echko フィギュアスケートの記録

記憶を記録。動画主様、画像主様全ての方々に感謝します。

パク・ソヨン

<フィギュアスケート>'両足使用の鬼才'ドミトリーコーチ、国家代表特訓

<フィギュアスケート>'両足使用の鬼才'ドミトリーコーチ、国家代表特訓
記事入力2016.04.15午前07:11 最終修正2016.04.15午前07:13
AKR20160415019300007_01_i_99_20160415071304
ドミトリーコーチと国家代表選手たち(ソウル=聯合ニュース)キム・ギョンユン記者=14日ソウル、泰陵(テルン)アイスリンクで開かれたフィギュアスケート国家代表特訓を終えた後、ドミトリーコーチと選手たちがポーズを取っている。左側からイ・ジュンヒョン、ビョン・ジヒョン、ドミトリーコーチ、パク・ソヨン、ビョン・セジョン.2016.4.15
昨年11月に続き二番目特訓

ディープエッジはじめとしてスケーティング技術伝授

(ソウル=聯合ニュース)キム・ギョンユン記者='両足使用の鬼才'フィギュアスケート ドミトリー・ドミトレンコ(43・ウクライナ)コーチが韓国国家代表選手たちにスケーティング技術を伝授した。 ドミトリーコーチは14日泰陵(テルン)アイスリンクで代表チーム訓練を指揮した後"スケーティング技術が取りそろってこそ技術を円滑に表現することができる"としながら"残りの期間基本技中心の技術を伝授する計画だ"と話した。

ドミトリーコーチはスケーティング技術、表現力、バランスなど基本技分野で世界的な指導者に選ばれる。

彼は選手時期だった去る1993年ヨーロッパ選手権大会で右足スケートの日に問題が生ずるとすぐに両足みな左足用スケートの日を着用したまま優勝して大きい話題を集めた

右側スケートの日の方向が変わったのに優勝ができたのは、ディープエッジ(スケートの日を大きく傾けて乗る方法)等最高のスケーティング技術を持っていたためだ。

ドミトリーコーチは選手引退後、審判活動により豊富な経験を積んだし、最近ではボリショイアイス団で主演俳優で活動して豊富な演技力をリリースした。

ドミトリーコーチを注視した大韓氷上連盟は昨年11月彼を招請して1次訓練を進めた。

連盟は1次訓練の反応が良いと再び彼を招請して2次訓練をしている。

訓練に参加している選手はチェ・ダビン、イム・ウンス、パク・ソヨン、キム・イェリム、ビョン・ジヒョン、キム・ハヌル、ソン・ソヒョン、イ・ジュンヒョン、ビョン・セジョンなど総国家代表選手9人だ。
AKR20160415019300007_03_i_99_20160415071304
示範見えるドミトリーコーチ(ソウル=聯合ニュース)キム・ギョンユン記者=14日ソウル、泰陵(テルン)アイスリンクで開かれたフィギュアスケート国家代表特訓でドミトリーコーチが選手たちに示範を見せている。左側からパク・ソヨン、イ・ジュンヒョン、ビョン・セジョン、ビョン・ジヒョン、ドミトリーコーチ.2016.4.15
ドミトリーコーチは今回の訓練でディープエッジをはじめとして方向転換、両足使用法などスケーティング技術を伝授した。

彼は"選手たちのスケーティング技術と連結動作を重点的に調べた"として"二種類の基本動作が本質になってこそ振り付け、パフォーマンス、表現力など残りの項目での技術ができる"と強調した。

フィギュアスケートで審判採点は技術点数とコンポーネンツ点数に区分される。

ジャンプやスピンは技術点数に入ってスケーティングスキル、連結動作、パフォーマンス、振り付け、表現力など5種類項目はコンポーネンツ点数に入る。

ドミトリーコーチはコンポーネンツ項目のうちで最も基本になることができるスケーティング技術と連結動作を教えている。

多様な履歴を持つドミトリーコーチはフィギュアスケート選手が持たなければならない芸術的なパフォーマンスに対しても強調している。

彼は"に充ちた選手たちはたいてい審判を意識したまま振りつけを広げたりする"として"審判も重要だが、観衆らと呼吸して芸術的価値を引き上げるのが重要だ"と話した。

一方、今回の訓練は来る5月1日まで同じ場所で休息日なしで続く。続きを読む

2016 World Figure Skating Championships~チェ・ダビン、パク・ソヨン

15160_5237_99
518391320
160403_fig_CHOI3630
518794810
14.チェ・ダビン(韓国)
SP 56.02点
FS 103.90点
合計 159.92点

