2005年03月09日

#118 - このブログ、本当にご自分でお書きになっているんですか?

ご自分でPCの前に座り、キーボードを打ち、言葉を選び、回答なさっていますか?…

名前:現在無職・28歳

はじめまして。かなり興味深く「悩み相談」を拝読しました。愚問かもしれませんがお答えください。

ご自分でPCの前に座り、キーボードを打ち、言葉を選び、回答なさっていますか?私は肩書きばかりが世間に認められている方の秘書をしていた経験があります。上司は『人間』としては良いキャラクターでしたが、『上司』としては尊敬に値しない箇所が多分にある方でした。どんな手紙にも私が全て返信文を書き、彼はさらりと目を通してサインをするだけ。

手紙に限らず文書になっているもの(e-mail含め)は全てその調子でした。その場で回答をする必要があるときは「考える時間が欲しい」といって問題を持ち帰り、秘書に言うだけ。回答文を私が作成し、彼はそれを自分の意見として発表するのみでした。

かなり高い頻度で「高橋がなり」の名をマスコミ上で目にします。ご自分でこの文を読み、一言一句考え、キーボードを叩き、回答なさっていらっしゃいますか?またその時間がおありですか?もし本当にご自分でなさっていらっしゃるのなら、一日の時間をどのように配分なさっていらっしゃいますか。


■この質問をして、そして、その答えを聞いて、「現在無職・28歳」さんは何を得られるのかな、ということを僕はまず感じました。そんなことを気にしていて、「人生、面白いのかな」、「ムダなエネルギーを使っているんじゃないのかな」と思ったんです。

「現在無職・28歳」さんは、今「偉い人アレルギー」になっていて、「偉い人はみんな、人としての品性に欠けていて、ズルい人だけが上に上がっていける」と思っているような気がします。だから、そういう気持ちを払拭したいと思っているのでしょうか? それならば「このブログは私が一生懸命、毎日1個1個、必死に書いています」と答えればいいのでしょうが、申し訳ありませんが、書いていません。

ただ、弁明ではありませんが、僕は経営者として、自分の仕事に使う時間を効率よく使いたいと思っています。要は、自分の労力に対してのお客様の喜びのバランスなんです。1の労力で10の喜びなのか、10で1000なのか、ということです。とにかく、限られた時間の中でより多くの喜びを与えたい、ということなんです。

そこで僕がまず考えたのは、「毎日答えたい」ということでした。ブログの場合はまず「毎日答えること」が大切だと考えたからです。次に考えたのが、「はたしてオレは、毎日答えられるか?」ということでした。人に使われている人間は「自分がこうだからできる、できない」を考えるんです。でも、経営者は「お客さんが何を望んでいるか?」というところから考えるんです。それに対する答えがあるのか、その方法論を探すんです。

ちなみに、一番最初の答えは自分で全部ワープロで打ってみました。(#001 - 40代後半。恋愛も仕事もうまく行きません。)そうしたら、約8時間かかりました(笑)。それで「これでは続かない!」という結論に達したんです。でも、できないからといって「月に1回の更新」でいいのか。お客さんはきっと「毎日更新」を期待されるだろう。じゃあ、毎日やるにはどうしたらいいのか。

しゃべることだったら、僕はいくらでもしゃべれます。質問を読んで、その3秒後には答えを話し始められます。ただ、残念なことに、国語の成績が2だったもので、それを文章にすると8時間かかってしまうんです(笑)。「さぁ、この問題をどうやって解決したらいいのか?」となったときに、「あっ『フロム・A』の長谷川さんだ」と考えたんです。僕の『フロム・A』の連載の原稿をまとめてくれているライターさんが頭に浮かんだんです。

僕は「自分の考えていることを話しても、僕の性格だとかクセだとかを理解してくれていないと、文章のニュアンスとかまとめ方で、違う意味になってしまう」ということを今までの取材の中で感じていたんです。その中で、「いちばん安心して任せられるライターさんって誰かな」と考えたときに、『フロム・A』の長谷川さんがいちばん僕のニュアンスに近い文章を書いてくれる、と考えました。もちろん、僕が書いたほうが全然面白い文章になりますけど(笑)。

「月に1回がいいのか、毎日がいいのか」を考えたときに、「これはライターさんに書いてもらおう。その方がよりお客様にとっては喜びが大きいだろう」という発想からこのブログを始めました。ただ、「この斬り口はオレにしかできない」という気持ちは持っています。「人と違う発想で物事を言っていく」というのが僕の作ってきた「高橋がなり像」なので、ブログに関しても人には絶対に任せられません。

でも、自分で書く時間はない。ならば、ニュアンスをわかってくれるライターさんに依頼して、週に1回ぐらいまとめて答える。それを長谷川さんが文章化する。それをブログ担当の永井が毎日更新する。それがこのブログの真実です。これでますます「現在無職・28歳」さんの「偉い人アレルギー」は強くなりましたか?

たとえば、手品を「こんなものはインチキだ!」って見るよりも「わぁ、すごい!」って喜んだほうが、その人にとっての幸せ度は高い、と僕は思います。僕もひねくれたものの見方をする人間でしたが、「楽しめる人間のほうが得だな」ということに気づき、そうなるように努力してきました。

僕は初めて、ミスター・マリックさんを見たときに、うちのカミサンに「この人、超能力者だよ。でも、超能力者っていうと周りから変な目で見られるから、あえてマジシャンって言ってるんだよ」と言いました。こういうものの見方をしているほうが幸せだと僕は思います。

あなたに言いたいのは、「物事の背景や工程よりも、結果として生まれたものを”美味しければ美味しい、不味ければ不味い”と思えばいいんじゃないでしょうか?」ということです。その裏側で何が行われているのかを知ろうとばかりしていると、主婦になったときに「夫の背広の内ポケットを探るカミサン」になっちゃうような気がして、心配でなりません。

知る必要のないことを無理やり知ろうとしても、幸せの数が減っていきます。この質問自体には何とも思いませんでしたが、この書き方を見ると、「現在無職・28歳」さんは何でも疑ってモノを見ている感じがします。それは気をつけたほうがいいですよ。もし、秘書時代の上司によって「偉い人アレルギー」になったのなら、それは運が悪かっただけです。

僕も「金持ちはみんなズルイヤツばっかりだろう」と思っていましたが、多少、お金を持つようになって、金持ち仲間ができたんですが、貧乏人よりも素直に心の広い人、「衣食足りて礼節を知る」人が多くて安心しました。もちろん、イヤな連中もたくさんいましたが、それだけではありませんでした。

