披露宴の女性服装マナー

結婚式に呼ばれるのは嬉しいこと。マナーと常識を持って参加したいですね。気を遣うこともありますが、まずはマナーを守るで、主役を引き立てます。後はとびきりの笑顔で『おめでとう!』と祝福の気持ちを伝えてあげてくださいね。

 

挙式や披露宴の時間帯によって、肌の露出度具合が変わってくるからです。昼間は肌の露出を控えて、夜は肌を出すほうがフォーマル感はアップします。夕方からの披露宴ならば、イブニングドレスにならって、思い切って肩を出すようなデザインのドレスを選ぶほうが素敵ですよ。神仏の前では、あまり肌を露出しないスタイルがマナーです。その前に挙式に参列するならばストールやボレロなどを羽織っておきましょう。

 

披露宴の招待状に「平服でお越しください」と書かれていることがあります。この平服の意味を"普段着""カジュアルな服装"と捉えるのはNG。

 

靴は、華奢でヒールの高いサンダルを選んでください。ヒールは、細ければ細いほどフォーマル度が高くなります。フォーマル度の高い生地は、サテンです。

 

基本的には、かかとのないバックストラップタイプならばトゥ(つま先)が覆われている物、逆にオープントゥのサンダルならば、かかとのある物にしてください。 
26


 

結婚式ドレスのスカートデザイン

花嫁の服装といえば、白いウェディングドレスを思い浮かべますよね。デザインやシルエットからみると、結婚式ドレスにはいろいろと種類があります。今回はスカートデザインについてご紹介します。

バッスルスタイル

スカートの後ろの部分にバッスルと呼ばれる腰当てを入れて膨らませたスタイルです。現在では、スカートを束ねて膨らませたり、布地を背中でギャザーにしてリボンなどの形にまとめウェストに付けるスタイルも含まれます

トレーン

 5

ドレスの引き裾のことで、後ろに長く引きずったスカートの裾の部分をいいます。長いバージンロードには長いトレーンがおすすめだが、披露宴会場が狭い場合やガーデンなどを歩きたい花嫁には、トレーンは短めが便利です。トレーンを取り外せる2WAYタイプのドレスもあります。ロングトレーンはエレガントな印象を与え、長いバージンロードに映え、厳かな教会式に向いています。短いトレーンはカジュアルでキュートな印象になります。

ティアードドレス

フリルや帯状の布が段々に重なり、裾にかけて広がる形のボリュームのあるドレスをいいます。ティアーは段々に重ねるの意味を表します。帯状の布を何段かに横方向へ切り替えにして、ギャザーやタック、フレアーのフリルやフラウンス(フリルよりも幅広のヒダ飾り)をあしらう。丈の違うスカートを幾段も重ねることもあります。

オーバースカート

ドレスのスカート部分の上に、さらに重ねて着るスカートを指します。巻くようにして着用する巻きスカートで、オーバードレスともいいます。

一生に一度の結婚式!そんな人生最高の日に向けて、最も美しい自分を作り上げたいと、多くの女性が思っています。素敵な花嫁になるには、結婚式ドレスは欠かせない存在です。今回は結婚式ドレスのコーディネートについてご紹介します。

 

花嫁のコーディネートの基本は「気品」、「初々しさ」、「自分らしく美しいこと」といった3つのコンセプトにあります。花嫁の結婚式ドレスやメイク、ヘアースタイルなど、この3つのコンセプトに基づき、花嫁の希望を伺いながらコーディネートするのが大切です。この3つのコンセプトを頭に入れて、ウェディングドレス選びや、メイク・ヘアメイクを行うことで、自分らしい美しさを引き出した気品のある花嫁コーディネートになります。

 

披露宴では一転して、パーティーの主役として華やかにコーディネートすることで、挙式と披露宴でのコーディネートにメリハリをつけることができますので、挙式での花嫁コーディネートは気品のある美しい花嫁を演出してくれる結婚式ドレスを選んで、コーディネートすると良いでしょう。

 

結婚式は、新郎新婦にとって一生に一度の大切な記念日です。その中で結婚式ドレスは、花嫁さまの魅力を引き立て、会場の雰囲気も一段と華やかにする、結婚式のメインともいえるアイテムです。結婚式のスタイルや会場、季節などを考えて、コーディネートするのは必要です。そして、参列者の構成にも気をつけてください。派手で奇抜なドレスは若い世代には受けますが、新郎の会社の上司や、ご親戚の年配の方にはあまり良い印象を与えることはありません。

このページのトップヘ

見出し画像
×