IMG_3903

このブログでは、「ソフトテニス初心者が確実にできるようになっておきたい練習7選!」が とてもよく読まれています。特に、年度当初はやはりこういった記事が読まれますね。

年度当初(4月)にこれらの記事が読まれる理由としては、新しくソフトテニス部に入部した中学生や高校生、新しくソフトテニス部の顧問になった先生方が毎年いるからでしょうか。

ソフトテニスを知らない先生なんかは、練習方法などを検索しますよね、きっと。
ありがとうございます。

しかも、なんとこの記事は、「ソフトテニス 練習」で検索第2位なんですw 
 *この記事を執筆時点(2018.5)。

ただ、「ソフトテニス初心者が確実にできるようになっておきたい練習7選!」は、初心者全体を考えた記事でしたので、今回は初心者前衛に特化した練習をご紹介します!

どうぞっ!
広告


初心者「前衛」のための練習① ボール付き

これは、この記事でも紹介しましたが、絶対に必要な練習です。
私は、中学生のソフトテニス初心者前衛を指導するときに、毎回必ず5分から10分は行うようにしています。

ラケットでボールを地面に当てて、跳ね返ってきたボールをまたラケットで打つ。この繰り返し。
ボレーの基礎中の基礎的な部分が身につくんです。

注意点
・ボールがラケットに当たった瞬間、ラケットを止めるようにする

・猫背にならない、背筋を伸ばす

・肩に力を入れずに、リラックスしておこなう

・目標100回

何度も言っていますが、この練習は前衛練習の基礎中の基礎。
算数でいうところの、九九。
国語でいうところの、漢字。

必ず行いましょう。

初心者「前衛」のための練習② バドミントン

意外なところですよね、ソフトテニスの練習なのにバドミントンをするなんてw
これ、「スマッシュ」に効くんですよw

バドミントンのスマッシュとソフトテニスのスマッシュって握りや感覚が似ているんです。
でも、ソフトテニスのスマッシュって、初心者にとってはハードルが高いんです、バドミントンに比べて。

バドミントンでスマッシュ練習をするメリット
・ラケットが軽いからラケット操作がかんたん

・室内で行えるので、風の影響を受けにくい

・狭いコートで行うので、足運びが比較的かんたん

・イースタングリップの感覚が身につきやすい

「イースタングリップ」については、コチラ↓を参照してください。
参考記事;え?ソフトテニスの持ち方って何種類あるの?基本の3種類をご紹介!

これの練習は、意外と全国の指導者のみなさん、やってないんではないでしょうか。
でも、バドミントンラケットでスマッシュを説明して、スマッシュを練習すると、かなり上達が早くなりますよ!おすすめの練習です。

広告


初心者「前衛」のための練習③ カゴボレー

あの、「カゴ」です。
あの「カゴ」を持ってボレーするんですw
そんだけw

いや〜、これも「効く」んですよね、特に初心者前衛に。

初心者の前衛って、得てして「ラケットでボールを打とう打とう」としているんですよ。
いや、ラケットでボールを打つのは間違いないんですが、まずは足運びですよね。
まずは、足をしっかりボレーできるポイントまで運んでから、ラケット操作、ボレーなんです。
ですが、初心者前衛はとにかく上半身に意識を持っていってしまいがち。

それを防ぐのがこの「カゴボレー」なんですよ。
やりかたはシンプル。ラケットを持たずにカゴを持ってボレーするだけなんです。

カゴボレーのメリット
・フットワークをしっかりしないとボレーできないので、フットワークに意識がいくようになる

・足運びに意識がいくので、「体でボレー」できるようになる。

・ディフェンスボレーの練習にもなる。

参考記事:ソフトテニスはソフト「足」ニス。これは間違いない。

初心者「前衛」のための練習④ 壁ボレー

壁ボレーです。
壁です、壁w

これも初心者前衛がやりがちなダメポイントなんですが、とにかく初心者の前衛ってラケットを振りたがる。ボレーでもスマッシュでもとにかくラケットの動きが大きすぎるw

どんだけ速いボレーしたいんだってくらい、ボレーでラケットふっちゃいますよね、初心者の前衛の選手ってw

あれね〜、何度言っても治らないんですよねぇ、指導者、顧問からすると・・・w
「ラケットをボレーで振るな!」とアドバイスしてもしても、治らないんですよ。まぁ、ラケット振ってもいいんですが、初心者前衛がボレーでラケット振ったところでスポットに当たらない当たらないw