12938074_654433694697407_6682097174929634318_n
160401_fig_PARK01
160401_fig_PARK02
12928319_654433711364072_7041556065363035164_n
Newscom-iconphotosfour451449
160403_fig_PARK630
18.パク・ソヨン(韓国)
SP 52.27点
FS 101.97点
合計 154.24点
続きを読む

パク・ソヨン、個人最高点越えて世界選手権大会挑戦

パク・ソヨン、個人最高点越えて世界選手権大会挑戦
チョ・ヨンジュン記者 2016年02月23日火曜日
[SPOTVニュース=チョ・ヨンジュン記者]"世界選手権大会がいくらも残っていなかったが訓練を熱心にしてジャンプ成功率を高めなければならないようです。 世界選手権大会では順位に執着しなくて私が練習しただけ見せて楽しくスケートを乗ったら良いです。

"韓国フィギュアスケート女子国家代表'長姉'パク・ソヨン(19,檀国(タングク)大入学予定)が4大陸選手権大会で個人最高点数を受けた。 パク・ソヨンは21日台湾、タイペイで幕を下ろした2015~2016国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアスケート4大陸選手権大会女子シングルで総点178.92点を受けた。 彼女は自身の従来個人最高点数である176.61点(2014年世界選手権大会)を越えて女子シングル4位に上がった。

今回の大会でパク・ソヨンが受けた178.92点はキム・ヨナ(26)の次に韓国フィギュアスケーティング女子シングル選手が国際大会で記録した高い点数だ。 今回の4大陸選手権大会女子シングル頂上に上がった宮原知子(17,日本)が受けた214.91点とは大きい違いが生じる。 しかし2年ぶりに自身の個人最高点数を置き換えて180点台に近接する成果を残した。
44876_63909_3316_99_20160222213403
3位に上がった本郷理華(20,日本、181.78)と点数差は2.86点だ。フリースケーティングで失敗が出てこなかったとすればメダル圏進入が可能だった。22日夕方仁川(インチョン)国際空港に到着したパク・ソヨンは"今回の大会でも失敗があったが最高点数を受けて気分が良い"と所感を明らかにした。

惜しくメダルをのがした点に対して彼女は"惜しかったが私が仕損じてそんなに出てきた。 次にはさらに熱心に練習して不足した部分を満たしていく"と話した。

ノービス(13才以下)時代からパク・ソヨンは国内大会で頭角を現わした。 2010年ぶり13才の年齢に当時最年少国家代表になった彼女は大きい起伏なしで粘り強く成長した。'同年齢ライバル'であったキム・ヘジン(19,梨花(イファ)女子大入学予定)と競争して成長した彼女は2012年ISUジュニアグランプリ トルコ大会で銀メダルを取得した。

2014年には初めて出場したシニア世界選手権大会で9位を占めた。 キム・ヨナ以後初めてこの大会10位中に進入する成果を上げた。 昨年全国男女総合選手権大会では頂上に上がって韓国女子シングル看板に浮び上がった。

しかし今年総合選手権大会では5位に終わった。 フィギュアスケート有望株3人であるユ・ヨン(11,文苑小)イム・ウンス(12,鷹峰(ウンボン)小)キム・イェリム(12,軍浦(クンポ)量定小)の突風でさえぎられた。 今シーズン、グランプリ大会でも上位圏進入に失敗してスランプに落ちた。 だが今回の大会で復活の羽ばたきを広げた。

今回の4大陸選手権大会でパク・ソヨンはショートプログラム構成に変化を与えた。 初めてのジャンプであったトリプルサルコウ-トリプルトゥループコンビネーションジャンプの代わりにトリプルルッツを先に走った。 結果は成功的だった。 ショートプログラムで失敗が多かった彼女は今回の大会ですべての要素をきれいにやり遂げた。
44884_63918_4654_99_20160222214807
パク・ソヨンは"ショートプログラムでいつも 失敗が多かった。この大会以前にショートプログラムでジャンプ構成を変えた。ジャンプ構成を変えたためかそれ以前よりはそっと負担が減った"と話した。引き続き"今回の大会で上手にしたが今後重要な大会が残った。プログラム完成度を高めて世界選手権大会では良い競技を見せたい"と付け加えた。

パク・ソヨンはショートプログラムでトリプルルッツを先に走ることが気楽だと明らかにした。いつのまにかシニア3年目になった彼女は三回目の世界選手権に挑戦する。今年世界選手権大会は来月末アメリカ、マサチューセッツ、ボストンで開かれる。

