対象年齢:14才~
プレイ人数:2人
プレイ時間:約15分
Designer:BrunoCathala&LudovicMaublanc
5981938a.jpg


ワトソン「くそっ、また現れたかっ、なんとかならんのかホームズ?」
ホームズ「どうだろねぇ、敵さんも結構頭が切れるみたいだからね…それよりワトソン君、今夜暇かい?」
ワトソン「空いてるが…なんだ?」
ホームズ「では用意をしたまえ、ジャックとデートだ」
ワトソン「わかった。」

ホームズ&ワトソンに追われジャックはホワイトチャペルの通りへと逃げ込んだ…
ジャック「ヤツがあのホームズか、幸いまだ顔は見られてない!絶対逃げきってやる!!」

ついにホームズVSジャックの頭脳戦が幕をあけた……



対戦型かくれんぼゲームなのでホームズを選んだプレイヤーはジャックを見付ける事
ジャックを選んだプレイヤーはホームズから逃げ切る事で勝利します。

9枚のT字路にキャラクターが描かれたタイルを3×3で並べたらホワイトチャペルの通り(ゲームボード)の出来上がり。
ef808db2.jpg



ホームズ側はホームズ、ワトソン、犬のトビーのトークンを周りに配置し、トークンから通りにいるキャラクターが見える(通路が繋がる)様に移動したり、通路タイルを移動・回転させたりします。
ジャック側もアクションは概ね同じですが、始めにどのキャラクターがジャックかをランダムで相手に秘密で決めるので、基本は『そのキャラクターだけが見られてる』状況にしないようにします。

ちなみに奇数ターンはホームズ側、偶数ターンはジャック側が先手で各ターン「先手→後手×2→先手」と奇数ターンでランダムに決められたアクションから選んで行います、当然使用されたアクションは使えません。
テストプレイではジャック側が有利な気がしました。

キャラクター達
b7efe89c.jpg