echko フィギュアスケートの記録

記憶を記録。動画主様、画像主様全ての方々に感謝します。

パク・ソヨン

’危機の韓国フィギュア’、投資なしでは結実もない

’危機の韓国フィギュア’、投資なしでは結実もない
チョ・ヨンジュン記者 2015年03月31日火曜日
9118_11078_2104

[SPOTV NEWS=チョ・ヨンジュン記者]すべてのスポーツ種目がそのようにフィギュアスケートも'投資'があってこそ'結実'を結ぶことができる。ロシアフィギュア女子シングルはイリーナ・スルツカヤ(36,ロシア、2006トリノ冬季オリンピック銅メダル)以後しばらく沈滞期に陥った。だが2014ソチ冬季オリンピックを控えて国家次元の積極的な投資家成り立って状況が急変した。

韓国フィギュアは2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックを3年後に控えている。現在の状況を冷徹に診断する時、韓国フィギュアは'危機'に陥った。キム・ヨナの活躍に力づけられた韓国フィギュアは2010年バンクーバー冬季オリンピックで金メダルを刈り取ったし、2014ソチオリンピックでは銀メダルを取得した。

しかし居間で開かれる平昌(ピョンチャン)オリンピックでは'ノーメダル'に終わる公算が大きい。韓国フィギュアは'キム・ヨナ以後'を責任を負うべき期待の主が次から次へ登場した。これらは昨シーズンと今シーズン国際大会に着実に参加して自身の存在を知らせた。だが世界上位圏で入る門は相変らず'狭き門'だ。世界の壁は時間が経つほど高まっているけれど韓国フィギュアは足踏みを続けている。

パク・ソヨン‐キム・ヘジン、ワールド10位圏進入失敗…相変らず高いほどの男子フィギュアの壁


パク・ソヨン(18,シンモク高)はキム・ヨナ以後韓国フィギュアの新しい看板として位置を確立した。今年1月初めに開いた全国総合選手権大会頂上に上がって'国内1人者'の位置づけを確かにした。ソチオリンピックに出場して大きい大会経験を積んだし、昨年世界選手権では最終9位に上がった。国際氷上競技連盟(ISU)公認個人最高点である176.61点を受けてあげた成果だったため、より一層貴重だった。

だが今年の世界選手権では前進できなかった。パク・ソヨンは28日中国、上海で幕を下ろした世界選手権で最終160.75点に終わった。最終順位12位に上がったパク・ソヨンは2年連続10位圏進入に失敗した。共に出場したキム・ヘジン(18,果川(クァチョン)高)は136.24点で19位に留まった。

パク・ソヨンとキム・ヘジンは全部早くトリプル5種ジャンプを完成して可能性を表わした。国内フィギュア期待の主中キム・ヨナ以後最も速い速度で成長した。そして17才の幼い年齢にオリンピック舞台を踏んだ。だがこれらは相変らず世界の高い壁を克服することができずにいる。国内選手たちの慢性的な弱点である芸術点数(PCS)で点数が低い点も問題だがジャンプをはじめとする技術の成功率もでこぼこしている。特に去る2月国内で開かれた四大陸選手権に続き今回の世界選手権でも'クリーンな演技'を広げることができなかった。
9118_11079_2238
男子シングルに出場したイ・ジュンヒョンは総点197.52点で最終19位を記録した。初めて出場したシニア世界選手権であることを勘案すれば意味ある成果であった。しかしquadraful(4回転)ジャンプを駆使する選手たちと比較する時不足した点が多いのは事実だ。

3年後の成果を望むならば果敢な変化が必要な時期


そうそうたる選手たちが並んでいる世界フィギュア舞台で授賞台に上がるのは'ラクダが針の穴'を通過するように難しい。キム・ヨナの善戦になじんだのでフィギュア国際大会でメダルを取得することがどれくらい難しいのか実感できない。平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックで韓国フィギュアの目標は'メダル獲得'より上位圏進入に置くことが現実的だ。'冬季スポーツの花'で呼ばれるフィギュアはアイスホッケーとともに冬季オリンピックハイライトを飾る種目だ。

