「住宅都市整理公団」別棟

ここは団地マニアのためのウェブサイト「住宅都市整公団」の総裁のblogです。団地だけじゃなくて工場やジャンクションや高架下建築や。

ワークショップ

8月24日の13時から「うまくならない写真ワークショップ」お題は「他人になりきって撮る」

名称未設定-1

思いついたように行っている「うまくならない写真ワークショップ」ですが、現在デイリーポータルZ編集部で全3回のフルセットを行っております

次回は3回目最終回。8月24日の13時から渋谷で行われますが、この回だけの参加も受け付けます。参加したい!という方は「8月24日ワークショップ参加希望」のタイトルで danchimania@gmail.com にメールをください。今月いっぱい7月31日を申し込み締め切りにします。どうぞお気軽に。

で、その宿題ですが、第1回は「好きでもなんでもないものを撮る」、2回目が「毎日同じ時間に撮る」とやってきました。これは、このワークショップが「個性とかセンスとか、そういうの禁止!」を旨としていて、そういうやっかいな "良い写真" を撮らないようにする仕掛けなのですが、次はその究極「他人になりきって撮る」です。

8月24日までの毎日、1日1枚ある人に「なりきって」写真を撮ってもらいます。すごーくおもしろいよ。

参加申し込みお待ちしておりますー。


デイリーポータルZで「うまくならない写真ワークショップ」開催

久しぶりに3回フルセットの「うまくならない写真ワークショップ」をやりますよ。しかもデイリーポータルZプレゼンツ。
名称未設定-1

■うまくならない写真ワークショップ

■日時
1回目:6月22日土曜日(悪天候の場合6月23日日曜日) 13時〜
2回目:7月27日土曜日 13時〜
3回目:8月24日土曜日 13時〜

■内容
1回目:好きでもなんでもないものを撮る
2回目:(宿題)毎日同じ時刻に撮る
3回目:(宿題)他人になりすまして撮る

■参加費は1回2,000円

■8名様限定(先着順)

■会場 :
デイリーポータルZ公開編集部
渋谷ヒカリエ8階 クリエイティブラウンジMOV aiiima3

■申し込み:
こちらから
続きを読む

横須賀で「うまくならない写真ワークショップ」開催。そして擁壁に夢中になりつつあるぼく。


ひさしぶりに「うまくならない写真ワークショップ」やります。今回は横須賀で!
■うまくならない写真ワークショップ@横須賀
■2013年5月12日(日)10:00〜16:30
■集合場所:産業交流プラザ(横須賀市本町3-27ベイスクエアよこすか一番館3階)

大きな地図で見る
■定員 20名
■持ち物:デジタルカメラ(またはカメラつき携帯電話)など。歩きやすい服装。
■昼食休憩のためにいったん解散しますので、その間に各自昼食をおとりください。持参したお弁当を集合場所で食べることもできます。
■参加費:500円(保険料含む)。その他、交通費、飲食費等は各自でご負担ください。
■参加申し込みは参加者全員の氏名、年齢、代表者の住所、電話番号を記載のうえ、art-event@city.yokosuka.kanagawa.jp に「写真WS参加」のタイトルでお申し込みください(1通につき4名様まで)。4月30日(火)必着。応募多数の場合は抽選となります。
■詳しくは→横須賀美術館「イベント」
今回は横須賀美術館主催という形です。こういうのははじめて。

タイトル通り、まったくうまくなりません!なにがどう「うまくならない」のかというと、そもそもみんななんのために写真うまくなりたいんだっけ?ってことです。世界はすばらしいです。なのに、僕らは「うまい写真」にふさわしい被写体を探して、その素晴らしさの多くを見逃してしまっています。本来写真って、そういうものじゃないはず。

具体的には2時間ほど街を歩いて「好きでもなんでもないもの」をひたすら収集してもらいます。

看板に偽りなしで、もうまったくうまくならないけど毎回ミラクルが起こる、ちょう楽しい写真ワークショップ。裏テーマは「自分探し禁止!」です。なんか写真でもやもやしている人ぜひお越しくださいませ。

あとね、今回の開催場所である横須賀がまたふつうに面白い街なので、カメラ持ってみんなで楽しく散歩、ぐらいのつもりでおいで頂いてまったくかまいませんので!

いやほんと、今回横須賀美術館の方と下見してみて、この地の魅力を再認識しましたよ。一般的には横須賀って言ったら軍港ってイメージなんでしょうが、ぼくにとってはトンネルの街だったわけです(→「トンネルって、2度楽しめる!」をご覧ください)。聞けば日本で一番トンネルの数が多い市なんだそうですよ、横須賀。続きを読む

うまくなりたい人参加禁止!2012年7月22日(日)、8月19日、9月16日、大阪で「うまくならない写真ワークショップ」

umakunaranai

久しぶりにフルセットの「うまくならない写真ワークショップ」をやりますよ。念願の大阪で!

■うまくならない写真ワークショップ in 大阪
■2012年7月22日(日)、8月19日、9月16日、の3回1セット(あくまで3回で1セットです!おのおの個別への参加はできませんのでご注意!)
■それぞれstart 15:00 finish 20:00(予定)
■参加費は3回分で¥9000
■20名様限定
なんば白鯨にて

大きな地図で見る
■参加申し込みは下記アドレス
namba_hakugei999@yahoo.co.jp
宛に、タイトル「7/22ワークショップ」、本文に氏名(カタカナ)、メールアドレス、チケットの枚数をご入力下さい。
※パソコンからの返信メールをもって予約完了となりますので、パソコンからのメールを受け取れるアドレスからお申し込みください。


タイトル通り、まったくうまくなりません!

でもほら、みんななんのために写真うまくなりたいんだっけ?ってことです。世界はすばらしいです。なのに、僕らは「うまい写真」にふさわしい被写体を探して、その素晴らしさの多くを見逃してしまっています。本来写真って、そういうものじゃないはず。

タイトル通り、ぜんぜんうまくならないけど毎回ミラクルが起こる、ちょう楽しい写真ワークショップ。裏テーマは「自分探し禁止!」です。

具体的には

1回目:すきでもなんでもないものをひたすら撮る
2回目:決まった時刻に何も考えずにシャッターを切る
3回目:他人になりきって撮る

というのをやります。

(以前同じ内容で行ったカルチャーカルチャーでの様子はこちらのレポートで。
→1回目:好きでもなんでもないもを撮るとどうなる?
→2回目:とにかく同じ時刻に撮るってのを1ヶ月続けるとどうなる?
→3回目:他人になりすまして撮るとどうなる?

ぼくは表現における自己責任というやつがきらいです。ぼくは、ぼくたちが撮る写真がいつのまにか「作品」になってしまって、撮影者の個性を表現しているものとして扱われているのことに強い疑問を感じています。

「ふーん、○○さんって、こういうの撮るんだー」

って言われるかと思うと、なんだか写真見せるのためらいませんか?自分自身が品定めされるようで。カ メラ雑誌によく書いてあるじゃないですか。「むずかしいことはいいんです。あなただけの一枚を大切に」とか「自分の感性のままに」って。あれ、自分探しで すよね。なんでカメラ抱えて自分探さなきゃならないのでしょう?自分探すより団地探したほうがいいっすよ!いやまじで。

こういう「自分探し」を繰り返していると、いつのまにか目的が「良い写真を撮りたい」ではなくて「良い写真を撮れる自分になりたい」にすりかわったりします。これでできあがるのは「良い写真」ではなくて「良い写真を撮った自分の記録」ではないでしょうか。

この状態から抜け出すのはたいへんです。ぼくもこうでした。いや、いまでもそうなのかもしれません。そこで、このワークショップでは「自分のことを忘れて撮る」ということをやってもらうわけです。

来たれ!写真でもやもやしている人!うまくなりたい人参加禁止!

雑誌「写ガール」誌上「うまくならない写真塾」4回目『瞬間写真』


IMG_0004


雑誌「写ガール」誌上で開催している「うまくならない写真塾」も4回目。今号にそのレポートが載っています。

写ガール vol.11

この写真塾はずっとやっている「うまくならない写真ワークショップ」でやっている「カメラ抱えて自分探しはやめよう!」という趣旨の、ほんとにこれ写真のワークショップなのか?っていう楽しい催しを写ガール主催でやっているもの。

IMG_0006

今回のvol.11に載っているのは、「瞬間写真」の回。3人のちょうすてきな"生徒"さんに、2週間毎日2枚ずつ、同じ時刻に撮ってもらったものを講評しました。たのしかった!

