お悔やみの言葉 文例

お悔やみの言葉 文例

日頃親しく行き来している家にご不幸があった場合、訃報を受けたらできるだけ早くその家を訪れ、お悔やみの言葉をお伝えします。
この際、「何でもお手伝いさせていただきます。」と付け加えるのが礼儀です。

お悔やみの言葉 弔電 文例

近所の場合

「この度はご愁傷様でございます。突然のことで驚いております。なんと申し上げてよいか、私も親しくさせていただいておりましたので、まるで身内を亡くしたかのような気がします。何とお悔やみ申し上げてよいか。せめて何かお手伝いできることがあればと思いますので何でもおっしゃってください。」

心のこもったお悔やみの言葉を述べると同時に、下働きなどを買って出るなどしましょう。

一般の弔問の場合

先方が弔問を受け入れる用意のととのったころあいを見計らって訪れる。

「この度は本当にご愁傷さまでございます。突然の思いがけないことで、どんなにかお哀しみのことでございましょう。お疲れが出ませんように。」

心のこもった簡単な言葉でお悔やみを述べ、取り込み中でしょうからと長居をしないことが大切です。

お通夜

一般の人で告別式に出られない場合などにお通夜に参加するときは、なるべく定時刻に着くようにし、弔問客も多いでしょうから、喪主に簡単な挨拶をします。

「この度はおつらいことでございますね。心からお悔やみ申し上げます。どうぞお気を落とされませんように。」

弔電

弔電は一般的な短い文章で次のようにするか、個人的な故人への感情や言葉を付け足してもかまいません。

「○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。」

「○○様のご逝去を悼み、ご冥福をお祈りいたします。」

「○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。」

→香典の書き方とマナー 通夜・葬儀・法事 トップページへ



soix10sept at 00:00│clip!お悔やみの言葉 | 弔電