創価学会・顕正会・正信会からの脱会を考える会

創価学会、顕正会、正信会からの脱会の相談に応じます。黒川和雄 090-9626-7585 当方大阪在住です。ワン切りOK,こちらからお電話を差し上げます。 大阪の方大歓迎(#^.^#)

恐れることはありません。勇気を出して脱会しましょう。

私の所属寺院は「日蓮正宗大阪南布教区妙輪寺支部法華講」。

お寺は天王寺から阪堺線(チンチン電車)で20分。姫松下車、進行方向へ100m。左側にございます。

妙輪寺住所
〒558-0054
大阪府大阪市住吉区帝塚山東1丁目12-14
脱会相談 黒川和雄 090-9626-7585
ワン切りOK,こちらからお電話を致します。

※このブログのコンテンツは一信徒の個人的なものであり、宗教法人日蓮正宗及び法華講連合会とは一切関係はありません。
The contens of this blog are all by blogger's own opinions. Nothing related to Nichiren Shoshu or The United Federation of Hokkeko.

怪文書「フェイク」のお虫払法要のでっち上げ記事を笑う!

動画配信をしております。            

(発行=18.04.09

 

今年も雨の中、大石寺で虫払い

叩きつける雨、「雷・強風・なだれ注意報」も

今のような法要は明治から、参加は少数

 

日顕が教学部長の頃、雪山坊の会議室で虫払い法要について「陽光うららか

な日に重宝に風入れをする」「お会式の時は『お練り』と言うが、お虫払いの

時は単なる『行列』と言う」と説明していた。ところが、今月六・七日の両日、

大石寺での虫払い法要は「陽光うららか」ではなく、大雨のため湿度九十六%

の日に〝風入れ〟をして、また宗門が中世の絵巻と自慢する「行列」も出来な

かった。

 

「こんな雨の日に重宝類に風入れしても逆効果だろう」と言う参加者もいた。

 

初日の六日午前、法華講員や坊主が相次ぎ着山。午後一時半に御開扉が始ま

ると雨が降り始め、御開扉を終えた登山者が宿坊に向かう頃には大雨になり、

強風も吹き始めた(写真参照)

 

 このところ、大石寺の虫払い法要と言えば決まって悪天候だ。平成二十五年

は急激に発達した爆弾低気圧による〝春の嵐〟が吹き荒れ、特に、富士宮一帯

に大雨・洪水・雷・強風注意報が出た。

 

  同二十六年は初日の六日、大石寺の周辺には物凄い稲妻が走り、雷鳴が轟く

中、大粒の雹(ヒョウ)が叩きつけるように降り、雹に直撃された登山者もい

た。

 

 同二十七年は二日目に冷たい雨の中、御真翰を御宝蔵から客殿に運び込んだ。

 

また、同二十八年も激しい雨が降り、昨二十九年も初日の午後一時半からの

御開扉が近づくと時折、雨が降り始め、夜の日如の御書講義が始まる頃には本

降りになり、二日目は「大雨注意報」が出て、早朝から昼過ぎまで断続的に雨

が降り続いた。

 

こうした現象からも大石寺の行事には諸天の加護が全くないことが分かる。

 

登山者は年々、減少

 

 さて、今年の虫払い法要の初日は、夕方五時頃から本格的に雨が降り始めて、

六時過ぎには雨脚・風ともに強まり、やがて叩きつけるような風雨で、富士宮

市全域に「雷・強風・なだれ注意報」が出たのだ。

 

二日目の七日、本山周辺の木々が大きく揺れるような強い風が吹くなか、登

山者は客殿での法要に向かっていた。皮肉なことに「ご真翰巻き返し」などの

行事が終わる頃、ようやく日の光が差し込んでいた。

 

 この虫払い法要に関する古い文献としては元亀四年(一五七三年)の第十四世

日主の頃の「霊宝虫払日記」があるだけで詳細は不明。天明元年(一七八一年)

の記録には「虫払は三歳に壱度也」とあり、三年に一度、行われていたようだ。

 

これが正式行事になったのは徳川時代末期の天保年間で四十八世日量の頃か

らで、現在のように四月六・七日に行うようになったのは明治以降からである。

この頃、参加者は少数だった。明治二十六年には東京から七人、埼玉から三人、

横浜から十数人、尾張から一人の参加だったが、それでも「最も盛大なる法會

にてありき」と記していた。

 

登山者は近年、減っているが、この虫払い法要の参加者も減少している。

 

破門後の今も配布されているニセ御秘符


創価員、三重県の狂人・宿坊なる土井 庸禎が投稿したものは、他でもない、創価のニセ御秘符の説明である。これは下に説明の通りであるが、破門された現在大石寺の紙も手に入らず便所紙を専ら会員に配っているという噂である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

阿呆曰く、

日蓮滅後数百年後に創作された彫刻本尊を、年1回煤払いをしてこの時に拭き取りに使った紙を小さく切ったもの。

拭き掃除に使った紙くずで一儲け、人の信仰心につけ込んだ、とんでもない悪徳商売をしているのが日蓮正宗なのです。

オウム真理教でのイニシエーションと称して、麻原が入った風呂の水を飲む行為と同じで、

日顕のマコモ風呂の水をありがたがって、飲んだのと同じ事になりましょう。

このような非科学的なまやかし信仰を、受け入れている法華講ってよほど無知なのでしょう。

◆◆◆◆◆◆◆慧妙最新号より転載◆◆◆◆◆◆

ショック!護符もデッチ上げだった!?

大石寺の御秘符を真似て池田が贋造

「創価学会は紙を飲む宗教」!?

創価学会員の多くが、〝護符〟の存在を知っていると思います。約四ミリ四方の紙片で、昔の病院で出ていた粉薬のように包装されていて、病気の時に飲めば効(き)く、とされてきたアレです。

 多くの方々が、座談会で〝護符〟の話を聞いたり、会館において会員達に配るのを見たり、あるいは自分自身も飲んだことがある――等の経験をしているのではないでしょうか。

 かつて池田大作会長(当時)も、大幹部に対する指導の中で

 「肺病を直すのは護符をいただき、夫婦生活をやめて、十一時以内に寝る、これをやれば直る」(昭和四十四年二月十九日・第二十一回社長会)

と述べていたように、学会では、病気になった時には〝護符〟を戴(いただ)く、ということが広く浸透していました。

 では、この〝護符〟とは何なのか、ということですが、学会内で口コミで伝えられていたところ(昭和四十年代以降)によると、「総本山大石寺の御虫払大法会で、御法主猊下が本門戒壇の大御本尊を和紙で塵(ちり)払いされる。その大御本尊に直(じか)に触れた和紙を、会長・池田先生が猊下から頂戴(ちょうだい)してきて、御本尊の前で祈念して小さく切ったもので、病気の時に飲めば効き目がある」とされていました。

 これを信じて、数多(あまた)の会員が〝護符〟を飲み、それを見た世間の人達からは「創価学会は紙を飲む宗教だ」といって気味悪がられたものです(笑)。

 しかし、この〝護符〟なるモノ、ちょっと考えてみれば、おかしな点ばかりでした。

 まず、御虫払の際に使われた和紙を頂戴してきて切った、というのですが、実際に大御本尊の塵払いを御開扉で目(ま)の当たりにした人はお分かりのように、そこで用いられる和紙は数枚です。これをいかに小さく切ったとしても、全国千ヶ所以上の学会の会館で度々(たびたび)配布するには、あまりにも原紙が少なすぎて間に合いません。

 これに対応するためだったのか、途中から〝護符〟には白色の紙の他に桃色の紙も使われるようになり、今度は「総本山の御大会式で飾られた桜の造花を頂戴し……」という説明が付け加わりました。しかし、そうだとすると、最初の「大御本尊に触れた和紙」という意義とは全く違ってしまい、疑いが深まるばかりです。

 いったい、〝護符〟なるモノの正体は何なのでしょうか。

 じつは、これは、日蓮大聖人以来、代々の御法主上人にのみ伝わってきた日蓮正宗秘伝の〝御秘符〟を、その名称だけ盗み取り、さもそれらしく池田大作が作り上げた、全くデタラメな代物だったのです。

 と言われれば、驚き、「そんなバカな」と思う学会員も多いかもしれません。

「御秘符」と「護符」は全く別物

そこで、本来の〝御秘符〟について、学会の昔の指導を見てみましょう。

 「護秘符(※御秘符)は大聖人様の時代からあったもので、歴代の御相承の中に入っているものと承(うけたまわ)っています。御書にも大聖人様は四条金吾殿の女房の懐胎(かいたい)について護秘符を賜(たまわ)り『それについては符の事仰せ候、日蓮相承の中より撰(えら)み出だして候・能(よ)く能く信心あるべく候、たと(例)へば秘薬なりとも毒を入りぬれば薬の用すくなし』と、又『とくとく(疾疾)こそ・うまれ候はむずれ、此の薬をのませ給はば疑いなかるべきなり』と仰せられています。

 すなわち護秘符は私達信者が大病したり、又出産等の場合に頂ける日蓮正宗の秘中のものです。」(『聖教』昭和三十一年八月五日号)

 「皆さんに一つの不思議を申しておく。それは本山に護秘符というものがある。大聖人がお母様が病気ときいて伊豆から帰られた時、すでに亡くなったお母様にさし上げて、それから息をふき返し、四年間命を保ったもの。これは大聖人様以外御法主猊下でなければつくることは出来ない秘法になっておる。」(戸田会長指導『聖教』昭和三十一年十一月四日号)

 「この護秘符は猊下が忙しいから我々が代理に作って上げようと言うわけにはいかぬ。もったいなくも大聖人様以来の秘伝で法主猊下以外には作れぬ。」(戸田会長指導『聖教』昭和三十年七月二十四日号)

 「ちょっと病気をしたからと何でも彼でも護秘符護秘符というのでなく、これは生命にかかわる時いただくもの。」(『聖教』昭和三十一年九月二十三日号)

 「護秘符の頂き方は(中略)水を半分位入れた湯飲み茶わんに入れ、御本尊様にお供えし、方便品、寿量品を上げ御題目を数多く唱えて勤行し、(中略)護秘符の表面の紅様のものをこすって水にとき、落としてその水を頂くのである。使った護秘符の台紙は焼却する。」(『聖教』昭和二十九年七月十一日号)

 「護秘符は御本尊と同じ扱いにするようにとは、会長池田先生のお言葉である。(中略)護秘符はただの薬ではないこと、大御本尊に猊下が平癒(へいゆ)を御祈念あそばすこと、願主の強い信心が大切であること。」(『前進』昭和三十八年九月号)

 これらを見れば明白なように、戸田会長時代、そして池田会長の代になってからも途中までは、会長が作った〝護符〟ではなく、総本山大石寺から下附された〝御秘符〟を戴いていたのです。