キム・ヨナがいない現在の投資なしで結実を望むのでは話にならない。国家代表選手たちの特徴に合わせた'オーダーメード型プログラム'が開発されなければならないのはもちろん、訓練環境の改善も必須だ。今回の世界選手権女子シングル優勝したエリザベータ・トゥクタムィシェワ(19,ロシア)はしばらく体形変化と負傷により国際大会で苦戦した。だが体系的なロシアフィギュアのシステムと選手支援政策があったので再起に成功することができた。

これと比較して国内選手たちは体形変化と負傷が近づけばなかなか克服することができずにいる。一時韓国フィギュア女子シングル選手大部分は'97年生まれ期待の主'らが占領した。しかし現在これらの中まともに代表選手生活をするこれはパク・ソヨンとキム・ヘジンしかいない。選手のためのリンクはもちろん体系的な支援システムが成立しなかった国内でトゥクタムィシェワと同じ'成功事例'は出てくるのは難しい。
9118_11080_2405
選手層が厚いロシアと国内環境を比較するのは無理な点が多い。だが厚くない選手層にもかかわらず、国内では新しい人材が粘り強く現れている。実際に今年全国総合選手権ではトリプル5種ジャンプはもちろんコンビネーションジャンプを自由自在に駆使する期待の主が大挙出演した。アン・ソヒョン(13,モク日中)キム・イェリム(12,軍浦(クンポ)量定初)そしてユウ・ヤン(11,文苑初)は注目するほどの期待の主だ。

しかしこれらが世界的な選手に成長するという保障はない。最高級選手になるには自身の努力も必要だが、体系的なシステムと良い訓練環境も後押しされなければならない。韓国フィギュアは明らかに危機の状況に置かれている。多くの専門家と現場人の悩みと実践が切実に必要な時だ。
[写真=パク・ソヨン、キム・ヘジン、イ・ジュンヒョン(c) SPOTV NEWSハン・ヒジェ記者、エリザベータ・トゥクタムィシェワ(c) Gettyimages]
チョ・ヨンジュン記者
http://www.spotvnews.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=9118&sc_code=1416288755&page=&total=を翻訳しました。

2015 Korean Nationals Ladies FS Group 4 Full Version
続きを読む

キム・ヨナ"選手出身としてパラリンピック情熱に共感"

キム・ヨナ"選手出身としてパラリンピック情熱に共感"
PYH2015031401140001300_P2
'平昌(ピョンチャン)パラリンピックのために集まった'
(ソウル=聯合ニュース)ハン・ジョンチャン記者=14日午前ソウル、光化門(クァンファムン)広場で開かれた'第1回2018平昌(ピョンチャン)パラリンピックデー'行事で参席者が国旗に対する敬礼をしている。左側からキム・ソンイル大韓民国身体障害者体育会長、広報大使キム・ヨナ、キム・ジョンドク文化体育観光部長官、チョ・ヤンホ平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック大会組織委員会委員長、ナ・ギョンウォン国際障害者オリンピック委員会執行委員.2015.3.14 saba@yna.co.kr

 (ソウル=聯合ニュース)チャン・ジェウン記者='フィギュア女王'キム・ヨナは14日"私も一時選手だったのでパラリンピック選手たちの情熱に共感する"と話した。

 キム・ヨナはこの日ソウル、光化門(クァンファムン)で開かれたパラリンピックデー行事に広報大使で参加してこのような所感を明らかにした。

 パラリンピックは障害者オリンピックとして障害を完全に克服して専門運動選手に新たに出たこれらが世界最高技量を競う舞台だ。

 非障害者種目の難度を低くした劣等種目でなく各類型別障害者の身体特性に合うように考案された新しい種目の競演だ。

 パラリンピック出場者などもオリンピック出場者と同じようにエリート選手たちであり世界最高を競う競争も非常に激しい。

 キム・ヨナは"選手生活をする時はパラリンピックをよく分からなかった"として"今日パラリンピックデーで障害者選手たちも非障害者選手劣らない努力するという事実を悟った"と話した。

