どうしようもない私が歩いてゐる

私欲 物欲 生き様 朽ち果て様

どうしようもない私の写真館 【源衛川散策】

三島プチ旅行中の日中は源衛川周辺で散歩しておりました。


DSCF8194

個人的にこの旅でのBest Shotがこの写真。
自然・文明・宗教・風俗が入り混じった現世だが、三島の町では風情ある景色に写る。

DSCF8209

DSCF8212

DSCF8229

DSCF8227

源衛川は町中に溶け込んでいる聖域。

DSCF8221

源泉が至る所に、というか路地裏に忽然かつひっそりと現れる。

DSCF8223

これ何だったかな?旧水道設備?路地裏の裏に隠れてます。

DSCF8213

綺麗な自然には当然のように美しい鳥類が...鳩ですね...動かんなコイツは?

DSCF8214

そこら中に鯉が泳いでます。

DSCF8215

それもデカい

DSCF8257

そしてからふるである

DSCF8271

あれ?かるがもですかね?それも子供が二羽

DSCF8284

子育て中でした

DSCF8289

九羽同時に子育てとは恐れ入ります。足ヒレまで見える透明度

DSCF8246

こちらはつがいですかね?

DSCF8251

DSCF8253

川の中で花が咲いてます。

DSCF8255

清流界隈にはこういった時間が止まっている食堂も有り


源衛川は生物と自然が調和した美しい場所が街中で保たれているでした。しかしこの日は暑くて!いくら清流と言えども涼めるとはいかず!秋口ぐらいに来れば景色も一変しているかも?次回はその時期を狙おうか?

追憶の拉麺 『味のなかむら ワンタンメン塩』

腹減った...自転車で走り疲れへろへろである
BARに行く前に何か食べなければ!



DSCF8302

『味のなかむら』だと?昨今の拉麺屋が付けるネーミングでは無いな...地元密着の中華屋かな?美味しそうな香りを放っているのでコチラにしよう。

DSCF8297

【ワンタンメン塩】 
ワンタン見えない...それにしても葱が多いな?これがこの店の標準量らしい。

DSCF8298

葱をどけて出汁を見ると...諄そうな予感は杞憂に終わる。さっぱりとした潮と多少の動物系で好みだね!必要以上に感じた葱もコレ美味いから助かったよ!

DSCF8299

麺も平打ち?波状が少々で意外と手が込んだ味わいで素晴らしい。なによりメンマが美味ええ

DSCF8300

ワンタンはかなり肉厚!ニンニクが良く効いた真に餃子の具!
フラッと立ち寄った割にはもの凄く美味い拉麺屋で驚いたぜ!


DSCF8317

あ...気が付けば夜の第一目的地【BAR 奈良橋】が目の前に!

珈琲画廊 〚ティーサロン ボナール〛

三島は昭和が数多く残っている雰囲気かな。


DSCF8236

源兵衛川沿いに在る自分が好きそうな雰囲気を発見

DSCF8238

〚ティーサロン ボナール〛さん。
間違い無く昭和から創業でしょう!そんな雰囲気

DSCF8234

DSCF8235

昨今のお洒落な空間では無いですが、自分はこういった素気無い整理された静かな場所での一時が好きですね。

DSCF8232

頂いたのは今や珍しい昭和喫茶の定番【バナナセーキ】懐かしい味だね。ミキサーを使用したみたいなクリーミーな仕上げよりは、未だ角切り状態が崩れたバナナが入っている。


DSCF8237

ティータイム 8:00~19:00   カクテルタイム 19:00~24:00
だからバナナをシェイクするときシェーカーを振った音がしたのか

BLADNOCH FORUM GLEN GRANT 1980-2009 28y

三島BAR巡礼の旅、最終目的地は営業終了時間が一番遅くて、位置が一番分り難い場所の此方へ


DSCF8348

【BAR 穂影】さんへ...この場所はホント分かんねえ事前調査でgoogle street viewで見ても絶対に写っていないので分からず!昼間に現地付近を歩いて調査しても分からず!夜になると看板が出ているのでやっとこさ分かる困ったBARである。コチラも雰囲気は静粛で凛とした美しさが素敵な空間。三島は住宅街に潜んでは忽然と現れ、扉を開けると異空間が広がっているBARばかりだな?
コチラも雰囲気は独特で自分が通うホームには当て嵌まらない異空間ですね?そんな空間で見つけたボトルはBLADNOCH FORUMのラベル歴代飲んで来たシリーズですがこの蒸留所はお初です。

