dobosum_450

昨年6月に行われた伝説のライブドボクサミットが本になります。当時のプレゼンテーションの様子が本になったもの。当日のレポートはここで

もちろん写真もたくさん載ってます。いまの日本に求めうる最高の「ドボク写真集」でもある。はず。自画自賛。

『ドボク・サミット』
ドボク・サミット実行委員会 編 (著), 萩原 雅紀 (著), 大山 顕 (著), 石井 哲 (著), 長谷川 秀記 (著), 佐藤 淳一 (著), 石川 初 (著), 御代田 和弘 (著)
税込2,100円
武蔵野美術大学出版局 2009/04/11発売


そうそうたるメンバーだね。中表紙はこんな感じ。まず水門の佐藤さん
dobosami06

工場の石井さん


ダムの萩原さん


鉄塔の長谷川さん
dobosami05

そしてぼくが団地ジャンクション




そしてさらに!おなじみGPS地上絵師の石川さんとイベント何回かご一緒しているlaudの御代田さん、一昨年(もう一昨年か!)に千葉でやった工場鑑賞ツアーの仕掛け人である八馬さんも寄稿しています。とくにこの文章は書き下ろしなので、ぜひ読んでくださいな。あと、八馬さんの提供した写真の中に、工場鑑賞ツアーの様子があって、その一枚が名場面なのだよ。工場敷地の中で蒸留塔とか見ながらお弁当食べる参加者たち。ちょうシュール。これ見るだけでも買う価値あるね。

さらにさらに!会場ではプレゼンテーションしてませんが、ご存じ壁の杉浦さん、勝手にドボクTシャツ作ることで有名な小林さん、そしてガソリンスタンドの松村さんも、それぞれ写真と共に文章載せてます。とくに松村さんの寄稿は嬉しい。

デザインはまさかの寄藤文平さん。かなりすてきな本です。上の画像だと分からないけど表紙はアスファルトみたいな質感の紙に銀の箔押しですって!なかのエディトリアルもさすがのすばらしさ。というか、寄藤さんこんなこと書いて申し訳なかったです。

で、さらに!出版記念イベントがあります。今回の本の親分である水門の佐藤さんと上記地上絵師石川さんのトーク。たのしみだ。

『ドボク・エンタテインメントと新景観』
4月18日(土)19:00〜 
佐藤淳一(水門写真家)×石川初(地上絵師)
※お申し込みは池袋本店1Fサービスカウンターへお願いします。(電話:03-5956-6111)
詳しくはこちら


もちろんぼくも聞きに行くけど、おそらく上記著者が集まるだろうから、ひょっとしてこの日この会場が第二の「ドボサミ」になっちゃうかもね。

で、さらにさらに、この会場で、例によって小林さんがデザインしたドボサミTシャツが販売されるようです。
dobokun
ドボくんかわいい。