 この日パラリンピック行事には車椅子カーリング、アイス付くレジホッケーなど障害者冬季オリンピックの種目を体験する副代理店も開かれた。

 キム・ヨナは"障害者選手たちが非障害者選手たちよりもっと大きい夢を抱いて努力している"として"運動をしてみた私として運動する時の大変な生活を共感する"と話した。

 彼女は"平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピックの時障害者選手たちが夢見るところを必ず成し遂げたら良いだろう"と付け加えた。

 キム・ヨナは平昌(ピョンチャン)パラリンピックの広報大使として大会組織委員会と相談して国民参加を促すのに参加する計画だ。

 パラリンピックデーは2018年平昌(ピョンチャン)大会が開かれる時まで広報行事として毎年3月に開く。

 一方キム・ヨナは近況を問う言葉に"運動を止めて大学院生活と同じ新しい経験をするのが新しい"と答えた。
2015/03/14 12:44送稿
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2015/03/14/0200000000AKR20150314032800007.HTML?input=1195mを翻訳しました。続きを読む

パク・ソヨン「キム・ヨナ先輩の後継者? 負担だが感謝」

<フィギュア>「キム・ヨナ先輩の後継者? 負担だが感謝」
2015年02月23日16時29分[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
20150223162857-1

パク・ソヨンはアイドルグループにあまり関心がなく、大衆歌謡よりもクラシックを好むと語った。先月9日、ソウル木洞アイスリンクで開催された2015総合選手権に出場したパク・ソヨン。
 「あ、それですか。李子君がトッポッキを食べたいといって…」。

 16日、写真1枚がネットユーザーの間で話題になった。フィギュアスケートの期待株パク・ソヨン(18、シンモク高)と中国の李子君(19)が一緒にトッポッキを食べる場面だった。「あの子がSNS(ソーシャルネットワーク)に写真を載せて…」と照れくさそうな表情を見せたパク・ソヨ ンは「会えば英語で話す。2人とも子犬を飼っているのでペットの話もする。李子君は私の子犬を見たいといっている」と述べ、笑みを浮かべた。明るい顔の中には「ポスト・キム・ヨナ」という修飾語に隠れた18歳の少女の姿が見えた。

 同じ年齢のキム・ヘジン(18、果川高)とともに「ヨナ・キッズ」のトップ走者に挙げられるパク・ソヨンは今季、目を引く成果を出した。国内で開催された四大陸選手権では9位に終わったが、初めてシニアグランプリに出場し、第1戦の米国大会(スケートアメリカ)と第4戦のロシア大会 (ロステレコム杯)で5位に入った。キム・ヨナを除けば韓国選手のグランプリ歴代最高成績だ。「国内大会のためか四大陸選手権ではかなり緊張した。それでも今季を振り返れば、自分も知らないうちに昨年より成長しているようだ。いつも緊張すればミスをし、一度ミスをすれば続いた。しかし今は少し落ち着いて次のことをしている」。

 パク・ソヨンは全羅南道羅州(ナジュ)小学校1年の時、初めてスケート靴を履いた。そして2年後には選手になるためにソウルへ“留学”に来た。現役競輪選手の父パク・ジョンソクさん(50)と韓国舞踊を専攻した母キム・ジョンスクさん(44)の血を受け継いだためか、すぐに頭角を現した。小学6年ですでにトリプルアクセルを除いたトリプル5種ジャンプにすべて成功し、韓国代表となった。

