色々と県内巡ってとんかつ食べ歩いたが…結局はここに戻るのである。

DSCF3994

〚水塩土菜〛
それでも3年ぐらいは帰還していなかったか色々とんかつ旅したが、近場にある超優良がある以上、この恵まれた環境を見直さなきゃいかん!もうここで全てがとんかつに対する欲望が賄える気がしてきた。

DSCF3999

それではキャベツでお口直し…ドレッシングは自家製の”味噌”ドレッシングであるが、これねえ…味噌じゃなくて胡麻じゃないの?否、やっぱり白味噌かあ?の不思議なドレッシングでキャベツススム君でござんす手土産に買ってこうかと頼んだら、生物なので要注意と言うことだ。これから呑みに行くから時間を要する以上、ちょっと危険なので断念した。

DSCF4001

【特吟定食しん】
このたびは夏バテ疲労を解消すべく、通常定食より1ランクupした特吟定食なるモノを選んだ。その特吟ランク内にも色々とお品書きがあるのだが、この『しん』と記載されたお品書きを注文、だいたい『しん』って何なのよ?何処の部位なのよ?つべこべ言わず迷わず食べよ食べれば分かるさ!のA猪木闘魂精神論に乗っ取り頂くのである

DSCF4002

脂質はそれ程でも無いが、塩を微量振ればあっという間に吸収されてしまう。その食感は…鶏肉のササミ?パサパサで面喰うがそれは最初の2,3秒で終わり、途中から細かい繊維だろうか?それがプチンプチンと弦のように切れて、その弾みで脂質と旨味成分が散弾される軽やかながらもザクりとした硬質な部分も感じる揚衣も、芳醇な揚げパンとして肉質に熔けて調和し、やはり通常肉質とは別格なんだなと大いに納得するのである

DSCF4003

辛子は嫌いだが添えてあったのが粒マスタードなので試みたが…不要だね面白いのがこのマスタード自体は相当辛いんだけど、このトンカツに大量に塗って場合、辛さが一切出てこないそんだけこの肉質が上回るって事なんだろうな

DSCF4004

どうせ分かってるけど一応ソースも…やっぱ不要だねこれは肉質の個性味を消してしまう。けどこのソースで串揚げとか揚物食べたら美味いんだろうなあ…そうか!ここへ呑みに来ればいいんだ


DSCF3998

本日も堪能させて頂き誠に幸せでした
それにしても『しん』とは何だったのか?確か説明書きがあったけど、そんなの後でnetで調べりゃいういやと検索したら...全然引っ掛からない謎解明の為に再訪するかね?そん時は呑んじゃおうか