4大陸選手権大会と比較して世界選手権大会の水準は一層高い。 女子シングル舞台を掌握しているロシア選手たちが出場する。 今回の大会優勝者である宮原はもちろん'百戦老将'浅田真央(26,日本)も舞台に立つ。 今回の大会で自信を得たパク・ソヨンは"順位に執着しなくて私が練習しただけ見せたい。 負担感を減らして楽しくスケートを乗ったら良いだろう"と話した。

パク・ソヨンの最終目標は2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックだ。オリンピックまで残った2年の間大きい負傷なしで技量を引き上げることが彼女の課題だ。今年の冬韓国フィギュアスケートは有望株の登場と'姉さん'の善戦が共に繰り広げられている。

[写真]パク・ソヨン(c)SPOTVニュース ハン・ヒジェ記者

チョ・ヨンジュン記者
44886_63920_4903_99_20160222215003
44883_63917_4552_99_20160222214703
44885_63919_4818_99_20160222214907
44880_63913_4049_99_20160222214203
44882_63916_4443_99_20160222214608
201602230828023030_1_99_20160223085004
5_So-Youn-PARK_01
5_So-Youn-PARK_02
4_So-Youn-PARK_03
4_So-Youn-PARK_04
ex_So-Youn-PARK_01
CcofM-2VIAAPvGc
日媒体“4大陸4位パク・ソヨン、ジャンプ上手にする選手”
記事入力2016.03.01午前06:16 最終修正2016.03.01午前06:16

[ニュースエン チュ・ミヒ記者]

日本媒体がパク・ソヨンの4大陸選手権を振り返ってみた。

日本スポーツ専門チャンネル'Jスポーツ'は公式ホームページを通じて去る2月20日(以下韓国時間)台湾で終わった2015-16シーズン国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアスケート'4大陸選手権大会'上位圏選手たちのレビュー記事を掲載した。

この大会でショートプログラム62.49点、フリースケーティング116.43点、総点178.92点を記録、ショートプログラム、総点個人最高点を作成して4位に上がったパク・ソヨン(18檀国(タングク)大入学予定)に対する説明があった。

Jスポーツは"韓国で開催される'2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック'に向かった幼い選手たちの登場が目立っている。そうした中でパク・ソヨンがジュニア時期から今までの大会でポディウムを逃したことは今回が初めて"としながらパク・ソヨンに対する話を取り出した。

パク・ソヨンは今シーズン序盤ジャンプ乱調によって最も大きい国内大会である'総合選手権大会'で5位を記録してメダル圏で遠ざかった。パク・ソヨンは去る2015年の大会優勝者であった。

この媒体は"パク・ソヨンは本来ジャンプが上手な選手で徐々にコンディションを取り戻している"として"パク・ソヨンはショートプログラム'ブラックオルフェウス'で自身の長所であるトリプルサルコ-トリプルトゥループコンビネーション・ジャンプを水が流れるように消化した。表現力も思う存分発揮して個人最高点を更新した"と好評した。

フリースケーティング'ロミオとジュリエット'の演技に対しては"パク・ソヨンはトリプルサルコウを二回入れる構成に変えて挑戦した。不安だったトリプルフリップで倒れてフリースケーティング7位を記録したが、総合順位4位に上がったし総点個人最高点も立てた。キスアンドクライ でチ・ヒョンジョン コーチを抱きしめて喜ぶこともした"と説明した。

2014年世界選手権大会に9位を占めて皆をびっくりさせたパク・ソヨンは2015年世界選手権では12位に終わった。

Jスポーツは"総合選手権で準優勝を占めたチェ・ダビン(16スリ高)との勝負も見どころ"と付け加えた。

4大陸選手権で個人最高記録である4位を記録して自信を引き上げたパク・ソヨンは来る4月アメリカ、ボストンで開かれる'世界選手権大会'に出場、トップ10達成に挑戦する。

4位 パク・ソヨン(韓国)
178.92|SP 62.49 5位|FS 116.43 7位
自国開催の五輪に向けて若手の台頭が目ざましい中、ジュニア時代から上り続けてきた韓国選手権の表彰台を初めて逃したパク・ソヨンだが、本来ジャンプは得意な選手。徐々に調子を取り戻しつつある。

SP映画『黒いオルフェ』では得意の3サルコウ+3トゥループを流れ良く決め、ステップでは表現力を存分に発揮し、パーソナルベストを更新した。

FS映画『ロミオとジュリエット』は3サルコウを2回入れる構成に変えて挑んだが、不安のあった3フリップで転倒。7位と順位を落としたもののトータルでのシーズンベストを更新し、総合順位が4位とわかるとキス&クライでコーチに抱きついて喜んだ。作年12位に終わった世界選手権で順位を上げられるか、また国内で苦杯を喫したチェ・ダビンとの勝負も見ものである。続きを読む

