2018年12月09日

日本の食文化を守るために

第13回全国学校給食甲子園の決勝大会が開かれました。
こちらは…
出場12チーム今回の大会で決勝進出した12チームの選手たち。

この写真は閉会式で撮影したものです。

今年は全国から1,701の学校、施設が参加しました。

第一次から第四次までの予選をパスし、東京・駒込の女子栄養大学に集まりました。

私は10年ほど前から…
これから審査審査員をやっています。
審査員は全員で16名、色々な立場の人がいます

この人たちとの交流も楽しいです。

審査員は調理室に入るわけですから、こういう姿になるわけです。

ところでこの簡易な白衣、薄手ですが割と防寒機能がありますねー。

決勝戦の舞台は…
決勝大会こんな感じです。
女子栄養大学の調理実習室をお借りして、学校栄養教諭さんと調理員の二人のチームで日頃の技を競います。

学校給食は子供たちの味覚を形成するステージです。
だから美味しくなくっちゃダメ。

日本の食文化が後世に引き継がれていくためには、学校給食が豊かであることが欠かせません。

このイベントは、特定非営利活動法人21世紀構想研究会が主催しています。

私はその会員、理事として活動に参加していますが、この大会の実行委員、審査委員としては古株になってきました。

そんな審査員には…
子ども審査員賞大人の審査員のほかに子ども審査員というのもあります。

今年は4人の小・中学生が就任しました。

この写真は、子ども審査員が選んだ「もういちど食べたい給食」を作ったチームを表彰しているところです。

大人の審査員が選んだ一番の給食と、子ども審査員の選んだ一番の給食では、どっちがホンモノの一番か、これは難しい問題です。

そしてこちらは…
学校給食甲子園優勝チームに対する優勝旗の授与です。

私も優勝作品を試食しましたが、文部科学省の基準に従って原価200円台で作った給食は、ほんとうに素晴らしかった。

ところで、この優勝旗を授与しているお方、見覚えがありませんか?

あの大村智先生。
ノーベル賞・生理学賞医学賞を受賞された北里大学の先生です。

こちらは…
テレビ映像1大村智先生が表彰状を読んでいる様子のテレビ映像です。

大会運営の関係者が撮影し、送ってくれました。

大村智先生は、主催団体の21世紀構想研究会のアドバイザーです。

この学校給食甲子園に個人寄付もされていて、主催団体としては、ずいぶんお世話になっています。

もう一枚…
テレビ映像2関係者から送られてきた映像をアップします。

表彰状を読んでいるのは私ですが、ちょっとトチりました。

「表彰状 優秀賞 …殿…」お読むべきところ、「表彰状」を飛ばして「優秀賞」から読み始めたのです。

すぐに訂正して読み直したのですが、会場からは笑い声が漏れていました。
(*^^*)
  
Posted by soeipatent at 22:09Comments(0)

2018年12月08日

ケース番号1234番!

年末の多忙の中、ブログ更新をサボっていました。
10日ほど前の話になりますが…
チョコラボこんな小箱が所員全員に配られました。

ネスレ社のKitKatです(蛇足ながら、これら商標登録・管理は創英がやっています。)。

小箱には、
「お気に入りの写真で!“チョコラボ キットカット ”を作ろう。」
と書かれています。

裏返してみると…
これだ!あら!
満面の笑みのお二人。
私の隣の男性は、創英の外国特許事務のT部長です。

「1234」という数字が大きく描かれています。

創英では、お客様からご依頼いただく出願のお仕事が順調に増加しています。

おかげさまで、
ケース番号が昨年よりも1か月以上早いペース1,000番を超えて、上り調子の1,234番を超えたということで、外国特許事務スタッフの発意でお祝いイベントをやりました。

こちらは…
パーティそのパーティの様子です。
1時間ほどの簡単な立食パーティですが、創英ではこういう催しを時々開き、交流を図っています。

仕事が増えるのは大変ありがたいことです。
仕事のご依頼がないと、特許法律事務所として経営が成り立ちません。

その一方で、仕事が増えることで、ミスが生じたりお客様にご迷惑がかかることがあると、それは本末転倒です。
好事魔多し、と言います。
こういう時こそ、兜の緒をしっかり締めて、お客様のニーズにマッチした品質の良い仕事を提供していくことが大切です。



