echko フィギュアスケートの記録

記憶を記録。動画主様、画像主様全ての方々に感謝します。

パク・ソヨン

パク・ソヨン-ユ・ヨン-チェ・ダビンが見せた韓国フィギュアの可能性

パク・ソヨン-ユ・ヨン-チェ・ダビンが見せた韓国フィギュアの可能性
入力2016-11-28 05:30:00
2
パク・ソヨン. 写真=(c)Gettyimages

たとえ2016~2017シーズン国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアスケートグランプリファイナルに進出することができなかったが、パク・ソヨン(19・檀国(タングク)大)をはじめとしてチェ・ダビン(16・スリ高)、ユ・ヨン(12・文苑小)等が韓国フィギュアスケートの未来を明らかにする活躍を広げている。

パク・ソヨンは13日(韓国時間)フランス、パリで開かれた2016~2017シーズンISUフィギュアスケートシニアグランプリシリーズ4次大会‘トロフィー・トゥ・フランス’女子シングル部門でショートプログラム64.89点・フリースケーティング120.30点を合わせた総合点185.19点を受けて5位を記録した。

ISU国際大会でキム・ヨナ以後初めて180点を突破して韓国フィギュアスケート女子シングル看板らしい面目を誇示した。

パク・ソヨンの成長は眩しい。 2014年ソチ冬季オリンピックに参加した後、技量が早く増えた。 シニア初めてのシーズンだった2014~2015シーズングランプリ1次、4次大会で5位に上がって常勝疾走した。 2015~2016シーズンに続き2016~2017シーズン序盤停滞したがグランプリ4次大会でISU公認個人最高記録を立てて2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック展望を明らかにした。
2
チェ・ダビン. 写真=(c)Gettyimages

パク・ソヨンの後に続く期待の主もすくすく育っている。 ‘平昌(ピョンチャン)オリンピック期待の主’チェ・ダビンは25日日本、札幌で開かれた2016~2017ISUフィギュアスケートシニアグランプリ6次大会でショートプログラム51.06点とフリースケーティング114.57点を受けて総合点165.63点で全体11人中9位に上がった。 まだ不足した点が多いが国際大会で経験をじわじわ積んでより良い明日を準備している。
2
ユ・ヨン. 写真提供|対韓氷上競技連盟

まだ幼いが‘フィギュア神童’ユ・ヨンも20日エストニア、タリンで開かれた2016~2017シーズンISUフィギュアスケート‘タリントロフィー2016アドバンスドノービス(13才以下)’部門でショートプログラム36.49点とフリースケーティング90.40点を合わせた総合点126.89点で全体48人中2位を占めて国際大会で頭角を表わしている。

ホン・ジェヒョン記者
http://sports.donga.com/3/all/20161127/81549030/3を翻訳しました。続きを読む

“私もできる”パク・ソヨン、自信が最も大きい収穫

“私もできる”パク・ソヨン、自信が最も大きい収穫
2016-11-16 05:59:01
[仁川(インチョン)空港(永宗島(ヨンジョンド))=ニュースエン チュ・ミヒ記者]

'キム・ヨナ以後総点180点突破'はパク・ソヨンに大きい自信を持ってくるものと見られる。

フィギュアスケート国家代表パク・ソヨン(19檀国(タングク)大)はグランプリ4次大会を終えて仁川(インチョン)国際空港を通って帰国、"私もすればすることができる"という考えを持つようになった"と所感を明らかにした。
201611151914473040_1
201611151914473040_2
パク・ソヨンは去る13日終わったフランス、パリのアコーホテルズ・アリーナで終わった2016-17シーズン国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアスケートグランプリシリーズ4次大会'トロフィー・トゥ・フランス'女子シングル部門でショートプログラム64.89点、フリースケーティング120.30点、総点185.19点を受けて5位を記録した。

パク・ソヨンはこの大会で自身のショートプログラム、フリースケーティング、総点全部ISU公認個人最高点を更新した。 特にキム・ヨナ以後韓国女子選手では最初にISU大会で180点を突破する快挙を産んだ。

パク・ソヨンはキム・ヨナがソチ冬季オリンピックを最後に引退した後に開かれた'世界選手権大会'で総合点176.61点で9位に上がってフィギュアファンたちに目で存在を知らせた。キム・ヨナ以後初めて韓国女子選手がISU大会で総点170点以上を記録して世界選手権トップ10に聞いたためだ。

2014-15シーズン本格的にシニア初めてのシーズンを迎えたパク・ソヨンは二回のグランプリで5位を記録した善戦したし、そのシーズン国内で最も大きい大会である'総合選手権'でも優勝するなど成功的なシーズンを継続した。