「一日の時間をどのように配分なさっていますか」とのことですが、僕は今とてもヒマです。「この会社で僕が先頭を切って走ってはいけないんだ」と気づいてからは、本当にヒマでいつも社内をプラプラしているんです。きっと、あなたには「社長は忙しいものなんだ」という思い込みがあるんでしょう。でも「こういうものなんだ」という考え方は持たないほうがいいと思います。それは、知らないうちに、自分自身にも枠を作ってしまうことになりますよ。

ソフト・オン・デマンド
代表取締役社長 高橋がなり


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sod/15932382
この記事へのトラックバック
今日は久々に、高橋がなりさんのブログに登場していただきます。 #118 - このブログ、本当にご自分でお書きになっているんですか? この記事のなかで、がなりさんは、このブログの回答は自分で書いているわけではないことを明かしています。 がなりさん・しゃべる→
「書く」と「話す」は、違う才能。【ある編集者の気になるノート】at 2005年03月09日 12:55
  #118-このブログ、本当にご自分でお書きになっているんですか?  有名人のブログにてこんな記事を発見しました。やはり色々な人が色々な事をやっているのですね。  僕の場合、「自分で投稿している」のは当然事実ですが、「毎日投稿している」というのは事実ではあ
高橋がなりブログ−虎の声【ADDかもしれない】at 2005年04月01日 20:45
この記事へのコメント
もっと面白い文章になるんだったら、がなり氏本人にやってもらいものだが8時間もかかるんじゃねw
Posted by (・з・) at 2005年03月09日 11:27
失礼な言い方かもしれないけれど、こういう質問をしてくる人って「自分でやってますよ」って答えても「嘘だ!」とか言って信じない気がする……。
Posted by 桃子 at 2005年03月09日 11:31
たとえ金にもならないブログでも手を抜かない。
サービス精神の成せる技なんですね〜。
がなりさんが書いてないと知って少々衝撃はありますが、
切り口はがなりさんそのものなので全く問題無しです。
Posted by ミヨラ at 2005年03月09日 11:34
口述筆記みたいなもんですかね?
Posted by インイン at 2005年03月09日 11:44
虎の「声」ですしね。
Posted by 牛 at 2005年03月09日 11:47
はじめてコメントさせていただきます。
私は、とても感心しました。

今日までは、実際にがなりさんが書いてるものと思っていたし、
テレビで見るイメージどおりの受け答えだなぁと感じていました。
そして、真実がわかった今、改めて過去にさかのぼって読みましたが、
がなりさんがしゃべっているイメージが浮かんできます。
> 性格だとかクセだとかを理解してくれていないと
とありますが、ライターの長谷川さんもまさにプロですね。
がなりさんの個性をより引き立たせる文章です。

とにかく、がなりさんの物事に取り組む際のスタンスのようなものがわかり、
偉そうですが”感心した”という感想です。
Posted by ブルドック at 2005年03月09日 11:50
私も疑問ではあった。数行の質問に対して数行の解答をするとか、その程度ならまだしも、よく毎日こんなこと書いてる時間・気力があるなぁと。
今回のがなりさんの解答は、なんか言い訳っぽいことをだらだらと話してらっしゃるなぁって思いました。
Posted by   at 2005年03月09日 11:50
要はがなり社長が言ってる事には間違いないって事だから回答の内容そのものは社長の考えや発想だから偽の回答ではないよね。社長のふりして誰かが答えてるわけではないので安心しました。
Posted by かずき at 2005年03月09日 12:01
貧乏人より金持ちの方が心が広くて礼節わきまえてるは本当にそう思う
このプログ自体もがなりさんが自分の声として見てくれていいよって
okサインを出しているんだからそれでいいのでは
Posted by kani at 2005年03月09日 12:05
たまにはこういう質問があってしかるべきじゃないか。
恋愛がどうのとか、仕事がどうのとか、同じような相談が続いてるからね。
こういう核心をつくような質問はいいと思う。
もれなく答えてくれるんだから、聞かれて困るような質問をしてもいいじゃないか。
Posted by うんうん at 2005年03月09日 12:09
いや、そんな感じかなと思ってたんで、逆に正直に言ってもらえてがなりさんの誠実さを感じました。
それより注目したいのは、

>「物事の背景や工程よりも、結果として生まれたものを”美味しければ美味しい、不味ければ不味い”と思えばいいんじゃないでしょうか?」

でしょう。映画を観て、「わぉっ、おお〜〜っ」とか素直に感情受け入れたほうが、あれは、CGで処理してるから実際はカメラはこう回って、なんて考えるより、わたし的には楽しめる気がするしね。でも裏側のほう考えるのが楽しい人もいるかもしれないし。
理性的か感情的か。
でも人それぞれだし、私はこの質問者さんの質問だってちょっとシニカル入ってるけど、悪くないと思いますよ。
世の中そんなもんでしょ。

Posted by とくめい at 2005年03月09日 12:11
養老さんの「バカの壁」だって本人がしゃべった事を文章にしてあって、それを養老さんの書いた本として売ってるんだから、このブログもがなりさんが書いたものと言っていいんじゃないのかな?
Posted by 青木 at 2005年03月09日 12:12
物事の背景や工程を知ることも大切だとは思うけどなぁ〜
Posted by マイケル at 2005年03月09日 12:12
私はがなりさんご本人が直接更新作業をされてるとは
元々思ってませんでした。

すごく真っ当な質問だけど、
まかせられるところは信頼のおけるスタッフにまかせるのが、
仕事をする上で普通のやり方なんじゃないでしょうか。

残念ながら質問者の方の場合は、
その信頼関係が上司との間に成り立ってなかったみたいですね。

工程や背景はどうであれ、
高橋がなりのお名前で世に出ているものについての責任は、
がなりさんご本人にあるわけで、
このブログについてもいいかげんなものでは無いと思ってます。
Posted by イワセトモコ at 2005年03月09日 12:29
この方の疑問は率直なもので、そんなにがなり氏が指摘するように「偉い人アレルギー」だとか「人生面白いのかな」というような歪んだイメージは浮かびませんでした。だから他の方がコメントを寄せてるように前半は特にがなり氏の「弁明」じみてる気が読んでてしました。多分「現在無職」さんは、どうにも一日何十時間もあるほど、がなり氏がパワフルに活動されてるのを見て、以前のご自分の体験とあわせて、ブレーンなり影武者がいるなり考えてその疑問をぶつけたのでしょう。その書き方が多分、背景から書き初めてるのでなんだか「斜め」に物事を計ってるように思われたのではないでしょうか。その疑問自体は私も同感なので、そのカラクリがわかったのは安心してこれからもこのブログを楽しめると思って良かったですけど、、、。個人的な感想です。
Posted by うつうつ at 2005年03月09日 12:30
がなりさんのご意見が、とても為になるので、楽しく購読させて戴いています。
彼のご意見が正しく伝わっているのなら、問題ないでしょう。新刊、注文しましたが、まだ届きません。早くよみたいな・・。
質問の内容も、もう少し、多岐にわたると、嬉しいです。
このトラの声は、3月でおわってしますのですか?
Posted by pippi at 2005年03月09日 12:39
”回答文を私が作成し、彼はそれを自分の意見として発表するのみでした。”とありますが、

