2014年10月29日

第934話(芸術の秋です)

初めて鳥取の「砂の美術館」に行ってきました。例によって事前調べはせずに行ったのですが、それがかえって良かったと思いました。見るまでは、砂丘の砂を集めて、レリーフ調に作ったもの位を予想していたのですが、何の何の・・・、そのスケールの大きさは、半端じゃありませんでした。世界各国から集まった砂の芸術家たちが創り出す21の作品はどれの素晴らしい物ばかりでした。テーマは「ロシア」だったのですが、中でも私が気に入ったのは『ロシアの文学・トルストイと作品「戦争と平和」』です。会場内の照明を巧みに利用した陰影は見事で、砂で出来たものとはとても思えませんでした。また、20人の作者の個性が作品の中に微妙に出ていて、それも楽しむことが出来ました。

このロシアがテーマの展示は来年1月4日まで。4月から今度は「ドイツ」がテーマで開催されるそうです。(1.2.3月は制作期間)今度はどんな作品が並ぶのか?今から楽しみです。20141027_14331520141027_14325620141027_14484320141027_140936


続きを読む

sojafc01 at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月27日

第933話(去年と同じ?)

負けてはいけない試合、しかも後半48分・・・グああ〜! 何とも痛い勝ち点ゼロ。報道によれば、守備を固めて鋭いカウンターを狙っていたらしいけど・・。ただ、ピッチの中は守備的な選手が多くて攻撃は単独プレーにならざるを得なかったのでは?それから、地元新聞のK氏のコメントには疑問が。「・・ここ数試合続いていた負の流れを断ち切ることは出来た。選手たちが得たものは大きい。」と。前後の話の流れが分からないし、記事にする記者の感じ方もあるので何とも言えませんが、ショックの大きい負け方をしているのに『得たものは大きい』はないのでは・・。(言いたかったことは、試合全体として見れば反転攻勢のきっかけを得た、ということなのだろうけど)

兎に角、あと4試合になりました。これから残りはトーナメントのつもりで戦う必要があります。今までの試合を見ていると中盤の島田選手と、前の押谷選手は外せない気がします。サイドもスピードに乗ったドリで仕掛けられる選手のプレーを見たいものです。残り4試合、勝てない相手も1つもありません。気持ちです、強い気持ち!4×3=12。12点積み上げれば何かが起こります。

続きを読む

sojafc01 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月26日

第932話(フラワーフィールド)

20141026_124908暫らく動かしてないキャ・バスの稼働を兼ねて、玉島のフラワーフィールドに行ってきました。このFフィールド、子供が小さかった頃にサッカーの試合でよく行った玉島の森の先にあります。一面のコスモス畑になっているのですが、昨日から「持ち帰り自由」になったので(最盛期が少し過ぎたけど、まだまだツボミ状態も多くありラッキー)、精一杯持って帰りました。20141026_140613途中、玉島の森でキャバスの中でお茶(キャ・バスは中が広いので、のんびりできていいです)をして帰りました。今、玄関周りはコスモスでいっぱいです。続きを読む

sojafc01 at 23:02|PermalinkComments(1)TrackBack(0)