 しかも、その御秘符とは、

①御書にも出てくるとおり、日蓮大聖人以来の相伝によって作られる秘法である

②御秘符は、大聖人から相伝を受けられた代々の御法主上人以外、何びとも作ることができない

③御秘符は、信徒の懐妊、もしくは命に関わる重病などの際に戴くことができ、下附に伴(ともな)い、御法主上人が願主への加護を御祈念くださる

④御秘符の形状は、紙片などではなく、台紙に塗られた食紅であり、これを清水に溶いて服用する

⑤御秘符は御本尊に準ずるもので、強い信心をもって服することが大切である

等というもので、いわゆる〝護符〟とは全く異なることが誰にでもわかるでしょう。

池田が嫉妬から「護符」を贋造

これが、いつの頃から、どうして〝護符〟などという代ろ物にスリカエられたのか、といえば、前に引用してきた資料の日付から見ると、昭和三十八年以降、昭和四十四年までの間にスリカエられたことが明らかで、それは、学会の巨大化に伴って増長した池田会長(当時)が、〝唯授一人の御法主上人だけに伝わる秘法〟ということに嫉妬(しっと)して、自ら作って下附するようになった、としか言いようがありません。

 それも当初は、大御本尊に触れた和紙から始まったのでしょうが、ついには、大御本尊とも日蓮正宗とも何の関係もなく、天魔と化した池田大作が恣(ほしいまま)に乱造して会員に下附するようになった、といえましょう。その証拠に、日蓮正宗から破門され、大御本尊に近寄ることすらできなくなった以降においても、池田から

 「関西の皆様の健康のため、集まった全員に」(平成十七年一月)

 「風邪を引かないように」(平成十九年十月)

等のメッセージと共に、広く〝護符〟がバラ撒(ま)かれているのです。

 これで何の疑いも抱かないとしたら、あまりに迂闊(うかつ)であり、騙(だま)す方も悪いでしょうが、騙される方も愚(おろ)かすぎます。

 ともあれ、ニセ本尊を造った池田は、当然のごとくニセの御秘符=護符も作っていた、という次第で、食の安全性や健康問題が叫ばれる今日、こんな得体の知れない代ろ物(しかも池田の邪念の込められた魔符)を飲まされている会員こそ哀(あわ)れであります。

顕正会 昔と今。「御開扉は宗門の金儲けの道具」?

音声動画で配信中です。

日寛上人著 寿量品 談義 寿量品 談義(冨士宗学要集第10巻131p) 「未だ時至らざる故に直ちに事の戒壇之れ無しと雖も、既に本門の戒壇の御本尊存する上は其の住処は即戒壇なり。其の本尊に打ち向ひ戒壇の地に住して南無妙法蓮華経と唱ふる則(とき)は本門の題目なり。志有らん人は登山して【※拝したまへ】」 ※何を拝していたのでしょうか? 本門戒壇の大御本尊であります。 即ち御開扉は江戸時代から法華講衆には内拝が許されていたという証明です。 ―――――――――――――――――――――――――――――― 1726年4月17日 加賀慈雲寺僧 了妙が富士門に改宗。(金沢法難発端) 同年5月26日、日寛上人、法を日詳上人に相承。 同年8月19日、日寛上人寂 顕正会からの脱会の御相談に応じます。気楽にお電話ください。 090-9626-7585(黒川=実名です。大阪在住) 非通知には一切応じません。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 参考資料 「大石寺の名を詐称する顕正会の悪義を破す」暁鐘編集室

「仏教は後世の弟子たちが作り上げたものだ?」は正しいか?

音声配信しております。

「結集(けつじゅう)とは釈尊の死後、弟子たちが集まり、それそれが聞いて記憶してきた内容を語り、確認したこと。 =========================== 日蓮正宗の信仰に興味がある方は、遠慮なくご連絡ください。(^_-) 携帯 090-9626-7585(黒川。実名です。大阪市在住) 非通知には一切応じません。

三文占い師・顕正会・浅井 昭衛氏の大予言は全てはずれた!

Utubeにて朗読しております。


御書(宗門御書) 「未来の事を知るをまことの聖人とは申すなり」(三沢抄1203p) 「時に当たりて我が為国の為大事なる事を、少しも勘がへ違(たが)へざるが智者にては候なり」(蒙古使御書 909p) 「弘法は三七日すぎて雨をふらしたり。此等は雨ふらさぬがごとし。三七二十一日にふらぬ雨やあるべき。設(たと)ひふりたりともなんの不思議かあるべき」(種々御振舞御書 1069p) ============================ 貴殿たちは浅井 昭衛という俗物の言うことを信じているのです。「依法不依人」という言葉があります。「法によって人によらざれ」ということです。一日も早く脱会し、日蓮正宗のご信徒となり本門戒壇の大御本尊を信じ奉り、正しい血脈の下、正しい御本尊の下、一生成仏の人生を歩まれんことを切にお祈り申し上げます。 連絡 090-9626-7585 (黒川 実名です。大阪在住) 尚、非通知には一切応じません。

御供養の本義 創価では財務を沢山すると表彰されるって~?(@_@;)

参考資料:(動画で配信しております)
「御供養の本義」暁鐘編集室編

 

「仏は真に尊くして物によらず。昔の得勝童子は沙の餅を仏に供

養し奉りて、阿育大王と生れて一閻浮提の主たりき。貧女の我がかしらをおろして油と成せしが、須弥山を吹きぬきし風も此の火をけさず」(王日殿御書 宗門御書1545

 

「善根と申すは大なるによらず、又ちいさきにもよらず、国により、人により、時により、やうやうにかわりて候。」

(窪尼御前御返事 宗門御書1581 学会御書1485

 

創価脱会の御相談に応じます。気楽にお電話ください(^_-)

090-9626-7585 黒川(実名です。大阪市在住)

尚、非通知には一切応対致しません。

千日尼御前御返事に学ぶ登山精神

千日尼御前御返事に学ぶ登山の精神】

この御書を拝読いたしますと、何と!阿仏房は御歳91歳に至るまで大聖人様にお目通りしたく、三度身延の沢まで行かれていたのですね!

91歳ですよ!!!

千日尼御前御返事に大聖人は、このように仰せです。

「去ぬる文永十一年(1274年)より今年弘安元年(1278年)まではすでに五箇年が間此の山中に候に、佐渡国より三度まで夫をつかわす。いくらほどの御心ざしぞ、大地よりもあつく大海よりもふかき御心ざしぞかし。」(宗門御書 1253p)

とお褒め遊ばされておられます。

阿仏房の誕生は1189年(文治三年)で、大聖人が御誕生遊ばされる前に遡ります。そして1279年(弘安二年三月二一日逝去)九一歳

この千日尼御前御返事は弘安二年七月二七日に千日尼に与えられた御書であります。

旧暦及び数え年を考慮すれば91歳まで身延の沢に行かれたことは間違いない史実であります。

数々の御供養物を背負い、海・山・谷を老齢にも係わらず三度も大聖人様にお会いしたい一心で身延に登られた精神を我々法華講員は忘れてはいけないと思います。

従って「登山の精神は阿仏房に学べ!」と言われる所以がここにあるということではないでしょうか。

創価学会公式ウエブ「彼岸会」を笑う。珍論ここに極まれり!

Utubeをご覧ください。


合わせて御覧下さい。
(彼岸会の意義) =========================== 【創価公式ウエブの珍説】 春分・秋分の日の日に行われた先祖供養や農耕の儀式といった、日本独特の風習が定着 「彼岸」は「成仏の境涯」のことをいい、「先祖供養」の意味はありません。春・秋の「彼岸会」は、仏教本来の伝統ではなく、あくまでも、日本独特の風習です。春分・秋分の日は、太陽がほぼ真東から昇り、真西に沈みます。それが、古くからの先祖供養や農耕の儀式と結び付き、「彼岸会」として定着していったともいわれています。特に、彼岸に合わせて墓参りする習慣は、江戸時代以降、根付いたと考えられています。彼岸の本義に立ち返れば、今日、用いられている先祖供養の意味とは、無関係なものなのです。 【破門5年後の池田大作氏の言葉】 秋期彼岸勤行法要(2008年9月23日 聖教新聞より) ■ 一、きょうは、ありがとう!  自分のため、地域のため、そして広宣流布の勝利のための尊い行動、毎日、本当にご苦労さまです!  「彼岸」にあたり、ここ師弟会館に御安置されている創価学会の常住御本尊に、彼岸法要の勤行・唱題を行わせていただいた。  全人類の宿命転換のために、勇み戦っておられる、全国、そして世界192カ国・地域の尊き同志に届けと、私は一心不乱に題目を送り続けている。 真の追善は創価の和合僧の中に  一、戸田先生は、よく語られた。  「広宣流布のために、日夜活躍している子どもの信心の功徳によって、必ず親も成仏していけるのである」 ”坊主に拝んでもらわなければ成仏できない”などとは、御書のどこにも記されていない。大聖人は、親孝行の真心を尽くした女性の弟子に対して、”亡くなった、優しかったお父さまは、娘のあなたの題目の声を聞かれて仏になられるのです”と励ましておられる ========================== 【戸田会長指導】 創価学会第2代会長戸田城聖氏は、質問会において、 「塔婆は形式にすぎないのではありませんか」との質問に対し、 「形式ではありません。仏法上の儀式であります。色心不二の成仏、草木成仏の深い原理からきているのであります。」(戸田城聖全集2巻176頁) ============================ 創価脱会の御相談に応じます。気楽にお電話下さい。 090-9626-7585 (黒川 実名です。大阪在住) ============================ 参考御書 「生死の大海には爾前の経は或は筏(いかだ)或は小船なり。生死の此の岸より生死の彼の岸には付くと雖も、生死の大海を渡り極楽の彼岸にはとつきがたし」 (宗門御書 薬王品得意抄 350p) 「日蓮がたましひをすみにそめながしてかきて候ぞ(中略)あひかまへて御信心を出だし此の御本尊に祈念せしめ給へ」(同 経王殿御返事 685p) 「六度の功徳を妙の一字にをさめ給いて末代悪世の我等衆生に一善も修せざれども六度万行を満足する功徳をあたへ給う」(同 日妙聖人御書 605p) 「丈六の卒塔婆(そとば)を建てゝ、其の面に南無妙法蓮華経の七字を顕してをはしませば(中略)過去の父母も彼のそとばの功徳によりて、天の日月の如く浄土をてらし、孝養の人並びに妻子は現世には寿を百二十年持ちて、後生には父母とともに霊山浄土にまいり給はん事、水すめば月うつり、つゝみをうてばひゝきのあるがごとしとをぼしめし候へ」 (同 中興入道御返事 1434p)

創価ニセ本尊の恐怖 なっなんとネコちゃんの顔面に癌が発症

ペットの癌

彼岸会の意義

生死の大海には爾前の経は或は筏(いかだ)或は小船なり。生死の此の岸より生死の彼の岸には付くと雖も、生死の大海を渡り極楽の彼岸にはとつきがたし」
(宗門御書 薬王品得意抄 350p)

「日蓮がたましひをすみにそめながしてかきて候ぞ(中略)あひかまへて御信心を出だし此の御本尊に祈念せしめ給へ」(同 経王殿御返事 685p)

六度の功徳を妙の一字にをさめ給いて末代悪世の我等衆生に一善も修せざれども六度万行を満足する功徳をあたへ給う」(同 日妙聖人御書 605p)