国の代表たる某国の首相や大臣だってそうなんですから、

1会社の経営者に期待するのは酷かもしれませんヨ。

それから、

「やらされている」「押し付けられている」では無く、

「まかされている」「期待されている」とは考えられなかったのですか?

物は考えようですヨ。
Posted by 月下 at 2005年03月09日 12:41
人生相談の回答,自分で書いたら8時間ですか(w)。
毎回,文章の形から,口述筆記だろうなとはなんとなく感じていましたから
いまここに明かされた!ブログ更新のシステムについては
まったく納得です。
1週間分まとめて回答とまでは思いませんでしたが,
そのほうが確かに効率的,現実的でしょうね。
となると,毎日更新時刻がまちまちなのはなぜ?永井さん。
朝イチで済ませてしまえばいいのに
(個人的には,昼休み直前にupしていただくのが一番うれしいです)。
Posted by D.D. at 2005年03月09日 12:41
フロムAの人に編集させていることががなり社長の凄さだろう。だって普通に考えたら、自分の社員に書かせるよ。その方が時間に融通が利くし、平社員なら人件費安いでしょ。閲覧有料なら他人に編集させるのも分かるけど、ココは無料だからね。逆にクリエイター魂を感じました。
Posted by マーキー at 2005年03月09日 12:58
こんな物 やめちまえ 嘘バッカリ 雑誌でも嘘バッカリ 嘘人間。
Posted by ゜ at 2005年03月09日 13:00
がなりさん、暇なんだ(笑)。
そうか、儲かってる会社は社長が暇なんだ。
だから次のことをあれこれ考える時間もあるというわけね。
Posted by 怜音 at 2005年03月09日 13:12
本当に愚問ですね。
それとがなりさん、ヒマで社内をプラプラなさっていらっしゃるなら、
一日一問と言わず、二、三問を回答して下さっても宜しいではないでしょうか?
Posted by いよいよ来週で課長が退職vv at 2005年03月09日 13:24
ちょっと、ショック。無職さんはいい質問をしてくれました。ライターさんはいい文章書きますね。とても読みやすいですから。無職さんは、「がなりさんの意見かどうか知りたかったんですよね」。その基準はクリアしていますね。
Posted by まころん at 2005年03月09日 13:32
人に見せて恥ずかしくない文章をコンスタントに書けるというのはそれだけでお金をもらえる技能だからね。それを誰にでも要求するのは無理ってもの。

世の中には「自分がやっていることは誰にでも出来ることで、やるべきことだ」という強迫観念を持っている人がいるけど、相談者さんはその類の人かも。

自分が結構すごいことをしていると言う自覚を持ったほうが世の中楽しく生きられるよ。
Posted by Nasty at 2005年03月09日 13:37
がなり社長が自ら文字を打ってるとは誰も思ってないと思うのですが・・・
Posted by ぴこ@ぽこ at 2005年03月09日 13:47
回答を読んでいたら相談者さんのように影武者が代わりに考えたものではないということがわかると思います。がなり社長以外でこのような回答が出来る人いないでしょう。
Posted by 風鈴 at 2005年03月09日 13:52
「いよいよ来週で課長が退職」さんへ

>それとがなりさん、ヒマで社内をプラプラなさっていらっしゃるなら、
一日一問と言わず、二、三問を回答して下さっても宜しいではないでしょうか?

それでは平社員ないしは係長以下のあなたも夕方は暇でしょうから「ひら社員(係長)の声」サイトでも作って悩み事に一日2,3問答えてはどうでしょうか。
きっとはやらないでしょうが。

がなりさんの意見はあなたのような方の意見の何倍もの重みがあるのです。実際文章を読んでいてわかりませんか??
Posted by 某高校生 at 2005年03月09日 13:54
毎日読んでタメになっています。ホントにいいプログっすね。

つーか、最初っからガナリ社長自らキーボード打っているって、
思っている奴いるのか?
超零細の会社とかでも、社長からの御礼の手紙とか、
優秀な側近が実際は書いているって事例は、
たくさんあるってのに・・・
質問者さん、とっても痛いご質問、恐れ入りました。
Posted by あいたた at 2005年03月09日 14:14
>怜音
論点がずれてる。しかも逆だし。儲かってる会社の社長ほど大変だろう。
Posted by Posted by at 2005年03月09日 at 2005年03月09日 14:22
がんばってください応援しています。
Posted by なお at 2005年03月09日 14:26
>その裏側で何が行われているのかを知ろうとばかりしていると、
>主婦になったときに「夫の背広の内ポケットを探るカミサン」
>になっちゃうような気がして、心配でなりません。

この相談者は女性ですか!
私はてっきり男性だと…。
それにしてもがなりさん、これは↑、大きなお世話です!
しかも今なら「夫の携帯をチェックするカミサン」でしょう。
というつっこみどころ満載の本日のご相談、
とてもおもしろかったです。

口で言うのと、書くのでは、キーボードを打つスピードの
問題とは別に、時間のかかり具合が違いますよね。
がなりさんの非常に真摯な姿勢を感じました。


Posted by ビビ at 2005年03月09日 14:43
いつも読ませて頂いています。

ちょっと譬えが違うかもしれませんが、、
日本の昔の有名な浮世絵の版画は、
絵師と彫り師と刷り師と、幾つかの工程ごとに第1級のプロがいて、
いちまいの傑作版画が出来上がるのだそうです。
一人の力でできるわけじゃないけど、絵師の作品として認められる。
絵師の人が刷るのまで全部やっていては、絵に専念できないのだと思います。
がなりさんの回答も、絵師のそれと似てるのかもしれませんね。

Posted by サマヨエル at 2005年03月09日 14:43
>一番最初の答えは自分で全部ワープロで打ってみました。
>そうしたら、約8時間かかりました。

