ボードゲームな毎日

2009年7月後半からハマりはじめたドイツ系ボードゲームを中心としたブログです。 基本はインストが苦手なのでインストするための覚書になってます。

トリックテイク

87.大聖堂カードゲーム(DieSaulenDerErdeDasKartenspiel)3

対象年齢:10才~
プレイ人数:3・4人
プレイ時間:60分
Designer:MichaelRieneck
572cc73d.jpg

あの大聖堂のカードゲームがボードウォークにあったので早速手に入れた…どんなんか楽しみだ(´∀`)
プレイヤーは建築士となり様々な職人や大聖堂ではおなじみのビルダー父子やアリエナやエリンに助けられながら、そして憎きハムレイ母子やウォールラン副司教に邪魔されながらも最高の建築士になるのが目的です……今回も大聖堂を建築する訳ではありませんww
まず始めに色を選び、同色の資源カード(砂1・木1・石1・金属0)とチャートカード(ドイツ語読めない)を自分の前にセッティング。
そして5枚ある得点カードを良くシャッフルし1枚を取り、残りのカード(各プレイヤー色の職人カード・中立カード)と混ぜてシャッフルし各プレイヤーに手札として同枚数配ります。
手札にアリエナを持っているプレイヤーがスタートプレイヤーとなりトリック開始。
手番では手札から任意のカード1枚(例外:アルフレッドは手札の最後の1枚の時しか出せない)を場に出して左隣のプレイヤーの手番になります。
一巡したら場に出された一番数字の大きい'カード'がそのトリックを取ります。
トリックを取ったカードが…
 ・中立(黒色)のカードならプレイしたプレイヤーが
 ・いづれかのプレイヤーの職人カード(赤・青・橙・緑)ならその色のプレイヤーが
場のカードを全て取り、次のスタートプレイヤーになります。
全プレイヤーの手札が無くなったら1ラウンド終了。
各プレイヤーはトリックで手に入れたカードから他プレイヤー色の職人を捨て札にして残りのカードで得点計算。
まず中立カードで資源を得て、次に職人カードで得点を得、最後に特典カードの得点を合計します。
例えば…

28228ffc.jpg


まずトムから任意で石1つをフィリップからは金属1つを得、対応する資源カードのカウンターを増やします。
そして次に職人を使い…
effd1855.jpg


石工で4ポイント(石2→1)
道具職人で5ポイント(金属1→0)
モルタル職人で2ポイント(砂1→0)
構造学者で3ポイント(石1→0)
更に職人1人につき1ポイント(4人で4ポイント)を全て合計した18ポイントがこのラウンドでの得点になります。
b55e5944.jpg


そして特典カードは5種類各1枚あり、獲得してからゲーム終了まで恩恵を受けられ、1ラウンドに1枚配られていきます。
d32d3f30.jpg



なおかつ特典カードの最後の1枚が配られたラウンドでゲーム終了となり、一番ポイントが多いプレイヤーの勝利となります。



これスゴい!
大聖堂(ボードゲーム)をシッカリとカードゲームにしてるというか綺麗にまとめてるって言えば良いのでしょうか(・ω・)?
とにかく大聖堂好きにはたまらん一品だと思います。
ちなみに戦略性はかなり少く手札である程度は決まるなぁと感じました


68.七つの印(DieSiebenSiegel)4

対象年齢:10才~
プレイ人数:3~5人
プレイ時間:30分
Designer:StefanDorra
335ad9bb.jpg


「一発目ぢゃから間違いなかろう、青の15ぢゃ
「…ごめん、青ないから赤出すね、( ̄∀ ̄)ニヤ」
「なんですとぉ~っ(;∀;)」
e9662b9b.jpg


プレイヤーは始めに配られた15の手札を見た後で自分が何のスートでどれだけ勝てれるか予想し、そしてその分だけ『印(赤・青・黄・緑・紫)』を取るか、『妨害者(1人しか選べない)』となるか選びます。
スタートプレイヤーは手札から1枚を選びプレイします、次のプレイヤーはそのカードと同じスートのカードを手札からプレイしなくてはなりません。
ただし手札に無い時は任意のカードを出すことができます。
そしてスタートプレイヤーが出したカードの色で一番高い数字のカードを出したプレイヤーの勝ちです
ただし赤色のカードはゲームを通じて常に『切り札』なので赤のカードが出ている時は赤で一番高い数字のカードを出したプレイヤーの勝ちとなります。
038a5b82.jpg



勝ったプレイヤーは、手元にある同じ色の『印』を返し、次のスタートプレイヤーとなります。
手元に返す『印』が無いときは『黒の印』を取ります。
妨害者を選んだプレイヤーは『黒の印』を取る必要はありません。
これを手札が無くなるまで繰り返したら1ラウンド終了です。
手元にある…
『印』1つにつき-2点
『黒の印』1つにつき-3点
『白の印』1つにつき-4点
の失点になります。
妨害者を選んだプレイヤーは-4ですが、他のプレイヤーが持っている『黒の印』1つにつき+1点となります(ただし0点を越えない)。
失点を記録してプレイヤー人数の倍数分(3人なら3とか6)ラウンドを行い、失点の一番少ないプレイヤーが勝者です。


65.多すぎる料理人(ToManyCooks)3

対象年齢:10才~
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:30~45分
Designer:ReinerKnizia
a658a868.jpg


「さて、今日は何のスープ作ろうかなぁ…」
「私はオニオンスープ」
「ええっ!?マッシュルームのスープの方がええって」
「いやいやスパイシーチリスープもいいぞ」
「わしゃ何も作る気にならん」
『だったら帰れよー

32805eb6.jpg



各プレイヤーはスープ職人として今日のスープ(オニオン・マメ・マッシュルーム・チリ)を作ります、でも失敗作は他のスープ職人のせいに皆したいのです。
始めにメニューカードを5枚
材料カードを13枚ずつ配ります。
そして手札をを見てメニューカードを一枚選び(使いきり)一斉にオープン
ちなみにメニューカードはこんな感じ
f87fe089.jpg


メニューを決めたらプレイ開始
配られた材料カードをスタートプレイヤーから順に出していきます。
スタートプレイヤーが出したカードと同じスート(材料)を出して行かなければなりません
ただし無いときは何を出しても構いませんがチリを出した場合は以後、何を出してもOK

ちなみに材料カードはこんな感じ
dd1b4315.jpg


それぞれ0・1・2・3・4・5・10の数字が書かれたカードがあります。
ただし「0」だけ2種類あり小さい「0(ブイヨン)」は場のカードの累積値を変動させない
大きい「0(煮えすぎ)」は累積値をリセットして0にします
06b8c7ae.jpg



これらを各プレイヤーが出していき、数字の合計が10を超えたカードを出したプレイヤーが場のカードを全て引き取り、裏向きにして手札とは別に置いておきます。
カードを取ったプレイヤーがスタートプレイヤーとなり繰り返し、手札の最後の1枚を誰かが出した場のカードを誰かが取ったら1ラウンド(1日目)終了で
始めに出したメニューカードに対応する得点計算を行い、

新たに13枚配り直し、未使用のメニューカードから次ラウンド(2日目)のメニューを決め…というように5ラウンド行ったらゲーム終了です。
一番得点の多いプレイヤーの勝利となります。

プロフィール

sohsak

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