パク・ソヨン

いつの間に移籍?

さいたまワールド女子シングルで総合9位になったパク・ソヨン選手、ソチオリンピック代表に内定した後の昨年12月に所属していたIBスポーツからAll That Sportsに移籍していたようだ。
韓国の女子シングル選手ほとんどがたくあんさんのコピー演技をするが、ソヨン選手の柔軟性や身体の使い方に才能を感じ、密か(?)に見守っていた。
所詮無理な話ではあるが、真っ当に伸びて欲しいと願っていたのだ。
All That Sportsは所属する(していた)キム・へジン選手が伸び悩み、クァク・ミンジョン選手が代表選手を離れ、チョ・ギョンア選手は?。
たくあんさんの現役引退後、平昌オリンピックを見据えてへジン選手と拮抗するソヨン選手が欲しいのも頷ける話だ。
ソヨン選手もまた、国内において大韓スケート連盟と密接な関係にあるAll That Sportsとマネージメント契約するのはこれからの選手生活を考えたら願ってもないことだったに違いない。
おそらくポストたくあんさんは二人要らないだろう。
今回の成績でソヨン選手に絞られたのか、それともへジン選手が巻き返すのか。
どちらにせよもうダークサイドに堕ちてしまったように思えてならない。

a8fc34fa
1e301981
浮上しては消えていくポストキム・ヨナ
続きを読む

<ソチ五輪>17歳「ヨナキッズ」たち…「クイーン」キム・ヨナの後継者になれるか

<ソチ五輪>17歳「ヨナキッズ」たち…「クイーン」キム・ヨナの後継者になれるか
2014年02月21日16時50分[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

20140221170611-1
キム・ヘジン(左)とパク・ソヨン。
 彼女たちは、名前よりも「ヨナキッズ(Yuna Kids)」というニックネームでより 知られた。「フィギュアクイーン」キム・ヨナ(24)の活躍に魅了されてフィギュアスケートに入門した世代だからだ。ソチ冬季オリンピックを控えて女子シングル2連覇に挑戦したキム・ヨナにスポットライトが集まる中、相対的に関心を集めることができなかったが彼女たちは、意に介さなかった。2013年世界選手権で優勝して自分たちにオリンピック出場権をプレゼントしてくれた「クイーン姉さん」に感謝する気持ちで練習にまい進した。今大会を最後に王冠を下ろすキム・ヨナに代わって4年後の平昌(ピョンチャン)オリンピックで韓国フィギュアを導く2本柱、パク・ソヨン〔17、新木(シンモク)高〕とキム・ヘジン〔17、果川(クァチョン)高〕にとっては、小さな試行錯誤さえも良い経験となった。

 20日、ソチアイスバーグスケートパレスで終わったフィギュアスケート女子シングルショートプログラムは、パク・ソヨンとキム・ヘジンの潜在力を確認できた舞台であった。2人は初めて出場したオリンピック本戦の舞台で冷静な演技をして注目された。ショート曲に指定した『白鳥』に合わせて白いドレスを着て1羽の白鳥に変身したパク・ソヨンは、技術点25.35、芸術点23.79を取って計49・14点で23位に上がった。続けて青いドレスを着て『シェルブールの雨傘』の旋律に合わせて滑ったキム・ヘジンは、技術点29.23、芸術点25.14、計54.37点で18位にランクインした。 自分たちのシーズン最高点数(パク・ソヨン55.91点、キム・ヘジン57.48点)には及ばなかったが、プレッシャーのかかるオリンピックデビュー戦を無難に終えられた。2人とも全24人が参加するフリープログラムに出場して技量と経験を積んだ。

 完ぺきではなかった。緊張感のせいか競技序盤に失敗をした。パク・ソヨンは最初の課題であるトリプルサルコ―トリプルトーループのコ ンビネーション・ジャンプを1回だけ飛んで0.30点が削られた。キム・ヘジンもまたトリプルルッツが不安定な着地で1.80点を減点された。幸い、すぐに回復した。パク・ソヨンは失敗直後、次の課題であるトリプルルッツの後にダブルトーループを付けて2連続ジャンプをすっきりと成功させた。最後のジャンプであるダブルアクセルも無難にこなした。キム・ヘジンもまた、以後に試みたトリプルフリップ+ダブルトーループのコンビネーション・ジャンプとダブルアクセルを失敗なくこなした。

 演技後の2人の選手は満足そうだった。当初の目標に定めていたフリープログラム出場の夢を叶えた上に、オリンピックの舞台を直接体験 して自信を得たからだ。パク・ソヨンは「全身が震えるほど緊張した」としながら「オリンピックですっきりした舞台を見せたかった。もう少し落ち着いてやれば良かった」と話した。キム・ヘジンは「緊張感をどのように対処すべきか学んだ」としながら「次回は競技を楽しみながら、できることをすべてやって出せた らいい」としっかりした姿を見せた。

 キム・ヨナは代表的な天才型スケーターだ。16歳だった2006年にすでに国際スケート連盟(ISU)フィギュアスケートシニアグランプリファイナルで1位を獲得し、東京世界選手権ではショートプログラムで71.95点と世界新記録を打ち立てた。パク・ソヨンとキム・ヘジンはキム・ヨナほどの成長速度はないが、焦っていない。4年後の2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックで頂点に上がるという目標が確かなためだ。キム・ヨナも また自身の代を引き継ぐ2人の後輩に「けがに気をつけながらじわじわ実力を引き上げればいい」と励ました。

 4年前の2010バンクーバーオリンピック時は、クァク・ミンジョン(20)がキム・ヨナとともに出場した。当時クァク・ミンジョンはショートプログラム53.16、フリープログラム102.37を取り、総点155.53点で13位に上がった。だが2011年アスタナ・アルマティ冬季アジア競技大会で銅メダルを取った後は腰と足首の負傷のためになかなかコンディションを回復できずにいる。

キム・ヨナ、フィギュアスケートの新星パク・ソヨン&キム・ヘジンと仲良しショット“愛らしい氷の姫たち”
2014年02月27日12時21分
jp
写真=大韓体育会 Twitter
フィギュアスケートのキム・ヨナ、パク・ソヨン、キム・ヘジンの微笑ましいスリーショットが公開された。

大韓体育会は26日、公式Twitterを通して「次のオリンピック(平昌(ピョンチャン))ではさらに良い試合をお見せします。ピース!」という書き込みと共に写真を公開した。

公開された写真には、ソチ冬季五輪の韓国代表解団式に出席したキム・ヨナ、パク・ソヨン、キム・ヘジンの姿が写っている。キム・ヨナはパク・ソヨン、キム・ヘジンより7歳上の先輩であるにも関わらず童顔な美貌を見せつけ、視線を引きつけた。

これを見たネットユーザーらは「キム・ヨナ、パク・ソヨン、キム・ヘジン、微笑ましい」「キム・ヨナ、本当に若く見える」「友達同士だと言っても信じそう」「キム・ヨナ、本当に肌が綺麗」「キム・ヨナ、パク・ソヨン、キム・ヘジン綺麗」などの反応を示した。

キム・ヨナは今月21日(韓国時間)ロシア・ソチのアイスバーグ・スケート・パレスで開かれた2014ソチ冬季五輪フィギュアスケート女子シングルのショー トプログラムとフリースケートで合計219.11点を記録し銀メダルを獲得した。パク・ソヨンは合計142.97点、キム・ヘジンは合計149.48点を記録し、平昌五輪出場への意志を示した。
記者 : キム・ミンジ

<フィギュア>17歳の2人の少女、当時のキム・ヨナ並みの点数

<フィギュア>17歳の2人の少女、当時のキム・ヨナ並みの点数(1)
2014年01月27日11時32分[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
20140127113201-1

パク・ソヨン(左)、キム・ヘジン

 未来の“フィギュア女王”を夢見るキム・ヘジン(17、果川高)とパク・ソヨン(17、シンモク高)のシニア初の国際大会は“合格”だった。キム・ヨナ(24)とともに来月ソチ冬季オリンピック(五輪)に出場する2人の有望株に対する期待が高まっている。

 キム・ヘジンは25日、台湾・台北で行われた国際スケート競技連盟(ISU)四大陸選手権大会の女子シングル・フリーで技術点 (TES)57.98点、芸術点(PCS)51.38点の計109.36点をマークした。23日のショートプログラム(SP)で57.48点を受けたキム・ヘジンは合計166.84点で6位に入った。

 パク・ソヨンはフリーで106.80点(技術点53.14点、芸術点53.66点)を受け、SP(55.91点)と合わせて合計162.7点で9位だった。両選手ともに自己最高点をマークし、参加選手21人のうち上位圏に入った。この大会の優勝は、先月の全日本選手権で浅田真央(24)を抑えて2位になった村上佳菜子(20、196.91点)だった。

 キム・ヘジンとパク・ソヨンのシニアデビューは8年前のキム・ヨナの成人舞台進出とオーバーラップする。キム・ヨナは満16歳だった2006年11月、カナダで開催されたISUグランプリ(GP)シリーズ第4戦でシニア国際大会にデビューした。当時キム・ヨナは合計168.48点 (SP62.68点、フリー105.80点)で3位だった。キム・ヘジンとパク・ソヨンの順位は、キム・ヨナのシニア初大会の順位より低いが、160点を超えた点数に希望が見える。

<フィギュア>17歳の2人の少女、当時のキム・ヨナ並みの点数(2)
2014年01月27日11時33分[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
 キム・ヘジンとパク・ソヨンにとってキム・ヨナは地図であり羅針盤だった。今月15日の スケート韓国代表のメディアデーで、両選手は「ロールモデルのヨナ先輩の後に追うことになり光栄に思う。ヨナ先輩のおかげでソチ五輪に出場することにな り、感謝している」と口をそろえた。

 昨年11月にソウル木洞で開催された会長杯ランキング大会では、パク・ソヨンが1位、キム・ヘジンが2位に入り、ソチ五輪に出場することになった。昨年3月の世界選手権で優勝したキム・ヨナのおかげで、韓国はソチ五輪女子フィギュアに3選手が出場できる。

 キム・ヘジンはトリプル5種(フリップ、ルッツ、サルコウ、ループ、トーループ)ジャンプを小学6年でマスターするほど技術が優れている。2012年9月にスロベニアで開催されたジュニアGP第5戦で、2005年のキム・ヨナ以来7年ぶりに大会の頂点に立った。

 パク・ソヨンも2012年1月にオーストリアで開催された冬季ユース五輪で4位に入った後、同年9月にトルコで開催されたジュニアGP第4戦で銀メダルを首にかけた。

 2人のソチ五輪の目標はフリー進出だ。五輪はSPで上位24人に入ってこそフリーに出場できる。今季ISU公認大会の個人最高点を見ると、キム・ヘジンがシニア全体で21位、パク・ソヨンは25位。パク・ソヨンは「ヨナ先輩が引退すれば私たちはどうなるのか心配」とし「ソチ五輪はヨナ先輩と一緒に出るだけに、悔いなく演技をしたい」と語った。
140123_fig_w_19
140125_fig_w_16
140125_fig_w_15
1505495_10152168225942378_516312549_n
1390823626_644722

[チョ・ヨンジュンのフィギュアインサイド]パク・ソヨン-キム・ヘジン、'キム・ヨナの後に'韓国フィギュア導く可能性は?

[チョ・ヨンジュンのフィギュアインサイド]パク・ソヨン-キム・ヘジン、'キム・ヨナの後に'韓国フィギュア導く可能性は?
2013.11.25 12:49

1385351318544
[エクスポツニュース=チョ・ヨンジュン記者]韓国フィギュアスケートの交差点に立っている。
'フィギュア女王'キム・ヨナ(23)が引退する時がますます近づいているからである。彼女が現役の舞台を去った後韓国フィギュアに対する関心は大幅に低下するという懸念も出ている。

劣悪な選手層と選手専用のリンクを1つもない環境でキム・ヨナが登場したのは「奇跡」だった。キム・ヨナの影響力はフィギュア志望をアイスリンクに呼び集めた。多くの期待の主たちがすくすくと成長しているが「キム・ヨナがない韓国フィギュア」の未来は不透明であるだけである。

このような状況でパク・ソヨン(16、シンモクゴ)とキム・ヘジン(16、グァチョンゴ)が善戦している。これらはノービス(13歳以下)の時代から頭角を現した。二人の選手はお互いに互いに先になったり後になったりしながら各種国内大会を分け合った。

越えて行かなければなら障害物の前で苦戦することもあった。しばらく怪我に苦しんだキム・ヘジンは今シーズン二回出場した国際氷上競技連盟(ISU)ジュニアグランプリ大会で10位(3次)と8位(6次)にとどまった。パク・ソヨンは8月に開かれたジュニアグランプリ選抜戦で脱落する試練を経験した。

これらは挫折を乗り越え2014ソチ冬季オリンピック出場権がかかっている会長杯ランキング大会に臨んだ。両方の戦闘機のスケート紐をしっかり結んで今回の大会に臨んだ跡が見られた。特にパク・ソヨンは生涯最高の演技をして「キム・ヨナの後の韓国フィギュア」に一筋の日差しを照らした。

パク・ソヨンは今回の大会を通じて自分の殻を破って跳躍した。ジャンプの飛距離とスピードが優れた点が彼女の長所であった。ジャンプのクオリティは優れているが実戦でよく間違える点が弱点として指摘された。
1385351347925
ジュニアグランプリ選抜戦ショートプログラム1位に上がったがフリーで崩れた。
パク・ソヨンは選抜戦で経験した挫折をランキング大会で克服した。シーズンのジュニアグランプリに出場していなかった彼女はソチ冬季五輪出場権を獲得することに集中した。

パク・ソヨンは「ジャンプのミスを減らすのに集中した」と明らかにした。23日開かれたショートプログラムではトリプルルッツでミスが出た。しかし次の日に開かれたフリースケーティングでパク・ソヨンは一度も氷に転ばなかった。二回のトリプルルッツ(単独トリプルルッツ トリプルルッツ+ダブルトゥループ+ダブルループ)をすべて成功させたダブルアクセル+トリプルトゥループも無難に遂行した。

特にダブルアクセル+トリプルトゥループのコンビネーションジャンプは1.32点の高い加算点(GOE)を受けた。トリプルサルコウ+ダブルトゥループの最初のジャンプは回転不足(アンダーローテ)の判定を受け、またプログラム終盤のスピンが揺れた点が「玉に傷」だった。パク・ソヨンは「後半部に力が抜けてスピンが揺れた点が残念だった。今後この部分も補完すべきものだ」と明らかにした。

パク・ソヨンは今回のランキング大会で記録したスコアは169.48点(ショートプログラム55.29点、フリースケーティング114.19点)である。認定個人最高得点144.77点(2012トルコジュニアグランプリ)と非公認の個人最高点数である161.88点(2013全国総合選手権)をふわりと跳び越えた。

全羅南道羅州市で生まれた彼女はフィギュア選手の夢を叶えるためにソウルに上京した。パク・ソヨンは小学校3年生の時から本格的に選手の道を歩き始めたそのときに出会った師匠がチ・ヒョンジョンコーチだった。そしてこれまでコーチと同行している。

パク・ソヨンは「チ・ヒョンジョン先生は私を強く導いてくれました。私がもう少し強くなったのも先生のおかげだった。最初は何も分からなかったがすべてのことを教えて導いて下さって感謝している」と師匠に感謝の言葉を伝えた。

早くから3回転ジャンプを自分のものに作成されたキム・ヘジンは国内大会を総なめにした。3年(2010〜2012)の間に最高権威の全国総合選手権大会を征服した。キム・ヨナの後、最初にトリプル+トリプルコンビネーションジャンプに成功したジュニアグランプリで金メダルを獲得した。

今シーズンのジュニアグランプリの成績は期待に及ばなかったが、再び立ち上がった。キム・ヘジンは今回のランキング大会ショートとフリーの両方で安定した演技を繰り広げた。表現力は一層柔らかくなったし、ジャンプの成功率は依然として高かった。
1385207340684

特にフリースケートプログラムである「ブラックスワン」の振り付けと構成は印象的だった。
これまで見せてくれた少女のイメージを脱皮して強烈な演技に挑戦した点は鼓舞的であった。しかしフリースケーティングで試みた7つのジャンプのうち4つがアンダーローテ判定を受けた。ジャンプの質を高めることが彼女の課題だ。

これにより2014年ソチ冬季五輪に出場する女子シングル3人の選手が決定した。キム・ヨナとパク・ソヨン、キム・ヘジンは女子シングルに出場する。 オリンピックフィギュアスケートで3人が出場するのは歴代最多である。

これらの成果は2018平昌冬季オリンピックにつながるだろうか。
現実的に難しいという意見が大勢だ。韓国フィギュアは特定の選手の成果として浮上したが、しっかりとしたシステムに成長したものではないからである。

選手は基本的に訓練と競技に忠実でなければならない。
続いて支えてくれるシステムはしっかりしなければならない。体系的な計画の中で育つ選手は成長速度が速い。パク・ソヨンとキム・ヘジンはいつのまにかジュニア舞台を越えてシニアの挑戦を目前にしている。

パク・ソヨンとキム・ヘジンのソチ冬季五輪の目標は「フリーカット通過」だ。オリンピックという大舞台で得た経験は貴重な資産になることがある。これら大きな怪我をせずに良い競技力を維持し、有望株たちが着実に登場したら「キム・ヨナの後の韓国フィギュア」は決して暗鬱ではない。

チョ・ヨンジュン記者spacewalker@xportsnews.com
[写真=パク・ソヨン、キム・ヘジンⓒエクスポツニュースグォン・ヒョクジェ記者]
http://xportsnews.hankyung.com/?ac=article_view&entry_id=392803を翻訳しました。
1385202337580
1385202342424
久しぶりにお目見え
鼻筋が変わったクァク・ミンジョン選手続きを読む

パク・ソヨン、ランキング戦優勝... 2位キム・ヘジンとソチ行きが確定

パク・ソヨン、ソチ冬季オリンピック「一歩前進」...ランキング戦ショート1位
2013.11.23 19:41
1385203266900
[エクスポツニュース=羊飼い、チョ・ヨンジュン記者]パク・ソヨン(16、シンモクゴ)が「GSカルテックススケートコリア」女子シングル1グループショートプログラム1位に上がって2014ソチ冬季オリンピック出場に一歩近づいた。パク・ソヨンは23日ソウル陽川区木洞アイスリンクで開かれた「GSカルテックススケートコリア」2013全国男女フィギュアスケートのランキング大会女子シングル1グループショートプログラムで技術点数(TES)30.86点、芸術点(PCS)25.43点の減点-1点を受けた。

総合点55.29点を受けたパク・ソヨンは55.02点を記録したキム・ヘジン(16、グァチョンゴ)をわずかの差で追い抜いてショートプログラム1位に上がった。王者であるパク・ソヨンはこの大会3連覇を狙っている。去る2011年と2012年のランキング大会で優勝した彼女はソチ冬季五輪出場にも「一​​歩前進」した。

今回の大会はキム・ヨナ(23)と一緒にソチ行きの飛行機に乗る二人の選手を選抜する。
キム・ヨナは今年3月、カナダのオンタリオ州ロンドンで開かれた世界選手権大会で金メダルを首にかけた。キム・ヨナがこの大会で優勝を占め、韓国女子シングルはオリンピック出場権第3章を与えられた。後輩は先輩の活躍でオリンピック出場機会をつかんだ。


パク・ソヨンは最初の課題のトリプルサルコウ+トリプルトゥループのコンビネーションジャンプをきれいに成功させた。
次の課題であるトリプルルッツを試みて氷上に倒れたが、ダブルアクセルをはじめとする他の課題を無難に消化した。

1385207340684

今年1月に開催された全国総合選手権大会でパク・ソヨンはキム·ヨナに次いで2位に上がった。
しかし8月のジュニアグランプリ派遣選抜戦ではフリーで崩れて5位に終わった。


ジュニアグランプリ出場権を逃す試練を経験したが心機一転して今回の大会を準備した。
トリプルルッツでミスが出たが全体的に無難な演技をして良い成果を得た。


3位は52.20点を受けたチェ・フィ(16、スリ高)が占めた。
24日に開かれる女子シングル1グループフリースケートでソチ五輪に出場する最終的な2人が決定される。

チョ・ヨンジュン記者spacewalker@xportsnews.com

[写真=パク・ソヨン、キム・ヘジンⓒエクスポツニュースグォン・ヒョクジェ記者]

http://xportsnews.hankyung.com/?ac=article_view&entry_id=392364を翻訳しました。
パク・ソヨン、"ジュニアグランプリ脱落後より一層練習に邁進"
2013.11.23 20:37

1385206883817
[エクスポツニュース=羊飼い、チョ・ヨンジュン記者]"オリンピックはもちろん出場したいです。最近練習するにはフリースケーティングがよくなったがその時のように競技をするといいようです。"


'フィギュア期待の主'パク・ソヨン(17、シンモクゴ)が夢の舞台であるオリンピックに一歩近づいた。
パク・ソヨンは23日、ソウル陽川区木洞アイスリンクで開かれた「GSカルテックススケートコリア」2013全国男女フィギュアスケートのランキング大会女子シングル1グループショートプログラムで55.29点を受けた。

パク・ソヨンは55.02点を受けたキム・ヘジン(17、グァチョンゴ)をわずかの差で追い抜いてショートプログラム1位に上がった。


今回の大会は「女帝」キム・ヨナ(23)と一緒にソチ冬季オリンピックに出場する2人の選手が決定される。
キム・ヨナは去る3月カナダのオンタリオ州ロンドンで開かれた世界選手権大会で頂点に立った。キム・ヨナの優勝のために韓国のフィギュア女子シングルは2014年ソチ冬季五輪への出場権3枚を獲得した。

パク・ソヨンはキム・ヘジンと一緒に「ポスト金妍兒」のリーダーとして数えられている。
ランキング大会で2年連続(2011、2012)で優勝した彼女は3連覇に挑戦する。

パク・ソヨンはショートプログラムでトリプルサルコウ+トリプルトゥループのコンビネーションジャンプを成功させた。
ただし次の課題であるトリプルルッツで氷上に倒れるミスを犯した。

競技を終えたパク・ソヨンは「トリプルルッツでミスが出て大変惜しい。しかし残りの要素を無理なく終えて満足している」と所感を明らかにした。


パク・ソヨンは去る8月に開かれた国際氷上競技連盟(ISU)ジュニアグランプリ派遣選抜戦で5位に終わった。
ショートプログラムでは1位に上がったが、フリーで崩れて5位に転落した。結局パク・ソヨンは4位まで与えられるジュニアグランプリ出場権を逃した。

昨年9月にトルコで行われたジュニアグランプリでは銀メダルを獲得した彼女には衝撃的な結果であった。
今シーズンの国際大会に出場していなかったが、心機一転して今回の大会の準備に集中した。1385206970375
パク・ソヨンは「ジュニアグランプリ派遣選抜後ジャンプの練習をたくさんした。特にジャンプのミスを減らすの部分に集中した」と述べた。


引き続き彼女は「今後もこの部分を補完しなければならないようだ。練習後ジャンプの成功率が高くなり、ジュニアグランプリ脱落の悔しさを忘れることができた」と付け加えた。


キム・ヨナと一緒にソチ行きの飛行機に乗る2人は24日に開かれるフリースケーティングで決定される。
パク・ソヨンは「ショートプログラムでミスしたトリプルルッツを補完することが課題だ。フリーではルッツを2回跳ぶのに
神経を使わなければならないようだ
」と明らかにした。

チョ・ヨンジュン記者spacewalker@xportsnews.com

[写真=パク・ソヨンⓒエクスポツニュースグォン・ヒョクジェ記者]
http://xportsnews.hankyung.com/?ac=article_view&entry_id=392384を翻訳しました。

パク・ソヨン、ランキング戦優勝... 2位キム・ヘジンとソチ行きが確定

2013.11.24 18:11

1385284236643
[エクスポツニュース=羊飼い、チョ・ヨンジュン記者]パク・ソヨン(16、シンモクゴ)とキム・ヘジン(16、グァチョンゴ)が「女帝」キム・ヨナ(23)と一緒にロシアのソチ行きの飛行機に上がる。


パク・ソヨンは24日、ソウル陽川区木洞アイスリンクで開かれた「GSカルテックススケートコリア」2013全国男女フィギュアスケートのランキング大会女子シングル1グループフリースケーティングで技術点数(TES)61.13点、芸術点(PCS)53.06点を受けた。


両方のスコアを合わせた114.19点を受けたパク・ソヨンはショートプログラム点数である55.29点と合算した総点169.48点受けて頂点に立った。
キム・ヘジンも155.24点で今回の大会で2位に上がって五輪出場権を確保した。

これによりパク・ソヨンとキム・ヘジンは今回の大会にかかっている2枚の2014ソチ冬季オリンピック出場権を獲得した。


キム・ヨナは今年3月、カナダのオンタリオ州ロンドンで開かれた世界選手権大会で金メダルを首にかけた。
キム・ヨナがこの大会で優勝を占め、韓国女子シングルはオリンピック出場権第3章を与えられた。

今回のランキング戦はキム・ヨナを除いた女子シングルのオリンピック出場権2枚を置いて競争を繰り広げた。
最終的には1位と2位に上がったパク・ソヨンとキム・ヘジンはソチ冬季オリンピック出場の夢を成すようになった。
1385284321213
王者であるパク・ソヨンはこの大会3連覇に成功した。
彼女は去る2011年と2012年にこの大会で優勝を占めた。今年のランキング戦でも頂上に上がった彼女はソチ冬季オリンピック出場と大会3連覇の二匹のウサギを捕まえた。

キム・ヘジンも夢に描いた五輪出場のチケットを手にした。
キム・ヨナの後のジュニアグランプリで初めて金メダル(2012〜2013シーズンスロベニア)を獲得した。今シーズン二回のジュニアグランプリに出場して8位(チェコ)と10位(スロバキア)にとどまったが、今回の大会で自分の目標を達成した。

パク・ソヨンは彼女の最初の課題であるトリプルルッツをきれいに成功させて良い出発を見せた。
続くダブルアクセル+トリプルトゥループとトリプルフリップトリプルループとトリプルルッツ+ダブルトウループ+ダブルループの両方を成功させ、非の打ちどころ時のない演技を繰り広げた。

パク・ソヨンは170点台に近い高い点数を受けて今大会3連覇を達成した。
国内大会はもちろん、国際大会で立てた自分の最高得点だった。キム・ヘジンも大きなミスなくクリーンな演技をしてソチ行きを決めた。

これで韓国フィギュア女子シングルはキム・ヨナ、パク・ソヨン、キム・ヘジン3人の出場選手を決定した。
3位は151.40点を受けたチェ・ダビン(13、ガンイルジュン)が占めた。
1385284349592
チョ・ヨンジュン記者spacewalker@xportsnews.com
[写真=パク・ソヨン、キム・ヘジンⓒエクスポツニュースグォン・ヒョクジェ記者]
http://xportsnews.hankyung.com/?ac=article_view&entry_id=392634を翻訳しました。
PS13112400079
l_2013112402001106900282441

続きを読む
リラックマ時計
Twitter プロフィール
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