'最高更新'パク・ソヨン、"プログラム完成度高めたい"

'最高更新'パク・ソヨン、"プログラム完成度高めたい"
2016.02.21 01:48
[OSEN=ウ・チュンウォン記者]女子フィギュアスケートのパク・ソヨン(19·檀国(タングク)大入学予定)が4大陸選手権大会で個人最高点を更新して4位に上がった。

パク・ソヨンは20日(韓国時間)台湾、タイペイで開かれた2016国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアスケート4大陸選手権大会女子シングル フリースケーティングでTES 60.69点、PCS 56.74点に減点1点を受けて116.43点を記録した。

18日ショートプログラムで受けた62.49点を加えて総点178.92点で22人中4位に上がって個人通算最高点とシニア進出以後最高順位を記録した。 パク・ソヨンの従来最高点数は2014年世界選手権大会当時記録した176.61点だ。

優勝は合計214.91点を受けた宮原知子(日本)が占めており、長洲未来(アメリカ、193.86点)が銀メダルを首にかけた。
201602210147776898_56c898e5ceddc
'ロミオのジュリエット'に合わせて演技をしたパク・ソヨンはトリプルフリップジャンプで倒れて減点を受けた。

パク・ソヨンは"2014年と昨年にも出場したが今回の大会でポディウムに近い等数が出てきて非常にうれしい"として"競技に物足りなさがないのではないが結果に満足する"とした。

引き続き"ショートプログラムが上手で最後のグループに入ったのが大きい経験になるようだ。仕上げまで上手にして気分が良くて、今回の大会を契機により良い競技をすることができるようだ"と加えた。

パク・ソヨンは"シーズン序盤グランプリで実力発揮をできなくて失敗が多かったが、今回の大会で練習しただけ実力を発揮したようで満足だ"とした。

来月世界選手権大会に対しては"残った期間の間熱心にして今よりプログラム完成度をさらに高めたい"とした。

一方、パク・ソヨンと共に出場したチェ・ダビン(スリ高)とキム・ナヒョン(果川(クァチョン)高)もそれぞれ173.71点、170.70点でトップ10に名前を上げた。チェ・ダビンが8位、キム・ナヒョンが9位だ。
CbyctL1UMAIYE0w
<フィギュアスケート>パク・ソヨン、グレイシー・ゴールドと笑顔でツーショット
20160222_psy_b
 韓国の女子フィギュアスケート選手パク・ソヨンとグレイシー・ゴールドが親交を誇示した。

 パク・ソヨンは22日、自身のInstagram(インスタグラム)に「with@graciegold95」と短い書き込みと共に米国のフィギュアスケーター、グレイシー・ゴールドと一緒に撮った写真を掲載した。

 写真にはパク・ソヨンとグレイシー・ゴールドがシンプルなブラックドレスを着てパーティーを楽しんでいる姿が写っている。笑顔の2人の姿は氷上と同じくらい美しい。

 一方、パク・ソヨンは20日、台湾で開かれた「2016四大陸選手権」で自己ベスト(178.92点)を更新し、22人中4位に入った。これで自己ベストとシニア進出後、最高順位を記録した。
2016年2月22日14時34分配信 (C)WoW!Korea続きを読む

パク・ソヨン1位、キム・ヘジン2位~第97回全国冬季体育大会 女子シングル大学生部門

13MC5594
42928_62509_5747_99_20160204081803
14MC9260
14MC9305
14MC9549
image_readtop_2016_103119_14545828052349381
パク・ソヨン(檀国(タングク)大)
174.38

42883_62421_2914_99_20160203163010
13MC6137
14MC8783
PYH2016020424180001300_P2
1454583094104
1454583096551
キム・ヘジン(梨花(イファ)女子大)
126・50

チェ・ダビン2位、パク・ソヨン5位~第70回韓国フィギュアスケート選手権

20160109_1636207_99_20160109155205
image_readtop_2016_24042_14524009182312973
12424391_409682815908594_757792604_n
201601101655702274_1
SP 60.32
FS 116・97
合計 177.29

08MC05439
08MC05520
08MC05529
08MC05544
09MC04726
09MC04740
09MC04786
09MC04805
09MC04825
09MC04925

image_readtop_2016_22911_14523216262312362
CYb21YDUAAA-i-A
1452398562295_1_130309
1452398564286_2_130335
1452398570174_1_130351
09MC05159
SP 55.34
FS 105.73
合計 161.07

