2015年08月27日

第1094話(教育力)

寝屋川で痛ましい事件が起こってだいぶ経ちました。容疑者が完黙をしているようで、『動機』を含め事件の全容が明らかになるにはもう少し時間がかかるかも知れません。報道では、今のところ容疑者の異常性にスポットが当たっているようです。ただ、気になるのは少年少女が、街中をうろうろしていたのが夜中の時間帯。寝屋川市の人口規模がどの位なのかは知りませんが、過疎地ではないのですから、必ず何人かは大人が接触する機会があったはずです。

「声掛けが出来なかったのか?」あるいは「通報が出来なかったのか?」全国各地で「子供見守り隊」的な活動が行われているはずなのに・・。家庭のそれは当たり前ですが、地域や社会の教育力がここまで落ちているのか!と思わせる事件ではあります。

続きを読む

sojafc01 at 22:22|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年08月24日

第1093話(一生に一度は・・)

今までは花火(地元の小さな花火大会も含め)を会場に行って見たことはなかったのですが、今回行っちゃいました。日本最大の(少なくとも三大花火の1つ)秋田の大曲花火競技大会。いや〜、凄かったです。新幹線を乗り継いで盛岡へ。その後はバスで移動しました。あいにく、昼花火の時間帯は雨に見舞われたのですが、夜は雨も上がって、豪快な花火を満喫。DSC_007870万人の観客と共に、1万5千発の夜空の芸術を味わうことが出来ました。全国の花火師達が、1年かけて創作しただけあって、どれも甲乙付けがたい出来でした。「一生に一度は、見る価値あり!」正直そう思いました。

ツアーだったので、花火以外にも小岩井農場、角館、田沢湖、DSC_0030世界遺産の中尊寺訪問と、21日から23日までの東北・秋田岩手を巡る充実の2泊3日でした。

続きを読む

sojafc01 at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年08月19日

第1092話(色々な体験)

シルバーの仕事で、F氏宅に2回目の訪問をしました。氏はこの9月で90歳、この8月の初めに最愛の奥様を亡くされ、今は単身で生活されています。脳梗塞を経験されているのですが、頭脳明晰、私の作業中もPCに向かって勉強をされていました。ある機械関連メーカーのトップだった人ですが、戦争、空襲、朝鮮戦争特需、バブル等々、作業後の2時間ほど、身体に染みついた大阪弁で話を聞かせてくれました。氏は大阪の疎開先で空襲を受け、父上を亡くされているのですが、遺体を探して歩き回ったものの、とうとう見つからなかったのだそうです。もしかしたら・・と訪ねた大阪日赤病院に近づくと、「う〜う〜」という音が外まで聞こえてきます。何かと思えば、院内は重傷者であふれ、廊下・階段いたるところに横たわる患者さんが苦しんで、うめいているその声だったそうです。手がない人、顔がぐやぐちゃになっている人・・まさに生き地獄だった・・・。

「戦争はいけませんわ。するもんじゃありまへん。」

家の片付けをしたり、話を聞かせてもらったり、安否確認の含め、時々おじゃましようと思っています。

続きを読む

sojafc01 at 22:22|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
記事検索