ネットワークビジネス無料総合サイト

ネットワークビジネス(MLM)関連サイトをまとめた総合案内サイト。ネットワークビジネスランキング、会社比較、マーケティング、商品、セミナー、クーリングオフ、用語集、歴史、本、メルマガなどを無料紹介!ネットワークビジネスで成功する為に必要な情報、スキルも随時発信!

ネットワークビジネス歴史

「ネットワークビジネス(MLM)」とは?

ブログネタ
★ネットワークビジネス関連テーマはこちら!★ に参加中!
ネットワークビジネスの現状

今では日本だけでも1000社以上のMLM企業があり、500万人以上がネットワークビジネスに登録していて、4500万人以上の人が商品の購入をされたことがあると言われています。

海外では、130カ国で2500万人以上がネットワークビジネスに登録していて、購買客数は3億人以上、市場規模は世界で15兆円を超えると言われている巨大流通ビジネスです。


今ではアメリカのハーバード大学など多くの大学では、1つのマーケティングの形態として紹介されていて、日本でも1999年度から早稲田大学を始め、大学の一般ビジネススクールでMLMに関する講義が開催されているます。

「ネットワークビジネス誕生!・第一期」などで紹介した、
マルチまがい的なビジネスも、今では、正当なビジネスになりつつあり、
有名大学で講義されるまでになりました。

ネットワークビジネス・第三期

ブログネタ
ネットワークビジネスの情報はこちら! に参加中!
≪第三期≫

第三期になると、「愛用者活用方式」をとっていきます。
「愛用者活用方式」とは、従来(第二期まで)の人集め方式と違って、
商品の販売を主にし愛用者を募り、その中からビジネスをやりたい人だけが、ビジネス活動をする方式。

この方式は、大手有名企業も多数導入しています。

【女性用下着】

●セモア(カネボウ)

●シャルレ(テン・アローズ)

●セシール(現ライブドア連結子会社)


【化粧品】

●エックスワン(ダイエー100%出資子会社)

●エイボンプロダクツ

●ノエビア

●イセライフデザイン(イセグループ)

●シャクリー(シャクリー・グローバル・グループ)

●メイプ(明治製菓グループ)

●エスエス・ヘルスケアーアンドフーズ(エスエス成約の子会社)

●ミキプルーン(三基商事)


●日本アムウェイ

●ニュースキン

今では、他数の大手企業が参入しています。

ネットワークビジネス・第二期

ブログネタ
ネットワークビジネスの情報はこちら! に参加中!
≪第二期≫

第一期に比べると第二期は、ディストリビューター(会員)ことを考えた
システムになりつつあります。

{第二期の主な会社}

●サンヘルセン(株)
社長:塩田一夫
商品:羽毛布団・多目的型掃除機

●(株)アップル
社長:山田昭夫一
商品:羽毛布団・健康食品

●ジャパンライフ(株)
社長:柴田克一
商品:羽毛布団・ステンレス鍋

●(株)オネスティジャパン
社長:青木貞夫
商品:羽毛布団

●(株)エム・ビー・シー
社長:金子順二
商品:自動車用品

●(株)日本健康増進研究会
社長:枡田勇
商品:家庭用磁気医療用具・健康寝具磁気マット

●(株)ソシエテ・エレガンスコンチネンタル・ドゥ・フランス
社長:河原林佑介
商品:宝石・化粧品・皮革製品

●(株)ジャパンビルド
社長:原田富夫
商品:人工ダイヤモンド


こう見ると今のように健康食品や化粧品ではなく、羽毛布団や宝石といった消耗品でない商品が多いです。
いわゆる耐久品(高額商品)です。

初め羽毛布団は、不潔なイメージがあり日本では売れなかったようです。
それを口コミ(ネットワークビジネス)の手法で、実際に体感してもらい、
日本にも広まったと言われています。

上記の会社は、「(株)ソシエテ・エレガンスコンチネンタル・ドゥ・フランス」を除く、ほか全ての会社が、第一期の「APOジャパン」の関係者が立ち上げた会社です。

「(株)ソシエテ・エレガンスコンチネンタル・ドゥ.フランス」も、
第一期の「ホリディ・マジック」の関係者の会社です。

ネットワークビジネスの誕生!第一期5

ブログネタ
★ネットワークビジネス関連テーマはこちら!★ に参加中!
≪誕生≫
ネットワークビジネス(MLM)は、1945年にアメリカで誕生したビジネスです。
日本に上陸したのが1967年、今から41年前。本格的に活動し始めたのは1970年代から。

≪第一期≫
この時の代表的な会社は、「APOジャパン」、「ホリディ・マジック」、「ジェッカー・チェーン」の三社です。

その中でも一番初めに有名になった会社が「APOジャパン」。

この会社は、アメリカの大手ネットワークビジネス会社で、
日本に1971年に設立。
商品は自動車用品。
自動車エンジンの排気ガスを減少させて、出力をアップさせるというもの。

これに続いて72年「ホリディ・マジック」、73年「ジェッカー・チェーン」といずれも外資系会社が立ち上がる。

だがこの3社ともに、あまりな悪徳なやり方で数年後には倒産しています。

今になってもこのネットワークビジネス業界のイメージが悪いのは、
この初期の頃の影響が強いのではないかとも言われています。

いわゆる「悪徳マルチ商法」、「マルチまがい商法」の代名詞です。


日本会社としては、1969年に、「スワイプジャパン」という会社が設立されている。