_DSC4245あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

で、明後日3日の「高架下初詣」ですが、40名ほどの参加者が見込まれています。みんなわかってんのかな、高架下だぜ?いやいや、ありがとう。みんなで楽しくやりましょう。まだ参加表明していない方も、別に申し込み不要なので、当日ぶらりと来ていただければ。

さて、年始早々だがせっかくなので予習をしてもらおうか。まずは地図上でのコースはこんな感じ。

01map
Googlemapより

で、地形見るとこんな感じ。
02chikei
国土地理院 5mメッシュ地図をカシミール3Dで表示
神田橋のあたりからうっすらと高い場所を横切り、そこから江戸橋ジャンクション手前まではコースの北側が高く、南側は低い、となってる。現地で確かめてみよう。

で、江戸橋ジャンクションの北側に北北西の方向に伸びる四角く低い地形が気になるはず。これはもちろん堀の跡だ。1858年の地図だとこんな。
041858

1892年だとこんな。
051892

各自気になることを気に留めておくように。これら地図は当日用意していこうかと思ってます。

【追記】
p水路といえばこの方。「水路をゆく・第二運河」のパドルさんこと外輪太郎さん。今回のこの「高架下初詣」に参加してくださるとのこと。水上から。どうやら飯田橋の水上にスタンバイしているようです。ただ、残念ながらぼく含め参加者を船に乗せる余裕はなく、ご挨拶いただき、自分だけ船に乗って水上から高架下を楽しむ、という挙に出るようです。みんな妬んで石とか投げないように。というか、ぼくが投げそうなのでみんなぼくを止めるように!

今回の初詣にあたり、パドルさんがサイトに水上からの高架下の様子をまとめてくださったので、これも予習の一環として見てみてください。すばらしい。うらやましい。

特に「高架下ファンクラブ」のお二人は必見!