がなりさんってかわいいですね!一本指でキーボードと格闘している姿を想像してしまいました。
ブラインドタッチをちゃんと覚えると、口述するよりスピードがあがるかもしれませんよ。たまには、練習してみてください。

これだけ内容の濃いブログですから、是非これからも頑張ってつづけていってくださいね。長谷川さん!永井さん!
Posted by 及川奈央 at 2005年03月09日 15:08
昨日までのわたしは誰かに操られていた感じでした。忍耐、忍耐で2度地獄から帰ってきました。いまはぐるりとひとまわりしてじっと考えて書いています。お子さんが寝るときはふわりとふとんを掛けてあげてください。夜目がさめたらトイレにいっときと、おねしょしなくてすみます。そのついでに旦那さんにもふわりとふとんをかけなおしてあげてください。安心して眠りにつけます。
Posted by きらら at 2005年03月09日 15:50
僕はがなりさんが自分で文字を打っていると思ってました。
それは僕自身が自分のブログは自分で打っているからで、単なる固定観念でした。
これからも読み続けます。
そういえば僕もカミサンのブログを入力代行していました。今気付きました。
Posted by okada at 2005年03月09日 15:55
てっきり、以前から出てくる永井さんって方が入力だけを
担当していると思っていたのですが、全然、社外の人だっ
たんですね。

ちょっと、びっくりです。

国語もそうですけど、キーボードからの入力って、仕事と
かで使わない人は相当時間かかりますしね。

まあ、回答自体はがなりさんの声であって、なんら変わり
がないかと。

打ち間違いとかある方が、読みにくくなりますし。
Posted by ふぁん at 2005年03月09日 16:36
初書き込みです。う〜ん、高橋社長様には3度(4度?程某誌の取材でお世話になったんですが候補のライターに上がらなかったとは(笑 しかもフロムAは私も携わってるんですが…(笑 残念〜っ!(死語? 益々日々精進しないと、ですね。ご活躍お祈り申し上げます
Posted by コタロー at 2005年03月09日 16:57
確かにいくつになっても物事を純粋に楽しもうっていう心得は確かに必要ですね。
Posted by 幸せはまだまだ at 2005年03月09日 16:57
え?「8時間かかった」ってキーボードの入力うんぬんってことなの?

「納得いく文章」を仕上げるのに時間がかかったって事だと思ったけど。
Posted by へ? at 2005年03月09日 17:07
>及川奈央さん、ブラインドタッチができるようになる基本的なことの練習などありますか?他にも誰か教えて下さい。宜しくお願いします。
Posted by 教えてください at 2005年03月09日 17:09
オラも作曲のゴーストとかしてるから解るけど、
ライターが書いてるんだろうなとは思っていたから、今さらっすね。
でもこれ無料奉仕とは思わないな。これ見て本を買った奴、SODのビデオ見てる奴、いっぱいだろうし、宣伝媒体の一つだろうな。

つーか、このくらいの回答文に8時間はないでしょう。おじいちゃんじゃないんだから。
上にも書いてる人いたけど、今は暇なら、キーボード打てば?って感じっすな。
忙しくて出来ない→でも自分で書いた方が面白い→今は暇でプラプラ。
じゃ自分でやるといいんじゃないっすか?
ライターに金払わなくてすむし。

でも、がなり氏の言う通り、相談者さんもくだらない事気にしなくていいんじゃないっすか?前の上司もそんな人だからあなたに仕事があった分け出し、なんでも自分でしちゃう上司だったら、もっと早く自分の意志とは関係なく無職になってたかもよ。

まー人が面倒だと思うことを替わってやるのが仕事っすから、あなたが前にやってた事も立派な仕事っすよ。つー事でごちゃごちゃ考えず、仕事見つけて下さい。無職で主婦でも
資産家でもないつーことは、ただのパラサイトっす。(主婦や資産家だったらごめんなさい。)
Posted by おっさん at 2005年03月09日 17:11
36歳がんばっとりやんす。(ハート)アレンジさせてくれえ、名曲じゃあ思うた曲をずんどこずんどこ入れて(パーカッション)ここは削るべここはつけたすやんす。うーーーーーんうーーーーんと悩みながらオリジナルっすといなおるべ。
Posted by きらら at 2005年03月09日 17:54
8時間もかけて回答してもらえた人はラッキーですね
あのがなりさんが8時間も一般人ひとりについて考える時間を
さいてくれたのですから。
毎日そんなに時間をさいてもらうのでは、申し訳なくて質問するほうも
なかなか質問できなくなるでしょう。
Posted by 太郎 at 2005年03月09日 18:05
>へ?さん

個人的な思い込みです。そこまで突っ込まないでください・・・。

ちなみに、個人的な想像で、
文章:4時間
入力:4時間

・・・そんなわけないですね(笑)
Posted by ふぁん at 2005年03月09日 18:06
>教えてくださいさん
練習方法は以下の通りです。

1.ホームポジション(FとJに左右の人差し指が乗る位置)を手にしっかり覚えこませる。
2.どんなに効率が悪くていらいらしてキーボードをぶっ壊したくなっても、絶対にキーボードを見ずにひたすら文章を入力する。

私は、22歳で仕事の必要から覚えましたが、1週間で抵抗なく打てるようになりました。20年たった今は話すスピードの5割増し程度の速度です。時々話をしている最中に勝手に指が動くことがあります。



Posted by 及川奈央 at 2005年03月09日 18:24
いや、わたしに未練はないべ。速決断。日本の文化だけで切り込んでやる。余計なものは削ってけろ。
Posted by きらら at 2005年03月09日 18:30
及川奈央さんどうもありがとうございます!練習してみます。
Posted by ありがとうございます at 2005年03月09日 19:10
なるほどー
ぼくは毎日がなり社長が
午前中のはやいうちにせっせこ文章をタイプピングされて
忙しいときは夕方くらいになっちゃたりしてお疲れ様ですと思いながら
いろいろ想像をふくらませていたんですけど
今回その全容がはっきりとして嬉しくおもいます
Posted by くまん at 2005年03月09日 19:14
 雑誌とかのインタビュー記事でも、後から手を入れないと読めた代物ではない
と聞いた事がある。「記事」である以上「肉声」も「表情」とかが無いからであ
ろう。

 それと言ってもいない事を言ったことにされたマリー・アントワネットはどう
なのだろうか。「パンが無ければお菓子を食べればいいのに」を言ったのは旦那
のルイ16世の親戚筋の女性らしいが。
Posted by 猫の声 at 2005年03月09日 19:49
何度もがなりさんの言葉に勇気つけられてます。

>>「物事の背景や工程よりも、結果として生まれたものを”
   美味しければ美味しい、不味ければ不味い”と思えば
   いいんじゃないでしょうか?」

今回のがなりさんの回答も素晴らしいと思いますが
ただこういう相談者みたいな視点で物事を捉えようとする
人も世の中には必要だと私は思うのですが・・。
全部が全部ががなりさんの言われる考え方だと
よくわからないですが何かしら危険だと思います。
Posted by 紀 at 2005年03月09日 19:50
がなり氏引退ってかなしいなぁ。
でもこの数ヵ月で得たものってたくさんあります。
Posted by 愛 at 2005年03月09日 20:02
そっかー、がなりさんご自身がキーボードを打っていた訳では
なかったんですね。私は、てっきりホントにがなりさんが
色々思い、考えながらぱこぱこ打っているものかとずっと
思ってました。
でも、そっか、だから話しかけているように、以前の
お返事でも「ウン、いいね」とかあったようにラフな(笑)
感じで書かれていたのですね。
(それは、がなりさんが口頭で答えていて、それをライターさんが
纏めて(笑)PCに打ち込んでいたからなんですね。ライターさん、
今までご苦労様です。(笑))

私は、がなりさんのお話している姿を一度も見た事がないので(苦笑)
(だから、どんなお声なのかもわかりません。どんなお声なのでしょう?)
なんとも言えませんが、でも、きっと今までのご回答まんまの、
話し口調の方なんでしょうね。(笑)

今回の質問は、私も以前から知りたかったことなので、こんな形で
知れて、良かったです。(^^)

あと、がなりさんは今お暇(笑)だとのことですが、ならばいっそ?
こちらでチャットとか挑戦してみてはいかがでしょうか?(笑)
ーというか、私はココ、「虎の声」のお楽しみ企画、てっきり
最後はみんなでがなりさんを囲んでチャットとか開催するのかな?
などと思っていたのですが。(^^;
(実際は、もっとビックリする内容だった。>お楽しみ企画)
Posted by N at 2005年03月09日 20:09
>>知る必要のないことを無理やり知ろうとしても、幸せの数が減っていきます。

心に刻んでおきます。
Posted by かずえ at 2005年03月09日 20:23
高橋がなり氏のブログという事実が大事なんです!
Posted by さすらいの旅人 at 2005年03月09日 20:27
せっかくですから、音声もファイルにして配信しませんか?
Posted by MP3 at 2005年03月09日 20:42
誰が書いてようが良いブログなのだから、気にはならないよね。
文章が読みやすいのは長谷川氏の力。
内容が深いのはがなり氏の力。
更新テンポが良いのは永井女史の力。
三位一体で質の高いブログを維持している。
納得するだけの事だよね。
Posted by 尻 at 2005年03月09日 21:21
長い記事を書くのは大変です。
駄文屋の俺ですらそうなんです。
文字通り、何時間もかかりますよ。

ましてや高橋氏の場合は人生相談。
時間がかかって当然でしょう。

あんまり大変なんで俺はもうすぐ引退しますが、
口述筆記でも何でもいいから、
高橋氏にはブログを続けて欲しいですね。
Posted by 窓使い at 2005年03月09日 21:37
AVに例えると、18歳美少女生本番だと言われて買ったのに
三十路過ぎのおばちゃんが厚化粧して制服きて素股してる
ビデオ位がっかりです。

読者、受けて側としては、例え時間がかかっても
本音、がなりさん自身の文章が欲しいという人も
多いのではないでしょうか。

書きこんでいる擁護派の影に
がっかりして書きこむ気さえなくして離れていった人達も
大勢いると思います。

このブログがSODのエンターテイメントな広告媒体だとするなら
もっと上手に騙して欲しいというか、
「さあね、どっちだろうね(笑)」
くらいで含みを持たせて明かさないで欲しかったというのが
一人の受けてとしての気持ちです。
Posted by ブロードウェイ中野 at 2005年03月09日 22:26
みんな怖いくらいに賛同してますね。
ここは、がなりさんにとっては本当に居心地のよい所ですね。
Posted by 酔っ払い at 2005年03月09日 22:39
あれね。がなりさんの責任でやっているブログ。
そういうことね。
Posted by そあく at 2005年03月09日 22:40
私もブロードウェイ中野さんと同じ気持です。
ダンナで言えば浮気がバレてもしらをきりとおして
欲しい・・
Posted by kei at 2005年03月09日 22:52
もしたとえここに書かれていたこと全てが影武者によるものだったとしても、
ここを読んで元気が出たり慰められたりした事はたしかなので
本当にがなり氏が書いたかどうかなんて自分にとって大した問題じゃない。

がなり的思考っていうのはこういうことなんだよね?
前向きにいこう前向きに。
Posted by 化け学まにあ at 2005年03月09日 23:23
>酔っ払いさん
私も、ここのご返答をがなりさんご本人が書かれていない、
という事実にとてもビックリしましたが、(えー??という
気持ちも、少なからずはありましたが)でも、がなりさんの
ご返答と、こちらのコメントを書かれている方達の言葉に
言いくるめられた(笑)といいますか、(済みません(^^;>皆様)
やっぱり、せっかく「高橋 がなりさん」という人物と
こういった形でも出会い、好きになったので、(尊敬の念を込めて)
それくらい(私にとっては、ですが)のことで、キライになったり
離れていったりするのは、とても勿体無いな、と思ったので。
(今では、ちゃんと納得してます^^)

>ここは、がなりさんにとっては本当に居心地のよい所ですね。

確かに。(笑)多分、がなりさんにとってコメントを寄せてる人達は、
まるでご自分のご兄弟か、それとも子供のように可愛い(笑)存在?
なのではと勝手に推測します。(笑)
(SODの社員の皆様同様に>可愛い)

余計な書き込み済みません。
Posted by N at 2005年03月09日 23:27
>MP3さん

ならいっそ、画像も一緒に配信してもらいましょう、
ほりえ社長のトコのように。(笑)

でも、かなり重たいかな?(^^;(落とすの)
Posted by N at 2005年03月09日 23:34
前から思っていたんだが、あまりにひたすらがなりマンセーな奴が多すぎて、ここって気持悪い。
Posted by   at 2005年03月10日 03:36
8時間ですかーかかりすぎですねw
1日の労働時間と同じですね。
普通、文章を書こうと思ったらそれぐらいかかるのかなー
でも、しゃべるのなら3秒で話し始めるんですよねー
今日のもフロムエーさんが書いたんですよね。
でも本人から話を聞いて書いてるんだから良しとしようw

ほりえもんとか芸能人ブログもライターが書いてるんだろうな。
まぁ当然といえば当然。
素人でブログを毎日書いてる人なんか、相当時間かかってるのかな。
よく続くよね。
ニュース系だったりすると関連する資料まで目を通さないといけないから
仕事でもないのになんでやってるのか不思議だったりします。
Posted by gakkun@プチセレブ♀ at 2005年03月10日 04:06
「高橋がなり」が自分で答えていると思ってたから興味もてたのに・・・
なんか残念。
騙し続けて欲しかったです・・・・
Posted by プリシラ at 2005年03月10日 05:55
>前から思っていたんだが、あまりにひたすらがなりマンセーな奴が多すぎて、ここって気持悪い。
同感です。
がなりさんは特別たいしたことを言ってるわけじゃないのに。
なんか、あやしい宗教団体みたいで怖いです...

