2016年06月24日

欧州での「まさか・・・」の次の「まさか・・・」が北米で起こると・・・

ひょっとしたら、私たちは世界史上の大きな転換点に立ち会っているのかもしれません。

英国のEU(ヨーロッパ連合)離脱が決まってしまいました。

もちろん、明日にも離脱するというわけではなく、最低でも2年間の移行・準備期間はありますが、国民投票の結果を覆してEU残留に方向転換することは想定できません。

EU離脱の責任を取ったのかどうかは不明ですが、キャメロン首相も辞意を表明しました。

このインパクトは、単に英国経済がマイナス成長になるとか、日経平均が下がって景気に悪影響があるとか、そういうレベルの短期的な問題ではなく、かなり幅広く影響が広がり、かつ長く継続する気がします。

まずは、EU域内の諸国(フランス、イタリア、スペインなど)のEU懐疑派の動きが活発になり、EU離脱の動きが広がるでしょう。

英国内においても、過日、英国残留が決まっていたスコットランドの独立問題が再燃する可能性もあります。

もともとスコットランドはEU残留派ゆえ、EU離脱する英国にとどまろうとは思わないからです。

今は小康状態となって、報道で騒がれることがなくなったギリシャも、債務問題は根本的には解決していないので、いわゆるギリシャ危機が再燃するかもしれません。

もともとEUは、その体制自体に問題が多かったのですが、フランスによる “強大なドイツ帝国対策” の必要性から維持されてきた脆弱な構造になっているので、英国のEU離脱が導火線となって最終的にはEU解体というような大きな変革に進んでいくかもしれない、と言われています。

短期的に英国経済がマイナスになるとか、そういう問題ではなく、EUという国家連合の存在意義が問い直されていくと思っています。

「まさか離脱はないだろう・・・」という予想に反した今回の投票結果の先に見える 「まさか・・・」は、いったい何か?

欧州での「まさか・・・」の次の「まさか・・・」が、大西洋を挟んだ北米で4ヶ月後に出現し、アメリカ合衆国でトランプ大統領が誕生することとなったら・・・世界史上の “大変動の時代” となるでしょう。
  
Posted by soeipatent at 18:08Comments(0)TrackBack(0)

今日も元気に、がんばろう!

今日も元気に・・・
おはよう!おはよう! ヽ(´ー`)ノ 

朝8時45分、丸の内マイプラザ玄関ホールです。

飾り付けが夏向きに模様替えしていたので、スマホカメラでパシャッ!

ちょうど通りがかった創英メンバーKさんに声を掛け、ブログ用にポーズをとってもらいました。

今日も元気に、がんばろう!
  
Posted by soeipatent at 09:09Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月22日

酸味のある甘さで、ショリショリした歯ごたえが・・・

中国のドライフルーツです。

ドライフルーツ中国の重慶大学で教職を得て帰国・転職した元・創英メンバーが、お土産に持ってきてくれました。

ちょうど私は出張中でお会いできませんでしたが、元気だったそうです。

酸味のある甘さで、ショリショリした歯ごたえ(食感?)が楽しめます。

ちょいと疲れが出てきたときに食べると、美味しいです。
  
Posted by soeipatent at 15:16Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月20日

ジャケット脱いでネクタイ外せばクールビズ!?

創英のクールビズから一週間が過ぎました。

雨っぽい気候なので蒸し暑い日が続きますが、クールビズに入ってから梅雨開け・夏本番までの間は、ちょっと微妙です。

クールビズ暑いような暑くないような日が繰り返し訪れるからです。

何年か前に、服飾業界の知り合いに、
「長谷川さん、ジャケット脱いでネクタイ外せばクールビズ、なんてのはダメですよ! クールビズにはクールビズのファッションがありますからね」
と言われ、私なりに気を使うようになりましたが、難しいですね。

特に、梅雨開け・夏本番となって半袖シャツに着替えるまでの約1ヶ月の間は、ジャケット脱いでネクタイ外せば…で済ませてしまいそうで、ちょっと辛いかも。


★お知らせ★
創英事務所見学/説明会が開かれます。

22日(水曜日)の夜、東京/京都/福岡で同時開催(テレビ中継)です。

お申し込みは、こちらを参照ください
  
Posted by soeipatent at 09:12Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月19日

シルバー民主主義のこの国の将来は?

「私たちは資本主義の限界にどう向き合うか」という素朴な(?)疑問に対する一つの答えなり示唆を与えてくれる書。

池上彰さんと佐藤優さんの対談です。

有名なお二人の語る…
希望の資本論「希望の資本論」は、たった580円で手に入ります。

週明けには参議院選挙が始まりますが、どの政党を選べべきか、正直言って悩みます。

自民・公明の与党連合も、民進・共産などの野党グループも、どいつもこいつも消費税は上げないと言っている。

税金が上がらないなら、それに越したことはないが、それで財政再建はできるのか?

増税を避けているばかりで、将来の日本の財政や福祉は大丈夫か?

安倍・自民党によれば、経済が良くなれば税収が増えるので増税しなくとも福祉充実して財政再建できるというが、ちょっと話が甘すぎないか?

民進党の岡田代表は、赤字国債で凌げば良いので消費税は上げなくても福祉は充実できるというが、正直すぎて怖いかも。

共産党は「消費税は延期ではなく廃止して、大企業と富裕層から税金をがっぽり取れば良い」というので、財源は示していることになるから、あとは実行力と実行できるか否かの問題かもしれない。

その他、色々な政党が色々なことを言っているが、いちばんの問題は投票率の低さだろう。

特に若い人の投票率が低く、20歳代では30%台だというから深刻な状態と言うしかない。

LINEで配信されてきた東京新聞のニュースによると、スウェーデンの若者の投票率は80%もあるらしい。

こういう若者が選挙に積極参加する国の将来は、はっきり言って明るいと思う。

なぜなら、スウェーデンでは若い人の声が反映されるから、10年後、30年後、50年後の将来を見据えた政治が行われることになる。

しかし、若い人が選挙から遠ざかっているような日本の将来は、はっきり言って不安だ。

私は当年64歳だが、そういう年代の人は10年後のことは考えても30年後のことは考えないし、50年後のことは「知ったことではない」というのが正直なところだろう。

ストレートに言えば、我が亡き後に洪水が来れ、後は野となれ山となれ、というのが少なくないはずだ。

そんな高齢者が現世の幸福のためにセッセと投票所に行く一方で、これから30年、40年、50年と生きていくであろう若い人が投票に行かないシルバー民主主義のニッポン国、この先、どうなっていくのか、壮大な自作自演の社会的実験として興味津々…というのは言い過ぎだろうか?

★お知らせ★
創英事務所見学/説明会が開かれます。

22日(水曜日)の夜、東京/京都/福岡で同時開催(テレビ中継)です。

お申し込みは、こちらを参照ください
  
Posted by soeipatent at 16:47Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月17日

東京の「過酷痛勤」を乗り越えるためには、、、

熊谷駅の今朝の…
熊谷駅新幹線ホーム上越新幹線ホームです。

東京駅まで38分なので、遠距離通勤ですが東京では相対的に短時間通勤です。

新幹線通勤ですか。楽チンで良いですね、オーナー所長の特権ですか!」と言われることもありますが、そんなことはありません。

東海道、東北、上越の各新幹線沿線に住む創英メンバーには、新幹線通勤組が少なくありません。

その理由は、創英には11年前から新幹線通勤補助制度があるからです。

新幹線通勤と在来線通勤の運賃差額分の一定割合を補助する制度で、最低でも4割(加入1年未満)、例えば自立して権利化業務を遂行する担当者の場合だと差額の8割、その手前の養成者段階だと7割が補助されます。

この新幹線通勤運賃「差額分」補助制度は、在来線の特急料金やグリーン料金にも適用されています。

通勤が「痛勤」になるようでは職場での仕事に差し支えがあるので、元気に仕事ができる環境にするために2005年に設けられました。

近距離通勤者のケアも9年前からありまして、創英の通勤手当は全員一律30,000円です。

自転車通勤や徒歩通勤の創英メンバーも何人か実在しますが、彼らも30,000円の通勤手当を受けています。

なお、在来線で1ヶ月の定期代が30,000円を超えることもありますが、その場合は実額が支給されていますから、上限が30,000円ということではありません。

例外は京都オフィス、福岡オフィスであり、東京のような過酷(?)な痛勤事情とは無縁なので、補助割合が異なっています。

通勤で浪費するエネルギー損失をできるだけ抑えて、オフィスでは元気かつ気分良く仕事に集中して取り組むことができる環境づくりを目指しています。

★お知らせ★
創英事務所見学/説明会が開かれます。

22日(水曜日)の夜、東京/京都/福岡で同時開催(テレビ中継)です。

お申し込みは、こちらを参照ください
  
Posted by soeipatent at 08:46Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月15日