ソヨン、FSプログラムを昨シーズンの「ロミオとジュリエット」に戻しました。
四大陸選手権、世界選手権代表。
08MC05225
08MC05228
08MC05307
08MC05329
08MC05354
08MC05412
09MC05051
09MC05070
09MC05122
09MC05159
09MC05204
09MC05206
09MC05215
09MC05295
09MC05352続きを読む

チェ・ダビン、フィギュアランキング大会初優勝 チャ・ジュンファ男子最高点(総合)

チェ・ダビン、フィギュアランキング大会初優勝 チャ・ジュンファ男子最高点(総合)
記事入力
2015-12-06 22:11 ¦最終修正2015-12-06 22:13
201512062119323030_1_99_20151206221304

[ニュースエン チュ・ミヒ記者]

チェ・ダビンがランキング大会で初めて優勝した。

チェ・ダビン(15スリ高)は12月6日ソウル木洞アイスリンクで開かれた'2015フィギュアスケートランキング大会'女子シングル1グループ(満13才以上)フリースケー ティングで技術点数(TES)59.11点、芸術点数(PCS)50.17点、合計109.28点を記録した。

フリースケーティングで3位を記録したチェ・ダビンは前日ショートプログラム59.03点を加えた総点168.31点で全体30人の選手のうち優勝した。チェ・ダビンの1グループランキング大会初優勝だ。

チェ・ダビンは自身のフリースケーティングプログラム'レ・ミゼラブル'を通じて演技を披露した。チェ・ダビンはトリプルルッツ-トリプルトゥループコンビネーションジャンプでアテンション判定を受けて実行点数(GOE)1.09点の減点を受けた後、トリプルフリップ、トリプルループジャンプは抜け目なく成功して加算点を取りまとめた。

フライングキャメルスピンでレベル3を受けたチェ・ダビンは続いたダブルアクセル-ダブルトゥループコンビネーションジャンプに続きトリプルルッツ-トリプルトゥループ-ダブルループ3連続ジャンプを走った。先んじたコンビネーションジャンプ後続ジャンプを3回転に連結することができなくて、トリプルルッツの後に付ける機知を発揮した。惜しくも中間トリプルトゥループジャンプで回転不足判定を受けて0.70点の減点があった。
201512062119323030_2_99_20151206221304
チェ・ダビンはトリプルサルコウとダブルアクセル成功でジャンプ要素を全部消化した。チェ・ダビンはステップシークエンスでレベル2、レイバックスピンでレベル4、コンビネーションスピンでレベル3を受けて競技を終えた。

ショートプログラムで5位に振るわなかったパク・ソヨン(18シンモク高)はフリースケーティングで良い演技を披露して総点167.64点で2位に上がったし、ビョン・ジヒョン(16睡眠一考)が166.29点で3位を記録した。

男子シングルフリースケーティングではチャ・ジュンファン(14徽文(フィムン)中)が技術点数79.93点、芸術点数70.06点、合計149.99点を受けた。チャ・ジュンファンは先んじたショートプログラム70.41点と加えた総点220.40点で全体11人中優勝した。

チャ・ジュンファンは トリプルルッツ-トリプルトゥループ苦難もコンビネーションジャンプをはじめとして8個のジャンプ課題のうち一個を除いて全部すっきりと消化して高得点を受けた。非ジャンプ要素でも全部最高水準であるレベル4を受けて兄たちを抜いて金メダルを首にかけた。

チャ・ジュンファンは去る1月イ・ジュンヒョン(19檀国(タングク)大)が総合選手権大会で立てた最高点209.90点を10.5点も引き上げた。

ショートプログラム1位であったキム・ジンソ(19箱千古)は総点211.21点で2位、イ・ジュンヒョンは203.38点で3位を記録した。

アイスダンス部門ではキム・レベッカ-キリル・ミノフチームが総点134.60点で優勝した。イ・ホジョン-カム・ガンインが127.08点、ミン・ユラ-アレクサンダー・ケムルリンが124.23点で後に続いた。
201512062119323030_3_99_20151206221304
ペアシニア部門に唯一出場したチ・ミンジ-テミストクレスチームは124.04点を記録した。

女子シングルジュニア(2グループ)部門ではイム・ウンス(鷹峰(ウンボン)初)が総点155.58点で逆転優勝したし、唯一のペアジュニアチームのキム・スヨン-キム・ヒョンテ兄弟姉妹は総点77.97点を受けた。男子シングルジュニア(2グループ)部門ではパク・ソンフン(ハンビョル中)が123.22点で金メダルを首にかけた。