しかしその次シーズン、スランプでないスランプがパク・ソヨンを困らせた。 二回のグランプリでそれぞれ総合点159.66点と164.28点で9位と8位に留まった。 総合選手権でも5位に押し出された。 '4大陸選手権大会'では当時個人最高点を更新して(178.92点)キム・ヨナ以後4大陸大会最高順位である4位を記録、期待感を膨らませたが世界選手権で総点154.24点で18位を記録するなど起伏ある姿を見せた。

今シーズン開始時期も良いこととできなかった。身体をほぐすことに出て行った初めての大会'アジアントロフィー'で総合点128.95点という衝撃的な点数を受けたパク・ソヨンは長期であったジャンプで乱調を体験した。二回のチャレンジャーシリーズでも総合点156.85点(5位)、161.95点(4位)に終わった。

ユ・ヨン(12文苑小)、イム・ウンス(13漢江(ハンガン)中)、キム・イェリム(13印鑑(道場,塗装)中)等ノービス、ジュニア3人衆とチェ・ダビン(16スリ高)、キム・ナヒョン(16果川(クァチョン)高)等後輩の善戦があったのでパク・ソヨンの気が楽なはずがなかった。

パク・ソヨンは去る10月グランプリ1次大会でも161.36点で8位に留まった。 パク・ソヨンはグランプリ4次大会まで"練習は同じようにした通りした"と話したが、休み無しに走ったシーズン序盤と違い約3週の時間がパク・ソヨンに薬になった。

左足に炎症負傷を持っていたパク・ソヨンは"精神力で持ちこたえようとした"と話すこともした。

何よりパク・ソヨンに最も大きい収穫は自信を得たという点だ。ジャンプの質が良いパク・ソヨンはプログラムで良い実行を見せた場合高得点を受けることが可能だが、今回の大会でそれを証明するとみられた。ショートプログラムはきれいだったし、フリースケーティングではトリプルルッツで倒れてトリプルループで回転不足判定を受けたが、その他には良い演技をした。

パク・ソヨンは"私もすればすることができるという考えを持つことになった"としてパッと微笑を浮かべた。

だが起伏を減らし常に着実に失敗の無い演技をすることが重要だ。 最も難しいことだが高得点を受けるためには必須不可欠な要素だ。

パク・ソヨンは"私もそうしたいがうまくできない"としながらぎこちなく笑うと"起伏の無い演技ができるように熱心にする"と堅く念を押した。

パク・ソヨンは来る2017年1月江陵(カンヌン)で開かれる国家代表選抜戦兼世界選手権選抜戦'総合選手権'に出場する。2月には'冬季ユニバーシアード'、'4大陸選手権'、'冬季アジア競技大会'、'冬季体育典'など4個の大会に出る予定だ。 一週間に一度の恰好で大会に出て行くことだ。パク・ソヨンはウェイト運動をして体力をたくさん積むのも計画している。

パク・ソヨンは残ったシーズン目標に対して"一度にずっと上がるのではなくても少しずつ発展してじわじわ良い成績を出したい。 メダルを考えれば負担になるので私がすることだけしようという考えを持っている"と明らかにした

(資料写真=パク・ソヨン)
写真=(c)GettyImages
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201611151914473040を翻訳しました。
'最高点'パク・ソヨン、フィギュアGP4次大会総合点185.19点
記事入力2016.11.13午前05:41 最終修正2016.11.13午後02:25
90321_112906_1840_99_20161113142508
▲パク・ソヨン(c)GettyImages
[SPOTVニュース=チョ・ヨンジュン記者]韓国フィギュアスケート国家代表長姉パク・ソヨン(19,檀国(タングク)大)が今シーズン二番目に出場した国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアスケートグランプリ大会でISUが認めた個人最高点数である185.19点を記録した。

パク・ソヨンは12日(韓国時間)フランスのパリで開かれた2016~2017シーズンISUフィギュアスケートシニアグランプリ4次大会フランストロフィー女子シングルのフリースケーティングで技術点数(TES)61.70点芸術点数(PCS)59.60点減点(Deduction)1点を合わせた120.30点を受けた。

ショートプログラム点数64.89点と合わせた総合点185.19点を記録したパク・ソヨンは今回の大会日程を終えた。 前日パク・ソヨンはショートプログラムで64.89点を受けて従来ショートプログラム個人最高点数である62.49点を2.4点高めた。

フリースケーティングでも従来個人最高点数である119.39点(2014年世界選手権大会)を越えた。 2年ぶりにフリースケーティング個人最高点数を置き換えた彼女は総点最高点数も従来の記録である178.92点を6.27点も高めた。