Posted by a at 2005年03月10日 06:12
甲斐正明監督にもライターの長谷川さんを紹介してあげて欲しいです。(私もブルドックさん同様、長谷川さんはすごいなと思いました。)
Posted by 洋介山 at 2005年03月10日 07:06
元秘書でありながらこんな質問したから、がなりさんが説教ぽく返答したのだろうなあ。
まともな秘書だったら社長レベルの人間がどんな時間の使い方しなきゃいけないか分かってるはず。意地悪で質問したのかそれすらも分からず未熟で質問したのか。
芸プロの元マネージャーがアイドルに「バレンタインのチョコは全部食べた?」とあえて質問してるみたいだ。
Posted by 緑茶 at 2005年03月10日 07:30
何人か書いてる人いたけど、がなり氏ヒマじゃないよ! 社内をプラプラ歩いてるわけないじゃん。  出来る人ほど、時間を上手く使う。  苦手な事は、任せられる人がいるなら任せた方がイイでしょ!


あくまで本業はSODの利益をあげる、社員が働きやすい環境を作る事なんだから。
でもこうして一般人の悩み・質問に答えてくれるだけ、より身近に感じられるし、がなり氏の意見が聞けるだけでも感謝だよ。(がなり氏の意見に賛成・反対かは別として。)


でも、たまにはこういうストレートな質問もイイよね。
Posted by ゆうた at 2005年03月10日 09:17
ぐるり〜とまわって、辛抱して、またじゃ今日で最後か?支離滅裂と思いながら考えました。PCこそ全知全能の神様です。
Posted by きらら at 2005年03月10日 09:19
現在無職・28歳さんが言っている意見は、まともな意見であると思います。
元上司がそのような人な為、物事を疑って見るようになったのだと思います。
しかし、それで私はいいと思います。
物事の裏側を考えずに、ただ、見たものをそのまま信じるほうが、危険
であると思います。裏側を考えた上で、物事を楽しむ、悲しむ、考えることが大事なのではないでしょうか?
このような、ストレートな質問も良かったですし、このことに、誠実に
答えらえた、がなりさんも良かったと思いました。
Posted by 税理士 at 2005年03月10日 09:44
お客さん(読者)が何を望んでいるか?
毎日答えること以上に、
「高橋がなり」に、100%高橋がなりの文章で
答えてもらうことの気がする。
少なくとも私はがっかりした。

仮にライターに書いてもらうならば、最初から
それを書いておくべき。
高橋がなりの意見を他者が文章としてまとめていると。
Posted by 赤鬼 at 2005年03月10日 09:51
コメントの後半、
世間知らずが意外に多いのには驚いた・・・
誰が書こうと、がなりの言葉、がなり流、正真正銘のがなりプログですよ。
ライターが好き勝手に自分の意見を代筆しているわけじゃないでしょ。
Posted by とおりすがり at 2005年03月10日 10:04
確かに、がなりさんが自分で書く事が一番だけど、8時間もかかるのならば、
一番自分の言葉に近い形で文章化してくれるライターさんにお願いするのは
悪いことではないと思うなぁ。
その文章をがなりさんも読んで、自分の意見と相違ない事を確認しているんだろうし。

がっかりするくらいなら、
はじめからこの質問に対するがなりさんの返答を読まなければいいのに。
Posted by そら at 2005年03月10日 10:08
質問者は、自分の理想を立ててるだけでしょ。
そういう上司に付いたなら、文章作成するのも秘書の仕事になるんです。
自分の理想と違うならば辞めればいいだけです。
中には、お茶だしさえすればいいって言う上司もいると思いますよ。
質問者の理想の上司の秘書になれるまで転々とすればいいのでは?
Posted by 足 at 2005年03月10日 10:27
師ね>そら
Posted by 尻 at 2005年03月10日 10:34
がなり氏の人生相談、毎日楽しみに読ませていただいています。
魅力は、なんといってもその切り口とがなり氏の心根のあたたかさでしょう。

口述筆記、是非これからも続けていただきたいです。
音声と画像があったら、がなり氏ファンもますます増えることでしょう。

それとは別に
私は、ライターの長谷川さんの力量を感じました。
長谷川さんの書かれたほかの読み物も読んでみたいと思ったのは
きっと私だけじゃないはずです。
Posted by りんご at 2005年03月10日 11:16
役割の分担からすると当たり前の話ですけどね?
言葉を文章にする能力に長ける人物が居て、話が上手い人物が居る!
じゃ〜話した内容を文章にして書いてもらう方が見てるほうも見易い訳ですからね。
本人が書いてないと駄目って事ではないですよね。
Posted by 大将軍 at 2005年03月10日 12:00
がなり社長が自分でキーボードを打った打たないでこんだけ盛り上がるんですね。どうしてガッカリしたりするのか解らない。「がなり流」だって「強く生きる言葉」だって、がなり社長が自分で原稿書いたわけじゃなく、しゃべった事を本にしてるんだし、今更そんな事を気にする意味がわからない。がなり社長の言葉を社長が信頼するライターさんが文章にする。我々はそれをがなり社長の言葉として読む。それでいいんじゃないのかな?
Posted by アルシンド at 2005年03月10日 12:28
正直この返ってくる答えが大体わかってるような質問に腹が立ちました。このblogに相談する人が求める事って「自分のためだけに、あの高橋がなりが真剣に答えてくれている」ですよね。なんでこんな無神経な質問するかな、と思ってたんですが、こんな質問を待ってました!みたいながなりさんの答を読んで自分の考えの小ささを感じました。
Posted by くりふす at 2005年03月10日 15:05
はじめまして がなりさん。
そして皆様。

私もがなりさんと同様相談に非常に強い違和感を持ちました。

例えば有名ラーメン店オーナー兼シェフが作るラーメンはそのコンセプトなり、
レシピなりシェフの考えた物であって、それをバイトなり社員が一人一人我々の前に
具現化してるに過ぎないという事を見過ごしてはいませんか?と聞きたいですね。

私はライターさんと近い職業なのでよく分りますが、文章を書き慣れていない人が
文章を書く場合「て に を は」や「ですます調」などの推敲に時間を取られ、
伝えたい内容を書くのに非常に時間がかかるのです。
有名シェフは自分で玉葱を剥かなければ、その人の作品足り得ませんか?