これで男女シングルシニア部門でチェ・ダビン、パク・ソヨン、ビョン・ジヒョン、キム・ジンソ、イ・ジュンヒョンとビョン・セジョンが来る2016年2月台湾で開かれる'四大陸選手権大会'出場機会を掴んだ。

男1グループ優勝者チャ・ジュンファンは来る2月ノルウェーで開かれる'ユースオリンピック'出場資格を与えられた。女子シングル4位に上がったアン・ソヒョン(13モク日中、156.86点)もユースオリンピックに出場するものと見られる。

アイスダンスのキム・レベッカ-キリル・ミノフ、イ・ホジョン-カム・ガンイン、ミン・ユラ-アレクサンダー・ケムルリンも四大陸選手権に出場可能だ。(写真=上からチェ・ダビン、パク・ソヨン、キム・レベッカ-キリル・ミノフ/対韓氷上競技連盟提供)
‘クリーン’チェ・ダビン、ランキング大会女子ショート1位..59.03点
記事入力 2015-12-05 20:29
201512051906023030_1_99_20151205202902

[ニュースエン チュ・ミヒ記者]

チェ・ダビンに慣れないきれいな演技でランキング大会女子シングルショートプログラム1位に上がった。

チェ・ダビン(15スリ高)は12月5日ソウル木洞アイスリンクで開かれた'2015フィギュアスケートランキング大会'女子シングルショートプログラムで技術点数(TES)34.89点、芸術点数(PCS)24.14点、合計59.03点を受けて、全体62人の選手のうち先頭を走った。

チェ・ダビンはショートプログラム'Mama,I'm a Big Girl Now'に合わせて演技を始めた。チェ・ダビンはトリプルルッツ-トリプルトゥループ コンビネーションジャンプに成功して加算点0.54点を取得したし、フライングキャメルスピン、コンビネーションスピンでレベル3を受けた。

チェ・ダビンは続いたトリプルフリップとダブルアクセルジャンプも全部きれいに消化してそれぞれ加算点0.62点と0.33点を追加で取り出した。チェ・ダビンはステップシークエンスでレベル3、レイバックスピンでレベル4を記録してすっきりとショートプログラムを終えた。

合計56.11点を受けたビョン・ジヒョン(16睡眠一考)が2位、53.93点を受けたキム・ハヌル(坪村(ピョンチョン)中)が3位に名前を上げた。今シーズンシニアグランプリシリーズ二大会に出場したパク・ソヨン(18シンモク高)はジャンプ失敗による不振に合計52.39点を記録、5位に位置した。

シニア女子シングル部門では全体62人中ショートプログラム上位30人が来る6日開かれるフリースケーティングに進出する。

この日女子シングル後に繰り広げられたアイスダンスショートダンスではキム・レベッカ-キリル・ミノフが技術点数30.11点、芸術点数24.06点、合計54.17点で3チーム中1位に上がった。

前日男子シングルショートプログラムではキム・ジンソ(19箱千古)が74.68点でショートプログラム先頭を走った。 女子シングルと男子シングルジュニア部門ではユヨン(文苑初)が56.55点、パク・ソンフン(ハンビョル中)が49.90点で1位を記録した。

この日初めてデビューしたシニアペアチームのチ・ミンジ-テミストクレスは46.18点を受けて可能性を確認した。 ジュニアペアチームのキム・スヨン-キム・ヒョンテ兄弟姉妹は23.98点を記録した。

一方今回のランキング大会は来る2016年2月に開催される2016四大陸選手権大会(2月16日~21日、台湾)とユースオリンピック(2月12日~21 日、ノルウェー)派遣選手選抜戦を兼ねて進行される大会でもある。四大陸選手権大会は男子シングル、女子シングル、アイスダンス、ペアスケーティングに各3人(チーム)を選抜して、ユースオリンピックは男子シングル、女子シングルとペアスケーティングに各1人(チーム)を選抜する。(写真=チェ・ダビン/対韓氷上競技連盟提供)続きを読む

パク・ソヨン8位~Cup of China 2015

浅田真央、フィギュアグランプリ復帰戦ショート1位
送稿時間| 2015/11/06 20:47
 (ソウル=連合ニュース)イ・ヨンホ記者=日本女子フィギュアの看板浅田真央(25)が2シーズンぶりに復帰したシニアグランプリの舞台でトリプルアクセル(空中3回転半)を前面に出して首位に出た。

 浅田は6日、中国北京で開かれた2015-2016国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアシニアグランプリ3次大会である「カップ​​・オブ・チャイナ」女子シングルでショートプログラムで技術点数(TES)37.08点で芸術点数(PCS)34.65点を合わせて71.73点で1位に上がった。