丈六の卒塔婆(そとば)を建てゝ、其の面に南無妙法蓮華経の七字を顕してをはしませば(中略)過去の父母も彼のそとばの功徳によりて、天の日月の如く浄土をてらし、孝養の人並びに妻子は現世には寿を百二十年持ちて、後生には父母とともに霊山浄土にまいり給はん事、水すめば月うつり、つゝみをうてばひゝきのあるがごとしとをぼしめし候へ」
(同 中興入道御返事 1434p)


創価学会「3・11 世界青年部総会」、失敗にて終了。笑 笑

原田会長を中心に世界同時の世界広宣流布を誓う勤行唱題。
この時、御大池田氏も同時に勤行唱題しているはずですが、特に言及も映像もありませんでした。
終了と同時に、池田氏から伝言「みんなありがとう」「くれぐれもよろしく」とのこと。
最後に原田会長がSGIメンバーに(サンキュー・ソー・マッチ)と言ってSGIメンバーが喜ぶ。
====================================
一日も早く脱会しましょう。
気楽にお電話ください。
090-9626-7585 (黒川 実名です。大阪在住)


平成30年3月11日 創価学会「世界青年部総会」を笑う

U-tubeをご覧ください。

一日も早く脱会されることをお祈り申し上げます。



soukai2
soukai3

大石寺周辺の神社に関して

さて、さて、創価学会員様に於かれましては、未だに「大石寺周辺の神社に云々」と仰せでございますが、笑 笑。チト破折遊ばせ候。ww

当該動画
https://youtu.be/e9_urbVmwnI

創価員曰く、

>>[4] 黒川 和雄さん 
堆積痔の9世日有が、正依のはずの化儀抄で 「今の儀にあらず」 と天下一同の広布の日までは神社に本尊を祀ってはならない、としていることさえ知らないか!この詐欺師め!

=====破折↓========

>>[7] 麦原野流布意さん

ま、脳天が狂ってしまった阿呆は何回申しても、同じ疑難の繰り返しであろうが、少し遊んであげよう。以下、お前さんの狂った脳天を少しでも覚醒することを願いつつ、破折してあげよう。
=======================
①当方が動画に上げた文は創価学会の大幹部、中西治雄『教学と私』「地域広布の立場から大石寺周辺祠社の変革を考える」昭和48年発行。聖教新聞社を参考にしたものである。中西氏の論文を破折せよ!「随方毘尼」、これは中西氏が言っているのだよ!

以下、中西論文の一部を紹介する。

<祭礼は随方毘尼で風俗に随ったもの>
「現在、上野、白糸、富丘の3地区に亘り、大小種々の数少ない社祠が残されている。が、その中から、それを裏付けするような数多の事実を発見することができる。(中略)しかるに、前記、3地区に存在する数十の郷社、村社、鎮守社のうち少なくとも12社については、いわゆる堂内に祭祀してある御神体なるものが、じつに立派な、日蓮正宗の御本尊に取って代わられており、奉祀されているという事実である。これは何を物語るものであろうか。仏法に随方毘尼という法門がある。『月水御書』を拝すれば、

 「委細に経論を勘え見るに仏法の中に随方毘尼と申す戒の法門は是に当れり、此の戒の心はいたう事かけざる事をば少少仏教にたがふとも其の国の風俗に違うべからざるよし仏一つの戒を説き給へり」
と。

随方とは、その地方の風俗習慣に随うということであり、毘尼とは、戒のことである。すなわち、物事の大綱や、その精神において仏教に違わない限り、その形式などは、その国情または地域のしきたりに随ってもよい、という意である。

この法門に則り、かつは代々の御法主上人の御慈教により、鎮守神の祭の習慣がそのまま残って部落の人々の願いは叶えられ、年1度の祭を心から祝い合ったことであろう。」(中略)熊久保の〝神社〟の場合も、堂内に「八幡宮」の額が掲げられてはいるものの、祀られている〝ご神体〟は御本尊であって、何の問題もない。

②・・・で、創価の公式ウエブのどこに「随方毘尼は、海外で広布を進める際の摂受の実践を認めたものである」と書いてあるんかい? 笑 創価ネットを破折せよ! 出来るかい?小童よ。www
 ↓
https://k-dic.sokanet.jp/%E9%9A%8F%E6%96%B9%E6%AF%98%E5%B0…/

③戸田城聖氏の指導を破折せよ。笑 ↓

「広宣流布の暁には、神社には御本尊様が御安置されます」

「神棚など、社はよいが、中身が悪いのです。『坊主憎けりゃけさまで憎い』などと、そんなことはしないでもらいたい。神棚はとっておけばよい。今まではへんちくりんな神さまがすわっていたのだが。本でも置けばよいし、おしめでも置けるし、便利このうえないものだから、棚はこわす必要はない。これだけは、ほんとうによく注意してください。」
(『戸田城聖全集』第4巻)

④「今の儀(ママ)にあらず」を読み間違えているようだ。大爆笑
原文↓
「日興上人の時、八幡の社壇を重須に建立あり。内には本尊を懸けらるゝ・是は本門寺の朽木書云々、今の義にあらず。天下一同の法華宗信仰の時は・当宗の鎮守は八幡にて在すべし(中略)朽木書とは手本といふ意なり」
(富士宗学要集第一巻157p)

現代語訳
「朽木書きとは絵画の下書のこと、手本の意。二祖日興上人の時に重須(北山)に八幡の社(垂迹堂、今はなし)を建て、その中に本尊を懸けられたのであります。これは将来本門寺(=現在の大石寺)を建立した時の手本という意で現在の意義をもっているのではありません。広宣流布の暁には当家の守護神は八幡であると云う意であります。」
※御本尊の相貌には諸天善神として「八幡大菩薩」が書写されている。広宣流布の暁にはこの八幡大菩薩が本門寺(=大石寺)を護るのである。

kegishou


創価員、罰の現証 恐ろしい限りです。

【ミクシより転載】

表面上、いくら綺麗事を並べようとも、創価学会を眺めてみますと、聖教新聞の一面には、やれ池田大作がどこそこの国から栄誉称号をもらっただの、どこそこの大学から名誉博士号を送られただのという、"綺麗事"で埋め尽くされています。 
そこまで気づきながら、自分の立場や、長年にわたって学会で生きてきたことなどへの執着を捨てきれなかった私は、学会から抜ける決断がつかず、苦しみました。 
私は立場上、学会員の葬儀において、幾度も葬儀委員長を務めてきた中で"成仏の相"には、一度もお目にかかれなかったことに違和感を感じました。 
私の見聞きするだけでも、家族が病人だらけだったり、重機に挟まれて大ケガをするという事故を繰り返している人、手術が成功したと言っていた直後に急死してしまった人。 
そういう話があとを絶ちません。 
ところが、学会ではそういう話をひた隠しにし、隠しきれないとなると、「本当はもっとひどくなるところを、この程度のケガで済んだ」などと、あたかも功徳であるかのような話にすり替えているのです。

平成17年12月9日付の聖教新聞(地方版)に、「友が語る私の原点」と題する記事が掲載されている。 
同記事は、「困難にも打ち勝つ不屈の人には信頼と共感が集まる。池田名誉会長は『"原点"を忘れない人は強い』と語っている。広布の道を力強く歩み続ける友に"わが原点"を語ってもらった」として、2名の熱心な活動家のコメントを紹介しているのだが、そのうちの1人は首つり自殺をしている。

平成19年2月4日には、東京都の三宅島で、公明党・三宅村議の浅沼功一郎氏が、石碑の下敷きになり死亡した。

平成18年1月28日には、静岡県の創価学会員・Tさん宅が全焼し、焼け跡からTさんの妻の遺体が発見された。

新潟県の創価学会員・Tさんも、平成16年末に交通事故に遭い、両足切断という大怪我を負って、平成17年8月に亡くなりました。

横浜市のSさんは、平成17年6月、母親によって池田狂に洗脳され、38歳で自殺しました。

平成17年4月には、福島県いわき市内の磐越東線の踏切で、いわき発郡山行きの普通列車と乗用車が衝突する事故が起き、乗用車を運転していた創価学会員・Oさんは死亡。助手席に乗っていた妻も意識不明の重体となりました。

平成17年2月には、土浦市に住む創価学会員・Sさんが、自転車で道路を横断中、車にはねられて死亡しました。

平成16年8月には、長野県の創価学会員一家3人が焼死する痛ましい事件が発生しました。外部から侵入した形跡はなく、火災現場からガソリンの入った容器が複数発見されており、ダイニングにはガソリンがまかれた跡があることから、警察では無理心中したものとみています。

平成16年6月には、千葉県館山市で、足の不自由な創価学会員の女性が、海岸沿いに停めた車の中に1時間も放置され、熱中症で死亡するという痛ましい事件が発生しました。これは、無職の息子が、母親を車内に残したまま釣りに興じている間に熱中症で死亡させてしまったものです。

平成15年9月には、岩手県北上市の創価学会北上会館近くの市道で、横断歩道を渡っていた創価学会員・Kさんが、同じ市内に住む創価学会員・Oさんの車にはねられ、意識不明の重体となりました。

富山県の創価学会員・Yさん一家は、家族全員が熱心な学会員で、Yさんの家は大きく、学会の会合にも使用されていました。平成14年9月、Yさんのことが、聖教新聞に大々的に載りました。それは、創価学会の中で大功徳を受けた、という体験談記事でした。ところがYさんは、聖教新聞に取り上げられた翌日、仕事先でハシゴから落ち、数日間の治療の甲斐もなく亡くなってしまったのです。

平成13年9月には、福岡県京都郡で建築業を営む創価学会員・上田文昌さんが、自宅で息子に殴り殺されました。

平成13年7月には、中国自動車道で、女子中学生(創価学会員・Kさん)が手錠をはめられたまま死亡するというショッキングな事件が発生しました。死因は、頭部と足にできた大きな傷による失血死で、Kさんは走行中の自動車から高速道路上に出た後、別の車両にひかれたのが目撃されています。

平成12年12月には、愛知県武豊町に住む創価学会員・T(21)と、妻(21)が、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されました。2人は、自分たちの長女である依織ちゃん(3)を段ボール箱に入れて放置し、食事を与えず餓死させたもの。おむつもほとんど交換されていなかったといいます。

埼玉県の創価学会員・Yさんは、平成12年、昼時に火事を出して、家は丸焼け。ご主人は焼死し、奥さんは、大やけどで入院してしまいました。その奥さんは、退院後、「主人は家のことができない人だから、私が死ぬより主人が死んでよかった」と平然と言い切りました。

平成11年5月14日には、東京都立川市の立川平和会館で、創価学会職員の田代美恵子(女子部副本部長・当時)が、聖教新聞社職員のKさん(支部長・当時)を包丁で刺し、田代容疑者は現行犯逮捕されました。

平成10年11月には、東京・目黒区の創価学会員(支部婦人部長)のHさんが、娘の夫に襲われ、Hさんは逃げようとしてベランダから転落し死亡。娘さんも意識不明の重体になってしまいました。

新潟県三条市で創価学会の幹部を務めていたKさんは、平成10年4月頃からノイローゼ気味になり、同年11月、眠っていた妻の首を包丁で斬りつけて殺害しようとしました。妻は、助けを求めて外へ出ていったのですが、その間にKさんは、家に灯油をまいて焼身自殺を図り、自宅は全焼。その焼け跡から発見されたKさんの遺体は炭化していました。