DSCF8353

DSCF8354

DSCF8355

BLADNOCH FORUM GLEN GRANT 1980-2009 28y 52.2% 700ml
Cask type=Hogshead  Cask No.20293  Bottle No.82 of 206
 aroma: 
白花とフローラルな香りと共に竹藪の植物系 細かく挽いたオートミール オレンジピール・コーディアルライムの柑橘系果実香 グレングラントらしい優し...ちょっと刺々しいかな? 
 taste: 
瑞々しい舌触り 最初からピリッと辛味が効いたジンジャーエール その後はレモネード・ダージリンティーと融合  
 finish: 
程良いウッディスパイスと甘味な柑橘系 綺麗だな

 SOICHIRO'S RANKING:

【BAR 穂影】さんで頂きました。
お久しぶりですBLADNOCH FORUMさん!まだ残っていたんですね?それも苦手なGLEN GRANTでも最近グラントの良さを理解し始めたような気がする私、蒸留所のキャラクターとしては嫌味が無く綺麗だがボディは細い、但し長期熟成の耐久性に優れる晩成型でもある。そんな私的見解です。このボトルも28yと熟成としては長熟域に属するが?味の深みはそれ程にも感じず(困)この歳月でも完全に煮詰まった感が無いように思えるので先は未だに存在するようだなと。うん、グラント好きに成ってきた気がするボトルでした。



DSCF8356

おや?まだ他にも未だ有るようですね?エルギンは内容が分かりそうなので保留だけど、ダフタウンは経験が少ないので面白そうだな?他にも飲みたいボトルが沢山見えたので是非もう一度来るかね?!

以上で巡礼は終了...夜3時過ぎにホテルに到着、前の日は一睡もしていないのに朝から夜までよく動いたもんだ。それも全て鰻と酒のお蔭かもね!お伺いしたBARではまったく睡魔も酔魔も犯される事無く、それらを忘れさせてくれるぐらい気持ち良く堪能させて貰った。また計画練ってこの地を再訪しよう。

SIGNATORY VINTGE MOSSTOWIE 1979-2015 35y SELECTED BY THE WHISKY HOOP

さて三島BAR巡礼の旅、お次は静岡市内をホームとする私が市内のバーテンダーさんに『三島に行った際に訪れるべきBARは何処ですか?』と質問すると、一番最初に出て来る場所に訪問してみましょうか?


DSCF8319

【BAR YUMOTO】さん。奥まった扉を開けるとそこには清流源兵衛川を望める川沿いのBARである。こんなロケーションにBARが存在するなんて...蔵を改装した場所にも驚いたがコチラも衝撃的な場所で驚いた。土地が変わるとBARの在り方も変化するもんだなあ?これは静岡県内だけでも全て訪れてみようかな?
気を取り直し先ずは何を頂こうかと?遠目のバックバーに注ぎ難いで悪名高いSIGNATORYのボトルが見えたのでそれを頂こうか?SIGNATORY=安定+コスパ良なのでそんなに驚愕する程の銘柄でもなかろうと安易な気持ちで尋ねた所...とんでもない中身で驚愕したよ!人生2回目であるMOSSTOWIEとの遭遇!これは逃げれない