 昨年3月の世界選手権大会で女子シングルで優勝した後、しばらく氷上を離れた浅田は引退を悩んで去る5月に現役復帰を宣言した。

 10月に行われた「ジャパンオープン2015」で復帰戦を行った浅田は、今回の「カップ・オブ・チャイナ」に2シーズンぶりにグランプリシリーズに出場した。

 この日浅田は最初の課題であるトリプルアクセルを安全に成功したが、加算点は取れなかった。

 すぐに続いたトリプルフリップ - トリプルループコンビネーションジャンプでは、2番目の接続のジャンプの回転数が足りず、スコアを削られた。

 続いてスピン課題をレベル4で消化した浅田真央はトリプルルッツでロングエッジ(間違ったエッジを使用)の判定を受けた。

 しかし浅田はすっきり安定した演技を繰り広げながら、2位を占めた本郷理華(日本・65.79点)を5.94点差でリードし首位に名前を上げた。

 韓国を代表して出場そたパク・ソヨン(18・シンモク高)はジャンプの不安の​​中で52.47点で12人の選手のうち10位にとどまった。

 パク・ソヨンはトリプルサルコウ- ダブルトウループコンビネーションジャンプで接続ジャンプの着地が不安でスコアが削られた。

 またトリプルルッツを試みたが、尻餅をついて減点1を受けたパク・ソヨンはスピン課題では安定した演技を見せてくれたが、高得点を積み重ねできずに10位に落ちた。
AKR20151106193100007_01_i
演技をする浅田真央(日本)。(EPA =連合ニュース)
AKR20151106193100007_02_i
レイバックスピンの演技を繰り広げるパク・ソヨン(EPA =連合ニュース)
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2015/11/06/0200000000AKR20151106193100007.HTML?input=1195mを翻訳しました。
photo6
IMG_8760
496009074
496009080
496009112

52.47
http://www.isuresults.com/results/season1516/gpchn2015/SEG003.HTM
http://www.isuresults.com/results/season1516/gpchn2015/gpchn2015_Ladies_SP_Scores.pdf
続きを読む

パク・ソヨン、フィギュア グランプリ1次最終9位…159.66点

パク・ソヨン、フィギュア グランプリ1次最終9位…159.66点
チョ・ヨンジュン記者
 2015年10月25日日曜日
31709_43182_4948

[SPOTVニュース=チョ・ヨンジュン記者]パク・ソヨン(18,シンモク高)が今年初めての出場したグランプリ大会で最終9位に上がった。

パク・ソヨンは25日(以下韓国時間)アメリカ、ウィスコンシン州、ミルウォーキーUW-ミルウォーキーペントアリーナで開かれた2015~2016国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアスケートシニアグランプリシリーズ1次大会スケートアメリカ女子シングルフリースケーティングに出場して技術点数(TES)54.38点芸術点数(PCS)52.50点を合わせた105.88点を受けた。

前日ショートプログラム点数53.78点と合わせた総点159.66点を受けたパク・ソヨンは9位に今回の大会を終えた。パク・ソヨンは自分のスコアフリースケーティング最高点数119.39点はもちろん、総点176.61点(以上2014年世界選手権大会)に大きく達し得なかった。前日ショートプログラム10位に上がった彼女は9位に上がるのに満足しなければならなかった。

パクソヨンはフリープログラム曲である'レッド ヴァイオリン'に合わせて演技を始めた。初めての課題であるトリプルルッツをきれいに成功して良い出発を見せた。しかし次の課題ダブルアクセル+トリプルトゥループコンビネーションジャンプで後続ジャンプをダブルで処理した。

続いたトリプル ループは無難に走ったが、続いたトリプルルッツ+ダブルトゥループ+ダブルループコンビネーションジャンプは失敗を犯した。初めてのジャンプを走ったパク・ソヨンはダブルトゥループをシングルで処理したし、次のジャンプは試図できなかった。

最後のジャンプであるトリプルサルコウも揺れた。このジャンプで2.1点の減点を受けたパク・ソヨンはチェンジコンビネーションスピンで競技を終えた。レイバックスピンではレベル4を受けたがフライングキャメルスピンではレベル1に終わった。

去る10日フィンランディアトロフィーに出場して今回の大会を準備したパク・ソヨンはクリーン演技をするのに失敗した。フリースケーティングではいくつかのジャンプで揺れる場面を見せた。

一方今回の大会優勝は206.01点を受けたエフゲニア・メドベイワ(ロシア)が占めた。アメリカフィギュアスケートの看板グレイシー・ゴールドは202.80点で2位に上がったし、宮原知子は188.07点でその後に続いた。