平成8年10月には、新潟県柏崎市安田のJR信越本線安田駅付近で、貨物列車が脱線事故を起こし、信越本線は翌日の夕方まで不通に。これにより、本来、信越本線を走るべき青森発・大阪行きの寝台特急「日本海2号」が、信越本線と並行して走る越後線を使って迂回運転したところ、

翌日未明、この特急列車が酒に酔って線路に寝ていた創価学会員のAさんをはね、Aさんは即死してしまいました。

平成8年9月には、東京・墨田区の創価学会員の家が夜中に火事になり、5人家族のうち、祖父と妻、中学生の長女が焼死してしまいました。

平成8年6月には、東京・板橋区で、創価学会員の夫が、奥さんを包丁で刺し殺し、自らも後追い自殺をするという傷ましい事件が起きました。夫妻共に熱心な活動家であったといいます。

平成9年2月には、宮城県で一家4人が焼死する火災事故がありました。犠牲になったのは、創価学会員のUさん一家でした。

平成7年12月には、福岡県の創価学会員・Kさんの中学3年になる娘さんが、17歳の少年に包丁で刺されて死亡してしまいました。

平成7年4月28日には、福岡県の創価学会員・Sさんが、聖教新聞の配達中に、大型トラックにはねられて死亡してしまいました。

平成5年4月には、函館の創価学会員一家が、池田平和会館に行く途中、車同士が衝突し、夫婦は脳挫傷で死亡。運転していた息子さんも重傷を負ってしまいました。

平成4年4月には、福井県の圏書記長を務めていた創価学会員・Tさんが、池田文化会館からの帰り道、大型トラックと衝突。事故に巻き込まれた他の人々は軽傷で済んだのに、Tさん一人だけが頭の骨を折って死亡してしまいました。

平成4年2月には、長崎県の創価学会員(支部指導員)Bさんが、創価学会の会館のトイレの中で倒れて死亡しました。その葬儀(学会葬)で出棺の際、棺を降ろすリフトのワイヤーが切れ、自動停止装置も作動せず、リフトに乗っていた創価学会員6名が、棺と共に3階から落下し、重傷を負う惨事となりました。

平成3年12月には、創価学会員・Tさんが、不倫相手である男性の運転で走行中、大型トラックと正面衝突し、車は大型トラックの前輪に食い込んで大破。

2人とも死亡しました。解体作業は何十時間もかかり、遺体の損傷は激しく、Tさんは上半身、相手の男性は下半身しか見つからないほどの大事故でした。

平成3年7月、神奈川県の創価学会員(支部長)Hさんは、新橋駅ホームで、乗車しようと荷物を持ち上げた時に足元がふらつき、線路に転落。ちょうど入ってきた東海道線の通勤快速にはねられて死亡してしまいました。

シリーズ⑨-2日蓮宗鎌倉薬王寺住職・大埜慈誠の邪義を破す!

>→それらの書に述べられる仏滅讃文も、全て「御伝土代」における文意と同じく「正像二千年間に未曾有の大曼荼羅」の意です。他意はありません。

もし、戒壇大御本尊のことを述べられるのなら、「全ての宗祖御図顕の曼荼羅のうちでも弘安二年の大曼荼羅は···」と述べられますよ。

また、宗祖大聖人御図顕の曼荼羅御本尊の仏滅讚文には、「二千二百二十余年」と「二千二百三十余年」の他に「正像未弘之大曼荼羅」と示されたものもあり、まさに仏滅讚文の意味するところを示しています。日道上人の「御伝土代」における「仏滅後二千二百三十余年」もその趣旨を示されているに他なりません。

 

何度も言う通り、「日本語」ですよ?

日道も日順も日尊も、日眼も、板マンダラを宗祖出世の本懐として、唯一無二の本尊として給仕勤行していた人達ではないのですか?

その人達が、

日尊「銘に云く」日眼の「三十余年とある文永十一年のころよりの御筆の曼陀羅、猶以て肝心也」。

 

「そう書いてある曼荼羅だ」と言っているのですよ。

「二千二百二十余年」とある究極絶対の曼荼羅を目の前にして、なぜ上記のようなことを皆が口をそろえて言っているのですか?と聞いているのですよ。

「三十余年とある文永十一年のころよりの御筆の曼陀羅」と、あまりにも明確に書いているでしょうに。

 

適当な歪曲解釈で逃げるのはやめなさい。

いいですか?

大石寺のアナウンスであれば、板マンダラは宗祖筆、日法掘り下げ彫刻金箔入り、それが日興→日目→日道・・・と連綿と相承され、それを日寛は「究竟の中の究竟、本懐の中の本懐なり」と言い、「一閻浮提総与」などという造語を作って、他の曼荼羅は枝葉のようなものだと言ってきたのでしょ?

それを、日道も日順も日尊も日眼も、みんな唯一無二として給仕勤行してきたのではないのですか?

その弟子ら全てが「三十余年」と「書いてる!」曼荼羅だとなぜ言うのですか?

「本門戒壇の大御本尊が肝心である」とでも言いいそうなもの、少なくともあなた達の主張からすれば、「二千二百二十余年とある曼荼羅」への帰依を記すべきではないのですか?

大石寺のアナウンスを鵜呑みにしているから日本語も読めなくなるのですよ。

 

それをあなたは、「二十余年」でも「三十余年」でも、宗祖の御魂だと。

では板マンダラでもなくてもいいということでしょうに。

それを今度は、「仏滅讃文が「二千二百二十余年」であれ「三十余年」であれ、曼荼羅御本尊はいずれも宗祖大聖人の御魂ですから、その違いによる取捨はなく、戒壇大御本尊とも何の矛盾もありません。」

などと言いだす。

 

では、日蓮宗所持の真筆も曼荼羅も当然捨てるものではないはずが、今度は

「総体の本門戒壇大御本尊から離れた曼荼羅は、信仰の対象とはできない」などと、なんですかこのご都合主義は。

 

それも根拠を挙げなさいと言っているだけですよ。

少なくとも、宗祖が「墨に魂を染め流し」書かれた曼荼羅を、あなた方が所持をしていないからといって邪見にする。

根拠無き冒涜も度が過ぎますよ。

他の真筆曼荼羅を、板マンダラから離れてるから捨てるという根拠を示しなさい。

自分で言ったことへの責任ぐらいとりなさい。みっともない。宗祖への愚弄でしかありません。責任をとりなさい。

 

 ✲これらの僧侶は、「そう書いてる現物について」言っているのでしょう?

日本語だとそう読む以外に解釈できませんが。

 

>→それは貴職が恣意的に読むからですよ。諸師は、正像に未曾有の大曼荼羅を信ずる、と言われているのであり、特に数多の曼荼羅中のこの曼荼羅を信ずる(他の曼荼羅は信じない)等と言われているのではありません。

 

上に記した通りです。

 

>✲最後はまた日寛の「二十余年」を出しますか?

 

>→何のことですか?

私が日寛上人の文から挙げたのは「十月十二日」の建立日付ですよ。いよいよ錯乱してきましたか?

 

また逃げるでしょうけれど、上代の歴代やその弟子らは、「二千二百三十余年」とある曼荼羅を挙げている。

では、最初に「板マンダラに二十余年とある」ことを記したのは誰で、なんという書物ですか?

逃げずに答えなさい。

 

 

 

>✲なぜ、上代の弟子よりも、宗祖滅五百年の歴代が優先されるのですかね。

全て日本語ですよ。

上記の書にも、当然御伝土代とも、戒壇本尊とは無関係であると明確だと言っているのですよ。

 

>→誰も貴職の挙げた文が、戒壇大御本尊のことを述べている文だ、などと言っていませんよ。それなのに「無関係であると明確だと言っている」と、力んでどうするのですか?

本当に頭は大丈夫でしょうか?

 

頭大丈夫ですか?

戒壇本尊のことを述べている文だとは言っていないのですか?

分かっているじゃないですか。

そうですよ。

あなた方が板マンダラに給仕勤行していたと思っている弟子らは、板マンダラがありながら、そのことに一切触れていないですよ。

自分で理解しているじゃないですか。

 

では、弟子らが「三十余年と書いてる」と断言する曼荼羅は、どの曼荼羅を指しているのですか?

 

 

 

 

 

✲⑥捏造に捏造を重ねてきた日蓮正宗の義など証明になるわけないでしょうに。

>その全ての御本尊の中心・本体にあたるのが、広宣流布の暁に本門戒壇に安置される弘安二年の大御本尊である、

質問三 ・・・その根拠を挙げてください。宗祖筆の証拠もない。疑念だらけ。

よくもまあこんなでたらめを言えますね。是非根拠を示されてください。

 

→貴職は、宗祖大聖人の御金言もまともに拝さず、ただ日蓮正宗への怨嫉の謗言を並べる大莫迦者です。

「三大秘法抄」における本門戒壇に関する御教示と、大御本尊の示し書に認められた「本門戒壇」の文字、それをよくよくお考えなさい。それでも、わからなければ、それは貴職の能力不足である、としか言いようがありません。

 

 

おいおい。三大秘法抄と板マンダラの「本門戒壇」だけで根拠としているわけではないでしょうね?

 

 右為現当 二世造立件、本門戒壇之、願主弥四郎国重敬白、法華講衆等」

これだけを見ても、板マンダラ作ったのは「弥四郎国重」と書いてる。

しかも、弥四郎国重とやらは、「戒壇」の願主であって、「戒壇本尊」の願主ではない。

三大秘法抄には、「国主」と断定されているにもかかわらず、弥四郎国重なる所在不明で、大石寺の歴代までもその人物の説明が二転三転するような願主が、「国主」だとでも言うのですか?

 

 予年来雖秘己心此法門を書付て留置ずんば、門家の遺弟等定可加 無慈悲讒言。其後は何と悔とも叶まじきと存間對貴辺書送り候 

三大秘法のことは、しっかりと書き残しておかなければ、自分を無慈悲の人と思ってしまうだろうから、しっかりと残しておくと言われた宗祖が、

戒壇の願主はもちろん、戒壇本尊とやらにもふれない。

あんなものが根拠であるなら、宗祖は本当に無慈悲な詐欺坊主でしょうね。自分達が宗祖を貶めていることに気づきなさい。

 

あなたはそこの箇所に金箔が施されているとのことですので、是非その筆跡が宗祖のものであるのか見てきてください。

ご教授期待しております。

 

 

>✲質問四・・・弘安二年十月著作の宗祖曼荼羅だけでも三遍現存。なぜ弘安二年の曼荼羅なのか?そして、それが戒壇本尊だと言えるのかの根拠を示してください。

 

>→自分の文章をよく読み直してください。日本語として意味不明ですよ。

あえて貴職の意味不明の文章を、親切に読解してあげることはいたしません。

 

だから、都合の悪いことから逃亡するのはやめなさい。

あなたが、「その全ての御本尊の中心・本体にあたるのが、広宣流布の暁に本門戒壇に安置される弘安二年の大御本尊」だと言ったのでしょう?

なんですべての中心の本尊が「弘安二年の本尊」と言えるのですか?なぜそれが、あの板マンダラだと言えるのですか?と聞いているだけでしょうに。

根拠もないのに適当なことを言うからおかしくなるのですよ。大石寺の歴史そのものでもありますが。

 

だから、もしも弘安二年だと言うなら、他にも三遍の真筆がありますよと。その中で、なぜあの板彫刻が本体だなどと言えるのか、その根拠を示しなさい。

 

出せないからといって、逃げるのはやめなさい。あなたも過去の法華講員とかわらなくなりますよ?

なんですべての中心の本尊が「弘安二年の本尊」と言えるのですか?なぜそれが、あの板マンダラだと言えるのですか?

自分で言ったことへの責任ぐらいとりなさい。

 

 

>✲ちなみに、弘安二年以降の宗祖筆曼荼羅はおよそ六十遍。宗祖は、出世の本懐ほどの曼荼羅を図じした後、信仰の対象とできない枝葉の曼荼羅を六十遍も書かれたのですか?これを信じてしまうことに、疑念を抱かないですか?

 

>→だから、戒壇大御本尊以外の曼荼羅御本尊は信仰の対象にできない、などと、誰も言っていないではないですか。人の主張はよく読め、と言っておきます。

 

はい?では、板マンダラも他の曼荼羅も同じということでしょう?なにが「すべての本体」ですか。

都合が悪くなると、他の曼荼羅も信仰の対象、しかし本体は板マンダラ。どっちなんですか?

しかも、六十遍の中には日蓮宗所持の曼荼羅も多くありますよ?それらはどうなるんですか?どうせ「戒壇本尊と離れている」から対象ではないとなりますか?

まったく・・・。

 

離れているってなんなんでしょう?上にも記したのでもういいでしょう。溜息が出ます。

 

 

>✲>したがって、宗祖の顕わされた仏滅讃文が「二十余年」の御本尊も「三十余年」の御本尊も、いずれも宗祖大聖人の御魂ですが、総体の本門戒壇大御本尊から離れた曼荼羅は、信仰の対象とはできない、というのが本宗の教義信条であります。

質問五・・・ご自分で書かれていて、なんの疑念も抱かないのでしょうか?上記の根拠を挙げてください。日蓮正宗の教義信条などなんの答えにも根拠にもなりません。

 

>→この愚問についても、先程の、全ての御本尊の中心・本体に当たるのが戒壇大御本尊、というところで示した回答で充分です。

 

 

「いずれも宗祖大聖人の御魂ですが、総体の本門戒壇大御本尊から離れた曼荼羅は、信仰の対象とはできない」の根拠はないのですか?

宗祖の魂を染め流した曼荼羅を、貶める醜態を自覚なさい。

 

 

 

 

>✲>これだけ説明すれば、貴職の批判が全くの的外れであったことがわかりますよね。

 

長文を挙げられたのはいいですが、なんですかこの根拠なき希望的解釈は。

 

>→先程は、あえて根拠を教えてあげましたが、本当は、根拠を示す必要すらないのです。

何故ならば、これは、貴職が、日蓮正宗の信条について

 

あなたの文意では、別に「本門戒壇の大御本尊」でなくてもいいということになりますよ?

歴史上、日蓮宗などが所持している宗祖曼荼羅さえ否定してきたのではないのですか?

いずれの仏滅讚文が示された御本尊も、皆、宗祖大聖人の御魂であると拝している、ということは、戒壇本尊以外の宗祖本尊(筆跡鑑定された百二十数遍)も、「信仰の対象として認める」ということでよろしいですね?

と問うてきたので、当方の信条を説明してあげたのです。したがって、この回答に根拠まで示す必要はない(そこまで求められてはいない)わけです。違いますか?

 

 

根拠を示す必要がないではなく、根拠を示せないと言いなさい。見苦しい。捏造に捏造を重ねて、都合よく歪曲してきたあなた方の教義信条など、根拠になるわけないでしょうに。

 

 

 

>✲⑦>大御本尊の下部には別な示し書がありますので、その上の花押の、更に上を「下部」とは言いませんよ。

質問六・・・では、あの位置を何部というのですか?

 

>→ほら、こうやって、すぐ別な方向へと脱線する。後の方でも、繰り返し日達上人を謗りながら、論点を逸らそうとしていますよね。

そもそもは貴職が、日達上人の文意を読み間違え、日達上人が「二千二百二十余年」を否定している、などと騒いだが故に、私がそれを破折したんじゃありませんか。それが議論の主旨でしょう?

そこでの私の言葉尻を捉えて、では讚文の認められている位置を何部と呼ぶか、なんて方向へ脱線させて誤魔化すような真似は止めなさい!恥ずかしいかぎりだ、まったく。

自分の明らかな間違い(日達上人が二千二百二十余年を否定したという主張)は、間違いであったと認めなさいよ。後から読む人達が呆れますよ(すでに私は呆れ返っていますが)

 

あなたに破折などされたことありませんけど。脱線はあなたでしょうに。

細井さんの文を、「あれは場所を否定した文」だと言ったのはあなたでしょうに。

では、あの讃文は「どこの部」だと大石寺はあなた方信徒に説明しているのですか?

 

通常、花押の下にさらに造立理由など書かれている曼荼羅はありませんからね。仏滅後などの文は、「下方の部」に属しますが?

 >✲「右為現當二世 造立如件・・・・」という、字体も宗祖のものでもなく、金箔もなぜかそこだけ無いというところですよね?それ故に、写真でも見ることが困難な箇所ですよね?

「御首題御勧請皆金薄入りなり」ですので、勧請ではないから金箔はほどこされていないという言い訳を、もう散々聞いてきましたが・・・。

 

>→金箔が施されていない!? 何か夢でも見ているのではありませんか?そんなことはない、とだけ言っておきましょう。

 

おや、そういえば、過去の写真では見えませんが、最近の写真では金箔があるようですね。最近いれたんでしょうか。

 

では、その部分が宗祖筆かどうか、確認しやすいですね。ご教授お待ちしております。

 

 

 

>✲ 「右」と言いながら、なぜ花押の下にあるのか、不思議に思いませんか?

 

>→これも日本語力が無いための珍説ですね。御本尊を認められて、その最後に(すなわち下部に)、これは現当二世のために造立・・・という意味で「右 現当二世の為に造立件の如し」と記されたわけです。普通の表現ではないですか。

不思議といえば、貴職の頭の構造こそが不思議であります。

 

最下部にあるのですから、「右」ではなく「上」ですけどね。

何度も言いますが、花押の下に授与者やら造立理由が書かれているのは、大石寺歴代の曼荼羅を含めて板マンダラだけですがね。まったく不可思議な彫刻です。

 

 

 

>✲>何も私が特別に見て知っているわけではありません (  ) 

 

見えないものを信じて大石寺のアナウンスを鵜呑みにして、それを信じてしまっていることはよく分かりました。人を誘うにはあまりに無責任ですね。

実物を見たこともない顕正会員となんら変わりませんよ。

いちいち「(笑)」など使わないほうがよろしいかと思いますよ。子供のケンカではないのですから。

 

>→やはり日本語がわからないのですね。

私が何も特別な距離で拝して知っているわけではない、と言ったことに対しての反論()がこれですか?

ああ言えばこう言う、単なる反発のための反発を口先で言っているだけで、これではオウムの広報部長(当時)と変わりがありません。

また、私を特別な位置まで行ける立場だなどと、ふざけたことを書いてこられたから、笑ったのです。法義のことでは一度も笑っていませんよ。

笑われて腹か立ったなら、ああいう、人を持ち上げるかのようにして下げる、ふざけた文は書かないことです。

 

では、宗祖筆かどうか、お調べになられてください。

今では写真鑑定でパッチワークされていることまで分かっているのですから、どうぞお近くで調べてきてください。

人を誘うのですから、それが責任というものでしょうに。

 

 

 

>✲上代は皆「三十余年」、後世は「二十余」。そんな矛盾が理解できませんかね。

 

>→もはや何を言っているのか、意味不明です。自分の頭の中でわかっているだけでは、他人と議論などできませんよ。もう少し自分の書いた文章の意味を考えてみたらどうですか?

 

これの意味が分からなことが意味不明です。

上に記してますから、ゆっくり読んでください。

上代の弟子らが、板マンダラを見ていながら皆「三十余年」と書いてる曼荼羅にこだわるのはなぜなんですか?

単純明快でしょ?

都合の悪いことから逃げる癖を直した方がいいですよ。それこそ他人と議論などできませんよ。

 

 

 

>✲⑧>私は、あくまでも議論の土俵は、日道上人の文意についてでなくては、議論が拡散して収拾がつかなくなる、と言っているのです。

 

溜息が出ますが、日道さんは日興上人からの系譜の人で、それをまとめたものが三師御伝土代ではないのですか?

それを、「三十余年」と戒壇本尊の矛盾について、「釈尊像を崇めるなという意味」だと言ったのはあなたでしょう?

では日興上人に「釈尊像を崇めるな」というお考えがあったのかを調べるのは当たり前でしょうに。

こんな簡単な道理が分かりませんか?

 

>→全然わかりませんね。日道上人の書かれた文意が何か、を論じている時に、日道上人は日興上人の系譜だといって、日興上人の本尊観へと論点を移す、こういうのを議論の拡大というのです。

それを何回説明してもわからない、溜息が出ているのはこちらの方です。

 

はい?では日道さんと日興上人の本尊観は異なるのですか?

 

 

>以上、貴職の反論の悉くを破しました。もはや、貴職が出してきた当初の二つの疑難についても、自ずと決着は明らかになっていると思います。

 

 

どこが?

 

>すなわち、戒壇大御本尊の初出の建立日付からして違っている、との貴職の疑難は、何ら大御本尊を疑うに足るものではありませんでした。

 

はい?それはあなたが大石寺のアナウンスを鵜呑みにし、ちゃんと調べないからだけでしょう?

あなたにとって疑うに足るものがないのであれば、私にとっては戒壇本尊が宗祖筆だとする根拠など微塵もありませんが?

むしろ、宗祖を貶める捏造として、許しがたい宗祖批判であるとしか思えません。

 

>また、日道上人が、仏滅後二千二百三十余年の御本尊に背けば堕地獄、と言われていることは、戒壇本尊より別な曼荼羅への信仰を求めていることになる、との疑難は、全く貴職の意味の取り違えであります。

 

 

取り違えはあなたでしょうに。古文とはいえ日本語です。上代の書にはどこにも「戒壇本尊」の存在をしめすものが無いどころか、まったく違う曼荼羅を挙げているのが明らかなだけですね。

 

では、上代の書から、戒壇本尊の存在を示すものを挙げるのが、あなた達の責任でしょうに。それが無いから逃げるしかないのは分かりますが。

 

>以上のとおり決着は明らかだと思いますが、どうですか?

