2017年08月20日

創英野球部、ベスト8進出!

阪神甲子園球場では高校野球の熱戦が繰り広げられていますが…
創英野球部1江戸川の河川敷グラウンドでも熱戦が繰り広げられています。

特許庁、特許事務所、企業知財部、知財系情報企業のチームが参加するパテント杯野球大会です。

創英野球部も出場中ですが、エースピッチャーの投球には気合が入っています。

創英野球部の選手は…
創英野球部3全員が現所員(当然ですが…)であって、その所属が各部署に分散しているのが特徴です。

特許部門の機械系、電気情報系、化学バイオ系の各技術分野のほか、
意匠、商標、法務の各部門、情報システム、事務本部から満遍なく選手が出てチームが編成されています。

年齢層も幅広く…
創英野球部520歳代から50歳代まで、まさしくオール創英です。

打席に立って、バットを振り、ボールに当たると、カキーンという音が響きます。

打者は一塁を目指して激走します。

年配系の選手にはキツイですが、テロで騒然としているバルセロナから帰国して数時間という若手系の選手も活躍しているので、事務所の先輩としては頑張るしかないでしょう。

初回から…
創英野球部2エースピッチャーが相手打線をピシャリと抑えました。
一方、
創英野球部の打線は着実に得点を重ねて終始、押し気味の試合展開。

得点差とエースピッチャーの出来を見ると、中盤過ぎまでは楽勝ムードでした。

この日の試合は…
創英野球部4特許事務所対決となりましたが、相手は元甲子園球児もメンバーに含むほどの強豪チームです。

投打で創英野球部に圧倒されたままで試合を終えてしまう、そんなチームではありませんでした。

創英のエースピッチャーに油断が出たのか、それとも力投の疲れが出たのか、それとも視界に何かが入って動揺したのか、、、

最終回の表に…
創英野球部7追い込まれる場面がありました。

しかしながら、前半から中盤にかけての貯金が効いて勝利。

これで創英野球部はベスト8進出です。

試合終了は…
創英野球部6整列して一礼。

次は強豪がひしめく準々決勝となりますが、試合すること自体を楽しむことができれば、自然と勝ち進んでいくことになるでしょう。
  
Posted by soeipatent at 11:21Comments(0)

2017年08月16日

“たまたま” 実例になっただけですが、ちょっぴり嬉しいですね。

特許庁から…
意匠ガイド「事例から学ぶ意匠制度活用ガイド」という冊子が刊行されました。

さっそく入手して頁をめくってみました。

実例が豊富に取り上げられ、色々な視点から意匠制度の実践的活用法を解説しています。

意匠らしさが滲み出たA4版の冊子であり、全体で70頁近くにもなります。

この頁は…
知財権ミックス知的財産権の基本を解説するために「知的財産の複合的保護の例」を図解しています。

ここで図解されているのは、「知的財産権ミックス」の考え方です。

特許、意匠、商標という概念の違う切り口から知的財産を捉えて、一つの製品(スポーツウェア)の複合的な保護を図る、という考え方です。

ここに出てくる特許、意匠、商標の登録例は、私にとってたいへん馴染みのあるスポーツウェアに関するものです。
なぜなら、
我が創英が代理事務所となっているからでして、特許庁の冊子で “たまたま” 実例になっただけですが、ちょっぴり嬉しいですね。
  
Posted by soeipatent at 16:12Comments(0)

2017年08月09日

関西の野球大会に劣らぬ熱戦が関東でも繰り広げられている…

今年の夏も、甲子園(関西)では高校野球大会が始まりましたが、関東でもパテント杯という名の野球大会が始まりました。

関西の野球大会は主役が高校生であり、テレビ、新聞をはじめとするメディアで全国に報道されています。
一方、
関東の野球大会は知財分野で働く社会人が主役であり、未だマスメディアに注目されていません。

知る人ぞ知る(知らない人は全く知らない)パテント杯野球大会には、創英野球部も出場しています。
その初戦は…
ハラハラドキドキの後の、まさかの逆転負けだったのですが、敗者復活戦で見事(?)に甦って勝ち進んでいます!

こちらの写真は…
パテント杯では、勝ち進んでいます!先日の試合後の集合写真です。

試合に勝った雰囲気が、いきいきとした20歳代から50歳代の選手の表情に出ています。

スコアボードを見ると、下記のような流れです。

相手:10004=5
創英:10225=10

最終回の5回表に追いつかれながらも、その裏に満塁ホームランも飛び出して5点差で勝った、
つまりは、
最後の最後までハラハラドキドキ、楽しませてくれる試合運びでした。

今年は天候不順で、試合が予定通りに消化されていくか気になります。

そんな中で、創英野球部はどのような戦いぶりを見せていくのか、注目です!
  
Posted by soeipatent at 18:08Comments(0)

2017年08月06日

創英の2017年のチャレンジといえば…SHIPway!

創英の夏の恒例イベントは…
2017納涼会0「上半期表彰式」&「納涼交歓会」です。

今年は、京都、福岡、ワシントンの各オフィスのメンバーが参加しました。

写真の団扇はオリジナルデザインで、会場で全員に配られたものです。

写真のMOBACA(スマホ充電カード)は、抽選に当たった60人に配られました。
団扇とスマホ充電カードには、創英の新事業であるSHIPway: Soei Hybrid IP Pathway がデザインされています。

納涼会は、創英の本部と3つの支店のメンバーが一同に会する機会ですから、各オフィスメンバーが紹介されます。

こちらは…
2017納涼会1福岡メンバーが壇上で紹介されているところ。

福岡メンバーも全員、過去には東京本部で働いていましたから、懐かしい顔です。

お互いに知り合っているからこそ、仕事でスムーズに連携することができます。
メンバーの協力・協働と連携は創英の強味です。

そういう意味でも、年2回とはいえ全員集合の機会があるのは、とても大事なことと考えています。

今回の余興は…
2017納涼会2刑事事件の模擬裁判で、罪状はストーカー行為。

法務部門の若手弁護士3人が裁判長、検察官、弁護人役を分担し、刑務官役は事務部長が務めました。

注目の被告人はK弁理士が務めましたが、サスガです。
刑事事件、ましてや職権を利用したストーカー犯罪の被告役は、模擬裁判とはいえ色々と覚悟(?)がいります!

裁判の結果、被告人は無罪でした!
…が、別の罪状で改めて起訴されるというオチがつきました。
(^┰^;)ゞ  

こちらは…
2017納涼会3創英の公認クラブの一つであるフットサルサの紹介コーナーです。

私は、「メンバーは数人くらいかな?」と思っていたのですが、たくさんいるようです。

創英には、運動系と文化系でいくつもの同好会活動があり、公認クラブというのは一定の条件を満たすことで活動費の補助が受けられる同好会を指します。

盛りだくさんのスケジュールでしたが…
2017納涼会4予定時刻を少しオーバーしてお開きとなりました。

中締めの挨拶に立ったのは、模擬裁判で無罪となりながら別の容疑で再び被告人となってしまったK弁理士。

挨拶のテーマは、「みなさん、どんどん新しいことにチャレンジしましょう!」でした。

新しいチャレンジといえば、SHIPway!

盛大に、全員で三本締めをして散会となりました。
  
Posted by soeipatent at 23:38Comments(0)

2017年08月05日

特許庁で見かけた未来志向のイベント

所用があって、特許庁に行きました。先週のことです。

セキュリティゲートを超えると…
特許庁(1)普段と違う光景が広がっていました。

霞が関の中央官庁とは思えない光景。

小学校のような光景で、子供たちがたくさんいます。

お母さん方も多い。

知的財産権に対する国民の認識を変えよう…
特許庁(3)という趣旨の特許庁のイベントのようです。

子供たちは未来の日本の担い手です。

国民の意識を変えるためには子供たちの意識を変えなきゃダメ、というのがこのイベントの目標でしょうか。

あちこちを覗いていると…
特許庁(2)「お母さん、モホウってなあに?」

単刀直入な質問に、お母さんがどう答えるか。
聞き耳をたてると、
「模倣というのは悪いこと、人のものを真似っこしてお金儲けする、悪いことよ」
と、ズバッと答えていました。

このイベントを覗いた後、面会した特許庁幹部に雑談的に話を振ると、そこそこに気合を入れたイベントだということでした。

こういう未来志向のイベントは、どんどん取り組んでもらいたいですね〜。
  
Posted by soeipatent at 09:12Comments(0)

2017年07月27日

商標の記念講演会&祝賀会がありました。

創英で10年以上にわたって働いてこられたK弁理士が叙勲され、その記念講演会と祝賀会が行われました。

記念講演会の会場は・・・
セミナー創英東京本部のプレゼンルームです。

創英のお客様を中心に、50名を超える方々にお集まり頂きました。

各地の地裁や知財高裁の判例紹介、解釈も交えての講演でした。

多くの人が真夏に集まると、冷房/空調に気を遣うのですが、なんとか対応できました。

記念講演会の後は、創英が入居する丸の内マイプラザ地下に移動し・・・
叙勲おめでとうございます!祝賀会です。

関東地方はもちろん、東海、関西、四国、中国方面からも、たくさんの方々にお越し頂きました。

遠路、ありがとうございます。

上の写真は中締めの挨拶の様子ですが、挨拶するのは先輩の叙勲受賞者である創英会長のT弁護士です。

中締めの挨拶の前には・・・
満面の笑み主役=今回の受賞者であるK弁理士の挨拶がありました。

振り返ってみると、ずいぶんと色々な出来事がありました。

特許庁審査部、審判部、創英、法科大学院そして創英。

商標一筋に仕事してきました。

これからも、元気で頑張って頂きたいなあ、と思います。
  
Posted by soeipatent at 08:13Comments(0)

2017年07月15日

創英の46人収容のプレゼンルームの活用度は…

創英東京本部には、執務室、会議室、応接室、面談室の他に、大きなプレゼンルームがあります。

46人収容の施設で、プロジェクタが天井に3台、設置されています。

色々な利用法があって、こちらは…
ランチミーティングその一つの利用法であるランチミーティングです。

これには一定のルールがあって、11時50分から13時30分までが標準時間。

事務所から、ちょっとだけ豪華なお弁当が出て、いろいろなテーマの議論や発表、意見交換会をします。

この日は、システムの活用についての意見交換会でした。

このような広いプレゼンルームを設置し維持するコストは、かなりのものではあります。
しかし、
お客様をお迎えして知財セミナーを開く場として活用できるだけでなく、所内用途にも活用できます。
例えば、
事務改善、業務改革、メンバーの研修や協力・協働の促進のためには欠かすことのできない施設です。
  
Posted by soeipatent at 21:25Comments(0)

2017年07月10日

創英の現場主義は、出張の翌日も・・・!?

創英は、仕事の進め方で「現場主義」という考え方を持っています。
発明発掘や意匠/商標相談などの仕事は積極的にお客様の研究/設計/デザイン現場に出掛けていって対処する、という考え方です。

そのポリシーの下、7月第2週に浜松と山形にハシゴ出張して、金曜夕方に山形県鶴岡市で仕事を終えました。
さて…
金夜は鶴岡市内で楽しむとして、土曜はご当地のどの辺りを探索するか?

二日酔いっぽい状態で・・・
ふくら私を含めた3名の創英メンバーが列車から降り立ったのは、羽越本線の吹浦(ふくら)駅です。

無人駅で切符は改札口の箱に投入するだけ。

待合室でお休みされている地元の方に、「写真撮影をお願いできますか?」と厚かましく頼むと、快く笑顔で引き受けてくれました・・・田舎は良いなぁ〜!

この吹浦という所は、有名な鳥海山の麓の日本海沿岸にあり、夏は岩牡蠣(いわがき)が旬です。

吹浦駅からテクテクと20分ほど歩いて着いたのが、「ふらっと」と称する道の駅ですが、ちょっと俗っぽいので、パスしたい。
もっと穴場はないか・・・
岩牡蠣探し当てた店は、家族経営の漁師さんの店。
朝の8時台で開店前の様子でしたが、「入って良いですか〜?」と声を掛けると、快く店内に迎え入れてくれました。