またパク・ソヨンはキム・ヨナ(26)以後国際大会で二番目に180点を突破した選手になった。

パク・ソヨンは先月23日アメリカのイリノイ州、シカゴ シアーズセンターアリーナで開かれたグランプリ1次大会スケートアメリカで総合点161.36点で8位に上がった。 負傷がある状態でこの大会に出たパク・ソヨンはフリースケーティングで頻繁な失敗をしながら良い成績を受けることができなかった。 しかし今回の大会ショートプログラムとフリースケーティングで全部善戦して個人最高点数を越えた。

出場選手12人の中で7人目に氷上に登場したパク・ソヨンはフリースケーティングプログラム曲'恋のアランフェス'に合わせて競技を繰り広げた。 初めてのジャンプ課題であるトリプルルッツを試みたが氷上に倒れた。

出発は不安だったが続いたダブルアクセル+トリプルトゥループコンビネーションジャンプに成功した。 トリプルフリップは着地が若干揺れる残念な思いをした。 トリプルループ+ダブルトゥループとトリプルサルコウ+ダブルトゥループ+ダブルループコンビネーションジャンプを無難に跳んだ彼女は後半部に配置されたトリプルループとトリプルサルコウも無理無しでやり遂げた。

パク・ソヨンは残った選手たちの競技結果により最終順位が決定される。
http://sports.news.naver.com/general/news/read.nhn?oid=477&aid=0000053341を翻訳しました。
T16_44912daily
'最高点'パク・ソヨン、フィギュアGP4次大会ショート64.89点
記事入力2016.11.12午前05:29 最終修正2016.11.12午前08:19
90177_112728_1458_99_20161112081906
▲パク・ソヨン(c)GettyImages
[SPOTVニュース=チョ・ヨンジュン記者]韓国フィギュアスケート国家代表長姉パク・ソヨン(19,檀国(タングク)大)が今シーズン二番目に出場した国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアスケートグランプリ大会ショートプログラムで個人最高点数である64.89点を受けた。

パク・ソヨンは12日(以下韓国時間)フランスのパリで開かれた2016~2017シーズンISUフィギュアスケートシニアグランプリ4次大会フランストロフィー女子シングルのショートプログラムで技術点数(TES)35.67点芸術点数(PCS)29.22点を加えた64.89点を記録した。

パク・ソヨンは去る2月4大陸選手権大会で記録した従来個人ショートプログラム最高点数である62.49点を越えた。

パク・ソヨンは先月23日アメリカのイリノイ州、シカゴ シアーズセンターアリーナで開かれたグランプリ1次大会スケートアメリカで総合点161.36点で8位に上がった。 負傷がある状態でこの大会に出たパク・ソヨンはフリースケーティングで頻繁な失敗をしながら良い成績を受けることができなかった。 この大会で記録したショートプログラム点数は58.16点だ。

今回の大会でクリーン競技に成功した彼女はショートプログラム個人最高点数を飛び越えて良い出発を見せた。

パク・ソヨンは今シーズンのショートプログラム曲'黄金の腕'に合わせて競技を始めた。 初めてのジャンプ課題であるトリプルサルコウ+トリプルトゥループコンビネーションジャンプをきれいに跳んだパク・ソヨンは二番目ジャンプであるトリプルループも無難に跳んだ。 最後のジャンプ、ダブルアクセルとレイバックスピン、チェンジフットコンビネーションスピンも揺れることがなかった。

先立って出場した現役最強者エフゲニア・メドベデワ(ロシア)は技術点数(TES)42.16点芸術点数(PCS)36.36点を合わせた78.52点を記録した。 この点数はフィギュアスケート女子シングルのショートプログラム歴代2位に該当する。 メドベデワは2010年キム・ヨナがバンクーバー冬季オリンピックのショートプログラムで受けた78.50点を越えた。 歴代ショートプログラム女子シングル最高点数は浅田真央(日本)が2014年世界選手権大会で記録した78.66点だ。

浅田は今回の大会ショートプログラムで61.29点に終わった。

パク・ソヨンは残った選手競技結果によりショートプログラム順位が決定される。
http://sports.news.naver.com/general/news/read.nhn?oid=477&aid=0000053241を翻訳しました。
T16_25539daily

ガブリエル・デールマン4位~ISU GP Trophee de France 2016

ISU GP Trophee de France 20161
161112_fig_DALEMAN01
161112_fig_DALEMAN03
161113_fig_DALEMAN01
161113_fig_DALEMAN04

