対象年齢:10才~
プレイ人数:3~5人
プレイ時間:30分
Designer:StefanDorra
335ad9bb.jpg


「一発目ぢゃから間違いなかろう、青の15ぢゃ
「…ごめん、青ないから赤出すね、( ̄∀ ̄)ニヤ」
「なんですとぉ~っ(;∀;)」
e9662b9b.jpg


プレイヤーは始めに配られた15の手札を見た後で自分が何のスートでどれだけ勝てれるか予想し、そしてその分だけ『印(赤・青・黄・緑・紫)』を取るか、『妨害者(1人しか選べない)』となるか選びます。
スタートプレイヤーは手札から1枚を選びプレイします、次のプレイヤーはそのカードと同じスートのカードを手札からプレイしなくてはなりません。
ただし手札に無い時は任意のカードを出すことができます。
そしてスタートプレイヤーが出したカードの色で一番高い数字のカードを出したプレイヤーの勝ちです
ただし赤色のカードはゲームを通じて常に『切り札』なので赤のカードが出ている時は赤で一番高い数字のカードを出したプレイヤーの勝ちとなります。
038a5b82.jpg



勝ったプレイヤーは、手元にある同じ色の『印』を返し、次のスタートプレイヤーとなります。
手元に返す『印』が無いときは『黒の印』を取ります。
妨害者を選んだプレイヤーは『黒の印』を取る必要はありません。
これを手札が無くなるまで繰り返したら1ラウンド終了です。
手元にある…
『印』1つにつき-2点
『黒の印』1つにつき-3点
『白の印』1つにつき-4点
の失点になります。
妨害者を選んだプレイヤーは-4ですが、他のプレイヤーが持っている『黒の印』1つにつき+1点となります(ただし0点を越えない)。
失点を記録してプレイヤー人数の倍数分(3人なら3とか6)ラウンドを行い、失点の一番少ないプレイヤーが勝者です。