でね、考えたんですよ。
ボレーでラケットを振るのを防ぐ方法、最強ですよ。コレ。

ラケットどうしても振っちゃうなら、「振れない状況」でボレー練習させればいいんです。

それが壁ボレー。

壁を背負った状態(すぐ後ろに壁、ほんとに数ミリとかいうレベルで背負う)で、ボレー練習をします。
そしたら、ボレーするのにラケットをテイクバックできないですよね。
だって、壁があるもんw
ラケット振るのにラケットテイクバックしたら、壁にラケットが当たっちゃう。

壁ボレー
・壁に背中をくっつけた状態から、ボレー練習

・ボレーでテイクバックできない(ラケットが壁に当たっちゃう)から、ラケットをボレーで振らないように矯正できる

初心者「前衛」のための練習⑤ ビジョントレーニング

トップクラスのソフトテニスの試合で、相手後衛がボールを打って前衛のところを通過するまでに、なんと0.5秒と言われています。

0.5秒ですよ、0.5秒。

これはえげつない数字ですよね。ラケットやシューズ、トレーニングなどが現在は日々進歩しているので、ソフトテニス業界は高速化が進んでします。ですから、この数字は今後縮まることはあっても、伸びることはないでしょう。

この数字は、大変ですよ。ほんとうに。
訓練を積んでいない一般の方だったら、おおげさではなく「ボールが見えない」レベルですw
毎日のように、ソフトテニスをしている、訓練しているからこそ対応できる数字です。

こんな高速化が進んでいるソフトテニス業界だからこそ、必ず行っておきたいのが「ビジョントレーニング」です。

前衛にとって、目は命なんですよ。これは初心者も同じ。
目は、筋肉なんです。トレーニングすればするほど筋肉ムキムキマッチョになりますw
でもね〜、悲しいかな現在はスマホ全盛ですからね、まぁ〜、目が悪い選手が多い!

いや、「視力」はいいかもしれませんが、「動体視力」が悪い選手が多いんですよ。
コレはねぇ、ほんとうもうトレーニングしかありません!



こういった良書もちまたには溢れていますので、ぜひ目もトレーニングしましょう!

ソフトテニス初心者前衛におすすめのビジョントレーニング
・両手を水平に上げて、親指を上げる「GOOD(グー!)」の状態にする。

・肩幅に広げて、右の爪を見る。

・右の爪を見たら、左の爪を見る。

・右→左→右、、、と繰り返しリズムよく行う

・左右が終わったら、腕の位置を変えて上下で行う

・上下が終わったら、腕の位置を奥と手前に変えて、「奥行き」を変えて行う(深視力のトレーニング)

初心者「前衛」のための練習⑥ ラケットの位置を時計の針で考える

初心者は、自分がラケットをどのへんで振っているのかなかなか分かっていません。
例えば、スマッシュ練習で頭の上からまっすぐラケットを振り抜いているつもりでも、斜めの方向からラケットが出てきていたり、横からラケットが出てきていたりします。
 参考記事:スマッシュ練習、気をつけること10選!

「自分がどのあたりでラケットを振っているか」認識するために、自分のラケットを時計の針だと考えましょう。

まっすぐ立った状態で、まっすぐ上にラケットを伸ばして持つ、これが12時

まっすぐ立った状態で、真右にラケットを伸ばして持つ、これが3時
 *後ろから見た前提で考えます。

まっすぐ立った状態で、真左にラケットを伸ばして持つ、これが9時

こうやって考えると、スマッシュ練習でもボレー練習でも、いろいろな練習をしているときに役に立ちます。どうすればミスが少なくなるか考えることができていく第1歩になります。

