2012年10月04日

「Gaston y daniera」 スペインの老舗ファブリクスブランド

展示会場東京赤坂六本木にある スペイン大使館 に行ってきました。
場所を探していると 大きな白人の外人さんが 流暢な日本語でスペイン大使館はあそこですと
教えてくれました。() 



G/A





入ってみると 早速 セキュリティーチェック カーテンファブリクスの展示会では 初めての経験
何か変に嬉しい「短足おやじ」です。
館内は そう 闘牛士の着ける あの赤と 真っ白な壁 そこはもう スペインそのものです。
新しいブランド デザインへの期待が高まります。







G・D3






Gaston y daniera (ガストンダニエラ)はスペイン北部の都市 Bilbao(ビルバオ)で19世紀に誕生しました。
その後100年以上に渡り革新的で洗練された生地をつくり続け、世界的なテキスタイル・エディターとしての地位を確立しています。
クオリティーの高さを第一に、 Gaston y Daniela の重要なインスピレーション源である独特の伝統的なデザインを作りだしています。・・・・・・・・・(会場配布パンフレットより)




G・D2





自然素材感(リネンや綿)を生かした肌触りや モダンな デザイン 伝統的なデザイン等
素晴らしいものが ありました。

取扱アイテムが決まれば 追ってご紹介いたします。

ワンクリック お願いします。元気がでます。

FC2バナーにほんブログ村 インテリアブログへ ソフトウエーブ








(15:29)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