 

何を勝手に終わらせているのでしょうか?まったく明らかじゃありませんが。適当な逃げ口上で言いくるめようとするのは、あなた達の常套手段ですね。

 

 

>貴職がこれに異を称えなければ、次は貴職に対する当方からの質問(まさに宗旨の根幹に関わる疑難)を出させてもらおうと思います。

>今回は長くなってしまったので、改めて数日中に送りますので、心してお答えください。以上

 

ええ、しっかりあなたが結論をだされたら楽しみにしていますよ。

以上、終わり

 


シリーズ⑨-1日蓮宗鎌倉薬王寺住職・大埜慈誠の邪義を破す!

【メール九・日蓮宗僧侶からの抗弁】(平成二十九年十月二日受信)

 

数日ぶりに帰還しましたら、またひどい根拠なき理由付けで逃亡しますね。

 

なぜ大石寺系の人は、顕正会もふくめて徐々に人間批判になっていくのですかね。

そんなことが何になるのでしょう?

それもあなた達の現証ですね、そうなってしまうのも。

 

一度、「戒壇の大本尊、唯受一人血脈相承は絶対だ!絶対正しい!」という固定概念を捨ててみてはいかがでしょうか?

そうでないと、日本語すら誤解釈してしまうのではないですか。

 

あなたのような逃げ口実もあるのですね。

答えられないなら答えられない、答えたくないなら答えたくない、知らないなら知らないと、正直に言えばいいのではないのですか?

ごまかしているだけで、答えもなければ根拠もない。

 

ちなみに、パソコンは持ち合わせていないのでしょうか?字数に制限がかかるのですが。

全文届いているのかも判断できないので、最後には「以上、終わり」といれますので、それが無い場合は全文ではないものと承知してください。最後までの文を請求してください。

 

一日一通という縛りがあるので、できれば一回で送りたいところですがね。全文挙げられなかった場合の二通は、あーだこーだと難癖をつけませんように。

 

 

質問一・・・戒壇本尊が宗祖筆である確たる証拠は持ちあわせていないということは自覚されているのですよね?証拠は無いけど、戒壇本尊に纏わる大石寺のアナウンスを信じておられるということでよろしいですね?

 

>→誰がこんなことを言いましたか?勝手な思い込みは止めてください。

>まだ論争は始まったばかりですよ。

 

宗祖筆である明確な根拠を示してくだされば、他の議論はいらないでしょう?どうぞ出されてください。それが根拠となりうるなら、すぐさま日蓮宗を除籍し、大石寺門下に帰依致しますよ。

すべて認めて末端会員から始めますよ。

なぜ出せないのでしょうか?

もう一度聞きますが、宗祖筆の根拠はない。大石寺のアナウンスを信じているということでよろしいですね?YESかNOかでしょうに。

 

 

>✲①②③日有だろうが日因だろうが、血脈相承者であるにもかかわらす、誰が言った書いたを拘る意味が分かりませんが、では、日有=日因=他歴代大石寺住職が言えなくなるのではないのですか?

 

>→本当に「意味がわかりません」か?貴職が、日有上人による初出からして建立日付がおかしい、と言うから、それは日因上人の文であり、その前代の日寛上人は「十月十二日」と書かれていて、初出からして違っているとの貴職の疑難は当たらない、と教えてあげたのではないですか。

自分が投げかけた疑難を忘れたわけですね。貴職は都合の悪い場面ではしばしば健忘症になるようです。

 

まったく・・・どこを焦点にしてるんですか。大石寺も、過去の法華講員も、あれを日有が初出であることを否定しないので、「あれが初出ですね?」と確認してるでしょうに。

 

日因の注釈、えてして該当箇所は日因が勝手に言い出したことなど、我々の間では常識です。

なんなら、今までの法華講員が日有言とした返答をここに載せましょうか?IPアドレスでも載せて。

今までそれを否定も肯定もせず、逃げるなり言い訳するなりばかりの大石寺信徒でしたから、あなたにも確認してるでしょうに。

 万が一、私があれを全て日有筆だと勘違いしていたとして、それがなんなのですか?まあそんな勘違いはしませんが。

日有だろうが日因だろうが、あなた方が信じてやまない唯受一人血脈相承とやらがいかに曖昧な相承かを表していると言っているのですよ。

 

それを、一信徒であるあなたが、「ミス」ということで納得してるということで了解したと言っているじゃありませんか。

焦点をはぐらかすのはやめなさい。みっともない。

 

まあ、そんなことを言った信徒はあなたが初めてですがね。

 

 

>✲大石寺が売りに出された時代の方ですからね。曖昧になるのもうなずけます。戒壇本尊がありながら大石寺を売りに出されてしまうというのも、「それはどうしてだろう」と冷静に探究されるのが道理というものだと思いますが、それができない。ただただ大石寺のアナウンスを鵜呑みにしてしまう。

本当に残念なことですね。

日有さんとすれば二十貫で買い戻して頑張ったのでしょう。大石寺の存続の為に右往左往なさったのでしょうね。

 

>→こういう、新たな疑難(というか悪口)を次々と出すのを止めろ、と言っているのです。

だから貴職は真面目な学究者ではない、都合の悪いときには、新たな悪口を出して議論をウヤムヤにしてしまう、と指摘しているのです。わかりませんか?

 

法華講員がよく使う逃げ口実ですね。

答えられないなら答えられないと、知らないなら知らないと言えばいい話ですよ。

売りに出されたのは事実なんですから。

ウヤムヤニしてしまうと言いながら、答えられるところは答えてるじゃないですか。いつも根拠はありませんが。

都合が悪いとウヤムヤ、答えられそうなところは適当に。

 

何度も言ってますが、あなた方の信仰の対象、教義の根幹に対する話をしているのですよ?

何度も言う通り、戒壇本尊(以後、板マンダラ)が宗祖筆だと確認されたら、私はすぐに大石寺門下に入ると言っているのです。

あなたは大石寺の矛盾だらけのアナウンスを信じ、宗祖筆を信じて、他宗を非難し、人を勧誘するんじゃないのですか?

なんの権限でしてるんだか知りませんが、板マンダラが宗祖筆である前提で、「調査に行っただけ」などといって、わざわざ僧侶をつかまえて「批判」をしに行ったのはではないのですか?

誰かを非難するなら、ではあなた達はどうなんですか?と言われるのは当たり前でしょうに。

 

しかも、あなた方の「折伏」は、板マンダラに入信させる為にやっているのでしょう?

疑念に答えずして、人を勧誘するな、他を批判するな、あまりに無責任だと言っているのですよ。

都合の悪いことから逃げるのは、大石寺信徒のお家芸ですが、あなたもそうかと残念でなりません。

 

 

 

>✲あたなの文意であると、日有に至っては、「戒壇本尊についてはまったく触れていない」ということを認めていることになりますが、それでいいのですね?

 

>→こんな議論はそもそもしていません。どこが私の「文意であると」ですか。中学校の国語から勉強し直してください。

 

はい?なぜ都合が悪くなると逃げるのですか?

 

私が「日有が初出ですね?」と聞いたら、「違う」と言ったのはあなたですよ。

では、そのまま日有は戒壇本尊に触れていないということでしょう?あなたの答えへの確認をしたまでですよ。

関連項目でしょうに。

議論をしていないなどと逃げるのはやめなさい。

 

だから、一番分かりやすく、「では日有でないなら初出は誰なのですか?」と聞いているだけでしょうに。

 

なぜ答えないのですか?それは最初の議論内容ではないと言いながら、答えられるところは答えてるじゃないですか。

 

 

>✲ですから何度も聞いている通り、

質問二・・・戒壇本尊の初出は、誰のなんという書物ですか?なぜ答えないのか理解できません。関連項目ですよ。

 

>→だから、これは順に答えてあげる、と言っているでしょう。まずは、貴職が最初に出した二つの疑難からですよ。

 

これもなぜ逃げるのですか?知らないのですか?都合が悪いのですか?

全て関連項目でしょうに。

あなたの返答に根拠がないから、一つ一つ確認しているだけでしょうに。

 

 

 

>✲せめて日有くらいの時代にでも初出があればまだいくつかの疑念には対応できそうなものですが、

もしも初出が日寛なら、宗祖滅後およそ五百年、日因ならさらに後。五百年ですよ?五百年。

日有ならおそよ宗祖滅二百年でしたがね。

 

>→もはや、独り言のレベルですね。これはツィッターではないのですよ。貴職は他人ときちんと対論ができない人なのですね。自分の世界の中で、勝手につぶやいていなさい。

 

で、板マンダラの初出は。誰のなんという書物ですか?

宗祖はおろか、日興上人からどこにも、何も触れられもしない板を、宗祖筆だと言い続けて人を勧誘しているのですよ。

では初出は誰なんですか?と聞いているだけでしょうに。

大石寺が公式に言ったことを私は知らないので、あなたが教えてください。

 

 

✲だから私は

「この書も三十一世になって突然出てきたので、文献学では日有の書かも疑義がだされてきたものですが、大石寺では、これが初出とするわけですね?」と聞きましたでしょ?

それをあなたが違うという。

 

>→「文献学」が聞いて呆れます。二つの異なる書を混同して決めつけてくる貴職の誤りを教えてあげたのに、それも素直に認めずに自説を繰り返す、こんな態度の御仁が全国の青少年を育成できるのですか?貴職に育成される青少年が哀れです。

なおまた、日因上人の書が戒壇大御本尊の初出だなどということは、もとより大石寺では言っていないので、そう申し上げているまでです。

 

で、板マンダラの初出は。誰のなんという書物ですか?

大石寺も、過去の法論相手もみんな濁してばかりなので、そこまでいうあなたがご教授ください。

 

またでましたね、人間否定が。私の活動をあなたにとやかく言われる筋合いはありません。

少なくとも、あなた方のように誰彼構わず入信させようなどという活動ではありませんので誤解なきように。

 

 

 

>✲であるならば、

質問二・・・戒壇本尊の初出は、誰のなんという書物ですか?

なぜ答えないのでしょうか?逃げずに答えましょう。

 

→だから、貴職の最初の二つの疑難を片付けてから、当方の質問に答えていただき、それから答えてあげる、と言っているでしょうが。日本語が理解できないだけでなく、目も見えませんか?

 

で、誰なんですか?知らないのですか?全て関連項目でしょうに。適当な言い逃れは見苦しいだけですよ。

 

 

 

>✲次に、「高橋智遍」『創価学会が真実ならば私は日蓮聖人の信仰をやめる』という書を読んだことはありますか?

その十一頁

【二】日蓮聖人滅後二〇〇年ごろ、はじめて出てきた「板マンダラ」

という項で、日浄の『日有、開山の本懐に背き、未聞未見の板本尊これを彫刻す』という一説を挙げて、

日有が突然言い出したと説明しています。

これに対して、「日蓮正宗創価学会批判を破す」の中で、ご丁寧に高橋氏の項目をつくってなんと反論したか。

日浄の批判に終始し、何も触れずですよ。あなたと同じように「戒壇本尊初出」についても触れない。

 

>→だから何なんですか?貴職も本化妙宗の高橋智遍と同じ考えだ、と言いたいのですか?それとも高橋に対する創価学会の反論に、大御本尊の初出が書いてない、と言いたいのですか?

