2017年01月12日

創業30周年の最後の新人歓迎会

創英の創業は1986年2月1日ですから、創業30周年の一年間は2016年2月1日から2017年1月31日までとなります。

そういう事情ですので…
最後の新人歓迎会!?これは創業30周年の最後の新人歓迎会となります。

一次会の写真を撮り忘れてしまったので、二次会の写真となりますが、二次会に参加できなかった皆さん、ごめんなさい!

それにしても、創英メンバーには酒に強い人が多い。

この二次会では、福井の銘酒「黒龍」の4合瓶が何本も空になってしまいました。

みんなとワイワイ騒ぎながら楽しむ宴会は、ほんとうに楽しいです。
  
Posted by soeipatent at 12:44Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月09日

晴れ男が部長をやると、雲ひとつない快晴に恵まれる!

今年の創英スノー部合宿・北海道の巻はトマムでした。

部屋着でくつろぐメンバーは…
合宿の夜その参加者。

全員で夕食(宴会?)した後の二次会の部屋飲みでして、各人がオツマミを持ち寄ってワイワイガヤガヤやるのです。

ただし、翌日と翌々日は朝からスキー、スノーボードで体力を使いますから、深酒と夜更かしはは禁止です。

翌日は…
霧氷最高のスキー、スノーボード日和でした。

雲ひとつない青空に、キラキラと輝く樹氷。

見とれてしまう美しさです。

この写真はメンバーが撮影したものですが、樹氷の撮影ポイントだらけです。

そんな場所で…
全員集合全員集合の記念撮影をしました。

背景は、もちろん樹氷の林です。

この写真撮影の後は、食事時まで自由行動です。

自由行動の間は、LINEで連絡・情報交換するのですが、ほんとうに便利な世の中になりました。

例えばこの写真は…
快晴メンバーが撮影してLINEで共有されたものですが、リアルタイムで楽しみや感動を共有できます。

クラブ活動を継続するには、部長の存在が欠かせません。

現在の創英スノー部の部長は…
創英スノー部N部長N君です。

子供の頃からスキーに親しんできた上級者でして、ほんとうに頼りになります。

N部長は、きっと晴れ男です。

そのことは、天気が証明しています。

朝から夜まで、雲ひとつない快晴でした。

だから、
夕焼け夕焼けまでのバッチリ見ることができたのです。

ゲレンデで見る夕日は、ほんとうに美しい。

見とれてしまいましたが、しばらく立ち止まっていると寒さは半端じゃない。

そういう厳しい環境だからこそ美しいのでしょう。

翌日は…
雲海山に雲がかかりました。

これもメンバーが撮影してLINEで共有した写真ですが、雲海も情緒があります。

雲はかかりましたが雪が舞うことはありませんでした。

でも、前日に比べるとコンディションは、ちょっと落ちますね。

この時期の北海道は気温が低くて、とても寒いのです。

マイナス20度という極寒の中ですから、風が吹いて日が陰ると辛いです。

こちらは…
解散式新千歳空港での解散式。

N部長に感謝の拍手です。
そして、
全員が無事に怪我することもなく北海道合宿を終えたことを祝い、拍手です。

  
Posted by soeipatent at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月05日

未来に繋ぐための課題をやりきろう!

2017年の初営業日に…
関東一本締めオール創英のメンバーが東京に集結しました。

残念ながらワシントンDCの支店メンバーは参加していないので、厳密には「オール創英」と言えません。

ま、「概ね」オール創英と理解して下さい。

年に二回の公式行事(新年会&納涼会)であり、前半は表彰式、後半は親睦/交歓会となります。

「家族に感謝」と銘打った…
家族に感謝こんな一幕もありました。

表彰式ではなく、親睦/交歓会での一幕です。

やっぱり家族のサポートがなければ、仕事は上手くいきません。

こういう場面は、やはり塚原会長が似合います。

イベントの最後は…
記念写真集合写真です。

創業は1986年ですから今年は創業31年目ですが、あえて「30+1」周年としています。

2026年の創業40周年までの10年間に、未来に繋ぐための課題をやりきろう、という意思が込められています。
  
Posted by soeipatent at 18:20Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月04日

お正月休みを挟んで連チャン利用は?

創英東京本部が入居する丸の内マイプラザは、明治安田生命ビルと明治生命館の複合施設ですが、この明治生命館の地下にレストランがあります。

その名は、センチュリーコート丸の内という会員倶楽部でして、創英は種々のイベントでソコソコに利用しています。

こちらは…
ランチ会そのレストランでのランチ会。

特許部門のメンバーがステップアップ(昇格)するときに催されるランチ会ですが、今日(1月4日)の主役は中国出身者でした。

このレストランでは、年末(12月28日)の夜に創英の納会を催していますので、お正月休みを挟んで連チャン利用となります。

こういうレストランが同じ施設内にあると、なにかと便利ですね〜。
  
Posted by soeipatent at 17:39Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月03日

次の時代に向かうスタートの第1年目

2017年は最初からコロリと転んでしまいました。

初転びの場所は…
2017年の初滑り浅間山を望む軽井沢のスキー場です。

最初の滑り、しかも初級・初心者ゲレンデで、すってんコロリと派手に転倒しました。

やばい…(・・;)
ついに加齢で平衡感覚が失われたか?

ちょっと落ち込みかけました…が、
その後は無難に約3時間、10本くらいを滑って転ぶこともなく、昨年の初スキーのように怪我することもなく、2017年の初スキーを終えました。

皆さま、あけましておめでとうございます。
m(_ _)m
2016年は創英の創業30周年ということで、色々なことをやってきました。
お蔭さまで大過なく、というよりも大きな成果を残して新年を迎えることができました。

これもご愛顧いただいているお客さま、ご支援いただいている関係先の皆さま、そして何よりも「しっかり働き、おおいに遊ぶ」ことをモットーに頑張ってくれた創英メンバーたちのお蔭です。
心から感謝申し上げます。

さて、2017年は創英にとって創業30+1周年となるわけですが、私はこの「30+1」というのに少しこだわりがあります。
31ではなく30+1へのこだわりです。
30から始まって1年ずつ積み上げていく、30+1、30+2、30+3、…そして30+9まで積み上げてから、次の40を迎える…。

その40周年となる2026年には、創英のDNAを受け継ぎながらも進化させた次の時代の「知財の匠」集団: 創英が、しっかりと確立されているでしょう。
そして、
私:長谷川芳樹は、30+1から+9までのどこかのタイミングで、次の時代の創英が確立されたことを見極めた上で経営トップから離れているでしょう。

2017年は、創英が創業40周年を迎えるまでの10年間の、記念すべきスタートの1年間です。

しっかり頑張って参りますので、倍旧のご愛顧、ご支援、ご指導のほど、宜しくお願い致します。
  
Posted by soeipatent at 12:13Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月28日

2017年、楽しみですね〜!

創英は今日で通常営業を終了します。

ラストランチは…
迎春の支度は完了!この方と一緒に牛タン定食でした。

丸の内マイプラザの玄関の迎春飾りの前で、ちょいとポーズを取ってもらいました。

今年は色々とありましたが、来年はもっと面白いことが起こりそう。

楽しみですね〜!  (#^.^#)
  
Posted by soeipatent at 12:41Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月23日

忘年会よりも好きなのは望年会

世界的に有名な日本の山は…
きれい!富士山です。

12月下旬ともなると、綺麗に冠雪しています。

新幹線の車窓から撮影しました。

12月は忘年会の時期ですが、私は「その年を忘れる」忘年会ではなく、「次の年に望みを託す」望年会が好きです。

こちらのパーティは…
望年会 in USAワシントンD.C.で開かれました。

SOEI USA Inc.の望年会です。

創業30周年にワシントン支店をオープンする、というアメリカ進出計画がギリギリで間に合いました。

この翌日、私は…
望年会 in HAMAMATSU浜松で望年会に参加していました。

メヒカリの一夜干し焼きを肴に、珍しい日本酒をグビッ!

2016年は色々とありましたが、もうすぐ終わろうとしています。

来るべき2017年がどんな年になるか、楽しみです。
  
Posted by soeipatent at 22:46Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月15日

異業種が集う研究会は、本当に勉強になります!