161112_fig_PARK01
161113_fig_PARK03
パク・ソヨン 5位
161112_fig_LECAVELIER03
161113_fig_LECAVELIER03
ロリーヌ・ルカヴァリエ 6位
161112_fig_MEITE01
161113_fig_MEITE03
マエ・ベレニス・メイテ 7位
161112_fig_gold
161113_fig_gold03
グレイシー・ゴールド 8位
161112_fig_GALUSTYAN03
161113_fig_GALUSTYAN02
アナスタシヤ・ガルスチャン 11位
161112_fig_LEONOVA02
161113_fig_LEONOVA02
アリーナ・レオノワ 12位

パク・ソヨン、フィギュアGP 1次大会最終8位…浅田真央は6位(総合)

パク・ソヨン、GP 1次大会ショート58.16点…浅田は64.47点
記事入力2016.10.22午前09:46 最終修正2016.10.22午前11:30
84885_106742_4930_99_20161022113005
▲パク・ソヨン(c)ハン・ヒジェ記者
[SPOTVニュース=チョ・ヨンジュン記者]韓国フィギュアスケート国家代表長姉パク・ソヨン(19,檀国(タングク)大)が今シーズン初めて出場したシニアグランプリ大会ショートプログラムで58.16点を受けた。

パク・ソヨンは22日(韓国時間)アメリカ、イリノイ州、シカゴシアーズセンターアリーナで開かれた2016~2017シーズン国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアスケートシニアグランプリ1次大会スケートアメリカの女子シングル ショートプログラムで技術点数(TES)30.74点芸術点数(PCS)27.42点を加えた58.16点を得た。 出場選手11人の中で5人が競技を終えた現在のパク・ソヨンは中間順位3位を走っている。

2010年最年少国家代表になったパク・ソヨンはいつのまにか太極マークを付けた女子選手の中で長姉になった。 去る1月開かれた全国総合選手権大会では優勝したユ・ヨン(12,文苑小)、チェ・ダビン(16,スリ高)、イム・ウンス(13,漢江(ハンガン)中)、キム・イェリム(13,印鑑(道場,塗装)中)に押されて5位に終わった。

2月開かれた4大陸選手権大会では総合点176.61点で4位に上がった。 キム・ヨナ(26,2010年大会優勝)とキム・ナヨン(16,2008年大会4位)以後、この大会最高成績を上げて復活するように見えた。 しかし3月世界選手権大会では総合点154.24点に終わって18位に留まった。

パク・ソヨンは今シーズンISUグランプリシリーズを控えて出場した国際大会でプログラムを点検した。 8月初めフィリピン、マニラで開かれたアジアントロフィー女子シングルのシニア部門に出場した彼女は128.95点で4位を記録した。 先月出場したISUチャレンジャー大会であるロンバルディアトロフィーとネーベルホルントロフィーではそれぞれ5位と4位に満足しなければならなかった。
84885_106743_5102_99_20161022113005
▲浅田真央(c) GettyImages

去る16日ソウル木洞アイスリンクで幕を下ろした2016年全国男女フィギュアスケート会長杯ランキング大会では総合点172.11点で4位に上がった。 この大会を終えた後、直ちに今回のグランプリ1次大会を準備したパク・ソヨンは自身のショートプログラム曲'黄金の腕'に合わせて競技を始めた。

初めてのジャンプ課題であるトリプルサルコウ+トリプルトゥループコンビネーションジャンプを跳んだが着地で若干揺れた。 二番目ジャンプであるトリプルループはきれいに跳んだし、フライングキャメルスピンとダブルアクセルを失敗無しでやり遂げた。 パク・ソヨンはレイバックスピンとステップシークエンス、チェンジフットコンビネーションスピンでプログラムを終えた。

パク・ソヨンはISUが認めた自身のショートプログラム最高点数である62.49(2016年4大陸選手権大会)点に達し得なかった。

先立って出場した'百戦老将'浅田真央(26,日本)は64.47点を受けた。
パク・ソヨン、フィギュアGP1次大会最終8位…浅田は6位(総合)
記事入力2016.10.23午前06:52 最終修正2016.10.23午前07:23
85143_107024_2749_99_20161023072306
▲2016年ISUスケートアメリカに出場したパク・ソヨン(c)GettyImages
[SPOTVニュース=チョ・ヨンジュン記者]韓国フィギュアスケート国家代表長姉パク・ソヨン(19,檀国(タングク)大)が今シーズン初めて出場したシニアグランプリ大会で8位に留まった。

パク・ソヨンは23日(以下韓国時間)アメリカ、イリノイ州、シカゴシアーズセンターアリーナで開かれた2016~2017シーズン国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアスケートシニアグランプリ1次大会スケートアメリカ女子シングルのショートプログラムで技術点数(TES)48.53点芸術点数(PCS)55.67点減点(Deduction)1点を加えた103.20点を受けた。