  
Posted by soeipatent at 09:34Comments(0)

2018年12月02日

皇居外苑を散歩して、秋を感じたひととき

金曜日の午後、都内のお客様企業を訪問しました。
その用件は…
秋の皇居外苑1ちょいとしたトラブルがあり、お詫びと事情説明のためです。

創英はお客様の大事な知的財産権をお預かりしています。

トラブルがあった時は、きちんと原因究明と再発防止を図るため、このようなお客様とのコミュニケーションは欠かすことができません。
所長としての大事な役目です。

その帰り道…秋の皇居外苑2
通りがかった皇居外苑の紅葉が美しく、タクシーを途中下車して散歩しました。
写真は、その時の撮影です。

1枚目の写真はパレスホテルの脇です。
皇居の池の水面には、銀杏の黄色い葉が映えますね。

2枚目の写真は行幸通りの脇です。
私が指差す方向に、丸の内マイプラザが見えます。

さらに歩いていくと…
秋の皇居外苑3こんな感じで見えます。

私が指差す方向です。
いくつかの超高層ビル群の右から2棟目のビル。

それが丸の内マイプラザ。

その9階のワンフロアが創英東京本部のオフィスです。

さらにオフィスに向かって歩くと…
秋の皇居外苑4こんな感じでビルが迫ってきます。

日比谷通りとお堀を隔てて、直線距離で200メートル未満でしょう。

左のビルが丸の内マイプラザです。
下の階層の、少し歴史を感じる建物が明治生命館。
重要文化財に指定されています。

右のビルは、丸の内二重橋ビルです。
東京会館や東京商工会議所が入っています。

皇居外苑を出ると…
秋の皇居外苑5お堀が見えます。

黄色い銀杏の木がお堀に写って、綺麗でした。

ところで、
「上の写真の男性は誰ですか?」
って?
お詫び行脚に同行してくれた事務本部のT部長ですよ。

彼が所属する事務本部は、とても良い働きをするので、創英の弁理士、弁護士、特許技術者は、たいへん助かっています。
感謝するしかないですね。

***************
知財業務のプロフェッショナルを目指す若手人財を募集しています。
*****お知らせ******
12月4日(火曜)
創英・事務所説明/見学会
東京・京都・福岡で同時開催
対象:
・特許事務所で特許・意匠・商標の実務担当者として働くことを検討しておられる方
・実務経験/未経験は不問
・弁理士、弁理士試験合格者、弁理士志望者歓迎
詳細と申し込み要領は、こちらの頁
  

2018年11月29日

高校生が創英にやってきた!

茨城県立の有名進学校の生徒さん、10名が創英にやってきました。
色々な職場を訪問して…
まずは解説世の中のことを学ぶ社会科見学です。

去年もやりましたが、再び指名が来たということは、好評だったということでしょう。

まずは、セミナールームにお招きし、創英の若手メンバーから特許法律事務所についての解説。

発明とは何か、弁理士とは何か、、、
そういう基礎的なことを、できるだけ分かりやすく説明しました。

次は創英東京本部の…
所内ツアーオフィスツアーです。

玄関の熱帯魚水槽には、ちょっと驚く生徒さんもいたようです。
海水性の水槽です。
サンゴの周りでは “隠れニモ”君も泳いでいます。

特許事務所としては、ちょっと贅沢な玄関設備です。
しかし、
玄関は大事なお客様をお迎えする場所ですから、やすやすとは妥協できません。

その後…
握手私のエリアにやってきました。

ちょいとばかりお話をして、質問を受けたりして、最後は全員と握手。

若い人の手は暖かいです。

これからの人生、がんばろう!
(^ .^)y-~~~

それにしても、若いって良いですねー。

***************
知財業務のプロフェッショナルを目指す若手人財を募集しています。
*****お知らせ******
12月4日(火曜)
創英・事務所説明/見学会
東京・京都・福岡で同時開催
対象:
・特許事務所で特許・意匠・商標の実務担当者として働くことを検討しておられる方
・実務経験/未経験は不問
・弁理士、弁理士試験合格者、弁理士志望者歓迎
詳細と申し込み要領は、こちらの頁

  

2018年11月27日

給与所得者のステータスは年収1,000万円!?