私が持っていたのでは「猫に小判」、「豚に真珠」ですが・・・

米国の有名な特許弁護士さんから、米国特許に関する解説書をプレゼントされました。

この方が筆頭著者の・・・
サンキュー!Alan J. Kasper さんです。

創英東京本部に来られた際に、写真撮影しました。

赤い装幀の、厚さは10センチもありそうな大著です。

題名は「Patents After the AIA: Evolving Law and Practice」、ブルームバーグからの出版で定価は385ドルらしい。

なんと日本円で約40,000円もします。

本を開くと・・・
著者メッセージ付き!Kasperさんの自筆のメッセージが書かれていました。

世界にひとつしかない、ということになります。

で・・・大著を頂戴したのですが、私には活用するすべがありません。

どないしようか、、、。

本棚に飾ればカッコイイですが、それだけでは勿体ない。

プレゼントしてくれたKasperさんにも失礼ですよね。

そこで、所内で活用できる人を探し・・・
活用して!プレゼントしちゃいました。

この二人は、化学、医薬、バイオ分野で米国特許実務に従事することも多い。

私が持っていたのでは「猫に小判」、「豚に真珠」ですが、この二人なら活用してくれるでしょう。

★お知らせ★
創英事務所見学/説明会が開かれます。

22日(水曜日)の夜、東京/京都/福岡で同時開催(テレビ中継)です。

お申し込みは、こちらを参照ください

  
Posted by soeipatent at 17:58Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月14日

テレビドラマを見てから創英の事務所見学会に・・・いらっしゃい!

テレビ朝日・木曜ドラマ・・・
グッドパートナー 無敵の弁護士」に創英オフィスが登場します。

登場するのは・・・
テレビドラマに・・・創英東京本部のオフィス(カスタマーエリア)であって、私は登場しません。

誰が登場するかは、テレビをご覧になって確認してください。

放送は16日(木曜日)夜9時から、テレビ朝日にて。

テレビドラマの撮影場所で、創英事務所見学/説明会が開かれます。

22日(水曜日)の夜、東京/京都/福岡で同時開催(テレビ中継)です。

お申し込みは、こちらを参照ください

  
Posted by soeipatent at 18:48Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月12日

他の事務所で働いているような"転職気分"が魅力?

京都には、たいへんユニークな条例があります。

通称「日本酒乾杯条例」といって…
日本酒で乾杯その第1条は次のように規定されています。

「この条例は,本市の伝統産業である清酒(以下「清酒」という。)による乾杯の習慣を広めることにより,清酒の普及を通した日本文化への理解の促進に寄与することを目的とする。」

そのような次第で、この写真の懇親会は京都府の丹後地方の地酒で乾杯となりました。

最初が日本酒となると、ビールを飲むタイミングが掴みにくく、結局、このイベントでは最初から最後まで日本酒をチビリチビリと味わいながら過ごしました。

京都はまた、食べ物が美味しい土地柄です。

この日のランチは…
京都にお越しやす〜こんな感じのガッツリ系うどん屋さんでした。

800円代から900円代で満腹となりますが、私は1,300円を叩いて豪快・大海老天ぷら丼を食しました。

お蔭様で、午後のスケジュール中は睡魔との戦いになり、辛かったです。

京都は衣食住において恵まれており、まさしく"住めば都"です。

京都オフィスのメンバーは、大半が東京本部からの短期赴任経験者ですが、最初はちょいとお試しで京都に住んでみて、その後、京都に居ついちゃうというパターンが多い。

最近、京都に赴任したメンバー君は、「東京とは雰囲気も違っていて、まるで事務所が変わったような、転職気分が味わえて楽しいですね」と、しみじみ語っていました。

東京、京都、福岡のオフィスをベースに仕事することができて、アメリカ研修の機会にも恵まれている特許事務所、特許法律事務所は、この国で探し回っても他には見当たりません。

そんな創英の事務所見学会は、ただいま参加受付中ですよ。
  
Posted by soeipatent at 15:38Comments(0)TrackBack(0)

2016年06月10日

創英・東京ディズニーリゾート企画レポート、続編

私が抱っこしているのは…
8年前の・・・私の子供でも孫でもなく、創英のK弁理士の長男くんです。

今の私より少し若く(?)見えるのは、これが8年前の写真だからです。

撮影場所は東京ディズニーシーであり、創英のディズニー企画の第1回でした。

先週、第9回の創英ディズニー企画が催され、この長男くんも両親と一緒に参加しました。

既に立派な小学生ですが、この先、何歳になるまで連続参加を続けてくれるでしょうか(私との連続参加記録争いになるかも?)

先週の創英ディズニー企画の際に撮影されたショーの写真を…
T.N君の作品2N君から入手しました。

綺麗に撮れています。

私はスマホで撮影したので、少々ボケが入っていますが、N君の写真は綺麗です。

やっぱり写真は機材?

いやいや腕の問題でしょう…
T.N君の作品1と云われそうですが、頂戴した写真を著作者の許可のもとでアップします。

画質はもちろんですが、構図も良いですね〜。
  
Posted by soeipatent at 12:36Comments(0)TrackBack(0)