2009年02月14日

大前研一氏講演会

今日,京セラ大阪ドームで開催された関西ノムラ資産管理フェアに行ってきました。

目的は,大前研一氏の講演。
大前氏の海外での講演料は5万ドルらしいです。
サラリーマンの年収ですよ。。。。。

まぁ,それだけ価値のある話だと思います。
話も上手いし,論理構成がしっかりしているし,時々出てくるジョークも笑えます。

さて,今日の講演の中で気になった点をまとめておきます。

『世界標準で考える資産形成』

(1)10年後,2019年の世界経済(国別GDP順位予想)

1.EU
2.アメリカ
3.中国
4.インド
5.ブラジル
6.ロシア

・ここで1位がEUになっているのは,EUが世界最大の国家としての体をなすだろう。憲法,軍隊も備えている。

・中国は2011年か12年には日本を抜く。すでに昨年,ドイツを抜いている。

・インドは,年15%成長率で日本に追いつく計算だが,実際そうはならないだろう。

・ロシアはプーチンが,大統領に返り咲き,最終的にはEUに入るのではないか。
EU諸国もこれを支持(以下理由)
 ・対ロシアの国防費が必要なくなる
 ・資源国ロシアの恩恵を受けられる
 ・ロシアのEU加盟により,アメリカ・中国に対抗できる


(2)日本円

・現在,日本円だけが強い。経済が底にそこにあり,これ以上落ちないという安心感?がある。

・円が強い今,日本の弱点である資源を買うべき。
ロシアのガスプロム社(天然ガス)などは,3000億で買える!
ウクライナの穀物会社,オーストラリアの鉱物資源の会社など。。。。

・日本の個人金融資産1500兆円がれば,金融危機も救える!
100兆円あればアメリカを救済できる。
(選挙対策で国民の金を使って定額給付金をバラ撒いている場合じゃない)

・円が高い今こそ投資。(リスクヘッジのために分散して)



(3)人民元

・アメリカは,中国へ移動した産業を取り戻すべく,人民元の自由化を要求し,人民元の切り上がるのを望んでいるが,人件費の高騰による競争力の低下から,逆に人民元が下がる可能性がある。

・中国のあるような工場は,徐々にベトナム,タイ,トルコ,ルーマニアに移っていく。
ただし,ベトナムの人口より広東省の人口のほうが多く,すべてが移行することはない。


(4)日本の将来(介護の人材)

・日本企業は派遣問題に懲りて,さらに海外に進出することになる。
(日本の雇用は増やさない,生産年齢人口も減少)

・少子高齢化により,日本の成長産業は,医療と介護(皮肉)。
お年寄りを支えていくには,計算上,毎年39万人の移民を受け入れる必要がるが,
日本は石原都知事など見られるように,移民に根強い抵抗感があるので不可能であろう。
インドネシアやフィリピンから数100人入れるだけでは,将来の介護・福祉は成り立たない。

現在,大前氏はタイ・バンコクの空港近くに,介護施設建設を計画中。
人経費が安いので,1人の老人に3名タイ人スタッフをつけても日本の年金でおつりがくる。
また,フィリピンやインドネシアと違って,日本と同じ仏教国であり,ゆるい感じが日本人には合っている。


(6)その他

・アメリカ関連の話(イラクやアフガン,サブプライムローンなどについてアメリカは謝罪すべきだ)

・東京や大阪の都市再生(都市計画)を行うべき。

・まずライフプランありきの人生設計,投資が必要。


*話の順序や細かい言い回し,数字なども聞き間違えている可能性もありますのであしからず。




ということで,あっという間の90分でした。
今回,3回目なんですが,いつも話が90分ぴったりで終わるのがすごいです。



介護関係の話ですが,日本語教育と関連ずけて何かできないものかと考えさせられました。

sogeri1998 at 23:20│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たっきぃー   2009年02月14日 23:48
ゆうちゃん,確か去年も行ってたよね。
大前さんの講義は参考になりましたか?
2. Posted by あつまろ   2009年02月15日 13:29
はじめまして。
大前氏の講演会どんなのかと探して
訪問させて頂きました。
ロシアがEU加盟化については、本当になるかな、という気が個人的にはしますが、そういう話があったんですね。
よくまとまっていて、参考になりました。
3. Posted by ユージロー   2009年02月15日 14:39
>あつまろさん

コメントありがとうございます。

ロシアのEU加盟はわかりませんが、日本がロシアと手をつなぐことは必要ですね。

大前氏の「ロシア・ショック」という本にも書かれていますが、資源大国であり、親日的であり、知的人材も豊富だということですからね。

いつまでも北方四島にこだわっていては、ダメってことですね。
4. Posted by ユージロー   2009年02月15日 14:46
>たっきーさん

そう、今回で3回目です。
調べてみたら、去年は行っていませんでした。
http://blog.livedoor.jp/sogeri1998/archives/2007-02.html#20070217
http://blog.livedoor.jp/sogeri1998/archives/2007-02.html#20070218
http://blog.livedoor.jp/sogeri1998/archives/2006-02.html#20060220

来年、ご一緒にいかが?

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Recent Comments