• 次回の団地団(2017年4月24日 19:30〜 阿佐ヶ谷ロフトにて。詳しくは→こちら)でみんなでおしゃべりしようと思っている内容がてんこもりでして。稲田さんの新刊『ドラがたり — のび太系男子と藤子・F・不二雄の時代』、山内さんが短編小説を寄せている『団地のはなし — 彼女と団地の8つの物語』、うめさんの『おもたせしました』、これらについて。いずれも団地団メンバーです。いかにぼくだけ仕事してないかが分かるってものです。がんばらねば。

  • そしてゲストにはすばらしい団地マンガ『サザンウィンドウ・サザンドア』の作者である石山さやかさんをお迎えします! ちょうたのしみ。

  • で、もうひとつ。同じく団地団メンバー今井さん(今回は登壇されませんが、ぜったいどこかで見てるはず)の『アリスと蔵六』のアニメ化だ。これについて、イベントでお話ししようと思っていることを、以下に。

  • 物語中、ぼくがもっとも「おお!」と思ったのはこのシーン↓
    AZ
    「イメージって余計な情報に簡単に左右されますから 『自由な想像』を能力として使いこなすのってじつは難しいんです この現実の暴風雨に体力を奪われるのを五感で感じながら…… 『雨にまったく濡れていない自分』を想像できます?」
    「想像さえすればそれが現実になる」は万能に思えるけれど、実はその「想像」がけっこう困難である、というのはほんとうにその通りで、すごくおもしろい。これこそこの作品のテーマだとぼくは思っている。

  • なので他の能力者たちが「一種類のものしか現実化できない」というのも納得した。圧倒的な現実を前に安定して「想像」できるものって、一人の人間につきひとつぐらいのものかもしれない。ぼくは趣味でジャズピアノを弾くのだけれど、自由にインプロビゼーションというのはなかなかできなくて、ついつい手癖で「いつものフレーズ」を弾いてしまう。それとこの能力は似ている。

  • 以前「団地団」のイベントで作者の今井さんが「なんでもありに見える『不思議の国のアリス』だけれど、実は今のぼくらには簡単に想像できるのに、アリスには(ルイス・キャロルには)想像できなかったことがある。それは『空を飛ぶ』こと。アリスは空を飛ぶことだけはしない」と言っていたのを思い出す。
    『不思議の国のアリス』は1865年に出版された。ライト兄弟がはじめて有人飛行したのはずっとあとの1903年。現実は想像より強い。

  • ミリアム・C・タチバナが出現させられるのは、死んだ夫の腕(頭も体もなく腕だけ)というのも興味深い。彼女が安定して想像できるのは愛した夫の腕ということ。腕だけ。これってすごくグロテスクで、フェティッシュ。

  • そういう意味で一条雫が「術式」を唱えることによって、何種類も出現させられるのもすごく面白い。どうして魔法を使うときに「呪文」が必要なのかが分かった。つまり現実の圧倒的な情報によって想像力が攪乱されないようにするための、いわば瞑想なのだ。

  • あと「紗名はどうして子供なのか問題」があるな、と思う。ある時突然人間の形をして存在を始めた彼女は、どうして子供として出現したのか。大人でも幼児でもなく、子供として。

  • 「子供」という概念が「発見」されたのは17世紀とされているが、「子供服」が人類史に出現するのはヴィクトリア朝時代。なんと『不思議の国のアリス』の挿絵に描かれた服がその嚆矢だという。子供服は、その誕生からして「キャラクター商品」だったのだ。(『アリスの服が着たい — ヴィクトリア朝児童文学と子供服の誕生』より)

  • コミックスにはなくて、アニメ化で追加されたものに、裸で逃げ出した紗名が、アリスのような子供服を出現させて自分に着せるシーンがある。以上のような「子供問題」を連想したので、あのシーンの追加はすごくいいな、と思った。

  • また思いついたら追記していきますー。みなさんぜひお越しください。

  • あ、あと「マンションポエムの最終形態」ともいえる物件があったので、それについてもプレゼンテーションします。