ショートプログラム点数58.16点と合わせた総合点161.36点を記録したパク・ソヨンは最終8位に今回の大会を終えた。 個人総点最高点数178.92点(2016年4大陸選手権大会)とフリースケーティング最高点数119.39点(2014年世界選手権大会)に達し得なかった。

パク・ソヨンは2014年からシニアグランプリ大会に出場した。 その年スケートアメリカとロシアロステレコムカップで5位に上がったのが最も良い成績だ。 今回の大会を控えた彼女は8月初めフィリピン、マニラで開かれたアジアントロフィー女子シングルのシニア部門に出場して4位に上がった。 先月出場したISUチャレンジャー大会であるロンバルディアトロフィーとネーベルホルントロフィーではそれぞれ5位と4位にの名前を上げた。

去る16日ソウル木洞アイスリンクで幕を下ろした2016年全国男女フィギュアスケート会長杯ランキング大会では総合点172.11点で4位を記録した。 この大会を終えた彼女は直ちに今回の大会準備に入った。 身体状態が良くない中でアメリカに発ったパク・ソヨンは上位圏進入に失敗した。

出場選手11人の中でパク・ソヨンは5番目に氷上に登場した。 彼女は今シーズンのフリースケーティングプログラム'aranjuez mon amour'に合わせて競技を繰り広げた。 初めてのジャンプ課題トリプルルッツをきれいに跳んだ。 ダブルアクセル+トリプルトゥループコンビネーションジャンプでは後続ジャンプで失敗した。 トリプルフリップでは氷上に倒れた。

プログラム後半部にあるトリプルサルコウ+ダブルトゥループは無難に跳んだが、トリプルループで続く連続ジャンプで再び仕損じた。 クリーンに失敗したパク・ソヨンは103.20点を受けてフリースケーティングを終えた。
85143_107025_4724_99_20161023072306
▲2016年ISUスケートアメリカで競技を繰り広げる浅田真央(c) GettyImages

'百戦老将'浅田真央(26,日本)はいくつかのジャンプで揺れて最終6位に終わった。 浅田は技術点数(TES)46.35点芸術点数(PCS)65.96点を加えた112.31点を記録した。 ショートプログラム点数64.47点と合わせた総合点176.78点を得た彼女はメダルに失敗した。

アメリカフィギュアスケートの看板アシュリー・ワグナー(25)は総合点196.44点で優勝した。 アメリカの新鋭マライア・ベル(20)は191.59点で2位に上がった。 189.28点を記録した三原舞依(17,日本)がその後に続いた。

グランプリ2次大会は来る28日カナダ、オンタリオ州ミシサガで開かれる。 この大会女子シングルにはチェ・ダビン(16,スリ高)とキム・ナヒョン(16,果川(クァチョン)高)が出場する。続きを読む

2016年全国男女フィギュアスケート会長杯ランキング大会~パク・ソヨン、チェ・ダビン、キム・イェリムFS

article
article2
Cu3tgiWVMAAWc6_
PYH2016101609400001300_P2
37MC7162

パク・ソヨン選手 4位172.11
205332_196894_1446
article3
article4
PYH2016101610000001300_P2

チェ・ダビン選手 5位171.65
Cu8Rpz3VMAAax16
Cu-U3fhVUAA9qoE

キム・イェリム選手 6位170.34

[フィギュアランキング戦] 'にょきっと長姉'パク・ソヨン、精神的苦労激しかった理由

[フィギュアランキング戦]'にょきっと長姉'パク・ソヨン、精神的苦労激しかった理由
記事入力2016.10.16午前06:06 最終修正2016.10.16午前06:15
83182_104876_0507_99_20161016061505
▲2016年フィギュアスケートランキング戦ショートプログラム競技に出場したパク・ソヨン(c)SPOTVニュース
[SPOTVニュース=木洞、チョ・ヨンジュン記者]"事実ストレスをたくさん受けました。 今年総合選手権大会成績も良くなくて難しい時期があったが今回の対戦でクリーンに成功して満足しています。

" フィギュアスケート国家代表長姉パク・ソヨン(19,檀国(タングク)大)がせっかく明るく笑った。パク・ソヨンは15日ソウル木洞(モクトン)アイスリンクで開かれた2016年全国男女フィギュアスケート会長杯ランキング大会(以下ランキング戦)女子シングルダ第1グループのショートプログラムに出場して技術点数(TES)35.27点芸術点数(PCS)27.92点を加えた63.19点を記録した。

