喫煙…辞められませんね
どうせ辞めれないのであれば、余すことなく喫煙道を極めてやろうかと!
Cigarも至高な喫煙時間を与えてくれるモノですが、自分はどうも葉巻を咥えている威厳人格は持ち合わせてないようで、葉巻を咥えた自画像は権力無き貧乏人が見栄をはっている様でみすぼらしい

なので葉巻もしくはシガリロは諦めました残すモノはあの分野...やりたくても身近に誰も経験者が居ないあの分野...パイプタバコ!!

コレはもう身銭を切って知ろうかなと?何も分からずのまま飛び込みました

DSCF5103

【ツゲ・G9・ヨロイ・ブラック】
日本を代表するパイプメーカーである『柘製作所』製である。取りあえずはMade in JAPANから
何でコレなの?自分らしい選択だがデザイン性で選んだ。そのデザイン性は個々感性の在り方であり、自分がこれで吸いたいと直感で選んだ。
All Black + Modern Classic + Simple Design + Hi-Spec = My Mind そんな理由かな。

DSCF5104

ブライヤーリムの上下にアルミ合金を使用したモノは珍しいかな?パイプと言えばウッド製が本道かもしれんが、こうした金属性を持ち合わせても良いかなと?何よりも自分色である”黒”を全体に施し、無骨な姿に惚れてコイツを選択、もう勢いだけで購入したが結果正解な事ばかりこうしてフラットな場所に据え置けるのも楽だしね!球体だとパイプレストが必要だけど、これは不要だぜ!
それにアルミ合金で在る為に、着火時に本体を焦がす事も無いのが嬉しい。現在のところはパイプ専用ライターを用いずに通常ライターで着火しているので、気にせずに火を出せるのも初心者には楽な仕様であったかな。
サイズに関しては...他が分からないので何とも評価出来ないけど、自分はこれがスタートなので今後はこれと比較しながら他のパイプを使ってみましょうか?


DSCF5106

本当はシャーロックホームズみたいな形が欲しかったけど、初心者は所謂ビリヤード式(☜後々気付くが、これはポーカー式なのだ)と言われる直線形から始めるのが望ましいとか?サンドブラスト表面で年季の入った荒さが残る男らしい姿も気に入ったが、もう一つは艶々の木目仕様を愛でたいけど、そういった代物は自然とお値段高いので後々購入するとしよう。


始めて一週間が経つが...紙煙草もう要らないです!不味いです!頻繁に吸うのがバカらしいです!
パイプは一回始めると30minは時間を取られるので充実した一服を得られるのが素晴らしい一日2,3回で充分満ち足りる。本当に時間を空けて=その時間を作って余裕ある一時の一服喫煙はとても安らぐのである。これが本来の『一服』であり煙草の原始的な形

始めて良かった趣味かもしれませんね。
とは言ってもこの業界もとんでもない沼地なのは徐々に判明してきました
深入りは禁物程度にやりますかね