最大手の某・経済新聞社系の週刊誌(週刊〇△ビジネス)の今週の特集は、「年収1,000万円世帯は『勝ち組』か『貧乏』か」という内容です。

詳細は書店で購入して読んでいただくとして…
皇居二重橋特集では国税庁のデータも示されていました。
民間給与実態統計調査・2017年版」です。
(左の写真は、創英東京本部オフィスから皇居二重橋方面の夕焼けを撮ったものです。)

この週刊誌によると、
・年収900万円超え…314万人(全体の6.4%)
らしい。
40歳代の半ばから50歳代の前半までに給与はピークとなり、50歳代に限ると6人に1人が年収1,000万円を超えるらしい。

そこで、もう少し国税庁の統計調査を見てみました。
それによると、
・年収1,000万円超え…222万人(全体の4.5%)
でした。
大台を超えるのは、サラリーマン20人の中に一人しかいない、ということです。

この数字を見ると、やっぱり年収1,000万円というのは給与所得者のステータスと言わざるを得ません。
どこかの自動車会社のトップを解任された人に比べると、あまりにささやかなステータスですが、これは超えたいですね。

さらに年収レベルを上げて統計調査を見ると、
・年収1,500万円超え…59万人(全体の1.2%)
でした。
冒頭にあげた経済週刊誌の特集テーマは、年収1,000万円を超えるあたりから社会保険料や所得税の負担が大きくなり、手取りが減ってしまう、というものです。
それは事実です。
しかし、
年収で1,500万円くらい稼ぐことができれば、多少の社会保険料負担増は跳ね返すことができるはずです。

シッカリ仕事して、頑張って稼いで、きっと将来は…になるぞ!
そんな夢を持った若者が増えてくると、日本の将来も明るくなるでしょうねー。

今回は年収をテーマにブログを書きましたが、、、
こんな話を書くと、
・弁理士として一人前になったら、年収はどれくらい?
・創英で一人前と認められる働きをしたら、年収はどれくらい?
という疑問・質問が当然に出てくるでしょう。

まさかネットにその数字を晒すことはできません。
しかし、
事務所見学・説明会の後の懇親会で質問されたら、たぶん私は話しちゃいますね。
(^ .^)y-~~~

***************
知財業務のプロフェッショナルを目指す若手人財を募集しています。
*****お知らせ******
12月4日(火曜)
創英・事務所説明/見学会
東京・京都・福岡で同時開催
対象:
・特許事務所で特許・意匠・商標の実務担当者として働くことを検討しておられる方
・実務経験/未経験は不問
・弁理士、弁理士試験合格者、弁理士志望者歓迎
詳細と申し込み要領は、こちらの頁
  

2018年11月26日

「弁理士試験について語る」ページの更新が滞っています!

創英のHPで、
弁理士試験について語る【特設ページ】…BY.「ほんやら日記」の所長H”
創英HPと称するページを開いています。

今年の8月に始めた “連載物” です。
この連載が、暫くの間、停止しています。
誠に申し訳ございません。

言い訳をさせていただくと、年末が近づいてきて連載を書き続ける余裕がなくなった、というものです。
年末は色々と “済まさなければならない用務” が多いためです。

仕事納めを超えると諸般の用務は一段落するので、また連載を再開します。
<(_ _)>
すみません!


***************
知財業務のプロフェッショナルを目指す若手人財を募集しています。
*****お知らせ******
12月4日(火曜)
創英・事務所説明/見学会
東京・京都・福岡で同時開催
対象:
・特許事務所で特許・意匠・商標の実務担当者として働くことを検討しておられる方
・実務経験/未経験は不問
・弁理士、弁理士試験合格者、弁理士志望者歓迎
詳細と申し込み要領は、こちらの頁
  

2018年11月18日

創英親睦会・奥多摩の河原で釣り&バーベキュー

親子揃い踏みで…
親子そろい踏み河原で釣り糸を垂れるのは、創英の面々。

日米の親子揃い踏みです。

この日は、創英の親睦会の自主企画で奥多摩・川井にやってきました。

数日前には、天気予報では雨になるのではないかと心配されました。

しかし…
釣れました!当日になると、雲ひとつない快晴に恵まれました。

早速釣れました。
ビチビチはねるニジマスです。

これまで生きた魚に触れたことがない(?)のでしょうか?

