おや?今回もBAR DORASさんと信濃屋さんのジョイントボトルでGuy Pinard登場!今まで飲んで来たGuy Pinardの中ではらしさも有る上に果実感は特化してますね


DSCF7957

DSCF7958

DSCF7959

Guy Pinard & Fils XO 1988-2017 28ans 40.0% 500ml
Limite a 400 BOTL Pour BAR DORAS & SHINANOYA
 aroma: 
赤だけど白にも感じる葡萄 葡萄の中に潜む少量のライム・柚子の緑色した綺麗な柑橘 最初は瑞々しい果実香が主流だが徐々に土埃・枯葉と竹ほうき・マホガニーも出て来るが、果実系は優先で勝る
 taste: 
香りは上品だが味わいは力強いので驚き 瑞々しい舌触り 濃縮した赤葡萄に混じる搾ったピンクグレープフルーツ 果実系を刺激するコリアンダー・カイエンペッパー・香草のピリッとしたスパイスは度数以上に感じる辛味 フルーティーだが香草系の青々しい苦味も楽しめる 生々しいのが自然な造りを感じる
 finish: 
温まるタンニンと共にスパイシーな余韻は温まる☞熱くなる COGNACとしては強めの余韻なので珍しいのでは?

SOICHIRO'S RANKING:

【BAR-CODE】さんで頂きました。
2年前ぐらいにも飲んだ事がある浅草の名店BAR DORASさんと信濃屋さんとのジョイントボトルBAR DORASのオーナーの方は度々静岡を訪れてくれるらしく、その影響もあり静岡市内の所縁あるBARでは今回のこのボトルは仕入れたらしいので静岡では比較的触れ合う事は容易らしいです。自分は前回と同じく購入を躊躇している合間に売り切れと成り取り逃がした決断力の無さを痛感しているところです(悲)
中身は非常にフルーティーである。そりゃ葡萄のお酒だからそうだろと言われたら終わりなんだけど、今まで飲んで来たブランデーの中でも濃い目の葡萄で有るが同時にトロピックな甘酸っぱさも感じる不思議な葡萄で芳しい柑橘も感じる当然Guy Pinard らしく自然そのままと土壌の味わいも楽しめる優れもので大変美味しゅうございました。

このジョイントボトルは何時までも続いて欲しいね!この先も飲みたいからね!