パク・ソヨンは63.18点で2位に上がったチェ・ダビンを0.01点差で女子シングル第1グループのショートプログラム1位を占めた。

2010年最年少国家代表になったパク・ソヨンはいつのまにか太極マークを付けた女子選手の中で長姉になった。 粘り強く太極マークを維持したが、起伏が激しい弱点を克服できなかった。 去る1月開かれた全国総合選手権大会では優勝したユ・ヨン(12,文苑小)、チェ・ダビン(16,スリ高)、イム・ウンス(13,漢江(ハンガン)中)、キム・イェリム(13,印鑑(道場,塗装)中)に押されて5位に終わった。

2月開かれた4大陸選手権大会では総合点176.61点で4位に上がった。 キム・ヨナ(26,2010年大会優勝)とキム・ナヨン(16,2008年大会4位)以後、この大会最高成績を上げて復活するように見えた。 しかし3月世界選手権大会では総合点154.24点に終わって18位に留まった。

今シーズン、国際氷上競技連盟(ISU)グランプリ シリーズを控えて出場した国際大会成績も良くなかった。 8月初めフィリピン、マニラで開かれたアジアントロフィー女子シングルのシニア部門に出場した彼女は128.95点で4位に終わった。 先月出場したISUチャレンジャー大会であるロンバルディア トロフィーとネーベルホルントロフィーではそれぞれ5位と4位に満足しなければならなかった。

彼女が2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック期待の主に選ばれるという点を考える時、惜しい結果であった。 しかし7年間韓国女子フィギュアスケート上位圏に留まった底力は簡単に消えなかった。 今回のランキング戦はリトルヨナ三銃士であるユ・ヨン、イム・ウンス、キム・イェリムとチェ・ダビンが優勝を争うと思った。 このような状況でパク・ソヨンはショートプログラムをクリーンに成功して長姉の自尊心をたてた。
83182_104877_0725_99_20161016061505
▲パク・ソヨンが2016年6月開かれたオール・ザット・スケート2016で演技をしている(c)ハン・ヒジェ記者

パク・ソヨンはランキング戦ショートプログラムでトリプルサルコウ+トリプルトゥループコンビネーションジャンプをきれいに跳んで1.2点の加算点(GOE)を取りまとめた。 トリプルループとダブルアクセルも失敗無しでやり遂げた彼女はフライングキャメルスピンとレイバックスピン、チェンジフットコンビネーションスピンで全部最高等級であるレベル4を記録した。

芸術点数も出場した選手の中で最も高い27.92点を受けた。 長所である広く跳ぶ距離ジャンプと速いスケーティングは生き返ったし、表現力も一層成熟した。 パク・ソヨンと同じ年頃の有望株はしばらく不振に陥ればこれを勝ち抜くことができなくて、少しずつ忘れられた。 打って上がってくる妹の勢いにしばらく停滞したパク・ソヨンは起き上がりこぼしのように起きて粘り強いペースを維持した。

競技を終えた彼女は"最近練習をする時ショートプログラムでクリーンな演技をたびたびした。 自身のプログラムをきれいにするのはすべての選手が願うことだ"として"個人的に私もそういう気持ちを込めていたがやり遂げた"として所感を明らかにした。

パク・ソヨンは永らくプログラムをきれいにやり遂げることができなかった。 ジャンプの質が良くて表現力まで発展したが、いつもプログラム クリーンに失敗して本来の技量を完全に見せることができなかった。

彼女は"今まで精神的苦労が激しかった。 しかし今回皆払いのけたい。 肯定的であってこそ訓練もうまくいく。 グランプリ大会も重要だが今回のランキング戦と来年総合選手権大会を重要だと考えて良い姿をお見せしたい"として覚悟を固めた。

表現力がますます熟している点に対して彼女は"以前にはママが表情演技と振り付けをたくさん教えられた。 今は自ら考えて音楽を乗って合わせてみようと努力する"と話した。 引き続き"プログラムを受ければ100番超えて聞く。 その音楽に合わせて演技する私自身の姿も想像する"と付け加えた。

パク・ソヨンは幼い時期から粘り強く努力する誠実なことで頂上の席を守った。打って上がってくる後輩に良い刺激を受けた彼女は失望の代わりに'肯定の力'を信じて自身を鞭打ちした。このような努力は今回のランキング戦で良い結果につながった。
83182_104878_1417_99_20161016061505
▲2016年フィギュアスケートランキング戦のショートプログラム競技をしているパク・ソヨン(c)SPOTVニュース

パク・ソヨンは"現在の左足足の指炎症負傷があるがこれも勝ち抜きたい"という話も残した。

彼女は2011年ランキング戦女子シングル第1グループに初めて出場して優勝した。 2014年までこの大会4年連続優勝したが昨年にはチェ・ダビンに続き2位に上がった。

パク・ソヨンは今回の大会でランキング戦5回目優勝に挑戦する。 キム・ヨナ以後国際大会でメダルをさらう選手は現れなかった。 しかしパク・ソヨンはこのような状況で永らく揺れなくて起き上がりこぼしのように倒れても起きる底力を見せた。

16日フリースケーティングに出場する彼女は"今興奮した心を沈めてフリースケーティングで全てのものを皆注ぎ込みたい"としっかりと話した。
Cu0gKttVMAAxdFk
Cu0jZpTVIAAgCJJ
201610152043771434_580216706685e
201610152118772899_58021eb1a05a3

Cu2YNr7VIAAa-uP
CvDmuNgUIAED3Cl

キム・へジン選手 20位48.59続きを読む

自国五輪の代表になれるのは?