 パク・ソヨンは午前7時30分、ピラティスで体をほくし、午前10時から泰陵(テルン)スケートリンクで3時間半の練習をする。午後にはウェイトトレーニングをし、表現力を高めるためにバレエと現代舞踊の授業も受ける。休む時間もなくスケジュールを消化すれば、あっという間に一日が終わる。

 このため1年のうち学校に行く日は試験を受けるための4日間がすべて。友達をうらやましく思う時もある。「試験勉強は大変だが、机に座って勉強をしたい時もある。友人が遊ぶのを見るとうらやましく思う」。

 李子君と一緒に食べたトッポッキも普段はあまり食べられないものだ。パク・ソヨンは「母がいつも献立を作る。たまにはラーメンやキムチチャーハンのようなものが食べたい時もある」と話した。パク・ソヨンは「他の人たちが簡単にはできないことを経験したし、成績が出た時の満足感もある。 後悔はしていない」と語った。
20150223162939-1

李子君(左)とパク・ソヨンはキム・ヨナを尊敬しているという共通点がある。李子君が16日にSNSに載せたトッポッキを食べている写真。

 競技中は常に明るく笑っているが、パク・ソヨンにも影の部分がある。パク・ソヨンは 「フィギュアをしながら性格が少し内省的に変わった。以前にはもう少し自信があったし、何をしてもいつも笑っていた。しかし運動をすればきついので、笑うのも嫌になるようだ。それで心配になる」と告白した。しかしパク・ソヨンはすぐに表情を変えて「憂うつな時はクラシック音楽を聴きながら落ち着こうとする。『ランニングマン』のような芸能番組も好きで、機会があれば出てみたい」と言って笑った。

 パク・ソヨンにとってキム・ヨナは偶像であり先生でありロールモデルだ。パク・ソヨンは「ポスト・キム・ヨナ? 負担になるがありがたく思う。ヨナ先輩は私に『自分自身を信じるべき』と話す。自信を持てということだが、私も先輩のように自信がある姿になりたい」と述べた。「最近かわいくなった」という言葉に、パク・ソヨンは手を振りながら『私はそうでない。李子君やグレイシー・ゴールド(20、米国)が美しい。もちろん一番美しいのはヨナ先輩」と言って笑った。

 パク・ソヨンにとってオリンピック(五輪)は大きなプレゼントであり宿題だ。初めて立ったシニアの舞台が昨年のソチ五輪(21位)で、3年後に開催される平昌(ピョンチャン)五輪に目を向けている。パク・ソヨンは「まだ平昌には行ったことがない。しかし平昌五輪に出場した姿は想像してみた。完ぺきな演技をして、観客から多くの拍手を受けたい」と語った。パク・ソヨンが好成績を出したいと思う理由はもう一つある。「ヨナ先輩が好成績を出したことで私が五輪と世界選手権に出ることができた。私も後輩にそのような機会を与えなければいけない」。

'キム・ヨナいない韓国フィギュア'眺める海外の視線

'キム・ヨナいない韓国フィギュア'眺める海外の視線
チョ・ヨンジュン記者 2015年02月16日月曜日

4534_3788_1909
[SPOTV NEWS=チョ・ヨンジュン記者]女子シングル フリースケーティングとガラショーが開かれた2015四大陸選手権最後の日、遅く締め切りを終えて立ち上がろうとする記者に二人の日本人が近づいた。

日本朝日新聞所属記者とフリーランスフィギュア専門コラムニストであるこれらはキム・ヨナ(25)に対してあれこれを尋ねた。フリーランスコラムニストだと明らかにしたこれは結構自然に韓国語を駆使した。まずこれらはソチオリンピックが終わって1年がほとんど成っていく時点にもかかわらず、判定問題に不満を表示するファンたちのデモに最も大きい関心を見せた。

韓国フィギュア ファンたちの熱情的な文化とキム・ヨナに対する愛は日本取材陣も十分知っていた。だがオリンピックが終わって1年ができた時点でまだデモを広げている点に対して珍しいという立場を見せた。