黄色い声でキャーキャー騒いでいます。

本当に嬉しそうですね。
ちなみに、
今回の釣行で最も多く魚を釣り上げたのは彼女の息子でした。

こちらも…
生まれて初めて!釣れました。

こちらのお子さんは、釣りは初めてとのこと。

餌付けなどは全て周囲に任せて、釣り上げることに専念しています。

跳ねる魚の動きに少し驚いています。

釣れたばかりの魚は元気がいいですね。

こちらは…
キャー!ベトナムから来ている実務研修生。

インターンシップで創英に駐在しています。

年内には研修期間が終わります。

日本での思いで作りになると良いです。

キャーと言う“日本語の?”叫び声が聞こえなかったのですが、初めて釣り上げてニコニコです。

ところで…
さっそく焼き魚にみんなが釣りを楽しんでいる間、この企画の主催者は、バーベキューの準備に余念がありません。

彼は腕利きの釣り人ですが、今日は裏方に徹しています。

釣り上げた魚は、早速焼き魚になっています。

魚の内臓を取り出す“裁き”は私もやりました。

活き魚を裁くのは難しいですね。

調理されているのは…。
鶏の丸ごとロースト!魚だけではありません。

ご覧ください! 
鶏の丸ごとローストです。

これを下ごしらえして、持ち込みました。

バーベキューコンロの上で130度の熱気にさらされました。
時間をかけて、こんがり焼き上がりつつあります。

鶏のローストは…
かぶりつきこんな感じで食べます。

豪快にガブリと食べます。

焼きたて、新鮮、ジューシーです。

おいしいのは当然です。

ただし、丸ごと食べるのは、熟練(?)の技がいります。

汁が落ちてズボンを汚さないようにたべる。

大股開きで食べるのです。

こちらは…
熱燗焼きそばです。

バーベキューの最後の締めは焼きそばです。
「焼きそばは別腹ですねー」
ところで、
網の上にあるSAPPROのビール缶は、ビールを温めているわけではありません。
日本酒の熱燗を作るためのものです。

左にあるのはチョコレートフォンデュ。
こういうものが、野外のバーベキューパーティでは意外とおいしい。

それにしても…
バーベキュー良かったのは天候に恵まれたこと。

3日前には小雨の予報でしたが、当日になったら快晴。

雲一つない快晴でした。

風光明媚な奥多摩の河原で、釣り&バーベキューパーティ。

これはもう、最高ですね。

リフレッシュして、また来週から頑張ろう!

最後になりますが、、
もう2枚…
バンザイ写真をアップします。

こちらは、遅れて到着した2人。

バンザイのポーズが似合います。

秋の奥多摩、いいですね〜。

もう1枚は…
恐る恐る先ほどの2人が橋を渡るところ。

一枚板の橋なんです。

歩くとボヨンボヨンと上下に揺れます。

先を歩くオッサンは屁っ放り腰気味ですが、その後ろの女性は颯爽としています。


***************
知財業務のプロフェッショナルを目指す若手人財を募集しています。
*****お知らせ******
12月4日(火曜)
創英・事務所説明/見学会
東京・京都・福岡で同時開催
対象:
・特許事務所で特許・意匠・商標の実務担当者として働くことを検討しておられる方
・実務経験/未経験は不問
・弁理士、弁理士試験合格者、弁理士志望者歓迎
詳細と申し込み要領は、こちらの頁
バンザイ  
Posted by soeipatent at 14:13Comments(0)

2018年11月09日

ガッツリ楽しみました…創英所員旅行 in マカオ&香港

なんだか行列ができていますが…
深夜のバス待ちその場所は香港。

行列を作っているのは創英御一行様。

今年の創英所員旅行は香港・澳門でした。

香港と澳門の間を直結する大橋が完成し、そこを渡ろうとしたのですが、色々とトラブルがあって深夜の行列となった次第です。

それでも…
澳門旧市街翌日はキッチリ澳門市内観光。

世界遺産が目白押しのツアーです。

写真は旧市街での観光の様子ですが、こういう旅も楽しいです。

マカオといえばカジノです。

カジノといえば…
ラスベガス?こんな噴水ショーを思い出すのは私だけ?