PYH2016020424560001300_P2_99_20160204201611
AKR20160807063400007_01_i
続きを読む

チェ・ダビン、フィギュア アジアントロフィー最終2位…パク・ソヨンは4位

チェ・ダビン、フィギュア アジアントロフィー最終2位…パク・ソヨンは4位
記事入力2016.08.07午後09:58 最終修正2016.08.07午後10:11
69830_90049_0210_99_20160807221104
▲チェ・ダビン(c) GettyImages
[SPOTVニュース=チョ・ヨンジュン記者]2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック フィギュアスケート期待の主チェ・ダビン(16,スリ高)が今シーズン初めて出場した国際大会で準優勝した。

チェ・ダビンは7日フィリピン、マニラで開かれた2016年アジアントロフィーフィギュアスケート大会シニア女子シングルフリースケーティングで技術点数(TES)58.43点芸術点数(PCS)50.13点を加えた108.56点を受けた。

ショートプログラム点数51.71点と加えた総点160.27点を受けたチェ・ダビンは161.89点で優勝した松田悠良(日本)に続き2位に上がった。 チェ・ダビンはフリースケーティング1位に上がって逆転優勝を狙った。 しかし1.62点差で惜しく2位に満足しなければならなかった。

チェ・ダビンは昨シーズン国際氷上競技連盟(ISU)ジュニアグランプリシリーズで2個の銅メダルを獲得した。 今シーズン本格的にシニア舞台にデビューする彼女はアジアントロフィー銀メダルを取って良い出発を見せた。

チェ・ダビンは自身のフリースケーティング曲である'ドクタージバゴOST'に合わせて演技した。
初めての課題であるトリプルルッツ+トリプルトゥループコンビネーションジャンプで後続ジャンプが回転不足でアンダーローテ判定を受けた。 二番目ジャンプであるトリプルフリップはアテンション(!ロ表記、あいまいなジャンプ)指摘を受けた。

トリプルループとダブルアクセル+トリプルトゥループそしてトリプルルッツ+ダブルトゥループ+ダブルループ コンビネーションジャンプに成功したチェ・ダビンはトリプルサルコウでもう一度アンダーローテ指摘を受けた。

チェ・ダビンと女子シングルフリースケーティングに出場したパク・ソヨンはフリースケーティングで80.93点に終わった。 ショートプログラム点数48.02点と合わせた総点128.95点を記録したパク・ソヨンは4位に大会を終えた。

ダビンのマンボ。
身体表現はジュニアの時より良くなったけど、脳内大輔さん(音源が同じ)になるだけ損だヨナ~。続きを読む

<フィギュア> ユ・ヨン、新しいプログラム4日公開…"アジアントロフィー参加"

<フィギュア> ユ・ヨン、新しいプログラム4日公開…"アジアントロフィー参加"
送稿時間| 2016/08/01 10:44
(ソウル=聯合ニュース)キム・ギョンユン記者=韓国フィギュアスケートの未来ユ・ヨン(12・文苑小)が今シーズン新しいプログラムを公開する。

ユ・ヨンなど韓国フィギュア看板選手たちは4日から7日までフィリピン、マニラで開かれる'アジア オープン フィギュアスケート トロフィー2016(アジアトロフィー)'に参加する。

ユ・ヨンはまだ満13才にならなくて国際ジュニア大会に出場できないが、大会ノービス部門に出場して新しいプログラムを公開する予定だ。

彼女はショートプログラムで'パソ ドブレ'、フリースケーティングは'ブラックスワンOST'を選択した。

ユ・ヨンは去る3月カップ オブ チロル大会優勝に続き、生涯二回目国際大会優勝に挑戦する。

この大会にはユ・ヨンをはじめとしてパク・ソヨン(19・檀国(タングク)大)、チェ・ダビン(16・スリ高)、イ・ジュンヒョン(20・檀国(タングク)大)、キム・ジンソ(20・韓国体育大)、イム・ウンス(13・漢江(ハンガン)中)が参加する。

