2014年07月29日

第893話(らしさ・・?)

代表監督が外国人に決まったけど、彼を連れてきた協会の人が「日本人の良さを引き出してくれるはず」と期待感を込めて語っていました。ところで日本らしさとは、例えば、細かいパスをスピーディーに回して相手を崩していく、ようなイメージがあって、しかし肝心なところで決断力がなくてシュートも少ないし(パスを選択してしまう)、裏を獲らないスタイルのように見えます。確かに中盤はボールに触る機会が多いし、そこに優秀な選手を置いて試合を支配しようとするのは間違いではないと思うし、多くの指導者が能力の高い選手を中盤で使っています。中田英も中村俊も名波もみんな中盤の選手です。ただ、結果を出したのはスーパーなセンターフォワード釜本がいた時のチームでした。

最近、日本らしを進化させる・・と聞くと、何か不安に思うことがあります。むしろ日本らしさを考え直す、ことの方が必要なのでは?・・と。サッカーは点を取り合うスポーツなのだから、一番能力の高い選手はまず点取り屋として育ててみる。これも手ではないかと(全国の指導者がその気になったらスーパーな点取り屋がどんどん出てくるのではないかと)・・。最近そんなことを本気で考えるようになりました。

続きを読む

sojafc01 at 22:40|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年07月27日

第892話(日本のエーゲ海)

思い立って「日本のエーゲ海」と言われている牛窓に行ってきました。自宅からは一時間ほどで、手軽なドライブコースです。P2014_0727_122721昼食をとったレストラン(の2階)からは写真のような、ちょっとエーゲ海的な風景が見られます。ゆったりとボートで瀬戸内海をクルージングしたら楽しいでしょうね。

そのあと、近くの美術館(瀬戸内美術館)で開催されていたトリックアートを見ました。(シルバー料金で・・)20140727_132402館内撮影OKなので、魔女に首を刺されたように見える位置でパチリ!こんな絵がたくさんあって結構楽しめました。

続きを読む

sojafc01 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年07月26日

第891話(スッキリ勝利?)

岡山は連日体温を超える暑さ。これには栃木の選手たちも「へばって」しまったのでしょう。最初から元気がありませんでした。一方のファジの前半は理想的な展開で、P2014_0726_19193015分に先制、前半の終盤には追加点とダメ押し点を決めて楽勝ペース。ここまでは良かったのですが、後半、点差からくる安心感か体力消耗を避けるためか「ムキになって攻める必要なし」といったプレーが続き、反撃を許す結果に。あの辺のゲームの進め方がチグハグな印象を受けました。

攻めて相手に立ち直れないようなダメージを与えようとするのか、守りに入るのか?何かベンチの意図がはっきり見えませんでした。今日も終盤4バックを試していましたが、何のためだったのか? まあはっきり言いますが、守備陣に怪我が多発してT選手が最終ラインに入ったのが(中盤の左に攻撃的な選手を起用するようになった)ファジにとっては幸いした気もします。P2014_0726_210115これで上田効果と合わせて、攻撃にリズムが出来るようになったと思います。何はともあれ安定して4位をキープ。僕の後ろで観戦してた少年も嬉しそうでした。

 

続きを読む

sojafc01 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)