どうしようもない私が歩いてゐる

私欲 物欲 生き様 朽ち果て様

Soichiro's Choice TALISKER 25y BOTTLING 2017

Soichiro's Choice...これはSINGLE MALT愛好家初心者である私の愚かな購買記録である

やっぱりTALISKER美味いねえ
では私も自宅でプチ贅沢TALISKERでも飲みますかね
オークション品とかは贅を尽くし過ぎたTALISKERばかりで手が出ない金額=強制スルーでここは現行品で選ぼうかね?OFB 18yは以前飲んだからその上位ランクを狙いうとなると25yであるが、これさあ¥30,000強するんだよね諦めて他をと検索中...何時だったか?ある酒販サイトが並行品で販売していたが、それが¥20,000ぐらいまで値が下がって登場まあタイミングが合ったかな?丁度探してたし現行品がどんなモノかを知るにはいいかもね⇒発注⇒開栓どす


DSCF8829

DSCF8830

DSCF8832

TALISKER 25y 45.8% 700ml
BOTTLE No.02107 of 21498/2017
 aroma: 
先ずはしっかりとスモーキー!但し25y+加水らしく穏やかである
ガッツリ燻しました!と言うより、他素材の邪魔せず程々効かせましたよ!ぐらいの主張
ラズベリー&クランベリーの赤色系のシェリーは鉄分+ヨードが背景としてチラつく
胡麻煎餅みたいな穀物質も焼き上がりを思わせる火加減
スーッとした薬品臭が仄かに...これは…液体サロンパス?(☜最近、筋肉疲労で...気のせいだろう)
静かな波打ち際に、波が引いていく時に泡立つ海水とその香り
バランスいいんじゃないっすか?!
 taste: 
齢を取るとねえ...もうこんぐらいの威力が受け止めやすいです
それにハウススタイル押し付け系よりか、表情豊かだがら嬉しいねえ
ラズベリー&クランベリーの薄い果汁と共に UHA味〇糖の
純露紅茶味
以外とシェリーが効いてるんだなと感心するが、それも束の間
焦げたポップコーンと同じく焦がした五平餅の麦質が現れ 燻された風味が徐々に強調され 
同時にソルトキャラメル&甘露飴が頭角 徐々に塩気と醤油味の風味が増されて行く
終盤はこの蒸留所らしくスモーキー&ブリニー&スパイシー でも過剰暴走とは言えない痺辛加減
 finish: 
バランス良く放たれ体内に放出される燻・塩・辛 それは圧する事無く程良い刺激
消されてしまったシェリー感が残っていたのか?甘酸っぱい梅干し風味もここに来てひっそりと復活
 comment: 
カスクストレングスで詰めてた時代に憧れてたけど、現世には今でこその良さが有る訳なんです

申し分ない...これで¥20,000であれば十二分です。これより¥10,000Upだと怒りますけどね
とは言っても最初は威勢の無さに嘆いたものだが、杯を積み重ねるに連れて、この塩梅が今の自分に最適化された酒である事に気付かされた。俺にはこのぐらいの〆加減でやる晩酌が似つかわしい。

その内、また並行品として安く出回ってきた時に確保しようかね?
その頃には先日頂いたDIAGEO SPECIAL RELEASES 2019 TALISKER 15yのシェリー版が出るかも?あの酒質でシェリーは美味そうだな。

そんな未来を期待しますか。

DIAGEO SPECIAL RELEASES 2019 TALISKER 15y

ラベルから読取る情報以下に感じる取れるしなやかさ
これぞ新たなTALISKERの姿勢かもね


DSCF4662

DSCF4664

DSCF4666

DIAGEO SPECIAL RELEASES 2019
TALISKER 15y 57.3% 700ml
 aroma: 
15y+57.3%と威勢良い青年タリスカー!と言いたかったけど全然違う?!
香立ちは淡く纏まった印象
泡立つ海水 焼き海苔や加熱した青海苔バターを思わせる煙たさ
ヨーグルトサワー バタースコッチ おしろい 島系の柔らかい麦と風土
何時もは個性味を得意げに見せつけるが、このボトルに関してそれは奥に潜みチラつかせる程度
 taste: 
やっぱり以外にも柔らかい
ツンツンしてない和らいだ白ワイン系マールから始まり
そこから淡く染み出るのがベルガモットティー 牡蠣汁 肝吸い物
少々焼き焦げたカンパーニュ リコリスキャンディー
じわじわとザラ付いた舌触りで威勢を上げるスモーキー&ブリニーは46.0%加水程度の威力か?   
 finish: 
スモーキー ブリニー 柑橘系と植物感 適度にスパイシー 
落ち着いた程度の盛り上がりで収束 その気になれば直ぐにでも飲み終えてしまいそう 
 comment: 
え?これからはこのスタイルなの?
 from: 
BAR NO'AGE

