんですが、シーズンまでに自分らしさを出せたらいいと思います」と意気込みを話した。大技トリプルアクセル(3回転半)は習得に向けて練習中。今年4月には、フリー冒頭に組み込む予定と話していたが、「試合では今までの構成かと思います」と、試合では挑戦しない方向であることを明かした。

 直後のショーでは、エキシビション曲の「ハレルヤ」を披露したほか、プリンスホテルのベルガール姿でも滑り、観客を沸かせた。

歌舞伎とフィギュア融合 史上初の氷上ショー開催







2017.5.20 17:14 SANSPO.COM
歌舞伎とフィギュア融合 史上初の氷上ショー開催開
fgr17052017140001-p1
歌舞伎とフィギュアスケートを融合した氷上のショーを終え、歓声に応える(左から)荒川静香さん、高橋大輔さん、市川染五郎さん=国立代々木競技場
fgr17052017140001-p2
歌舞伎とフィギュアスケートを融合した氷上のショーを終え、歓声に応える歌舞伎役者の市川染五郎さん(手前左)や高橋大輔さん(同右)ら出演者=国立代々木競技場
 史上初となる歌舞伎とフィギュアスケートを融合した氷上のショーが20日、東京・国立代々木競技場で行われ、2006年トリノ冬季五輪女子金メダリストの荒川静香さんや10年バンクーバー五輪男子銅メダリストの高橋大輔さん、歌舞伎役者の市川染五郎らが共演して会場を沸かせた。

 荒川さんは持ち前の表現力を生かして華麗に舞い、高橋さんは色鮮やかな衣装をまとって切れのある剣さばきやステップを披露。勧善懲悪の物語で、クライマックスでは悪役の市川がスケーティングをしながら高橋さんと剣で“対決”した。氷上にはさまざまな映像を投影するプロジェクションマッピングを駆使するなど、派手な演出も公演を彩った。

滑る、見得切る、宙を舞う!仕掛け続々「氷艶」で歌舞伎とスケートがコラボ
2017年5月20日 19:03 1240
news_xlarge__DSC6487
news_xlarge__DSC0738
news_xlarge__DSC0110
news_xlarge__DSC0889
「氷艶 hyoen2017ー破沙羅ー」より。(c)松竹株式会社
「氷艶 hyoen2017ー破沙羅ー」が本日5月20日に東京・国立代々木競技場第一体育館にて開幕した。

本作は歌舞伎とフィギュアスケートのコラボレーションによる、ストーリー仕立てのアイスショー。両界のスターらによる氷上での共演に、開幕前から注目が集まっていた。ステージナタリーでは、本日12:00に上演された、開幕回の模様をお届けする。

舞台は神代の日本。女神稲生(荒川静香)が描きだす夢物語が始まる。国の長の猿田彦(中村亀鶴)は、妻の天鈿女命(村上佳菜子)と、天からこの地を治めるために下ってきた瓊瓊杵尊(織田信成)を迎える。その妃として岩長姫(市川笑也)と木花開耶姫(浅田舞)が現れるが、尊が木花開耶姫だけを妻にしたため、岩長姫は恨みから歌舞伎の悪役仁木弾正直則(市川染五郎)を呼び出す。困った猿田彦は武蔵坊弁慶に姿を変え、源九郎判官義経(高橋大輔)を呼び出し、両者の戦いの幕は切って落とされるが……。善の義経と悪の弾正など、歌舞伎の世界では交わることのないキャクター同士の戦いも、異種コラボレーションとなる本作ならではの見どころとなっている。

物語はフィギュアスケーターたちの表現力に満ちた滑りと、歌舞伎俳優たちの語りによって進行。劇中では一部のキャストを除いた全員がスケート靴を履いて登場し、アイスホッケーの経験がある染五郎と笑也を筆頭に、澤村宗之助や大谷廣太郎ら歌舞伎役者たちも軽やかに氷上を行き来する。毛振りやすり足、見得、鳴り物など、氷上で観聞きするのは感慨深い歌舞伎ならではの演出や、映像と生身の俳優によるコラボレーションなど、創意工夫に満ち溢れたステージとなっている。また、氷上を一瞬で花畑や火の海に変貌させ物語を盛り上げるチームラボの映像演出や、「VOGUE JAPAN」がスタイリングを担当した艶やかな衣装にも注目だ。

染五郎のアクロバティックな宙乗りや高橋が三味線に合わせ激しく踊るシーンでは、客席からは大きな拍手が起こった。2人の氷上の殺陣対決は、剣舞さながらの美しい一幕となっている。荒川が見せる優雅な舞では、イナバウアーの披露も。岩長姫の手下として、DRUM TAOと大仕掛けを率いて妖艶な舞を披露する蛇髪姫の正体は、会場で確認しよう。フィギュアスケーターたちの疾走感と歌舞伎俳優たちの重厚感が誘う「破沙羅」の世界。ドキリとするシーンや、くすっと笑えるコミカルな演出も用意されているので期待して欲しい。

公演は5月22日まで。公演日ごとの当日券の有無は、公演公式Twitterで確認しよう。上演時間は途中休憩ありの約2時間。会場内は冷え込むので防寒対策をして臨もう。

「氷艶 hyoen2017ー破沙羅ー」
2017年5月20日(土)~22日(月)
東京都 国立代々木競技場第一体育館

脚本:戸部和久
演出:市川染五郎
振付・監修:尾上菊之丞
振付:宮本賢二
振付:東京ゲゲゲイ

キャスト
仁木弾正直則:市川染五郎
源九郎判官義経:高橋大輔
女神稲生:荒川静香

岩長姫:市川笑也
奴江戸兵衛:澤村宗之助
鬼佐渡坊:大谷廣太郎
猿田彦後に武蔵坊弁慶:中村亀鶴

静御前:鈴木明子
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと):織田信成
木花開耶姫(このはなさくやひめ):浅田舞
天鈿女命(あめのうずめのみこと):村上佳菜子

荒獅子男之助:大島淳
奴一平:鈴木誠一
渋谷金王丸:蝦名秀太
鳶頭彰吉:佐々木彰生
地獄太夫:中村蝶紫
蘇我入鹿:澤村國矢
石川五右衛門:片岡松十郎
酒呑童子:中村かなめ ほか

演奏:DRUM TAO

※高橋大輔の「高」は、はしごだかが正式表記。

染五郎と高橋大輔氏が合体「歌舞伎×フィギュア」アイスショー開幕
2017年5月21日7時0分 スポーツ報知
20170521-OHT1I50001-L
歓声に応える(左から)荒川静香さん、高橋大輔氏、市川染五郎
 市川染五郎(44)が演出を手掛けたフィギュアスケートと歌舞伎を融合させた史上初のアイスショー「氷艶 HYOEN 破沙羅」(22日まで)が20日、東京・国立代々木競技場で開幕した。染五郎発案による大胆な試みで五輪メダリストの高橋大輔氏(31)、荒川静香さん(35)らが時代劇の役で華麗な立ち回りなどアクションに挑戦。染五郎はスケート靴でステップを踏み、氷上で歌舞伎の有名な動き「六方」まで披露。スタンディングオベーションが起きる盛況ぶりでシリーズ化の可能性も十分だ。
Twitter プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード