思い起こせば2003年、六本木ヒルズがオープンした際に催された「世界都市展」でその映像をみて、衝撃をうけたのだった。まさか、その作者とお近づきになって一緒に工場見に行ったりするようになるとはそのときは思いもしなかった。

その映像とは「東京静脈」。野田真外さん(twitter:@makoto9)の作品。



この「東京静脈」DVD、ずっと野田さんが手売りで販売していたのだが、このたびめでたくアマゾンでも買えるようになった。めでたい。みんなこれは見るべき。まじで。


で、きたる7月10日に、野田さんが「これまでに撮り貯めた秘蔵の「川映像」を大放出」というイベントを開催することに!ぼくもゲストで出演します。
20100518014501650
■「静脈列島LIVE01〜川から日本を見てみよう」
東京、横浜、名古屋、大阪、福岡など日本の様々な都市を川から眺めてみようという上映&トークイベント。
【出演】野田真外、他
【日時】7月10日(土)開場18:00 / 開演19:00
【料金】予約¥1,500/当日¥1,800(飲食代別)
【場所】阿佐ヶ谷ロフト A
ご予約はウェブおよび電話にて受付中
・ウェブ予約
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/reservation.php?show_number=405
・ 電話予約
阿佐ヶ谷ロフトA:03-5929-3445(16:30-24:00)

*午前中にはこのイベントに合わせてなんと神田川と日本橋側を行くクルーズも催されるのだけど、現時点ではやくも定員。あっというまに埋まった模様。

ゲストはぼくの他にもうひとり。都市河川といえばこの人、"BOAT PEOPLE Association"の山崎さん(twitter:@bpyamaza)。人類を「海の男」度の数直線上に並べたら、もっともマイナス方向にプロットされるであろう軟弱者のぼくが、ここのところすっかりクルーズざんまいなのは、この山崎さんと親しくなったおかげだ。以下のDPZに書いたクルーズ記事はいずれも山崎さんにお誘いいただいたもの。
→「東京湾工場クルーズ
→「東京、サイテーの橋
→「くぐれ!たいやきくん

いやもちろん、東京の河川について詳しい方ってたくさんいらっしゃるんだけど、野田さんや山崎さんに会うまで「川の上の首都高ってかっこいいですよね!」っていうのに賛同してくれる人はいなかった。むしろふつうの川好きには悪者扱いされるのが常だからね、首都高高架。ちょうかっこいいのに。何が言いたいのかというと、そういうこのお二方とやるイベントは「ドボク好き」は必見だということだ。

なので、7月3日は大阪で都市河川クルーズ、翌週10日はこのイベント、と夏に向けてすっかり河川づいているぼく。日焼けに注意しなきゃ。