昨年リリースした8yも好評のようで(結局飲めなかったけど)引続きSPECIAL RELEASES名義でリリースされたのが当ボトルです。

冒頭でも触れたが15y+57.3%で瓶詰め、樽感も恐らくプレーン樽系の味付けは如何にもディアジオ仕様、力強くも質は良好であろうと予測したが...以外にも柔らかいのです

この熟成年数であれば、もう少しハウススタイルを飲み手にぶつけるぐらいの威勢は有っても良いのですが?その様子はなく円やかにスタイルを伝えて来る模様。何だか加水式で飲んでいると錯覚してしまいそうな気がします。

とは言え中身は良好そのもので各種だし汁、少々焦げたモルティさ、白ワインっぽい柑橘果実系、よくよく考えるとこの辺で構成されるボトルは中熟域のカスクストレングスで飲むと、どうしても角が立つ切れ味を要してしまい、それが邪魔にも捉えられる時もあるが、このボトルに関してはそんなモノが無く恐ろしい事にスイスイと容易に飲み進めてしまうぐらいの驚き値段もそんなべらぼうな価格帯とは言えずなのでBARでの”ウケ”は良さそうですね!

個人としてはちとパワー不足かも…あ、そーいう時は57°NORTHを選べばいいんだよね

TALISKER 1982-2002 20y

ちょっとリッチなTALISKERを飲みたくてコイツを選択...うむ、ほぼ間違い無し


DSCF3102

DSCF3104

DSCF3107

TALISKER 1982-2002 20y 62.0% 700ml 
One of only 9000 Limited Edition
Bottle No.6167
 aroma: 
鰹醤油?蕎麦汁? オイルサーディン 新しい家具と言うより新車の社内 粘質な土壌 燻し麦わら 蒸溜所の個性が前面 背面には 木苺 柘榴 甘酸っぱそうな果実香のシェリー 全体を噴き上げる様に スパークリングワイン 泡立った海水 控えめにスモーキー
 taste: 
荒々しく高威力 豊富な打撃で襲い掛かる 受け止めるには体力が必要
鰯のオイル煮 山査子 ブラウニー ドライクランベリー 焦げ目まで感じるヒレ酒 魚の塩焼き血合い部位 全て一斉射撃 黒胡椒と煙たさは最初から存在感ありで唇+口内はヒリヒリと辛い!最後まで継続される 度数相応に力強い
 finish: 
焦がし麦 苦渋いシェリーウッディ カカオビター 塩辛い 出汁風味なヨード
 comment: 
フィジカルコンディションが全盛時にカスクドーピングを施した者 
 from: 
ITALIAN PARSLEY

久しぶりに飲みますTALISKER 20y Limited Edition過去にも 1982-2003 20yとか飲んでるが、もう4年前の神戸での話か...時間の流れは早いな。

単調よりは複雑でやり過ぎない熟成感の近年系、そんなTALISKERを飲みたくて注文したが、程々その通りで満足ですただちょっと62.0%と威力が高過ぎて体力削られますがその辺はペース配分を考えて飲めば大丈夫。Half shotぐらいで飲めば最適だったかと?

荒々しい=個性味が樽に勝る展開で、その個性は決して単調では無く20y相応の熟成感、個性の醍醐味重視した内容ですな但し、樽感は恐らくリフィルシェリーなのか?それも硫黄系が一段落した様な奇妙な焦げ感で輪郭帯びたフルーティーさよりはウッディな苦渋味の主張が目立ったかな?

個人的にはこの内容で、もう少し度数を下がったのが理想ですかね?