これらは"キム・ヨナが引退した後、韓国フィギュアの人気があり落ちたというのに事実か?"という質問を投げた。的を射る質問だった。今回の大会が開かれたソウル木洞アイスリンクは競技期間ずっと少し寒かった。競技場を着実に探す一部ファンたちがいたが大衆的な関心度はそんなに高くなかった。15日開かれた女子シングルフリースケーティング競技が繰り広げられる時もあちこちに空席があった。

韓国フィギュア燃やす議論する時、キム・ヨナという名前を取り除くことはできない。韓国フィギュアは100年を越える歴史の間、亀がウサギを追うように着実に前進した。世界舞台でいつも辺境の位置にあったがキム・ヨナの登場によりフィギュアに対する関心は睡眠上に上がってきた。

キム・ヨナが2010バンクーバー冬季オリンピックで女子シングル史上最高点数である228.56点を受けて金メダルを取得する時、韓国フィギュアは頂点に上がっていた。大衆はワールドカップ競技を見守るようにキム・ヨナのすべての動作に視線を固定させたし、金メダルが確定する時韓国スポーツの歴史は新しく書かれた。

キム・ヨナは2014ソチ冬季オリンピックまで出場して二つの大会連続メダル獲得という成果を上げた。オリンピック2連覇が目の前に近づいたが納得するには難しい判定で金メダルを逃した。キム・ヨナが歩いてきた道は韓国フィギュアのハイライトであった。だがキム・ヨナがソチオリンピックを最後に引退を宣言した後、韓国フィギュアの祭りは終わったように見えた。

今回の四大陸選手権を取材するために集まった海外取材陣中、日本からきたこれらが最も多く見えた。男子シングルでメダリストが出てこないのでこれらは惜しんだ。また女子シングルが終わった後、プレスカンファレンスルームには銀メダルを取得した宮原知子と3位に上がった本郷理華とラウンドインタビューをする姿も見えた。
4534_3789_1955
いくらならないアメリカ取材陣はグレイシー・ゴールドに関心を見せた。だがゴールドが予想外で振るわないと優勝したポリーナ・エドゥモンズに視線をそらした。アメリカのフィギュアスケーティング専門サイトであるアイスネットワークは15日エドゥモンズの四大陸選手権優勝を大きく扱った。

海外の視線はキム・ヨナ=韓国フィギュアという観念は相変わらずだった。国内で開かれた今回四大陸選手権はキム・ヨナの他に国際舞台で頭角を現わすことができる韓国選手がいるという点を知らせることができる良い機会であった。だが韓国フィギュアは'キム・ヨナ以後'に対する準備が相変らず不十分だった。

今回の大会のために玉の汗を流した選手たちは惜しい成績を残した。しかし来月開かれる世界選手権を控えて精力剤のような経験を払った。相変らず成長中である選手たちだが期待の主の荷札をはたいて一段跳躍できる成長が必要だ。

キム・ヨナが韓国フィギュアに残した足跡は巨大だ。だが永らくこちらにだけ留まれば明るい未来はない。海外で新しく関心を集めることができる選手が現れる時、韓国フィギュアは新しい跳躍を踏み出すことができる。
[写真=パク・ソヨン、キム・ヘジン、宮原知子、ポリーナ・エドゥモンズ、本郷理華]
チョ・ヨンジュン記者
'김연아 없는 韓피겨' 바라보는 해외의 시선を翻訳しました。
続きを読む

キム・ヨナのいない“銀盤”…期待の星パク・ソヨンらに必要な“愛情”

キム・ヨナのいない“銀盤”…期待の星パク・ソヨンらに必要な“愛情”
WoW!Korea 2月17日(火)10時23分
osen_20150215193904543
キム・ヨナのいない“銀盤”…期待の星パク・ソヨンらに必要な“愛情”。写真はパク・ソヨン。
韓国・ソウルにて行われた「2015年四大陸フィギュアスケート選手権」(2月9日~2月15日)で韓国は久しぶりに疎外感を感じた。開催国であったが、 表彰台には一人も立てず、海外メディアの関心を受ける選手もいなかった。韓国の取材陣は最終日の女子シングル・フリースケーティング終了後の記者会見で、もうキム・ヨナ(24)がいないことを実感した。