岩牡蠣が、450円、550円、650円の三種類、どれも大きくて美味しそう。

もちろん650円のを3つ注文して、朝っぱらから缶ビールを3本。

とりあえずのツマミを物色していると、「食ってけぇ〜!」と差し出されたのがイカの塩辛で、差し出してくれたのは85歳の老店主、元漁師らしい。

岩牡蠣&缶ビールでエンジンが動き出したところで・・・
炭火焼き焼き魚の香りが漂ってきました。

大きなカレイの炭火焼きで、これは旨そう。

もちろんこれを注文し、さらに刺身を注文。

「色々とちょうだい!」と言うと、イカ、ホタテ、アワビ、ミル貝の刺身でが出てきた。
どれも美味しい!
さらに、アワビとホタテは「焼き」でも出てきた。

二日酔いなど、どこかに吹っ飛んでしまう。

こうなると・・・
朝から酒盛り日本人としては日本酒です。

銘柄は、ご当地、遊佐(ゆざ)町の銘酒・東北泉。

ワンカップを空けて、完璧な宴会状態。

3人でワンカップ日本酒を4本、缶ビールを5本ほど空けて、列車の時間が迫ってきたので、午前10時28分にて2時間弱の宴会終了。

お代の方は、なんとお一人様3,000円強で、超リーズナブル!

店を出ると・・・
イカの干物なにやらグルングルンと回っているモノがありました。

イカの干物の製造中で、お店の人に頼んで写真を撮ってもらいました。

楽しくも充実した山形県飽海郡遊佐町吹浦のグルメ旅を終え、午前10時48分の酒田行き列車に乗るため2キロ弱の道のりを猛ダッシュ。

汗だくになってギリギリで間に合って・・・
鳥海山車中で大笑いとなった次第です。

車窓の向こうに見えるのは鳥海山。

鳥海山の雪解け水が伏流水となって日本海に流れ込み、岩牡蠣を始めとする海の幸を育んでいるとのこと。

次回は、もっと時間に余裕を持って訪れたいね。
  
Posted by soeipatent at 18:50Comments(0)

2017年07月06日

創英の米国特許弁護士は日本語で淀みなく、、、すごい!

創英に加入する新人は、二つのランチイベントの洗礼を受けます。

一つは、加入直後の新人歓迎ランチでして、こちらは和気藹々の雰囲気の中で、とにかく新人を歓迎します。

もう一つは、正式メンバー登用の最後の選考・考査を兼ねたステップアップランチでして、こちらでは創英のポリシーである4+4=8カ条の中の2〜3カ条を暗唱することが求められます。

こちらは…
正所員登用の最終選考に合格!米国特許弁護士が創英に加入して、正式メンバーに登用されることが決定した直後のランチ会での写真です。

日本語ができない彼とのコミュニケーションは英語のみ。

私は彼をブライアンと呼び、彼は私をヨシキと呼びますが、ブライアンは日本人でも覚えるのが簡単ではない創英ポリシーのフレーズを、バッチリ日本語で暗唱できました。

曰く、、、
「一流の品質を支える一流の気概を持ち、一流の信用を獲得すべし」
「複雑な仕事は細心の注意を持って確実に、簡単な仕事はクールな態度で完璧に遂行しましょう」

これらを日本語で、淀みなく暗唱したのです。

これのフレーズの意味は、もちろん英語で事前にブライアンに解説して、彼はその意味を英語で理解したのですが、日本語で暗唱できるとは、、、
すごいですね〜。
  
Posted by soeipatent at 21:36Comments(0)

2017年07月01日

日本の祭り…特許事務所で追っかけ?

京都の夏祭りといえば、八坂神社の祇園祭です。
でも、
祇園祭といえば京都の祭りかというと、そうではありません。

「祇園」を冠する祭りは全国に散在しておりまして、東北地方では福島県の会津田島祇園祭が有名です。

九州にも祇園祭がありまして、有名なのは…
博多の祇園祭博多山笠祇園祭」です。

6月末に福岡に出張したら、祇園山笠の準備が着々と進められていました。

ユネスコ世界文化遺産にも登録されていまして、たいへん盛大な日本を代表する祭りです。

関東で有名なのは熊谷です。
熊谷うちわ祭」と称していますが、祇園祭の流れをくみ、「関東一の祇園」とも言われています。

創英東京本部は、祇園祭の流れをくむ祭りではありませんが…
浅草三社祭浅草三社祭に参加しています。

紺色の袢纏を着た10名弱の創英メンバーが神輿を担ぎました。

創英福岡オフィスは、博多山笠祇園祭に参加しているのかというと、現時点では、そういうことはありません。

創英京都オフィスは、本家本元の祇園祭に参加しているのかというと、こちらも現時点では、そういうことはありません。

浅草三社祭だけでなく、日本各地のどこかの祭りに参加できる日を夢見て創英の支店網を拡充していく、というのも面白いかも?
  
Posted by soeipatent at 11:06Comments(0)