どういようもない私の煙たい事情 PLANTA PETERSEN&SORENSEN 34th MIXTURE

タバコ葉にも色々と種類がありましてね。取敢えずは吸った事が無いモノから一つずつ試してしょか?
そんな目論見で今回はコチラを選択。


DSCF5295

PLANTA PETERSEN&SORENSEN 34th MIXTURE
PETERSEN&SORENSENという如何にもデンマークっぽい名前が入ってますが、製造元は独国PLANTA社です。それも謳い文句は典型的なイングリッシュミクスチャーとの説明が英国基準をデンマーク&ドイツが造った?もう訳が分からないのでそーいう勝手解釈にしましょう。


DSCF5298

中身は…こんな感じ。
刻み葉は葉っぱを千切った、枯葉を手で揉み解したと言うべきか?どうやらこれは『リボンカット』と呼ばれる手法らしい、それも大きめだとか?!ブレンドはバージニア+キャベンディッシュ+ラタキアとの事、そうこのラタキア種は体験した事がないのでコイツを選択したのだ!
そしてこの刻み葉...臭いです
生涯において初めてタバコ葉を臭い!と認識、これは臭いと呼ばれる部類ではないかと?堆肥とか連想しますなこの臭味は恐らくラタキアのせいではないかと?この葉はなんでもラクダの糞を含む燃料で燻されているとか


DSCF5300

刻み葉は臭いが火を入れると...これがいいんだわ
葉巻に近いかな?私個人はそう感じ取れた。葉巻なんだけどパイプらしいバージニア&キャベンディッシュも存在してる、程良いバランスで続き燃焼率も良く、難無く吸いきれるので安直に楽しい

さて...こうなるとラタキア種のみとか、それがメインな味わいであるモノに興味が湧きますな。
次回はそういったモノを試してみようかね

どうしようもない私の煙たい事情 SAMUEL GAWITH FULL VIRGINIA Flake

なんの映画だったかなあ???
Samuel L Jacksonの映画を観ている時に、そういえば?サミュエルなんちゃらの名前が付いたタバコ葉が有ったな~ポチっとくか、そんな根も葉もないどーでもいい根拠で購入したのがケチの付け始まり


DSCF8777

【SAMUEL GAWITH FULL VIRGINIA Flake】
SAMUEL GAWITHが会社名でその中のシリーズのULL VIRGINIA Flakeを選択、まあ無難にバージニア選んどけば大丈夫だろと?ラベルもポップなんだけどレトロ風でイイですね。


DSCF8779

では開封...う~ん素晴らしいこの開封直後の放たれる芳香は、この趣味ならではの快楽ですね
これもBLACK VANILLA同様に、手に持つとしっとりとした湿度を感じるかな?Flakeは全部そうなのだろうかね


DSCF8782

ただコイツがねえ...全然燃えねーんだわ!!(怒)
ナニコレ?火を付けても直ぐ消えちゃうって煙草じゃねーじゃん
煙草歴で初めて『喫うのが難しい』と思う問題作とにかく燃焼が持続しない。最初は自分の詰め方が悪いと思ったけど(3~4回折りたたんだだけ)、今度は手で揉み解して詰めてもやはり燃えは悪い燃えは悪いけどガツンとくる濃い味は、かなり美味いのは確か


DSCF8783

何回か燃え過ぎないようにして、煙が細く一直線に伸びるぐらいを持続させながら喫った時は、今まで経験してきた煙草の集大成のような味わいが感じられ、とてつもなく美味いんだよなハマるとムチャクチャ美味いけど嵌め方が解らない

試行錯誤している内に...全部終わってしまった
最後の方で”多分、水分が邪魔しているのでは?”と思いある程度乾燥させたが...少しは改善されたかなと。糞美味いが取り扱いには流儀が必要、これはSAMUEL GAWITH再挑戦するしかない
Twitter プロフィール
記事検索
ギャラリー
  • Soichiro's Choice TALISKER 25y BOTTLING 2017
  • Soichiro's Choice TALISKER 25y BOTTLING 2017
  • Soichiro's Choice TALISKER 25y BOTTLING 2017
  • DIAGEO SPECIAL RELEASES 2019 TALISKER 15y
  • DIAGEO SPECIAL RELEASES 2019 TALISKER 15y
  • DIAGEO SPECIAL RELEASES 2019 TALISKER 15y
  • TALISKER 1982-2002 20y
  • TALISKER 1982-2002 20y
  • TALISKER 1982-2002 20y
カテゴリー
  • ライブドアブログ