Posted by 店長イアリ at 2005年03月10日 16:32
そうそうブログ担当の方へ・・
LDの仕組みかわかりませんが、マックで見るとこのブログは悲惨な事になっています。
何しろ背景黒、文字が黒ですから(笑)
全文選択して文字を反転させて読んでいます。
Posted by 店長イアリ at 2005年03月10日 16:34
安倍なつみだってゴーストライターの書いた文章なのに本人著ということで謝罪したじゃん。
そういう事だと思うけど。
Posted by ぬっち at 2005年03月10日 16:52
この相談者、自分で自分の仕事を否定したいのかね。
上司がこの人の尊敬に値するような(マメな?)人間だったら
そもそも秘書なんて必要ないよな(笑)。
いったい何の目的で秘書をやってたのやら。
Posted by なんだかなあ at 2005年03月10日 17:13
理想はがなり社長が自分で文章を作って答えることだからちょっとガッカリだった。だけどあの質問にごまかさずに答えたがなり社長はすごい。尊敬を覚えた。私だったらごまかしに走りそうだもの。相手の機嫌を取ろうとね。この方法は間違いじゃないという確信があるからっていうのはあるんだろうけれど。
Posted by ランラン at 2005年03月10日 18:54
おれも税理士といけんいっしょだw
Posted by ぢょにー at 2005年03月10日 21:09
後付け加えれば、
なんかがなりの言う事を納得してくれよというような
かたちだよなこのフログ。
がなりと腹わってこのフログで話せると思ってたんだがな(笑)
2ちゃんねるにいくぐらいならこのフログに參加して投稿せいよって感じだぜ(笑)
Posted by ぢょにー at 2005年03月10日 21:14
あと、ライターがいて当り前という固定概念もすてなければw
高橋がなりのブログなんだしw
Posted by ぢょにー at 2005年03月10日 22:34
たとえばね、ライターが勝手に人生相談の回答を書いて、それをがなり氏が目を通してOKを出したとしてね。
それで仮に「高橋がなり(監修)人生相談blog」として公開されていたとしたら、
それはみんな納得しないでしょう、って話だと思うのですよ。
裏切られたと思っている人は、そういう感覚に近いんじゃないかなと思った。
Posted by   at 2005年03月11日 00:55
>>知る必要のないことを無理やり知ろうとしても、幸せの数が減っていきます。
物凄く上から物を見た言い方ですよね。さすがAV会社の社長って感じ。
Posted by サンド at 2005年03月11日 02:42
社長が「社長の仕事」を効率良くするために口述筆記やブログ管理者を使うのは良い判断だと私は思います。社長の意見を上手に文章に纏め、後はサインするだけの状態にしてくれる秘書は有能で、会社の利益に貢献しています。社長が自分で全部やっているような会社では秘書の必要が無いので、秘書を雇う必要がありませんよね?秘書の本分について、相談者の方は何か思い違いをされているのではないかと私は感じましたが、いかがでしょうか。

高橋さんが自分で悩み相談を読んで、自分で答えを考えてくれる時点で既にかなり有難いです。秘書が悩み相談を読んで、答えを考えて、社長がそれを承認して発表する方が一般的ですから。
Posted by 現役秘書 at 2005年03月11日 03:20
>知る必要のないことを無理やり知ろうとしても、幸せの数が減っていきます
私もこの一文にはカチンと来ました。
無知によって得られる幸せなんて、バカだから能天気と何処が違うんですか。
でも、社長のおかげでまた一つ、おりこうさんになりました(嘲りではなく、今回は本当に勉強になりました)。

Posted by hiro at 2005年03月11日 11:34
あっ、そうなんだーって思いましたが、読んでいると普通にマネーの虎のがなりの顔が浮かんでくるんだよね。
Posted by かば at 2005年03月11日 14:46
>物凄く上から物を見た言い方ですよね。さすがAV会社の社長って感じ。

君が「下」なんだからしょうがない。精進しなさい。
Posted by はは at 2005年03月11日 14:58
がなりさん本人が書いていたんじゃないことにがっかりというような意見が見られますが、僕は、そんな反応をする人達がでることは明らかなのに、その質問をあえて取り上げて、正直に答えて、ここに載せたことがすごいなと思います。
Posted by go at 2005年03月11日 17:40
無知によって得られる幸せなんて、バカだから能天気と何処が違うんですか>そういう事じゃないだろ?知らなくていい事を無理に知ろうとしないほうがいいっていう事と、無知でいたほうがいいとでは意味が違うでしょ?例えば松○亜○の足がすごく臭かったり、ワキガだったとしても、ファンはそれを知らないほうが幸せでいられるんだよって事。がなり社長はそういう事を言ってるの。松○亜○がワキガである事を知らないのが無知なの?バカで脳天気なの?違うでしょ? 自分の彼女が昔、自分の父親に金で買われた事があったとしたら、あなたはその事実を知りたいですか?知らないで幸せでいられるなら、それでいいじゃん。 知らないほうが幸せな事って多いんじゃないかな?
Posted by アルシンド at 2005年03月11日 20:12
東大 慶大 京大 鹿大 日大 等 有名学校は多数あるけど
いくら 有名学校を卒業したからと言ってその後の人生には大して何の役にも立たない
 
大事なのはどこを卒業したかじゃ無くて 社会に出て 動けるか だから

Posted by 麒麟の空揚げ at 2005年03月11日 22:09
ヒマなら書けよ、自分で。何時間かかろうが。
時間は作るもんだろ。
社内をブラブラしてるヒマあるじゃないさ。
Posted by ヒマ人 at 2005年03月11日 23:02
ちゃんとがなりさんは答えてるのに非難する声が多いのはなぜ?非難する人は全部の仕事をがなりさん1人でしてもらわないと気が済まないわけ?ワープロじゃ余りにも手間がかかるから言った事をライターさんに文字に起こしてもらってるだけでしょ。「相談に答える」ことを重点に考えたらそれが効率的な策だからいいじゃん。
Posted by やすひろ at 2005年03月11日 23:18
がなりさんがライターを使っているのは別にいい・・・。

だからといって、質問者に対して攻撃的なコメントは、ある意味自己防衛のような気もします。

Posted by jiru at 2005年03月12日 02:55
きちんと説明しているがなり氏を批判する 輩は 自分は完璧だと思っているのだろうか?