いずれにしても、こうやって他宗の本まで無批判に持ち出し、論点の拡大を図る貴職の態度は、真面目に法論をしようという者のそれではありません。だから呆論だというのです。

こんな態度は、日蓮宗においても支持されないと思いますよ。

 

 

また焦点ぼかしですか。私と彼とでは、教義に対する理念、解釈その他は相反するところばかりですが、少なくとも、高橋氏の板マンダラに対する指摘はおおよそ賛同できますね。

そして、それに対して日蓮正宗がまったく答えていないことも歴史的事実ですね。悪口だけの罵詈雑言でしたよ。みっともない。

 

正々堂々と世に公開でもすれば、あらゆる鑑定で宗祖筆か否かはいとも簡単に判別できるのですがね、「本尊様を鑑定するなどもってのほかだ」などと

訳のわからない言い訳で鑑定も受けないのですから、大石寺僧侶達は「偽造」を知っているのでしょうね。

広宣流布などと言いながら、秘蔵してるのですから、世界の人々を救済するなどと思ってもいないでしょうね。

こんな矛盾だらけの板彫刻、鑑定でもしない限り、または騙されない限り、入信なんか誰もしないでしょう。つまりまあ、皆さん騙されているというわけですね。

それでも鑑定はしない、させない。

それほどの曼荼羅ならば、むしろ鑑定して宗祖筆を証明したほうが、よほど世界の人々の為になると思いませんかね。

 

 

 

>✲さらに、日因は「日法伝」として「家中抄」を引用して、戒壇本尊の詳細を言うのではないのですか?

さらに御書を挙げて「一躰ならず三躰まで作る」と言ったかと思えば、

「此御書は世間希なる間今具に之を書くなり、然に此の中に一体に非ず三尊まで造ると者当山の最初仏重須正御影なり、一躰は岡宮に之有りと云へり、又七面の明神者本来之有るか、七面の池之有り此池水に浮ひ出たる楠木なり、此板御本尊倶に三尊と遊されたるか、亦板御本尊の事をは略し遊されたるか測り難き者なり。」と。

『此板御本尊倶に三尊と遊されたるか、亦板御本尊の事をは略し遊されたるか測り難き者なり。』だそうですよ。

 

>→「おいおい💦」と、思わず口に出てしまいました。貴職が引いた、富士宗学要集の「有師物語聴聞抄佳跡上」のページの上に、何と書いてありますか?

これを編纂された五十九世日亨上人が、わざわざ「此書全く偽書なり。因師少縁を以て引用するとも信用すること勿れ」と注記されているではありませんか。

すなわち日因上人が、あまり知られていない珍しい御書であるから、と紹介されたけれども(つまり日因上人の時代には真偽を判ずることができなかった書であるけれども)、これは完全な偽書であることが判明したから、信用して用いてはならない、と念を押されているのです。

また、真偽未決の時とはいえ、偽書であったからこそ日因上人も、その内容について「測り難き者なり」すなわち「理解できない」と疑問を呈されていたのでしょう。しごく当然のことであります。

しかるに貴職は、「全く偽書なり」との注記があるのに、それに頬かむりを決め込み、なんと日因上人が御書を挙げて所論を述べたとして、この偽書と、偽書についての日因上人お言葉を利用し、妄説を突き付けてきました。

要するに、私を引っ掛けようとしたわけですね。

貴職は、最低のペテン師です。小野寺日了と変わるところがありません。

 

 

おいおい。またでましたね。後世の歴代優先が。いったい唯受一人歴代相承とはなんなんですか?

一七四〇年相承を受けた人が引用した書を、一九二六年相承を受けた人が「偽書」だと。

それで後者が優先されるのですか。血脈相承が聞いてあきれますね。ペテンはあなた方でしょうに。

 

後世優先はいいですね。上代の言で都合が悪いことは全て後世の言で変えてしまえばいいんですから。

 

 

 

>✲で、宗祖滅五百年の日因が、「戒壇本尊のことは略されたのかどうか分からない」と。

そりゃそうですよね、宗祖滅五百年の人が分かるわけありません。

 

>→自分の出鱈目な文献引用に基づいて、何を勝手な解釈を述べているんだか。前提が嘘だから、全てが崩壊している、と断じます。

 

では日因も嘘を書に残したのですから、日因も崩壊していますね。日因が崩壊しているということは、日因以降の歴代への相承も崩壊していますね。

上代の歴代の矛盾を、後世が都合よく歪曲している。あなた方の歴代の書はそれを如実に顕している。ただそれだけのことです。

唯受一人血脈相承とはなんなのですかね。上代の言よりも、後世の言が優先される。わけわかりませんね。

伝言ゲームのほうがまだまともですよ。

 

 

 

>✲もしも日蓮宗の僧侶で、宗祖滅後五百年の人が、あなた方と同じように「日蓮宗にだけ伝わるこの曼荼羅が正当な曼荼羅だ!」などと主張したら、

あなたはなんと言うのでしょうか?

少なくとも、そんな固有の曼荼羅を取り上げて、これこそ宗祖出世の本懐で、その他の曼荼羅は枝葉のようなものだなどという主張をするのは、大石寺と保田の万年救護本尊と、小野寺さんくらいでしょうか。

 

>→宗祖滅後五百年に初めて出てきた、などというのが、そもそも貴職の勝手な思い込みです。当方は、そんなことは一言も言っておりません。

勝手な思い込みから、悪口を並べていますが、ペテン師の小野寺某と変わらないのは、偽書を御書だと謀る貴職の方です。

 

では誰が最初に言い出したのですか?日有ではないなら誰なのですか?

「そんなことは一言も言ってない」「でも、それが誰だかは答えない」

なんですかこれは。答えればいい話でしょうに。

もしも日寛であるならば、宗祖滅およそ五百年だと言っているのですよ。違うと言うなら誰なのか言えばいいでしょうに。

私の調べた限りでは、誰だか知ってはいますが、それも詳細無きたったの数文字ですから、日寛「究竟の中の究竟、本懐の中の本懐なり」が聞いてあきれます。

 

 

✲鬼の首を取ったようにあれは「あれは日因著作」だと言いますが、それこそ日有の時代には戒壇本尊がなかった証拠でしょうに。

 

>→べつに、鬼の首を取ったようになど言っていませんよ。貴職が、二書あることを知らずに混乱した批判を繰り返しているので、教えてあげただけのことです。

では、その自らの初歩的な間違いについては認めたのですね?

自分が間違っていたら、素直に間違いを認めなさいと、貴職は青少年に指導していませんか?子供達に指導する前に、自分が実行したらいかがですか。

しかも、「それこそ日有の時代には戒壇本尊がなかった証拠でしょうに」などと述べていますが、貴職には論理性が全く欠如しています。どうして「証拠」になるというのか、貴職の頭の中で勝手に思い込んだ論理()は全く世の中には通用しません。

 

ですから、あなた方が誇らしげに「尊びて」いる唯受一人血脈相承者同士がまったく違うことを言っていることに疑念を持たないのですか?

都合のよいことを遺してくれた歴代をたてて、その人よりも前の相承者を批判するわけですか。

こんなことになるから釈尊も宗祖も「依法不依人」を言うのですよ。人から人の相承だと教えが壊れますからね。

まんまと教えをあちらこちらで歪曲してきたことを信じてしまっているあなたに、私の活動のことをとやかく言われる筋合いはありませんね。

人間否定をしていないで、冷静に事実に向き合ったらどうですかね。

 

 

>✲あなたは日寛が言ったので間違いないと言いたいでしょうけれど、日因は日寛の後、たったの十四年後の相承者ですよ。

それがこのあり様です。こんな適当な相承を信じることが、はたして宗祖の本意であるのかどうか、冷静にお調べになられてはいかがでしょうか。

 

>→前半部分は、何を言いたいのか意味不明です。

後半については、日因上人が私的に書き留められて公刊されなかった「物語聴聞抄佳跡上」の中に、たまたま日付の誤記があったからといって、「このあり様」だとか「こんな適当な相承」云々などと言って揶揄するわけですね。まるで自分を凡夫にあらざる完全無欠の人、と思い込んでいる者の言葉であり、その心根の醜さに反吐が出そうです。

文献を取り違え、それを正式な法論中で強弁し続け、さんざん支離滅裂な主張を繰り返し、あげく素知らぬ顔で偽書まで利用しようとした御仁が、偉そうなことを言うのはお止めなさい。

 

>✲日付まで宗祖の命日と間違える始末。

なぜこれを問題にしないのですか?冷静に探究されてみてはいかがでしょうか。

こんな矛盾だらけの本尊やら血脈やらを信じて、結果人を騙している可能性すらありますよ、このままでは。

 

>→人を騙そうとしたのは貴職の方でしょう。何を惚けたことを言っているんですか。

いわんや、単純な日付の誤記を取り上げ、それこそ鬼の首でも取ったかのごとく「矛盾だらけの本尊や血脈」などと声高に罵っていますが、本当の「矛盾だらけの本尊」というのは貴職の寺における本尊雑乱のことでしょう。それは、これから明らかにして差し上げますから、今は触れないでおきます。

 

 

おいおい。信仰の対象であり、相承される最上のものであり、それを唯一無二の本尊といい、このマンダラから離れたマンダラは信仰の対象ではないといい、なによりも宗祖出世の本懐のものの、建立年月日を間違えてるんですよ?そのまま「このありさま」でしょうに。

大石寺歴代は、もっともまじかでこの板マンダラに給仕してきたはずではないのですかね。それが宗祖の命日と間違えたと。適当な相承でしょうに。

 

で、一信徒であるあなたが、三十一世のミスだと言ったというだけの話ですね。

 

六十世日開の書写ミスの時は大騒ぎでしたがね。もっとも、「二十余」と「三十余」の誤写でしたが。

 

 

>✲よくもこんな曖昧な相承を尊びて、無責任にも人を勧誘できるなと、事実を知らず入信する人達が哀れで仕方ありません。

 

>→これも、単純な誤記を取り上げて、「よくもこんな曖昧な相承」などと並べ立てた悪口ですが、こんなことまで言って、自分で恥ずかしくなりませんか?

読み返してみても、言葉だけは本当に大仰でご立派ですね、何の中身もありませんが。

 

歴代同士で言ってることも矛盾だらけ、後世の歴代が自分よりも前の歴代を否定、寺は売りにだされ、時には本尊まで仏像に替えたなんていう血脈相承ですからね。

曖昧などという軽々しい言葉では表現しきれないほどのものでしょうね。

なぜこれを信じれるのか理解はできませんが、ちゃんと過去の事実を知らないのではありませんか?あなたが。

事実を知れば、まったく信じられる代物ではありませんがね。

 

 

 

>✲全て関連質問ですよ。

なぜ答えないのでしょうか。初出の書は、大石寺の正式な見解ではなんという書物なのかを聞いているだけですよ。

 

>→答えないのではない、一つずつやりましょう、と言っているのです。 日本語のわからない人ですね。

貴職の「で、その最古の書の執筆者の時代まで、宗祖はおろか日興上人も日目、日道もだれも戒壇本尊にふれていないのは何故ですか?なんとも思いませんか?

との問いにも、順を追って回答してあげますから、慌てずお待ちなさい、と言っているでしょうが。

それとも、関連する質問と称して次々と疑難を投げかけ、それに答え続けさせていないと、都合が悪いのですか?