 今大会に出場した男女6人(アイスダンス1チーム)のうち、最も良い成績を収めたのは合計163.75点(SP53.47点、FS110.28点)で総合9位だったパク・ソヨン(17、シンモク高校)だ。

 韓国のフィギュアスケートの歴史は決して短くはない。しかし、キム・ヨナ以外、突出した選手はいないに等しかった。不毛地で咲いたキム・ヨナという花は世界の頂上でも華やかに咲いた。サッカーのパク・チソン(朴智星、33)と共に韓国のスポーツ界を代表するアイコンとして大活躍するほど、キム・ヨナに注がれた韓国人の愛情は格別だった。圧倒的な実力で世界を制覇したキム・ヨナは韓国の誇りだった。

 氷上を去ってしまった女王への寂しさは計り知れない。フィギュアスケートという種目に目を向かせ、多くのファンを獲得したキム・ヨナ。メディアも連盟も、そして韓国全体においてフィギュアスケートと言えば「キム・ヨナ」だったのだ。

 そのため、キム・ヨナのいない銀盤を見ることは、多くの人々に一種の喪失感まで抱かせた。キム・ヨナの後に続く選手がいないという事実を心配しながらも、キム・ヨナのように圧倒的に世界の舞台を掴む選手が誕生することを願う。“ポスト キム・ヨナ”と呼ばれるキム・ヨナ以後の世代のプレッシャーが重すぎる理由だ。

 今大会でも選手たちはプレッシャーと緊張感に包まれていた。国際大会は誰しもが緊張する舞台。しかし、韓国で開かれる大会に出場する韓国選手が感じる緊張感はアウェイよりも強烈だった。

 “キム・ヨナキッズ”の代表株パク・ソヨンは「プレッシャーはもちろん感じるが、自信を失ってはいけない。慣れなければと思うが、まだドキドキしている」と吐露した。

 もちろん緊張感を克服するのは、あくまでも選手たちの役割だ。この程度のプレッシャーを耐え抜いてこそ世界を狙うことができるのも事実だ。しかし、彼女たちはまだ成長中である選手ということを忘れてはいけない。“期待の主”“有望株”というフレーズ一つひとつにキム・ヨナと比較する指摘が激しく、成績を伝える記事の下には失望するコメントがひしめく状況で、選手たちがプレッシャーを払いのけることを期待するしかない。
Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp
四大陸選手権 韓国の観客がソチのキム・ヨナの判定に抗議、提訴呼びかける小冊子配布
デイリースポーツ 2月14日(土)7時16分
 韓国・ソウルで行われているフィギュアスケートの4大陸選手権の会場で13日、韓国人の観客が14年ソチ五輪の女子フィギュアで銀メダルを獲得したキム・ヨナの判定について抗議の意志を示した。

 韓国のスポーツ紙「スポーツ朝鮮」の電子版によると、競技場内で一部のファンが「私たちは決して忘れないだろう」、「ソチは終わっていない」と英語で書かれたプラカードを持ち、大会主催者の国際スケート連盟(ISU)と韓国連盟に不満を示した。

 また、競技場外では「2017年2月までにスポーツ仲裁裁判所(CAS)にソチ五輪フィギュア女子シングル判定操作について提訴することができる」と書かれた小冊子が配布されたという。

 14年ソチ五輪の女子シングルでは、開催国ロシアのソトニコワがSP2位から逆転で金メダルを獲得。SP1位だったキム・ヨナは2位に終わり、連覇を逃した。

 韓国スケート連盟はソチ五輪後、ISUに異議を申し立てたが、棄却されていた。
続きを読む
リラックマ時計
Twitter プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