2006年03月01日

名前について追記

もし、大学生である僕らが今集まり話す意義みたいなもの、つまり僕らの世代ををひとくくりにして呼ぶことばが欲しければ、「Lost Decades Children(失われし十年の子供達)」てのもありです。略すとLDCですか。

僕らが人格形成に大切な時間を過ごした1990〜2000を、しかし大人たちは「失われた十年」と呼びます。

なぜか?それは経済的な発展が止まった年代だからです。しかし、経済的な発展が止まろうが、その十年は我々の世代にとって大切な十年であったことに変わりはありません。

むしろ、経済的な発展を第一に掲げた大人たちが作った社会が、現代社会の問題を生み出している面も否定できないわけです。

そういう意味で、「Lost Decades」に生まれついた僕らが、そう呼んだ大人たちの作った社会について議論し、捉え返すことは一定の意味があることだと思います。

長々とすいません。

sociary at 12:07│Comments(1)TrackBack(0) ARMSについて 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by suna   2006年04月03日 20:26
今始めてこのブログを見ました。
すみません。
そろそろ新年度始まりますね。
とりあえずこれからが楽しみです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