同じような噴水ショーは、10数年前にラスベガスに所員旅行した時にもありました。

ちょっと様子が違いますが、基本コンセプトは同じです。

マカオの場合はゴンドラから噴水ショーが観覧できます。

こんな感じで…
噴水に追われて…噴水がゴンドラを追いかけてくるのです。

このゴンドラは有料と思っていたのですが、なんと無料。

何回乗っても無料です。

この写真は2回目の搭乗で撮りましたが、ゴンドラ内はキャーキャー大騒ぎでした。
 (^┰^;)ゞ 

ゴンドラに乗った後は…
後方はカジノ!カジノを抜けて2階に上がって記念撮影。

この写真は3階から撮りました。

後方がマカオ最大規模のベネチアンのカジノです。

カジノでの写真撮影は禁止ですが、ここからは撮影オッケーです。

私は今回はカジノをスルーしましたが、K副所長ら何人かのメンバーは楽しんだ(?)ようです。

創英所員旅行の定番行事は…
創英ご一行様参加者の全員が集う大宴会です。

今回の旅行会は、第1班から第4班までの4班に分かれていました。

私は第4班に所属し、3泊4日の旅でした。

宿泊ホテルは、シェラトン澳門です。

驚くほど巨大なホテルでした。

それゆえ「大」宴会というのはおこがましいですが、、、。

参加者は…
大宴会それぞれに異なった旅を楽しんでいます。
それゆえ、
どこに行ったか、どんなアクティビティをやったか、何を食べたかが話題となります。

今回も、色々と良かったこともあり、反省点もありましたが、それは次回に活かしましょう。

そんでもって…
新旧幹事の交代式来年の正副幹事長指名となるわけですが、今年の幹事団が指名した来年の正副幹事長には、私も少し驚き。

「ほう、あの人たち…ですか。きっと来年も楽しくなりそう!」
今年に引き続き、来年の幹事長も指名前に立候補したという噂もありますが、本人は否定している(らしい)。
しかし、
今年の幹事長が打診したら全く(?)嫌な顔をせずに笑顔で応え、指名されたらノリノリの笑顔だったので事実上の立候補?

上の写真は今年の幹事団と、来年の正副幹事長です。
期待していますよ。

最後に、写真を3枚、アップします。

こちらは…
世界遺産でツーショット世界遺産をバックにしたツーショット。

設樂会長と私です。
会長曰く、
「夜中の行列待ちは疲れましたが、中国・香港/澳門を垣間見ることができて、たいへん有意義でした。来年は国内、宮古島とか屋久島に行きたい!」

ところが私は、宮古島も屋久島も訪れたことがあります!

これを来年の幹事団がどこまで忖度するか、ちょっと面白いですねえ〜 
 ( ̄ー ̄)ニヤ

もう一枚、アップします。

こちらは…
ナイスショット世界遺産の前で微笑む美女3人。

東京・丸の内で見かけたことがありそうな方々ですが、なんだか楽しそう!

来年、どこに行きたいかは聞き忘れましたが、またご一緒したいですね。
(^ .^)y-~~~

そして最後の1枚。

こちらは…
東京、福岡、京都、バンコクから集合!グループ行動の際の集合写真です。

ここには、東京本部はもちろん、京都オフィス、福岡オフィス、ASEANオフィスからの参加者が揃っています。

来年、また地球のどこかで一緒に遊びましょう!


