ボードゲームな毎日

2009年7月後半からハマりはじめたドイツ系ボードゲームを中心としたブログです。 基本はインストが苦手なのでインストするための覚書になってます。

パズル

132.ネオス(NEOS)

対象年齢:8才~
プレイ人数:1~4人
プレイ時間:15分
image

各プレイヤーは毎ターン指定されたカードをプレイして12ターンで出来るだけ多くの得点を得ることが目的となります。
image

始めに各プレイヤーに手札として6枚のカードを配った後、共通の読み札として12枚を裏のままよけ、残りを山札とします。
各ターンの始めには読み札を一枚めくってアルファベットを2つ読み上げることで、このターン、プレイ出来るカードが決まります。
image

この場合「C」「E」

プレイは全プレイヤー同時に行い、読み上げられたアルファベットが少なくとも1つは含まれるカードを自分の前にプレイします。
image

2ターン目以降はそのカードの左右どちらにでもプレイ出来ます、ただしカード間への挿入プレイはできません。
image

そして最後の読み札を読んだターンが終われば終了。
アルファベットの線(帯?)と一番下の色が3つ以上つながっているグループ毎に得点となり、最多得点のプレイヤーが勝利です。

得点計算は
A:3点
BC:4点
DE:6点
F:7点
色:5点
で3つ以上つながってもメリットはありませんw
ちなみに…
image

この場合だと
Dで6点
Fで7×2=14点
色(赤・青)で5×2=10点
トータル30点となります。
ゲーム会でのちょっとした時間調整とかにいいかもしれません。

91.くるりんモグラ(BuddelCompany)3

対象年齢:5才~
プレイ人数:2~6人
プレイ時間:20分
Designer:GunterBaars
e44855c5.jpg

「ヘイ!ブラザー、見張りはたのんだぜ!」
「まかせなブラザー、安心して穴掘ってくれ!」
2af53d25.jpg

プレイヤーは手番中に必ず3回モグラをひっくり返し、受け取ったカードに描かれているモグラの色と数の条件を次々に満たすのが目的です。

モグラの駒は全部で5色、各色4匹のモグラが違う色同士のペアになり、互いに足で引っ付いています。
b34b2080.jpg


カードは難易度が1~4あってシャベルマークの数で表されており、
acbdc5da.jpg


始めにこれを各プレイヤーは手札として難易度の一番低いカード1枚受け取ります。
b92d7c4d.jpg


手番には異なる穴を掘っているモグラを3回ひっくり返さなければなりません。
その後、手札カードの条件を満たしていたなら、
725a7532.jpg


カードを得点として得、山札から1枚カードをドローします。
こうやって山札が尽きて、カードがドロー出来なかったら終了。
手に入れたカードのシャベルマークの数を累計し、一番多いプレイヤーの勝利です。




プロフィール

sohsak

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