IMG_0007

ちなみにこの「毎日同じ時刻にとにかくシャッター切る」というのは、毎回のワークショップの他にtwitterでもやってます→「瞬間写真のまとめ」

これやるとなにがおもしろいかって、たとえばこのtwitterでやってるのは12:30にみなさんにシャッター切ってもらってるんだけど、そうするとお昼ご飯食べてる途中だったり、食べ終わったところだったりするわけ。

たとえば2012年5月10日の内海さんの12時30分。
pictist

ふつう「写真を撮ろう」っていう場合、食べる前の料理は撮っても、こういう状態は撮らない。入院患者の食事ちゃんと食べたかどうかの記録なんかじゃないかぎりね。

ぼくらは「撮るに足ると思われる場面を認識したとき」にのみカメラを構えるようになっちゃってる。それはつまり「写真とはこういうものだ」という既知の結果から逆算して、それに見合う場面を生活の中に探しているということ。そこから抜け出すために「とにかく時間が来たら撮る」というルールを課しているわけ。もう2年以上毎日やってるんだけど、楽しいのよ、これが。

ぜひ「写ガール」見てみてください。この「写真塾」は全6回で、あと2回でおしまい。次回以降の"生徒"募集してますので、興味ある方はぜひ!

あと、ワークショップの内容は拙著「楽しいみんなの写真」にも詳しく書きました。こちらもぜひー。


2012年5月13日「うまくならない写真ワークショップ 大阪」

osakaws

念願の大阪開催です!この日を待っていました。うれしい。

■うまくならない写真ワークショップ 大阪
■2012年5月13日(日) 14:00〜19:00(予定)
なんば白鯨にて↓

大きな地図で見る

■お申し込み方法はこちらから

なんで写真が「うまく」ならないんだろう?っていうか、うまい写真ってなんだろう?写真ってもっと楽しいものじゃなかったっけ?「うまい写真」を撮ろうとす るとき、ぼくらは無意識に「うまい写真を撮れる自分になりたい」を目指しちゃいないだろうか。そこに写っているのは「うまい写真」ではなくて、「うまい写 真を撮った自分の記録」なんじゃないでしょうか?

…というのは、過日出した「楽しいみんなの写真」に書いたとおり。

今回は「好きじゃないもの撮りなさい!」っていうのをやります。1回完結。もう何回もやったけど、ほんとうに楽しい。「写真の腕に自信がある」人はお断り!なんとなく写真撮るのが好きでカメラも買ったけど、なんかもやもやしているすべての人(ぼくもそうでした)を大歓迎。
 
近畿圏の方々、ぜひ!
 
 

【日程変更まだ受け付けます!】2012年4月21日(土)「うまくならない写真ワークショップ」柏編やりますよ

20120413

【4月13日追記修正:当初14日開催予定でしたが雨天のため延期しました。のでまだ参加者受け付けます!】

ひさしぶりにワークショップやりますよ!

■NHK文化センター主催「うまくならない写真ワークショップ」柏編
■2012年4月21日(土)12時30分〜18時(当初14日開催予定でしたが雨天のため延期しました。のでまだ参加者受け付けます!)
NHK文化センター柏教室

大きな地図で見る
■料金・NHK文化センター会員 3,150円/一般[入会金不要] 3,675円
■申し込みはこちらから

タイトルに偽りなしで、うまくはなりませんがとても楽しいです。先日いままでのワークショップの成果を本にしましたが【→写真でもやもやしている人へ「楽しいみんなの写真」】、ようするにこのワークショップでは「カメラかかえてわざわざ自分探しをやめよう」というものです。ぜんぜん「ようするに」じゃないなこの説明。

えーとね、写真に興味がある人、写真が好きな人、かつての自分もそうだったけど、そういうみんなって「写真家」を目指しちゃうんですよ。つまり「作品」を撮ろうとしてしまう。でもそれだけが写真行為じゃない、ということを言いたいわけです。というか、それってカメラができることのほんの一部なのだ。

とはいっても、なかなかひとりでは「作品の呪縛」からは脱却できないから、ワークショップ形式でみんなでやろう、というもの。

いつも3回セットでやっているこのワークショップなんだけど、今回は1回モノ。なので、お試しでお気軽にどうぞ。具体的には「好きでも何でもないモノ撮って!」っていうお題で柏の街を歩き回ります。ぜったいおもしろいよー。

写ガール「うまくならない写真塾」今回は「変な場所で撮る!」

紹介遅くなってしまいましたが、ぼくが誌上ワークショップをやっている「写ガール」が発売になってます。

_DSC1589

『写ガール 9』 エイ出版社 880円

これはぼくがずっとやっている「うまくならない写真ワークショップ」の「写ガール版」。毎回読者のみなさんに参加募って実施したものを記事にしています。続きを読む
tw fc
カモ
「別棟」じゃない本サイトはこちら
メルマガ登録
工場見に行くなどのイベントをメールでお知らせします。登録はこちら
ぼくが出した本たち↓
150

名団地たちをペーパークラフトにしました。
門外不出の旧公団による古い団地写真も多数!
DPZロゴ
デイリーポータルZで連載しています。これまでに書いたもの一覧はこちら
更新月ごと
Twitter @sohsai
記事検索