ここのところ写真論的なエッセイを書いている。先日は『ゲンロンβ16 : 対話する哲学』に「心霊写真と自撮り」と題して、撮影者と被写体が一体化している自撮りを心霊写真と結びつけて考察したエッセイを寄稿した。ぼくらしからぬとてもちゃんとした論考で、自分で言うのもなんだがすごくおもしろいので読んでほしい。

で、本文で書ききれなかった「コティングリー妖精事件」について以下に。

cottingley_4

これは1917年にイギリスはヨークシャー州コティングリーに住むふたりの少女によって撮影された妖精の写真。心霊写真史を語る上で欠かすことのできないものなのだが、「心霊写真と自撮り」では、妖精にまで触れると収拾がつかなくなるのでやむなく割愛した。

シャーロキアンにあこがれたぼくにとって、コティングリー妖精事件の顛末は興味深くそしてちょっと切ない。なぜなら、これはシャーロック・ホームズの生みの親であるコナン・ドイルの晩節を汚した事件だからだ。ドイルは本まで出版してこの写真を本物だとして世に広めたのだが、彼の死後に捏造であったことが当事者によって告白された。

おそらく最も有名な心霊写真であるこの妖精。「心霊写真と自撮り」でぼくは、インスタグラムを代表とする現在の写真SNSにおいては、カメラそれ自体が "幽霊" になっていると書いた。興味深いのは、そのインスタグラムもまた「妖精」に関係しているということ。インスタグラム特有の正方形フォーマットはコダックの「インスタマチック」のそれを踏襲していると言われる。そのインスタマチックカメラはそれまで主流だったブローニー・フィルムを使う正方形フォーマットを踏襲している。そしてこのブローニーの語源はなんと妖精なのである。つまりインスタグラムの正方形はいわば妖精のしわざなのだ。

スピリチュアリズムの信奉者であったドイルにとって、心霊写真は死者の霊など目に見えないものが存在する証拠品であった。このことは、ホームズが「あの女性 」"The woman" とただひとり定冠詞をつけて呼ぶ特別な存在であるアイリーン・アドラーが登場する「ボヘミアの醜聞」のストーリーと合わせて考えるととてもおもしろい。この事件でホームズは、手紙の筆跡も専用封筒も偽造できる以上証拠にはならないが写真は決定的だ、と言う。いまでは疑わしい写真の証拠性を、ホームズはみじんも疑っていない。

そしてこの物語の最後で、依頼人に褒美は思いのままだと言われたにもかかわらず、ホームズが報酬として求めたのは自分を出し抜いた "The woman" の写真だった。証拠性と、センチメンタルな性質。「ボヘミアの醜聞」は写真の対照的な2つの機能を描いた意味でも名作だ。