対象年齢:10才~
プレイ人数:2~4人
プレイ時間:40~60分
Designer:MichaelRieneck

「よぅペドロ、調子はどうだい?」
「んー…まぁ悪くないね、そうだ、よいタバコが手に入ったんだ、持っていきなよ。」
「おっ、ありがとう、ホセはどうだい?」
「今年のサトウキビは高く売れそうだってこの前言ってたよ」
「そりゃぁいい、次の船にたっぷり積み込もう。」

プレイヤーは港町サンティアーゴ・デ・クーバの商人となり、葉巻、ラム酒、柑橘類等を輸出したり、町の人や建物を上手く活用して、勝利を目指します。
まず始めにスタートプレイヤーの右隣のプレイヤーが商品ダイスを五個振り…

任意の4つを船の上に目を変えずに置きます。

これは今入港している船に積める商品とその数を示しています。
プレイヤーは出番になると必ず1マスは自動車駒を時計回りに動かさなければなりません。
ただし2マス以上動かしたいときは1マスにつき1ペソ支払うことで何マスでも進めます。

そして白いマスに止まったから、そこにいるキューバ人の恩恵を受けたあと、対応する建物タイルへプレイヤー駒を動かし効果を適用します(例外あり)。
上の写真の場合はサトウキビ(白)を2個ストックから受け取り、黄色の花のエリアに置かれている建物タイルに自分のプレイヤー駒を置き、その効果を使用…

今回は新聞社に置き、1ペソ受け取り任意のキューバ人タイル1枚を自動車駒が通過するまで裏返し使用不可にしました。
そして手番は次のプレイヤーに、先程の新聞社の効果で次のマスのキューバ人が裏返っているので仕方なく1ペソを払い2マス自動車駒を進めました、

ここではオレンジ(橙)を2つ受け取り、赤い花のエリアに置かれている建物タイルにプレイヤー駒を置きます。

銀行の効果で2ペソを受け取り出番終了。
このように自動車駒を時計回りに動かしそのマスの効果を使うという分かりやすいルールです。
そして何手番かすると、自動車駒が黄色のマスに止まります…

このマスでは船への商品積み込みが行われます。
手番プレイヤーから順に手持ちの商品を一種類選び、任意の数を出荷し、勝利点を得ます。
ただし商品を1つ出荷するごとに対応するダイス目を減らし、0になった商品はどのプレイヤーも今回は出荷できません。
これを全てのプレイヤーがパスをするか、船の上の全てのダイス目が0になる(出航する)まで行います。
全てのプレイヤーがパスをして出荷が終了した時は、積み荷の価値を1つ上げます。

今回はまず黄色のプレイヤーがタバコ(緑)を2つ出荷し4vp手にいれ、緑のダイス目を3→1に…

次に青のプレイヤーがサトウキビ(白)を1つ出荷し2vpを受け取り白のダイス目を2→1に

ちなみに、船を出航させたプレイヤーは全てのダイスを振り、次の船の商品を決め、船タイルを1つ進めます。

そうやってキューバ人や建物の恩恵を受け商品やペソを増やしては出荷&出航を繰り返し、7隻目の船が出航したらゲーム終了。
手元に残った商品3つにつき1vpに変え、勝利点の一番多いプレイヤーの勝利です。