新聞日記TOP ≫  新商品  ≫  すべらない話 じゃなくて靴

すべらない話 じゃなくて靴

スポンサードリンク
雨が降ると困るのは、傘という荷物が一つ増えることと、足元が不安定になること。
私は履いている靴が悪いのか、雨の日に駅やビルの入り口でよく滑る。先日も新宿の某ブランドのビル前で終電間際、全速力で走っているときに思いっきりスッテンコロリン。デイバックをしっかり背負っていたこともあり、ひっくり返ったカメのように手足をバタバタ。たまたま友人と一緒だったため助け起こしてもらえたが、かなり恥ずかしい思いをした。

そんな経験もあり、滑らない靴っていうのはないのかな、と調べてみたところ、「滑りにくさ、なんと!!! 従来の2・5倍」というドンピシャリな靴を発見。
それは岡山市にある創業70年の日進ゴムが製造している「ハイパーVソール」シリーズ。日進ゴムは地下足袋製造からスタートしてシューズ製造、ゴム素材の特性を活かした産業製品を作っている会社だ。安全靴や厨房用のシューズやブーツといったプロ仕様の靴が主なラインナップだが、学童シューズやウォーキングシューズもある。どうやらこの「ハイパーVソール」はそれらの靴底として色々な種類の靴に使われている模様。
HPに「ハイパーVソール」を使った耐滑比較実験の動画があったのでのぞいてみると、これがまたすごい。傾斜30度のステンレス板で、安全靴、地下足袋、「ハイパーVソール」がどれだけ滑り具合が違うかを調べたもので、結果は「ハイパーVソール」強し! といったところなのだが、不謹慎ながら思わず笑ってしまう映像も……。

こっちは「人志松本のすべらない話」 - フジテレビ ゴールデン進出です。
スポンサードリンク

コメント
コメント投稿フォーム:
 上の情報を次回も利用する
評価:      
 絵文字
トラックバック
トラックバックURL:
(※ livedoorブログユーザーのみ有効)
Copyright (C) 新聞日記. All Rights Reserved.