2016年02月11日

第1163話(期待)

今日はカターレ富山とテストマッチ(45分×2本)。DSC_0260春を思わせる気温と休日が重なって、かなりのサポーターが集まっていました。ファジ、今年は今のところ3-1-4-2を基本システムとしてチャレンジするようです。愛媛戦と中盤のワイドに加藤(唯一の岡山生まれ選手)、アンカーの関戸以外は同じメンバーでした。『DF=右から沢口・岩政・竹田、MF=関戸を底に右から加藤・島田・伊藤・片山、FW=久保・赤嶺』この日のMOMは関戸選手。基本はアンカーでしたが、活動量が多く積極的に攻撃にも関わっていました。事実、今日は1得点1アシスト。特に岡本選手(途中出場)の得点へのアシストは連動性もありいいプレーでした。もう少し声を出し、積極的にリーダーシップを発揮すれば、レギュラーに定着できる力は十分あると思います。注目の赤嶺選手は今日も1ゴール。安定した得点力を発揮していました。ただ、2トップの連携は今一で今後の課題です。(個人的に)期待していることは、バイタルエリアでのドリブルでの仕掛け、中盤のワイドの積極的な仕掛けです。右には田中選手がいるし、左は三村選手もいるし、新加入の藤本選手のキレキレの突破も面白いと思います。監督はどうしても強肩君を使いたいらしいのですが、残念ながら今日も簡単なミスを繰り返していました。それから、終盤に押谷選手がピッチに入りましたが、きわどいシュートを打って得点感覚の高さを感じさせました。守備陣に怪我が多いのが気になるし、五輪候補の2人も合宿などで抜けることが多くなると思うので、層の厚さを確保することも課題となると思います。さあ、キャンプでどこまでチームをまとめ上げてくるか、期待です。

続きを読む

sojafc01 at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月09日

第1162話(劣化)

何か不安になる事が最近多い気がします。政治屋の劣化のことです。自称「育メン」ゲス議員は問題外だし、事もあろうに(沖縄)北方担当相でありながら「はぼ、何だっけ」大臣、「何の科学的根拠もなく当時の大臣が決めた・・」の軽はずみ発言の環境相。甘利氏は「いい人ばかりと付き合ってたら選挙に落ちちゃうんですよ」発言。まあ正直と言えばそうでしょうけど、国を動かす者としての善悪の判断基準の境目はどの辺にあるのでしょうか?靖国には必ず行く高市女史は「放送法に繰り返し違反したら電波停止・・の可能性もある」発言。マスコミの意義が理解できておらず、もしかしたら「大本営発表」路線が実は彼女の頭の中ではマスコミの理想型なのかと感じてしまいます。   最近の政治家は2世3世議員が多く、悪い意味で政治慣れして、国を個人商店をワンマン運営するような感覚で動かそうとしているのでは?と思ってしまうことが多くなりました。株式会社ではないので株主(国民、その代表の議会)に気を使うことはないし、個人的な思惑を強引に進めているように見えます。トップは国会で質問者に野次を飛ばすし、「自衛隊を学者が違憲だというのなら、違憲でなくなるように憲法を変えればいい」と発言、それなら50km制限のところをみんな70kmで走っているし、100kmで暴走しても事故がないなら、いっそ100km制限にすればいいじゃないか、という発想と、どこが違うのでしょうか。日本人は寛容な民族なのでしょうが、そろそろ「いい加減にせいよ」と言ってもいいのではないかと思います。劣化をどこかで止めないと・・・。続きを読む

sojafc01 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月06日

第1161話(寒い1日)

ファジのHPで愛媛とのトレーニングマッチの予定を見つけ、政田に見に行きました。まあプレシーズンのトレーニングも始まったばかりですので、新加入の選手の様子やチームの戦い方を見るのが目的です。スタートは3・5・2。DFは右から岩政、竹田、沢口。MFはアンカーに渡邊、その前は右から田中、島田、伊藤、片山。FWは赤嶺、久保のツートップ。DFは途中から右から沢口、岩政、竹田に変更していました。様子見段階ですからコンビネーションは今一(今四ぐらいかな?)でFWになかなかいいボールが入らず、期待の赤嶺選手も見せ場を作れずにいました。(彼はセットプレーから1得点)昨年同様に、全体にバイタルエリアに向けたドリブルの仕掛けが乏しく、ワイドの強肩君のスプリントはほんの2〜3回。気温が上がらず風もあり政田は寒かったのですが、試合内容も同じでした。相変わらず、前に預けずに後ろで回すことが多すぎるし、ドリブルでの仕掛けに威圧感がありませんでした。後半は若手が出たのですが、FWの藤本選手のキレキレぶりが目立ちました。中盤インサイドの三村選手のスピードは脅威ですが、簡単なミスが多く、アンカーに入った関戸選手は余りにも大人しすぎる印象でした。昨年のメンバーで言うと、押谷、加地選手の姿が見えず、オリンピック組もまだ合流していません。ちょうど知り合いのスタッフがいたので・・・「鹿島の2人は帰国後すぐ合流して試合にも出てたよね?」「J1は開幕がJ2より早いですからね。ファジの2人は疲れをとらせるということで、その辺は考え方でしょう」ということでした。個人的には別メニューでもいいから早めの合流の方がいいのでは?と思ったのですが・・。来週も政田でテストマッチが組まれているようなので、今度はベンチコートを持って見に行くことにします。トレーニングの成果が出てプレーの質が上がっていることを期待して・・・。続きを読む

sojafc01 at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
記事検索