'アジアントロフィー'とはB級国際大会でパク・ソヨン、チェ・ダビン、イ・ジュンヒョン、キム・ジンソはシニアで出場する。 イム・ウンスはジュニア部門に出る。

これらはシーズン初めての大会を通じて今年のシーズンプログラムを公開する予定だ。

パク・ソヨンはショートプログラムで'黄金の腕OST(The Man with the Golden Arm OST)',フリースケーティングはナナ・ムスクーリが歌った'アランフェス協奏曲(Aranjuez Mon Amour)'をリリースする。

パク・ソヨンの所属会社であるオール・ザット・スポーツは"ショートはセクシーで楽しい雰囲気で、フリースケーティングはやわらかいということと強さを共に見せることができるフラメンコスタイルが反映された"と説明した。

チェ・ダビンはショートプログラムでジャズな感じの'マンボ(Mambo)'を、フリースケーティングでは弱々しくてドラマチックな'ドクタージバコOST'を選択した。

イ・ジュンヒョンはオペラ'トスカ'のアリアのうち3幕である'星は光るものの'をショートプログラムで選択したし、フリーは'ムーランルージュOST''で構成した。

キム・ジンソはマイケル・プーブレの明るくて軽快な'Moondance(ムーンダンス)'をショートプログラムで選曲した。 フリーはジョージ・ガーシュインの名曲である'ラプソディー・イン・ブルー(Rhapsody in Blue)'を選んだ。

2016-2017シーズンのジュニアグランプリ2個の大会に配分されたイム・ウンスはジュニア初めてのシーズン ショート曲で'ベサメ・ムーチョ',フリーは'ミス・サイゴン'を選択した。

選手たちは3日午後フィリピンに出国する。

ジュニアとノービスは4日から6日まで、シニア競技は6日から7日まで開かれる。
AKR20160801067100007_01_i
フィギュア選手ユ・ヨン(聯合ニュース資料写真)
PS16080100068
パク・ソヨン続きを読む

パク・ソヨン、3シーズン連続GP 2個の大会招請 チェ・ダビン、初めての招請

パク・ソヨン、3シーズン連続GP 2個の大会招請 チェ・ダビン、初めての招請
2016-07-15 06:00:01

[ニュースエン チュ・ミヒ記者]フィギュア国家代表パク・ソヨンが3年連続グランプリシリーズ二つ大会に招請を受けた。 チェ・ダビンは初めての招請を受けた。

国際氷上競技連盟(ISU)は最近公式ホームページを通じて2016-2017シーズンフィギュアスケートグランプリシリーズ6個の大会配分結果を発表した。

合計6個の大会と一個のファイナル大会でなされたISUフィギュアスケーティングシニアグランプリシリーズは前年度世界選手権大会参加成績、シーズン最高点などを計算して各選手招請がなされる。
201607141336113040_1
201607141336113040_2
201607141336113040_3
大韓民国フィギュア国家代表であり、長姉パク・ソヨンはグランプリ1次大会'スケートアメリカ'と4次大会'トロフィートゥ フランス'に出場する。1次大会は来る10月22日(以下韓国時間)から24日まで3日間アメリカ、イリノイ州、シカゴで、4次大会は来る11月12日から14日までフランス、パリで3日間開かれる。

これでパク・ソヨンは去る2014-2015シーズンから2016-2017シーズンまで3シーズン連続グランプリ二大会に招請を受けた。 3シーズン連続グランプリ二大会に招請を受けたのはキム・ヨナ(25)以後初めてだ。

パク・ソヨンは去る2015年2月'四大陸選手権大会'で総点178.82点で本人最高記録を更新して4位に上がったことがある。

パク・ソヨンは去る6月から約一か月間アメリカLAで現地訓練を進めた。 7月14日アイスショー参加のために台湾に出国した状態だ。パク・ソヨンはその間一緒にしてきた振付け師シンディ・スチュワートと今シーズンのショートプログラムを、デヴィッド・ウィルソンとフリースケーティングのプログラム振り付け作業を終えた。

これでパク・ソヨンは二つの大会で浅田真央(25)と正面対立する。

昨シーズン、シニア世界選手権に初めての出場して総点159.92点で14位を記録したチェ・ダビン(16スリ高)は来る10月29日から11月1日まで3日間カナダ、オンタリオ州ミシサガで開かれるグランプリ2次大会'スケートカナダ'に初めての招請を受けた。

アイスダンスではキム・レベッカ(18)-キリル・ミノフチーム(23)がグランプリ1次大会'スケートアメリカ’に配分を受けた。(資料写真=上からパク・ソヨン、チェ・ダビン、キム・レベッカ-キリル・ミノフ)続きを読む
リラックマ時計
Twitter プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
カテゴリ別アーカイブ