明確な蒸留所記載は無いですが中身はGELNFARCLASとの事です。それもバーボン樽更に41yとはこれまた珍しい


DSCF8156

DSCF8157

DSCF8158

DUNCAN TAYLOR LONACH A CONFIDENTIAL DISTILLERY SPEYSIDE(GLENFARCLAS)
1966-2008 41y 43.9% 700ml
 aroma: 
よく焼けたアップルパイを冷ましたようなしっとりとした林檎とパイ生地の香り ドライアプリコット メープルコーティングしたローストアーモンド 薄らとなめし革 シナモン&チャーオークの細かい木屑 フルーティーで有りながらもナッティー&オーキーな香りも負けじとバランスの良さを感じる 
 taste: 
真に上質なバーボン樽仕上げだがやり過ぎにも思える 滑らかな舌触り 林檎をカラメル煮した後に濃縮した甘酸っぱさが主格 炒めて焦げ目が付いたパプリカ・コリアンダーの苦味が旨味である植物感 中盤から亜細亜系のスパイスが仄かに効いた紅茶=ジャワティー&ローストした甘辛味=ココアパウダーが加味されよりドライな仕上がりに 43.9%以上に感じる厚みで年寄りの割には意外と力強い 
 finish: 
林檎のフルーティーな味わいと香り 焦げ味が効いたバーボン酒を紅茶で中和した余韻は長い

SOICHIRO'S RANKING:


【BAR Rowan】さんで頂きました。
またもDUNCAN TAYLOR社がリリースしたLONACHシリーズに遭遇今回も41yと長熟です。予想では前回飲んだGLENLIVET 1968-2006 37y同様に度数も下がっており、エステリーに長けるがその他は失われつつ有ると予想を踏んだのだが?コチラは果実感も然る事ながら麦と樽も活きている状態で驚いた但しバーボン酒の味わいが主流で=樽感が強いのかな?それともGLENFARCLASの原酒がこういった味わいなのか?非シェリー方式で飲み慣れていない蒸留所なので比較し難いが、ファークラスのバーボン樽はこうなのかと記憶しておこう。

今思うと樽感が強いと感じたのは未だ固いからなのか?老いた状態なので劣化するのも早そうだが、もう少し時間を置けば隠れていたエステルが広がるかも?機会が有ればおかわり頂きたいね!でも今や貴重な60年代なので可能な限り飲みたい人に譲りたい。そんな貴重酒を常磐町の外れで静かに提供しているBAR Rowanさんに訪れる人が多く現れると良いな