[写真]パク・ソヨン(c)SPOTVニュース ハン・ヒジェ記者
http://www.spotvnews.co.kr/?mod=news&act=articleView&idxno=31709を翻訳しました。

http://www.isuresults.com/results/season1516/gpusa2015/SEG004.HTM
http://www.isuresults.com/results/season1516/gpusa2015/gpusa2015_Ladies_FS_Scores.pdf
Newscom-epalive879387
Newscom-epalive879390
AKR20151025017600007_01_i
494137500
494137514
494137522
CSF2fDpWEAAjEtg続きを読む

アメリカ記者“パク・ソヨン、途方もないジャンプ潜在力持っている”

アメリカ記者“パク・ソヨン、途方もないジャンプ潜在力持っている”
2015-10-22 14:48:01

[ニュースエン チュ・ミヒ記者]

アメリカフィギュア専門記者がグランプリシリーズ1次プレビュー記事でパク・ソヨンを言及した。

パク・ソヨン(17シンモク高)は来る10月24日(以下韓国時間)から26日まで三日間アメリカウィスコンシン州ミルウォーキーで開かれる国際氷上競技連盟(ISU)2015-16シーズンフィギュアスケートグランプリシリーズ1次大会‘スケートアメリカ’女子シングル部門に出場する。
201510221127343040_1
アメリカフィギュア専門記者ジャッキー・ウォンは21日自身のホームページ‘ロッカースケート’を通じて今回のグランプリ1次大会順位を予想する記事を掲載した。その中パク・ソヨンは全体12人中7位に位置した。

ウォン記者は“私はたびたびパク・ソヨンを非常に心配する。パク・ソヨンは特にジャンプで途方もない潜在力を持っている。しかし競技でショート、フリープログラムを全部クリーンにすることに困難を経験する。パク・ソヨンは頑丈な演技を見せる前まで国際審判に尊重されることができないこと”という愛情混ざった助言を伝えた。

パク・ソヨンはジャンプの飛距離、回転力、着地などジャンプで世界トップクラス選手たちと比べても遅れをとらない強みを見せている。ただし問題はいわゆる‘コンシス’だ。パク・ソヨンは本格的なシニアグランプリシーズンをむかえた去る2014-15シーズン国際大会ショート、フリープログラムを全部すっきりと終わらせることができなくて残念な思いをした。パク・ソヨンに今シーズン最も重要課題はクリーンな演技になるものと見られる。

この記者はグランプリ1次大会優勝者で2015世界選手権銀メダリスト宮原知子(17日本)を予想したし、グレイシー・ ゴールド(20アメリカ)が銀メダルを、今シーズン初めてシニアグランプリにデビューするエフゲニア・メドベデワ(ロシア)を銅メダルと予想した。

パク・ソヨンが出場するグランプリ1次大会はとりわけトップクラス選手たちが出場してエントリーが窮屈だ。ポディウム予想者の他に2014ソチ冬季オリンピック団体戦金メダリストユリア・リプニツカヤ(17ロシア)も出場する。

パク・ソヨンは2015-16シーズンを本格的に始めてショートプログラム‘ブラック オルフェウス’を通じて成熟さを、プリープログラム‘レッドヴァイオリン’を通じて陰鬱で激情的な雰囲気を演出する予定だ。

一方パク・ソヨンは来る24日午前7時(以下韓国時間)グランプリシリーズ1次大会ショートプログラムに、25日午前5時フリースケーティングに出場する。(写真=パク・ソヨン)

写真=ⓒGettyImages /マルチヴィッツ
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201510221127343040を翻訳しました。
So-Youn-Park-SP-2
So-Youn-Park-FS-3

宮原、宇野らGP第1戦出場 フィギュアのスケートアメリカ
2015年10月22日 15時46分 中日新聞
 【ニューヨーク共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカが23日(日本時間24日)にミルウォーキーで始まり、2015~16年シーズンが本格的に開幕する。

 女子は昨季世界選手権2位の宮原知子(大阪・関大高)がユリア・リプニツカヤ(ロシア)や地元米国のグレーシー・ゴールドらと優勝を争う。今井遥(新潟県連盟)中塩美悠(広島ク)も出場する。男子は今季からシニアに本格参戦する宇野昌磨(愛知・中京大中京高)と無良崇人(洋菓子のヒロタ)が登場し、ソチ五輪銅メダルのデニス・テン(カザフスタン)らに挑む。
2015102201001128
リラックマ時計
Twitter プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード