2017年09月21日




社会運動論研究会のお知らせ(どなたでもご参加いただけます)
日時:2017年12月2日(土)14:00−18:00
会場:大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター4F小研修室
    (地下鉄日比谷線神谷町駅下車徒歩5分)
    http://www.keiho-u.ac.jp/research/asia-pacific/access.html
報告:

秋山道宏(明治学院大学)
「日本復帰前の沖縄における未発の「島ぐるみ闘争」:B52撤去運動から2・4ゼネストへ」

森啓輔(日本学術振興会)
「統治と運動の時空間の考察へ:戦後沖縄本島北部東海岸における軍事合理性・開発・社会運動」


 │   (01:21)

2017年09月19日




  【日 時】2017年12月3日(日)(13:30〜17:00)
  【会 場】明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー 9階 1093教室
  【テーマ】環境社会学と「社会運動」研究の接点――いま環境運動研究が問うべきこと
  【登壇者】報告者1 寺田良一(明治大学)
       報告者2 松村正治(恵泉女学園大学)
       報告者3 西城戸誠(法政大学)
       コメンテーター1 濱西栄司(ノートルダム清心女子大学)
       コメンテーター2 嘉田由紀子(びわこ成蹊スポーツ大学)
       司会・解題 青木聡子(名古屋大学)
テーマ趣旨:
 日本の環境社会学は、そのルーツの一部に社会運動研究を有している。
学会創設期には、対抗的な住民運動や被害者運動を研究対象とし、運動の展開過程を左右する構造的要因や、参加者・支援者の動員過程を明らかにしようとする試みが多くの研究者によって取り組まれてきた。こうした研究はその後も引き続きおこなわれており、対抗的な住民運動や被害者運動が環境社会学にとって重要な研究対象の一つであることは現在も変わらない。
 他方で、今日では「社会運動なるもの」の射程が政策提言型市民活動やNPO/NGO・ボランティアや市場志向型活動・社会的企業にまで拡大したのにともない、「環境運動なるもの」も多様化している。理論的展開に関しては、社会運動論において1990年代の文化論的転回を経て祝祭性や経験運動といったテーゼが提示されるなどしてきたのに対して、環境運動研究ではこうした流れが取り入れられつつも独自の論点をめぐって議論が展開されてきた。たとえば、問題構築過程としての環境運動、リスク分配の不公正に抗する環境正義としての環境運動、環境運動の制度化とそのジレンマ、環境運動の問題解決志向性や実践性などである。
 本シンポジウムでは、こうした、「環境運動なるもの」多様化が進み、かつ社会運動研究および環境運動研究の理論的展開が進む状況を踏まえ、次の2点について考えたい。すなわち、新たにあらわれた人びとの活動を広義の環境運動ととらえて研究することの意義と、さまざまある社会運動のなかでも「環境」を対象とするがゆえの環境運動および環境運動研究の特有さや意義についてである。より具体的にいえば、環境をめぐる人びとの取り組みの実践性をどのようにとらえることができるのか、環境に特有の問題構築のあり方やリスク分配の不公正さや運動の制度化とはいかなるものなのか、環境運動の成果outcomeとは何なのか、について考えるということである。
 自然環境に対する人びとの多様な働きかけを広義の環境運動としてとらえ、それらを社会運動という切り口から論じることの強みや困難さはどこにあるのか、なぜ社会運動研究ではなく環境運動研究なのか。これらの問いを通じて、環境社会学における環境運動研究の役割について今日的視座から検討することが、本シンポジウムのねらいである。

 │   (19:16)

2017年09月18日




c 2015
Alternative Lebensstile und Aktivismus in Japan
Der Aufstand der Amateure in Tokyo
Autoren: Obinger, Julia

https://www.springer.com/de/book/9783658078614

Eine wachsende Zahl junger Japaner kann und will den ehemals „idealen“ Lebenslaufen der japanischen Mittelstandsgesellschaft nicht mehr folgen; die Analyse dieses gesellschaftlichen Wandels beschrankt sich zumeist auf dessen negative Implikationen. In diesem Kontext beleuchtet Julia Obinger eine junge Tokyoter Aktivistengruppe, die sich selbstbewusst in Opposition zu problemzentrierten Diagnosen stellt, indem sie alternative Lebensentwurfe und Teilhabeformen umsetzt. So hat sich das Netzwerk „Aufstand der Amateure“ (Shirōto no Ran) seit 2005 zur Speerspitze einer urbanen Bewegung entwickelt, deren Mitglieder auch durch ihre kreativen Protestaktionen seit Fukushima moglicherweise einen zivilgesellschaftlichen Wandel einleiten.

Inhaltsverzeichnis (10 Kapitel)
• Einleitung
• Lebensstile und Partizipation in Japan: Uberlegungen zu Normen und Alternativen
• Methoden und Quellen
• Konzeptualisierung der Forschungszielgruppe
• Vorstellung der Meinungsfuhrer
• Alternative Lebensstile: Die Selbstpositionierung der Meinungsfuhrer
• Alternative Okonomien, Alternative Raume
• Alternative Medienproduktion und Kommunikation
• Alternative Protestaktionen vor und nach Fukushima
• Schlussbetrachtung

 │   (21:29)



「1968年」-無数の問いの噴出の時代-
2017年10月11日(水)〜 12月10日(日)
開催期間 2017年10月11日(水)〜 12月10日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
料金 一般:830(560)円 / 高校生・大学生:450(250)円 /
小・中学生:無料 /( )内は20名以上の団体 
※総合展示もあわせてご覧になれます。 
※毎週土曜日は高校生は入館無料です。
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示してください。
 (専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様です)
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館が無料です。
開館時間 9時30分〜16時30分(入館は16時00分まで)
※開館日・開館時間を変更する場合があります。
休館日 月曜日(休日の場合は翌日が休館日となります)
主催 大学共同利用機関法人人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館
特別協力 立教大学共生社会研究センター、法政大学大原社会問題研究所、エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)、「技術と社会」資料館、成田空港 空と大地の歴史館

 │   (13:25)




歴博フォーラム「戦後社会運動のなかの『1968年』」

開催要項
日程 2017年10月21日(土)
時間 10時30分〜16時00分
場所 歴博講堂
参加費 無料
主催 国立歴史民俗博物館

開催趣旨
平成29年度本館企画展示「『1968年』—無数の問いの噴出の時代」が対象とする個々の社会運動(ベ平連を中心とするベトナム反戦運動、熊本水俣病闘争、三里塚闘争、横浜新貨物線建設反対闘争など)に即した問題提起、および企画展示ではエピローグで扱う沖縄闘争の報告を特に取り入れ、1968年の社会運動の特質と歴史的意義、およびその限界(問題点)を全体として議論します。
学生運動を含む「1968年」像については、討論の中で問題提起の場を作り、歴博講演会の主題につなげます。

プログラム(内容は変更される場合があります)
10:30〜10:40 開会の挨拶 久留島 浩 (国立歴史民俗博物館館長)
10:40〜10:45 趣旨説明 荒川 章二 (当館研究部歴史研究系)
10:45〜11:30 大野 光明 (滋賀県立大学) 「『1968年』と沖縄闘争」
11:30〜12:00 平井 一臣 (鹿児島大学) 「平和運動の転回:ベトナム反戦とベ平連運動」
12:00〜12:50 昼食休憩
12:50〜13:15 安田 常雄(神奈川大学) 「経済成長と豊かさへの問い:熊本水俣病闘争」
13:15〜13:40 相川 陽一(長野大学) 「戦後民主主義と戦後農政への問い:三里塚闘争」
13:40〜14:05 安田 常雄 「住民運動の噴出とその問い:横浜新貨物線反対運動」
14:05〜14:30 黒川 伊織 (神戸大学) 「地方都市から戦後社会を問う:神戸の街から」
14:30〜14:45 休憩
14:45〜15:10 荒川 章二 (当館研究部歴史研究系) 「大学闘争から地域社会運動へ」
15:10〜16:00 質疑応答
総合司会 原山 浩介 当館・研究部歴史研究系・准教授


お申し込み方法
第107回歴博フォーラムお申し込みフォーム:
下記のリンク先のお申し込みフォームに必要事項を記入の上、お申し込みください。
お申し込みフォームはこちら

往復ハガキ:「10月21日 第107回歴博フォーラム 参加希望」と明記の上、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を書いて、下記宛先までお申し込み下さい。(料金不足のハガキでお申し込みの場合、受付はできませんのでご注意ください)※2017年6月1日より郵便料金改定により往復ハガキの価格が124円になっておりますのでご注意ください。
〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117番地
国立歴史民俗博物館 広報サービス室 広報・普及係

※定員に達した時点で締め切ります。
 │   (13:23)



シェアリングエコノミーと労働者の権利

第71回社会運動ユニオニズム研究会
日時:2017年9月26日(火)18:30-21:00 
場所:連合会館402会議室(御茶ノ水) 
地図 http://rengokaikan.jp/access/
報告:シェアリングエコノミーと労働者の権利 
   菅俊治さん(弁護士・東京法律事務所)

主催:一橋大学大学院社会学研究科フェアレイバー研究教育センター
    法政大学大学院フェアレイバー研究所
    明治大学労働教育メディア研究センター
    Labor Now        

参加申込み:資料準備の都合上、参加をご希望の方は9月25日までに下記アドレスまでご一報下さい。
 b071429k(at)r.hit-u.ac.jp  (at)を@に置き換えて送信下さい。
 
いま「シェリング・エコノミー」が、何ら規制のないまま広がっています。インターネットを介在し、個人や法人の遊休資産を活用して消費者に提供するという、一見聞こえの良いイメージだけが先行しています。しかし、7月の本研究会で取り上げたUber社に代表される「ライドシェア」は、世界中でタクシー産業を壊滅状態にし、多数の個人事業主による「白タク」を生みだし、多くの問題を引き起こしています。

次回研究会では、欧米で拡大する「シェリング・エコノミー」下で進む個人事業主化と労働者の権利侵害の実態、現行労働法や新たな法整備によって、どのように権利保護を進めていくべきか、を議論します。  

参考文献:全米雇用法プロジェクト「シェアリングエコノミーと労働者の権利」『季刊労働者の権利』Vol.319 / 2017年4月。

社会運動ユニオニズム研究会のウェブサイト
https://socialmovementunionism.blogspot.jp/

 │   (14:19)

2017年08月31日



Dissenting Japan: A History of Japanese Radicalism and Counterculture, from 1945 to Fukushima

William Andrews

dissenting-japan-cover
Major areas covered:

– Post-war period, including the occupation, Bloody May Day and other incidents
– Anpo (US-Japan security treaty) 1960 protest movement
– Emergence of the Japanese New Left
– Student movement in Japan, including Zenkyōtō, Zengakuren, and the campus movements at the University of Tokyo and Nihon University
– Sekigun-ha (Red Army Faction) and Japanese Red Army
– Radical and militant far-left factions such as Chūkaku-ha and Kakumaru-ha, and interfactional fighting (uchi-geba)
– Sanrizuka (Narita Airport) protest movement
– Anti-war (anti-Vietnam War) movement in 1960s and 1970s, including Beheiren, Anpo 1970 and Okinawa
– East Asia Anti-Japan Armed Front
– Ainu activism
– Yukio Mishima
– Japanese ultra-nationalism and the far Right, from post-war to minzoku-ha and New Right, and hate groups
– Avant-garde and underground arts, including 1970 World Expo, Shūji Terayama, Genpei Akasegawa and Hi-Red Center
– Hippies and communes in Japan
– Aum Supreme Truth
– Yasukuni Shrine controversy
– Anti-nuclear power protests after Fukushima disaster in 2011-12



Conformist, mute and malleable? Andrews tackles head-on this absurd caricature of Japanese society in his fascinating history of its militant sub-cultures, radical societies and well-established traditions of dissent.

Bibliographic Details
Hardback
July 2016 • £30.00
9781849045797 • 360pp
ADD TO BASKET

Request Press Review Copy
Request Inspection Copy
Description
Following the March 2011 Tsunami and Fukushima nuclear crisis, the media remarked with surprise on how thousands of demonstrators had flocked to the streets of Tokyo. But mass protest movements are nothing new in Japan. The post-war period experienced years of unrest and violence on both sides of the political spectrum: from demos to riots, strikes, campus occupations, factional infighting, assassinations and even international terrorism.

This is the first comprehensive history in English of political radicalism and counterculture in Japan, as well as of the artistic developments during this turbulent time. It chronicles the major events and movements from 1945 to the new flowering of protests and civil dissent in the wake of Fukushima. Introducing readers to often ignored aspects of Japanese society, it explores the fascinating ideologies and personalities on the Right and the Left, including the student movement, militant groups and communes. While some elements parallel developments in Europe and America, much of Japan’s radical recent past (and present) is unique and offers valuable lessons for understanding the context to the new waves of anti-government protests the nation is currently witnessing.

Author
William Andrews is a writer and translator in Tokyo. He has lived in Japan for ten years.

Related Topics
JAPANPOLITICAL VIOLENCEPROTEST
Reviews
‘This much-needed book addresses a range of groups engaged in revolutionary politics, radical protests and counter-culture. In doing so, it provides a perspective on Japanese society that is rarely covered in English … Dissenting Japan is a necessary text, and a compelling intellectual call to arms.’ — Japan Times
Andrews’ brilliant account of Japan’s marginalised narrative of postwar dissent and activism brims with insights, passion and astute analysis. This is a lucidly written, well-researched people’s history that gives voice to the voiceless and demonstrates a shrewd understanding of Japanese society, leftist political culture and the politics of ongoing culture wars. There is nothing quite like this masterpiece of postwar history, and as such it is a must-read for anyone seeking to understand the Japan and Japanese lurking behind the misleading memes of harmony, tranquility, and deference to authority.’ — Jeffrey Kingston, Director of Asian Studies, Temple University (Japan Campus)
‘William Andrews’ timely book provides invaluable insights into key events, movements, and ideas that shaped post-war Japanese radicalism. Andrews brings to the surface a history that is often unseen, concealed, or poorly understood — yet continues to exert substantial influence on today’s emergent protests following the 2011 triple disaster.’ — Robin O’Day, Department of History and Anthropology, The University of Tsukuba

‘William Andrews vividly details a history not previously available in English. This book guides the reader through the contested terrain of postwar Japanese politics and protest, challenging stereotypes of an inherently harmonious Japanese society. A gripping read for even those casually curious about the shape of contemporary dissent in Japan.’ — Chelsea Szendi Schieder, Meiji University, School of Political Science and Economics
 │   (15:05)

2017年08月24日

最新号51号(2017年3月発行)目次≫    

シンポジウム ● 若者が「政治」に関わるとき ●   ページ
若者が「政治」に関わるとき 小野寺拓也/辻 英史 3
「怒れる市民」の抗議運動の内実とその論理
 ―—AfDとペギーダを例に 佐藤公紀 10
「若者の抗議」からみる戦後ドイツ
 ―—「1968年」を中心に  井関正久 30
政治教育への期待をめぐる考察
 ―—ドイツとオーストリアの比較から 近藤孝弘 43
コメント :〈若者〉が〈政治〉に〈関わる〉とき 青木聡子 56
コメント : ドイツとの比較から考える日本の「若者」の政治参加と政治教育 西城戸誠 64

論文  
1976年共同決定法から見る西ドイツ政治
 ―—管理職員規定を中心に 佐々木淳希 73
90年連合/緑の党の安保観の変容とそのドイツ対外安保政策への主導的意味 中川洋一 91

 │   (15:15)

2017年08月11日

木下ちがや,2017,『ポピュリズムと「民意」の政治学:3.11以後の民主主義』大月書店、2400円+税

序論
I
第1章 民意の政治学――小泉純一郎から安倍晋三へ
第2章 常識(コモンセンス)の政治学――二〇〇九年政権交代の教訓
第3章 反原発運動はどのように展開したか
第4章 第二次安倍政権の発足――開かれた野党共闘への道筋
第5章 社会運動とメディアの新たな関係――日本と台湾の選挙から
第6章 「選挙独裁」とポピュリズムへの恐れ――二〇一四年総選挙の力学
第7章 二〇一五年七月一六日――「安保法制」は何をもたらしたか
第8章 政治を取り戻す――「学生たちの社会運動」と民主主義
第9章 時代遅れのコンセンサス――トランプの勝利は何を意味するか

II
第10章 「新しいアナキズム」と2011年以後の社会運動
第11章  共同意識と「神話」の再生――複合震災の残響
第12章 非政治領域の政治学――結社・集団論の新たなる組成

あとがき

 │   (15:10)



【7月研究会】「現代中東地域研究」上智大学拠点「公共圏」研究会開催のご案内

公共圏研究会(社会経済班・政治社会学班合同研究会)

中東諸国ではこの数年、イランの緑運動、アラブの春、イスタンブルの「ゲズィ・デモ」などを相次いで経験し、デモ・街頭パフォーマンス・暴動 にどのようにアプローチするのかは公共圏研究の重要テーマの一つです。

そこで上智拠点分担者で上智大学総合グローバル学部教員の稲葉奈々子さん(フランス社会運動・移民研究、社会学)に、研究会講師としてレクチャーをお願いすることにいたしました。暴動やデモなどをフランス系社会学がどのように研究しているのか、方法論に重きをおいたご発表をお願いしています。

是非ともこの機会に社会学の専門家からいろいろ学べたらと思います。 公共圏研究にご関心がある方はもちろんのこと、現代中東諸国政治社会研究全般にご関心のある方もぜひご参加ください。

なお、研究会終了後に懇親会を予定しております。そちらも併せてご参加ください。

【日時】
2017年7月14日(金)
【場所】
上智大学四ツ谷キャンパス 2号館6階 603室(エレベータ降りて左手 角の部屋になります。)
(JR中央線、東京メトロ南北線・丸の内線/四ツ谷駅より徒歩5分)
*会場の位置・経路の詳細については、以下をご参照ください。
http://www.sophia.ac.jp/eng/info/access/directions/access_yotsuya
http://www.sophia.ac.jp/eng/info/access/map/map_yotsuya
【プログラム】
17:00〜19:00 稲葉奈々子「社会運動の社会学―フランスの移民の若者の集合行為を題材として街頭デモから暴動への変遷を検討する」
**ご参加いただける方は、印刷物および懇親会会場予約の都合上、7月6日(木曜)までに以下にご連絡をお願いいたします。
上智大学イスラーム研究センター
(ias-iac@sophia.ac.jp)
「現代中東地域研究」上智大学拠点社会経済班・政治社会学班
岩崎えり奈・澤江史子
 │   (06:53)

Profile
Archives
訪問者数

  • ライブドアブログ