***************
知財業務のプロフェッショナルを目指す若手人財を募集しています。
*****お知らせ******
12月4日(火曜)
創英・事務所説明/見学会
東京・京都・福岡で同時開催
対象:
・特許事務所で特許・意匠・商標の実務担当者として働くことを検討しておられる方
・実務経験/未経験は不問
・弁理士、弁理士試験合格者、弁理士志望者歓迎
詳細と申し込み要領は、こちらの頁


  

2018年11月06日

「光でこんなことまでできるんだよ!」を感じてきました。

「光で何ができるか」をメインテーマに…
フォトンフェア私たちが培ってきた光技術は人類社会の発展にどのように貢献できるかを浜松の地で示したい。

そのような想いが詰まった5年に一度のイベント:PHOTON FAIR(フォトンフェア)に出かけてきました。

会場は静岡県の浜松市。
私が母校(静岡大学)の学部、大学院修士の時代を過ごした街です。

夢に満ち溢れた…
光にできることは?イベントでした。

「光でこんなことまでできるのか」という驚きと「光ならこんなこともできるのでは」という可能性を感じていただければと考えています…
というのは、このイベントを主催している浜松ホトニクス株式会社の晝馬社長お言葉です。

会場に入ると、静岡大学にもゆかりの「イ」の字のディスプレイ。

世界で初めて全電子式テレビジョンを発明した高柳健次郎博士にちなむ展示ですが、浜松ホトニクス株式会社の創業者は高柳博士の門下生です。

ところで、この写真は…
静大祭東海道線の電車内に掲示された「静大フェスタ」の広告です(学生時代の同窓生から送られてきました)。

余談ですが、私は大学院生の時に高柳先生をお招きした講演会の幹事長を務めた縁で、お茶をご一緒したり雑談する機会に恵まれましたが、とてもやさしい対応をしてくれるお方でした。

私が高柳先生に講演をお願いしたのは、この大学祭の中でのことでした。
40年余りが過ぎた今でも、その時のことは鮮明に記憶しています。

PHOTON FAIRのエントランスを抜けると…
会場そこは広々とした展示室でした。

「光でこんなことまでできるんだよ!」

そんな展示品が満ち溢れていました。

さすが爛痢璽戰訃涕耆冀″企業と呼ばれるだけのことはあります。

そんな中で私が少し驚いたのは…
光電子増倍管この製品です。

超小型で超高感度の真空管型の光センサーです。

左は光センサーである光電子増倍管そのもの、右はその駆動回路です。

駆動回路の出力電圧は1,100ボルトという高圧です。

ちょっとマニアックですが、これはスゴイですよ。

3時間ほどかけて、ゆっくり見学しましたが、興味津々の展示品だらけでした。
  
Posted by soeipatent at 23:03Comments(0)

2018年10月29日

グローバル対応力を高めるためには、現地を知るのが第一歩!

中国の上海から2枚の写真が送られてきました。
1枚目は…
昼の上海昼の上海です。

この光景は私も3度ほど見ましたが、テレビ塔が目立ちます。
これだけで上海と気づきます。

こういうのをランドマークタワーと呼ぶのでしょうね。

2枚目は…
夜の上海やはり上海ですが、夜景です。

それにしても、私が記憶する光景とは違います。
超高層ビルの本数が増えている気がします。

この写真の送り主は、創英東京本部のT弁理士です。
日本知的財産協会(知財協)が主催する会員向けの海外研修に参加しています。

創英は賛助会員でして、積極的に知財協が主催する研修会にメンバーを送り込んでいます。
今回は中国でした。

上海研修中のT弁理士から送られてきたコメントをコピペします。
「上海では、知財裁判所やら、超高層ビル(写真の)に入る超大手の法律事務所などを訪問。
色々と意見交換など出来て、かなり有益な機会でした。
中国知財、すごい勢いで進歩、変革している。やばいね。」

もう一つ、コピペしましょう。
「米国とは貿易でもめてますが、人も多く、真面目な人も多く、街に活気もあります。
知財業界としては、引き続き、米国同様、重要な国のままでありそうです。」

これまでにも創英は、知財協主催のアメリカやインドの研修企画にメンバーを送り組んでいます。

今後も、どんどん機会を活かして創英メンバーのグローバル対応力を強化していきたいですね。

***************
知財業務のプロフェッショナルを目指す若手人財を募集しています。
*****お知らせ******
10月30日(火曜)
創英・事務所説明/見学会
東京・京都・福岡で同時開催
対象:
・特許事務所で特許・意匠・商標の実務担当者として働くことを検討しておられる方
・実務経験/未経験は不問
・弁理士、弁理士試験合格者、弁理士志望者歓迎
詳細と申し込み要領は、こちらの頁