完璧な人間は居ない
人間だから完璧ではない 心があるから完璧ではない

もし貴方が自分は完璧だと言うなら 世間が見えてない 視野が狭い証拠に他ならない
Posted by 麒麟の空揚げ at 2005年03月12日 14:50
いつも読ませて頂いている中で、この質問と回答にはとても切実な物を感じました。
僕は頭があたたか〜い人間ですので、ブログの解答は本人が書いてらっしゃるものだと
思いこんでました。そう思いこんでいる人は他にいらっしゃると思うんですが、
そういう状況で真実を伝えたがなりさん、いかにもなキャラクターを演出しているライターの方、言い難い質問を割とスムーズに投げた質問者、この3人にリアルなドラマを感じました。
読んでて良かったと思います。
Posted by jun at 2005年03月12日 17:08
十人十色。どれが正解ってのはないのよ。
Posted by ぢょにー at 2005年03月12日 22:22
後半のミスターマリックの話は要するに
「どうして最初からがなりブログは口述筆記だと書いていなかったのか?」
に関する詭弁としてまぁまぁうまいですね。

だけど、ユリ・ゲラーと違ってミスターマリックはそのあたりを「超魔術」という呼び方で免罪できています。

高橋がなりさんが失敗したとすれば「高橋がなりのトークブログ」などとタイトルで書いていないことを匂わせていなかったことでしょうか。

ちなみに「知らないほうが幸せだ」という詭弁は「貧乏人は疑問を持たずに黙って働け」という言葉に誤解されるので、理想的な詭弁ではないとも思いました。
Posted by otsune at 2005年03月13日 17:24
ガナリ氏がじかにタイピングしてるという、幻想にこだわる連中は、
早い話し、イヤなら読まなきゃいいじゃん・・って感じ。

ガナリ氏が毎日キーボードの前に座ってこんなことするか??
いくらなんでもそりゃ無理難題だろ・・!
氏は経営のプロであって、ライターじゃねーっつーの。
ガーガ−言うのだけが得意な奴ってイヤだね〜。
Posted by まだごちゃごちゃ言ってる奴いるの at 2005年03月13日 22:27
ばか
Posted by 竹内 at 2005年03月14日 11:57
がなり氏自身、文章を組み立て キーを叩いてなくても
がなり氏の意見の元、作られたブログならそれでいい。
ま、実際その現場を見ないと、それすらホントかわかんないけど。

その道のプロに成りたいわけじゃないんなら、
それをやってくれる、それが得意な人間に
やって貰った方が時間効率もいいだろうし。

俺も、「なんでもかんでも疑ってかかる人間」よりも
「素直に楽しめる人間」になりたい。
Posted by クズ野朗 at 2005年03月14日 15:08
自分と読者の間にライターさんを介するというのは、通訳してもらうことに近いことだと思うんだけどなぁ。やや御幣があるかもしれないけど、がなりさんが話す言葉をライターさんが文面に「翻訳」するというか。変換という方が本当は合ってそうではありますが。

ほりえもんが外国人特派員達の前で通訳を介しても、誰も自分でしゃべれとは言わないよね。それと大して変わらない行為だと思うけどなぁ。

本人が納得した形と内容で伝わるなら、それでいいと思う。
Posted by 砂六 at 2005年03月15日 03:55
よくないね。
普通はブログといえば自分で書いているものだと思うだろう。
こういうのはゴーストがいるのは当たり前みたいな見方があるが、
それは業界の都合のいい理屈であって嘘に変わりはない。
ゴーストというか筆記代理がいるなら最初にそう書くべき。

それと質問者は謙虚なのに、話題を逸らすためにむやみやたらと
非難しているように見えます。非常に失望しました。

Posted by 一見 at 2005年03月17日 16:22
私は今日この記事を読み、がなりさんのブログ(といっていいのでしょうか?)こんなところがあることも今日知ったわけですが
まぁゴーストライターがいたってのはおいといても「そんなくだらないことを考えてると人生つまんなくなるよ」とか「金持ちになってからいい友人もたくさん出来た」というようなニュアンスの文が何回か出てきて
なんていうか「貧乏人だからくだらないことばっか考えてんだよ」って受け取ってしまってちょっとがっかりです。
Posted by k at 2005年03月22日 09:49
なんていうか・・くだらない話題だな・・
Posted by chara at 2005年03月23日 12:55

ふたつ上のコメントの人、凄い被害妄想
どう受け取るのかは個人個人の勝手。
まあ、どーでもいいくだらないことだな・・・
Posted by こういうひねくれた人っているよな at 2005年03月24日 15:48
書いてないなら書いてないと先に書いてしまえばいいのに、結論出るまでの文章がなんだか変な言い訳に見えるかも・・・

投稿者の話題は「ふと思いついただけなんだけどこれだけじゃ目を通してもらえないかもしれないから適当に書き連ねとくか」っていう感じに見える。
がなりさん釣られてるような気がしないでも。

タイピストさんオツ。
Posted by 72 at 2005年03月24日 16:23
>>アルシンドさん
>知らないで幸せでいられるなら、それでいいじゃん。
私はそれよりも、真実を知って苦しむほうがいいです。
Posted by サンド at 2005年03月31日 18:11
☆総括する訳では有りませんが…☆

今回は、これだけ『レス』が集まったのですから、質問者と高橋様ともに『大成功』だと思います。

やはり、『うまいなぁ〜〜、高橋企画』と唸らされました♪

一生、この人を追いかけ続けよう!と決心する「探偵N」でした。
Posted by 全日本探偵協同組合 at 2005年04月10日 21:34
筆記の人も含めて『高橋がなり』だってことでしょ?何の問題もないと思う。
質問の回答としては、『高橋がなり』が間違いなくやってますでいいんじゃないかなぁ?(笑)
Posted by タカヒトサキ at 2005年04月16日 09:20
> タカヒト サキ ちゃんへ

濁すのはダメです、高橋がなりは正直なんです。

チンポもマンコも隠さない人なんです(^^)v
Posted by 全日本探偵協同組合 at 2005年04月18日 02:14