初心者「前衛」のための練習⑦ 壁相手のボレーボレー



ボレーボレーもとても大切な練習です。
お互い、ラケット面があっていないと、難しいんです。

そうです、難しいんですよ、この練習。
意外と中学校の部活動なんかで、何も考えずにボレーボレーをやらせている指導者を見かけますが、ボレーボレーってとっっても難しい練習なんですよ。

だから、わたしが初心者前衛におすすめするのが「壁相手のボレーボレー」。
壁なら絶対にまっすぐ返してくれます、まっすぐボレーすれば。笑
この壁ボレーボレーを続けることができるようになれば、かなり「面作り」ができている証拠です。

壁ボレーボレー
・壁相手にボレーボレーをする
・できるだけデコボコのない壁で行う
・目標30回連続
・慣れてきたら、「バックだけ」とか「フォアだけ」とか縛りを入れると効果的になる

これ、ほんとうに効果的なんですよね。

ある年、足を怪我した選手がいて、ひと冬の間立って打つことができなかったんよ。
座った状態ならラケットを触れるということで、椅子に座らせて、バックの壁ボレーばっかりやらせていました。
春が来たら、めっちゃきれいなバックボレー打ってましたw

初心者「前衛」のための練習⑧ 壁相手のスマッシュ

まずは、このバレーボールの練習動画を見てください。


これ↑をソフトテニスのスマッシュでやる、ただそれだけですw
それが壁相手のスマッシュ練習です。

これも意外と、初心者前衛に効果的な練習なんです。
一人でもできますし、自主練習にももってこいなんですよw

何がいいって、この練習をすることで、「イースタングリップ」「セミイースタングリップ」が身につくんです。

早いタイミングでボールが壁から跳ね返ってくるので、「ウエスタングリップ」では対応しきれないんです。というわけで、自然と「イースタングリップ」「セミイースタングリップ」でスマッシュせざるを得なくなる

ぜひ、これもソフトテニスの初心者前衛が何度もやっておきたい練習です。

まだまだありますけど・・・。

今日のところは、この辺にしておきますw
そして、どんどんこの記事を更新していきますので、ぜひまた「てにろぐ」に来た際には見てみてくださいね!

広告


ところで、そこの中学生・高校生のあなた!部活ばかりしていて大丈夫!?

部活とか、趣味とか、好きなことやってると時間がなくなる! 
でも学校の勉強もがんばりたい!!

という、よくばりなあなたにおすすめするのが「受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!スタディサプリ」!


スタディサプリの優れている点は、


1.安いっ!

 *保護者の方!塾と比べると年間数十万の差が出ますよ!(月額1,000円です)
 *他の大手塾と比べてみました↓海外旅行いけますよ、浮いたお金でw
  参考記事;「まだ塾の料金で消耗してるの?スタディサプリの料金について語ろうと思う

2.いつでも何度でも動画を見られるっ!

 *塾の授業は一回きり・・・。でも、スタディサプリなら何度でも好きな時間に!


3.良質な講師陣!
 *授業のわかりやすさはピカイチ!!TOEIC900近くのてにろぐ作者が保証します。


4.お試し期間は無料!2週間の無料期間を使用しよう!
 *動画みまくって2週間で登録解除してもOK!笑


まずは、スタディサプリから無料登録しよう!!

【成績を上げたい中学生はコチラ↓】


 

【成績を上げたい高校生はコチラ↓】




人気記事。

ソフトテニスのチームTシャツどうしてる!?安い・届くの早い・いい感じのTシャツをご紹介!

都道府県対抗大会:「最強の都道府県」を目指し、中学生がしのぎを削る大会があります。

明日から「一歩進んだ選手」になるために、全力でおすすめする良書5冊。

試合前、試合中の集中方法3種類。

ソフトテニスのスマッシュ練習で、プレーヤーが気をつけるべきこと10選。

 
チームTシャツ揃えるなら「俺流総本家」で決まりでしょ。
てにろぐ作者プロフィール。

・学生時代、東日本チャンピオンになった会社員ソフトテニスブロガー。
 
・ソフトテニス練習総合サイト「てにろぐ」を運営中。

・ 部活動指導員として中学校の部活動を指導中。

詳しいプロフィールはこちら 


もう買ってみた?
(たぶん)世界一安いソフトテニスボール!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