対象年齢:10才~
プレイ人数:3~6人
プレイ時間:45~60分
Designer:KristianR.A.Ostby
22b52f07.jpg


「おほぉぉっ海が青いっサモア最高
「それはそうだけど…そろそろ宿泊先を教えてくれてもいいんじゃない?」
「いやほんとに『みんなを驚かしたいから、着くまで秘密な』って言うてたから結構楽しみにしとるんぞ」
「オーケー解った、スッゲェびっくりするで、実は……コレから探すっ
っ」
「マジかっ
「なっ?びっくりしたろ?」
0a692a91.jpg


各プレイヤーはサモア島にあるホテルのオーナーとなり、1日1便、イギリス・ドイツ・日本・ノルウェーから来る観光客を招いたり、もてなす為にホテル改築等をして、2週間(12ラウンド)でどれだけ資金を増やす事ができるかを競います。
まず始めに4ヶ国のタイルをシャッフルし一列に並べます。
左から順にどの国の飛行機がやって来るかを表していて、各国の観光客はやって来た次の自国の便で帰ります
そして、建築タイルと何人/何グループの客がやって来るかが公開され、建築タイルと観光客の競りを行います
例えば…
58f8eb00.jpg


これだとプールが増設でき、ノルウェーから3人・2人の2グループが来るということ
公開されたら全プレイヤーは手札から裏向きで価格カードをプレイし、一斉にオープン
333b5223.jpg


カードの上半分(ハンマー)の数字が建築タイルを競り落とす価格(一番高値のプレイヤーから獲得)で下半分(旅行鞄)の数字が客1人の宿泊料金(一番低いプレイヤーから順に獲得)になっている。
もし同じ価格のプレイヤーが居たら
1693457a.jpg


プレイヤーの'間'に置かれた『タイブレイクカード』の矢印方向で優先順位がきまります。
先に建築タイルから購入処理をし、建築タイルが残っていれば次のプレイヤーも購入できる。
客の獲得は、まずグループを選び、その中から任意の数の客を自分の空いてる部屋に置く事が出来る、ただし1人/1部屋である(例外あり)。
しかも客は次の自国便まで居続け、収入は最初だけ
これも同じく、客が残っていれば次のプレイヤーも獲得できます
そして何も獲得出来なかったプレイヤーは価格カードを手札に戻し、『建築タイルの購入』か『客の獲得』をしたプレイヤーは価格カードを捨て札にします。
ちなみに6ラウンドと最終ラウンド(週末)には普段の倍の観光客が押し寄せて来るので、いつもなら4人しか来ない状況でも…
00303739.jpg



このように8人の団体様になります。

基本的な流れはこんな感じですが建築タイルには海水浴客からチップを貰えるプールの他にも、部屋代を2倍にできるスイートルールや部屋数を増やす増築、そして捨て札を手札に戻せる等のスペシャルタイルもあります。
観光客にも、チップ貰える海水浴客の他に、1部屋に2人泊まれる恋人たちや、隣の部屋に泊まる客の宿泊費が倍になるセレブ等々個性豊かですので毎回違う手筋で楽しめました。
最終ラウンド終了時に資金が一番多いプレイヤーの勝利となります。


日本語版がどんなBOXになるのか今から楽しみです。