IMG_4984
美味しいワインを探すには、大袈裟に言えばワインの歴史にも注意するといい。

古いものは思い出の味で美味しいと思われているが、それは間違いなく

科学的な裏付けがある。というのも1980年代初めまで濾過用の

フィルターがなく、時間をかけて静清させ瓶詰めをしていた。

小規模のブルゴーニュ等ではまさに手詰めで、有名なロマネコンティも

味の均一化を図るため何樽か混ぜて濾過なく瓶詰していた。

今回開けたワイン達も濾過によって旨味や香りが滓と一緒に取り除かれた物

とそうでないものの違いが若い順から飲み進めて行くと、70年代から

急に胸に迫ってくる香り、深い味わいと余韻の長さに味の景色が変わったと

気付かされる。それは今よりも天気に左右され、「ガチ」で収穫量を落として

造っていたのと、大気温が低く夜間と日中の寒暖の差が15度以上あるという

理想的な環境の現れだった。
IMG_4990
軽めだがバランスよくできた’88マジシャンベルタン。

IMG_4998
トロワグロなどの星付きレストランの為に詰められた’85、

この鼻を擽る魅力的な香りは他には見当たらず、シャンベルタンと

同格を感じさせる。

IMG_4999
’78はまさにレーズンフレーバー全開で70年代最高の当たり年と言っても

過言ではない味の風格を見せた。

IMG_5000


IMG_4995
’72は外れ年とされていて、価格も安めで探せばまだ見つかるので

お勧めだ。ただ開くのに時間がかかるので前日抜栓は必要。

IMG_4994
前回のミュジニでも圧倒された名手「クレールダユ」、

そのカズテイエ。プルミエクリュながら堂々たる体格で

’85よりもスケールが大きく説得力のある味わい。

「これだけでもいい」という人続出

IMG_4993
パトリアルシュの最後の末裔(ノエミヴェルノ)を付けた’64の

シャンベルタンは圧巻で「膝まづいて脱帽して飲むべし」は

モンラシェだけでないことに一同異論はなかったはずだ。

IMG_5004
オードブルはあわびスモーク、チューリンガー、本マグロハム

IMG_5006
寿司はインドマグロづけ、平目昆布〆、こぼれ帆立

IMG_5007
メインはカナールオフランボワーズ、ポテトピュレ、ごぼうロースト

IMG_5008
1958年アルマニャックをたっぷりしみ込ませたデセールはオペラ




























































































IMG_5000