2014年10月22日

第930話(屏風祭)

P2014_1019_105318少し前の話ですが、この前の土曜日に久しぶりに美観地区を歩きました。人力車が行き交い、電柱のないスッキリした通りは人の心を和ませます。

その美観地区で屏風祭が開かれたので、穏やかな気候にも恵まれて、いつも以上に人出も多かったようです。P2014_1019_104010古くからある家の個性豊かな屏風が飾られています。写真は、屏風と鎧が並んで展示されているところ。時間が限られていたので、全部を見て回ったわけではありませんが、この「屏風祭」いい催しです。また、写真はありませんが、家の軒先のさり気ないオブジェにも粋なものがあり、目を楽しませてくれます。美観地区は何度来ても飽きることのないところです。

続きを読む

sojafc01 at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月19日

第929話(初の・・)

P2014_1019_121831プレーオフ進出のためには、絶対勝っておかないといけない山形戦です。過去の対戦は圧倒的に優位、山形は天皇杯を戦い中2日で疲労が取れていない、山形は長い移動距離・・。ファジが有利な条件を探せば沢山あったのですが・・・。うまくいかない時はこんなものか?と思える展開になってしまいました。集中して入らないといけない時間帯(2分・8分)に2失点。初先発のウーゴはイライラを募らせて前半終わりに黄紙を受けハーフタイムで交代。後半どちらが先に得点するかで流れは変わると思っていましたが30分過ぎに決定的な失点。さらに気を抜いたプレー(オフサイドだろうと勝手に判断)からスタジアム全体の雰囲気を悪くする4失点目・・・。試合後、あんなに10番ゲートに来る足取りが重かった選手達を今まで見たことはありませんでした。P2014_1019_145905そして、激しいブーイング・・・。初めてです。それに、3失点目で席を立つ人の多かったこと・・・。

ファジは、相手が3・4・3だとどうも上手くいきません。1.5列や2列目から追い越す(飛び出す)選手を誰が捕まえるのか、はっきりしていないように見える時がよくあります。ボランチがしっかり付いてスプリントしないといけない場面もあるのですが、千明選手はそんなタイプじゃないし・・。DFラインは自分のマークを持ちながらの対応はしんどそうです。それから、明らかに違うのは、山形の選手は、しっかりパスアンドゴーをして脅威を与えようとしていること。ファジの選手はパスをつないで、個人の力で打開しようとすることが多いので、相手も的を絞りやすいようでした。兎に角、勢いの差、追うものの強み、を見せつけられた試合になってしまいました。

これから、プレーオフ進出を虎視眈々と狙っているチームとの対戦が続きます。ここで踏ん張らないと男じゃない!絶対的な力を持っているチームがあるわけではないので、予想もできない展開になるかも・・。絶対に諦めないこと、最後まで全力を尽くすこと、自分と仲間とサポータを信じること、これしかありません!!

続きを読む

sojafc01 at 19:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月17日

第928話(戦争体験)

P2014_1017_121129総社に行く時に通る裏道に面した農機具小屋の戸に、時々講演会の案内らしき張り紙がしてあって、実は前から気になっていました。今回は題して【戦争体験】。どんな話だろうと、会場の「憩いの家」に行ってみました。P2014_1017_112735弁士は御年90歳で背筋の伸びた元商業軍人で、昭和16年士官学校入学。主に宮崎の都城市で戦闘機「疾風」に乗っていたそうです。沖縄戦に向けて「特攻機」を援護しながら沖縄に移動させるのが任務でした。士官学校上がりの戦闘機乗りならではの話もありましたが、「日本を守らなければならない強い気持ちを持っていた」「農耕民族の日本人は戦争には向いていない」「戦争はよくない、してはいけない」「戦わずして勝つ=情報戦に勝つ」「特攻の発案者は●●ではないか?」等の話が印象に残っています。質問タイムで「何か例えば反戦活動のようなことはしていないのか?」と聞かれて、中国大陸にいた時期もあったことを踏まえて「残留家族・遺骨収集・拉致問題に関心がある」と答えていました。約2時間、司会者が座る事を勧めても立ったままでしたが、元気の秘訣は何か?との質問には「運動することです!」ときっぱり。今でもスポーツジム通いを続けている、百歳までは絶対生きそうな元気な人でした。今回の講演を主催した会は月一(第3金曜日)の勉強会をしているそうで、次回は「明智光秀」また、聴きに来ようかな・・・。

続きを読む

sojafc01 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)