DSCF8329

DSCF8331

DSCF8334

SIGNATORY VINTGE MOSSTOWIE 1979-2015 35y 46.8% 700ml
MAtured in a Bourbon Barrel  Cask No.15755  Bottle No.69 of 156
CASK HAND SELECTED BY THE WHISKY HOOP
 aroma: 
何処か幼少の頃に暮らした田舎を想像する懐かしさ 濃厚なアプリコットティー 淡く枇杷 薄らとココナッツミルク 湿った麦わらと畳に吹き付けた仄かな燻煙 ハーブ系が変化したと推測する深蒸し茶葉 森林浴  エステリーが第一印象だが深く探ると豊かな麦と葉と木 ウイスキーなんだけど和のテイストに解釈してしまう自分は可笑しいのか? まあ可笑しくても構わんで結構、自分がとても好む香りなのでそーいう事にしよう  
 taste: 
やはり懐かしい 滑り落ちるような舌触りで優しく膨らむ 水飴をあまり感じさせない鼈甲飴と抹茶飴  その飴から滲み出て来る甘酸っぱさが目立つ干し柿と蒸し小豆 アプリコット&マスカットティーは何処か日本茶の要素も有る様な? 緩やかに全体を縛る生姜汁 同時に鼻から抜ける杏子と畳 
 finish: 
適切な言葉が見つからず説明不可能だが懐かしいと自分は感じる それも感傷的に成る程で涙が出そう

 SOICHIRO'S RANKING:

【BAR YUMOTO】さんで頂きました。
まさか三島の地でMOSSTOWIEに出会うとは...感激です!MOSSTOWIEはMILTONDUFF蒸留所敷地内でローモンドスチルを増築して造られた酒。製造されたのは僅かな期間で1981年には撤去されたそうな?今後は飲めなくなる消滅蒸留所として値段高も懸念される”今の内に飲んでおきたい”蒸留所である。私も飲歴ではKINGSBURY CELTIC SERIES MOSSTOWIE 1976 23yが唯一の経験!まあ~美味かったね!故にMOSSTOWIEからは逃れられないと肝に命じていたが、出会いは突然でしたね(驚)それも今回の逸品は今現在(田舎者である私の目線で見ると)業界内で騒がれている日本の酒販・飲食経営者でありウイスキー愛好家でもある有志者の皆さんが設立した【THE WHISKY HOOP】がボトリングされたボトル!静岡市内ではTWHのボトルには出会えないと嘆いていたが、静岡県内ではYUMOTOさんが唯一加盟されているので此処に来れば飲めるんですね(涙)知らなかったよ!

前置きはこの位にして肝心の中身は...これがねー涙が出そうなぐらい懐かし味わいこの感覚は以前にも出会ったような...そうだDALLAS DHU 1974-1992 18yを思い出した。田舎の風情を感じる懐かしい香りと共に、その場所で食すおやつの果実と菓子、おやつで喉が渇いたらお茶で濁す、質の良い素朴な味わいと香りが堪らない程に懐かしい良き思い出のMOSSTOWIEで大変美味しゅうございました。



DSCF8318

本日はカクテル×1杯→シングルモルト×2杯と頂いて退却、その間に受けた雰囲気や接し方、そして提供された食事とお酒の丁寧さは全て素晴らしいものでした。ホームの人達が口を揃えて推奨するBARなのが分かったような気がする。遠いけどべらぼうな場所では無く鈍行で1時間で行ける場所なので、是非とも定期に訪れたい場所だね!
記事検索
ギャラリー
  • どうしようもない私の写真館 【源衛川散策】
  • どうしようもない私の写真館 【源衛川散策】
  • どうしようもない私の写真館 【源衛川散策】
  • どうしようもない私の写真館 【源衛川散策】
  • どうしようもない私の写真館 【源衛川散策】
  • どうしようもない私の写真館 【源衛川散策】
  • どうしようもない私の写真館 【源衛川散策】
  • どうしようもない私の写真館 【源衛川散策】
  • どうしようもない私の写真館 【源衛川散策】
カテゴリー
  • ライブドアブログ