• 一流のプロ・ファッション・フォトグラファーがおもちゃのカメラで撮影した写真が凄い」のプロジェクトがおもしろい。

  • 004

  • 何がおもしろいのかというと、これらの写真がほんとうに凄いのかどうかはどうでもよくて、このプロジェクトははからずも「もはやプロカメラマンの腕は普通に写真を見てもよくわからない」ということを暴露してしまった点

  • チープなカメラを使ってはじめてみんな「すごい!」って思う。これつまり、カメラの性能によって撮り手の技量の差が見えなくなったということをあからさまにしてしまっているのだ。

  • 絞りがどうの、被写界深度がどうの、っていうカメラという機械のコントロールを巧みにできる人が長らく写真のうまい人ってことになってたけど、これカメラメーカーの怠慢だった

  • カメラは本来「何も考えずにシャッター押したら思い通りに撮れる」ようになるべき。最近ようやくそういうふうになってきた

  • 今までは、実は単なる優秀なカメラオペレーターにすぎない人も「写真家」として大きな顔ができたというわけだ。でもそれももうおしまい。

  • 昨今のカメラの進化によって「技量」の底上げが起こってしまっていること、そしてそれによってオペレーション技術はプロの持っている技術の一要素に過ぎないんだけど、それが及ぼす影響は大きかったということを明らかにした優れたプロジェクトだと思う

  • あと、このプロジェクト、ファッションフォトだから成立してるよねー、とも思う。「うまい写真問題」における「ファッションフォト的なもの問題」はまた別の機会に
【「お前は何も分かっちゃいねえ」という趣旨の反応をいくつかいただいたので追記】

  • まあ、ぼくが蒙昧であることは認めますが、こういうことです↓

  • カメラマンの能力

  • カメラの性能が格段に高くなっちゃったので、総合的に「プロって何が凄いんだ?」っていう疑問が生まれやすくなったよね、ということが言いたかったわけです。現にそういう質問よくされるよ。

  • このプロジェクトがすごいなあ、と思うのはこの部分をさっぴくことで「プロの何が凄いのか」を明らかにしていること

  • そしてぼくが言いたかったのは、そもそもこういう問題がなければ、プロのカメラマンにわざわざチープなカメラを持たせようとは思わないでしょ? ってこと。だってカメラの性能以外の部分を誰もがちゃんと見極めることができているのであればこのプロジェクト自体が成立しないわけですから

  • 「ファッションフォトでしか成立しない」と言ったのも、このカメラマンの能力の内容成分の重み付けは写真の分野によって異なるから

  • あと、やっぱりこの手の問題になると一家言持った人がリプライしてくるんだなー、と思った