雨が降った翌日の…
夕焼け夕焼けは綺麗です。

こちらは皇居方面、創英東京本部オフィスから撮影しました。

夕焼けの美しさに、ちょっと見とれてしまいました。

師走も半分が過ぎて、忘年会の季節です。

一昨日は大阪で忘年会に参加し、昨日は東京で別の忘年会に参加しました。

異業種の人が集まる研究会の忘年会では…
有名人が…去年から1年間、多忙を極めていたメンバーも参加しました。

私の隣の男性、去年から世界的な有名人なので、写真を見て「あの方かな?」と思う人も多いと思います。

昨年のノーベル賞で医学・生理学賞を受賞された、あの方です。

「お元気そうで、何よりです」
と声をかけたら、
「この会に参加するのは楽しいです。色々な立場や仕事の人がいて、色々と違った専門のお話が聞けて、本当に勉強になります」
とおっしゃっておられました。

それにしても、この方はオーラが満ち溢れておられる。

さすがですね〜〜(^.^)
  
Posted by soeipatent at 23:17Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月14日

東京の人やのにオモロいですな〜〜

東京と大阪の違いって何だろう、と考えてみました。

駅のエスカレーターで左側に人が立つのが東京、右側に立つのが大阪、というのは出張して最初に感じる違いです。

こちらの店は…
海老天蕎麦を…新大阪の在来線ホームの立ち食い麺屋さんですが、店に入って違いを感じました。

「ありがとう」とか「ごちそうさま」とか、「おおきに〜」というお客さんの言葉が聞こえてくるのです。

東京の立ち食い麺屋さんでは、店員さんの声はよく聞こえるのですが、お客さんの「ごちそうさま」とか「ありがとう」が聞こえてくることは少ない、、、というか聞こえてこない。

東京のお客さんは無言の人が大半です。

もう一点、大阪では店員さんの声が普通の大きさで、自然な感じで色々な言葉が出ていますが、東京では店員さんの声は大き目で、出てくる言葉がワンパターンの「ありがとうございました」となっています。

この違いは何処からくるのでしょうか。

大阪駅の駅ビルで、自然薯料理の専門店というのに行ってきました。

そこで感じたことは…
ちゅ〜〜(^.^)大阪の人はノリが良い。

声をかけると声が帰ってくる。

東京とは違いますね。

写真の方は店長さんですが、道頓堀界隈で見かけるお人?

そうです、あの食い倒れ人形に似ていますよね。

仲良くなって、大いに盛り上がりましたが…
ギャハハ!店員さん曰く、
「お客さん、東京の人やのにオモロいお方ですな〜(^.^)」
だとか。

これって、大阪の人から見て東京の人はオモロない人が多い、という意味ですかね?
  
Posted by soeipatent at 08:07Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月12日

徐々に少数精鋭化して最後は…これですよ!

創英の11月の恒例行事は所員旅行であり、今年は能登半島の和倉温泉加賀屋に行ってきました。

創英の12月の恒例行事は…
総会在籍する国内外の弁理士、弁護士が参加する総会です。

参加者が100人を超えると、会場の選定が大変ですが、今年は北軽井沢のホテルで開きました。

総会の時間は13:50〜18:00までの4時間10分で、途中で1回だけ10分の休憩が入ります。

テーマが10件あるのですが…
集中こんな感じで議論に参加します。

1年間の総括を行い、来年以降の課題と方針を全員で確認し意思統一します。

創英の支店である京都オフィスと福岡オフィスの弁理士も参加しました。

創英のワシントンの支店である…
ワシントンD.C.SOEI USA Inc.のメンバーもスカイプで参加し、メンバーが4人となった創英USAの業務発表もしました。

去年の総会には、彼は帰国して参加したのですが、今年は業務の都合でアメリカを離れることができませんでした。

年に一度の全員集合の場ですから…
全員集合やっぱり集合・記念写真です。

ピース! (^ .^)y-~~~

このあと、今年の新人歓迎と弁理士試験合格祝賀会が行われ、二次会から三次会へと徐々に少数精鋭化してワイワイガヤガヤしたのですが、最終は午前◯時◯分まで。

こちらの写真は…
サライ二次会終了時のサライです。

加山雄三バージョン、谷村新司バージョンと好みは色々です。

でも、これをやらないと創英のイベントは終わらないようです。
  
Posted by soeipatent at 08:45Comments(0)TrackBack(0)