こちらに、質問の機会を与えては困るのですか?

それが、貴職の法論(呆論)のテクニックなのですね。もうミエミエですよ。

>✲これも関連質問ですよ。

九世が初めて世に言い出したという疑念にはそれを否定せずここまできておいて、では誰なんですか?

それは宗祖滅何年ですか?と聞いているだけですよ。

⑤都合の悪いことは答えないのですね、やはり。

 

>→ほらほら、同じ趣旨の繰り返しでしょう?

順を追って答えてあげますよ。関連質問とやらを何度も繰り返さずとも。

 

 

はい、またですか。知らないなら知らないと言えばいいでしょう?それ以上は聞きませんから是非ご教授ください。

大石寺が公式に発表でもしていれば、あなたも苦労しないで済むのですが、哀れですね。同情します、本当に。

 

 

>✲「対比」などと言ってますが、『二千二百三十余年云々と書いてある本尊に背くな』と書かれている以上、 二十余年とある戒壇本尊は、御伝土代から言えばまったく該当しない矛盾を言っているのですよ。

こんな分かりやすい指摘を意味不明とは、それこそ意味不明です。

 

>→そういう意味なのでしたら、すでに回答済みです。以下に再掲しておきますから、よくお読みなさい(これに対する貴職の反論は、自説の強弁だけで、全く反論の体をなしていません)

貴職の引かれた第四世日道上人の「御伝土代」に

「仏滅後二千二百三十余年が間、一閻浮提の内、未曾有の大曼荼羅なりと図し給ふ御本尊に背く意は罪を無間に開く」

とある文は、もとより「二千二百二十余年」と「二千二百三十余年」の御本尊を対比して「二千二百三十余年」の御本尊を簡ぶ、という文意ではありません。

貴職も御承知のとおり、宗祖大聖人御図顕の曼荼羅御本尊の仏滅讚文には「二千二百二十余年」と「二千二百三十余年」の両様がありますが、そのうちの「二千二百三十余年」の御本尊を取って「二千二百二十余年」の御本尊を捨てる(本尊として崇めない)、などという義が、本宗には片鱗すらないことからも、明らかです。

この「御伝土代」の文は、()「釈尊像を本尊として崇め、正像二千年間に未曾有(すなわち末法に初めて出現)の曼荼羅御本尊に背けば、無間地獄に堕ちる」との趣旨で、釈尊像を崇めることを批判されたものに他なりません。

つまり、ここで「二千二百三十余年に未曾有」と言われた文意は、あくまでも「正像二千年間に未曾有(末法に初めて出現)の曼荼羅御本尊」という意味であって、それ以外の意味は全くありません。

 

 

 

だから、なんですかその希望的解釈は。

下で再度指摘しますかね。

 

 

>✲日順「本門心底抄」

日尊「日尊実録」

日眼「五人所破抄見聞」

これらの「三十余年」は、以前挙げた「本尊七箇相承」とは合致し、戒壇本尊とは合致しない。

これが矛盾でなくてなんなのですか?

また違う書だ!と言って逃げますか?全て御伝土代と同様の「三十余年と書いてる!」という書ですよ。

 


敬台院、その熱き大石寺の信仰

おすすめDVDです。

敬台院

シリーズ⑧日蓮宗鎌倉薬王寺住職・大埜慈誠の邪義を破す!

【メール八・法華講員からの破折】(平成二十九年九月二十八日送信)

貴職の返信を拝見しました。

日本語能力の欠如に加えて、不正直で、支離滅裂な文面を見て、呆れて開いた口が塞がらない思いです。

一言だけ申し上げれば、これは法論などと呼べるレベルではなく「呆論」です。

それならそれに応じた対応をさせていただきますので、了承ください。以下、貴職の言を引いて、その後にコメントしていきます(✲の後に貴職の言を挙げ、その後の→以下に私のコメントを述べます)

 

 ✲なかなかご都合の悪いところにはお答えを頂けないようですので、ちょっとここまでのやりとりで、決定されたことを一つ確認させてください。

質問一・・・戒壇本尊が宗祖筆である確たる証拠は持ちあわせていないということは自覚されているのですよね?証拠は無いけど、戒壇本尊に纏わる大石寺のアナウンスを信じておられるということでよろしいですね?

 

→誰がこんなことを言いましたか?勝手な思い込みは止めてください。

まだ論争は始まったばかりですよ。

 

 ✲①②③日有だろうが日因だろうが、血脈相承者であるにもかかわらす、誰が言った書いたを拘る意味が分かりませんが、では、日有=日因=他歴代大石寺住職が言えなくなるのではないのですか?

 

→本当に「意味がわかりません」か?貴職が、日有上人による初出からして建立日付がおかしい、と言うから、それは日因上人の文であり、その前代の日寛上人は「十月十二日」と書かれていて、初出からして違っているとの貴職の疑難は当たらない、と教えてあげたのではないですか。

自分が投げかけた疑難を忘れたわけですね。貴職は都合の悪い場面ではしばしば健忘症になるようです。

 

✲大石寺が売りに出された時代の方ですからね。曖昧になるのもうなずけます。戒壇本尊がありながら大石寺を売りに出されてしまうというのも、「それはどうしてだろう」と冷静に探究されるのが道理というものだと思いますが、それができない。ただただ大石寺のアナウンスを鵜呑みにしてしまう。

本当に残念なことですね。

日有さんとすれば二十貫で買い戻して頑張ったのでしょう。大石寺の存続の為に右往左往なさったのでしょうね。

 

→こういう、新たな疑難(というか悪口)を次々と出すのを止めろ、と言っているのです。

だから貴職は真面目な学究者ではない、都合の悪いときには、新たな悪口を出して議論をウヤムヤにしてしまう、と指摘しているのです。わかりませんか?

 

✲あたなの文意であると、日有に至っては、「戒壇本尊についてはまったく触れていない」ということを認めていることになりますが、それでいいのですね?

 

→こんな議論はそもそもしていません。どこが私の「文意であると」ですか。中学校の国語から勉強し直してください。

 

 ✲ですから何度も聞いている通り、

質問二・・・戒壇本尊の初出は、誰のなんという書物ですか?なぜ答えないのか理解できません。関連項目ですよ。

 

→だから、これは順に答えてあげる、と言っているでしょう。まずは、貴職が最初に出した二つの疑難からですよ。


✲せめて日有くらいの時代にでも初出があればまだいくつかの疑念には対応できそうなものですが、

もしも初出が日寛なら、宗祖滅後およそ五百年、日因ならさらに後。五百年ですよ?五百年。

日有ならおそよ宗祖滅二百年でしたがね。

 

→もはや、独り言のレベルですね。これはツィッターではないのですよ。貴職は他人ときちんと対論ができない人なのですね。自分の世界の中で、勝手につぶやいていなさい。

 

✲だから私は

「この書も三十一世になって突然出てきたので、文献学では日有の書かも疑義がだされてきたものですが、大石寺では、これが初出とするわけですね?」と聞きましたでしょ?

それをあなたが違うという。

 

→「文献学」が聞いて呆れます。二つの異なる書を混同して決めつけてくる貴職の誤りを教えてあげたのに、それも素直に認めずに自説を繰り返す、こんな態度の御仁が全国の青少年を育成できるのですか?貴職に育成される青少年が哀れです。

なおまた、日因上人の書が戒壇大御本尊の初出だなどということは、もとより大石寺では言っていないので、そう申し上げているまでです。

 

✲であるならば、

質問二・・・戒壇本尊の初出は、誰のなんという書物ですか?

なぜ答えないのでしょうか?逃げずに答えましょう。

 

→だから、貴職の最初の二つの疑難を片付けてから、当方の質問に答えていただき、それから答えてあげる、と言っているでしょうが。日本語が理解できないだけでなく、目も見えませんか?

 

✲次に、「高橋智遍」『創価学会が真実ならば私は日蓮聖人の信仰をやめる』という書を読んだことはありますか?

その十一頁

【二】日蓮聖人滅後二〇〇年ごろ、はじめて出てきた「板マンダラ」

という項で、日浄の『日有、開山の本懐に背き、未聞未見の板本尊これを彫刻す』という一説を挙げて、日有が突然言い出したと説明しています。

これに対して、「日蓮正宗創価学会批判を破す」の中で、ご丁寧に高橋氏の項目をつくってなんと反論したか。

日浄の批判に終始し、何も触れずですよ。あなたと同じように「戒壇本尊初出」についても触れない。

 

→だから何なんですか?貴職も本化妙宗の高橋智遍と同じ考えだ、と言いたいのですか?それとも高橋に対する創価学会の反論に、大御本尊の初出が書いてない、と言いたいのですか?

いずれにしても、こうやって他宗の本まで無批判に持ち出し、論点の拡大を図る貴職の態度は、真面目に法論をしようという者のそれではありません。だから呆論だというのです。

こんな態度は、日蓮宗においても支持されないと思いますよ。

 

✲さらに、日因は「日法伝」として「家中抄」を引用して、戒壇本尊の詳細を言うのではないのですか?

さらに御書を挙げて「一躰ならず三躰まで作る」と言ったかと思えば、

「此御書は世間希なる間今具に之を書くなり、然に此の中に一体に非ず三尊まで造ると者当山の最初仏重須正御影なり、一躰は岡宮に之有りと云へり、又七面の明神者本来之有るか、七面の池之有り此池水に浮ひ出たる楠木なり、此板御本尊倶に三尊と遊されたるか、亦板御本尊の事をは略し遊されたるか測り難き者なり。」と。

『此板御本尊倶に三尊と遊されたるか、亦板御本尊の事をは略し遊されたるか測り難き者なり。』だそうですよ。

 

→「おいおい💦」と、思わず口に出てしまいました。貴職が引いた、富士宗学要集の「有師物語聴聞抄佳跡上」のページの上に、何と書いてありますか?

これを編纂された五十九世日亨上人が、わざわざ「此書全く偽書なり。因師少縁を以て引用するとも信用すること勿れ」と注記されているではありませんか。

すなわち日因上人が、あまり知られていない珍しい御書であるから、と紹介されたけれども(つまり日因上人の時代には真偽を判ずることができなかった書であるけれども)、これは完全な偽書であることが判明したから、信用して用いてはならない、と念を押されているのです。

また、真偽未決の時とはいえ、偽書であったからこそ日因上人も、その内容について「測り難き者なり」すなわち「理解できない」と疑問を呈されていたのでしょう。しごく当然のことであります。

しかるに貴職は、「全く偽書なり」との注記があるのに、それに頬かむりを決め込み、なんと日因上人が御書を挙げて所論を述べたとして、この偽書と、偽書についての日因上人お言葉を利用し、妄説を突き付けてきました。

要するに、私を引っ掛けようとしたわけですね。

貴職は、最低のペテン師です。小野寺日了と変わるところがありません。

 

✲で、宗祖滅五百年の日因が、「戒壇本尊のことは略されたのかどうか分からない」と。そりゃそうですよね、宗祖滅五百年の人が分かるわけありません。

 

→自分の出鱈目な文献引用に基づいて、何を勝手な解釈を述べているんだか。前提が嘘だから、全てが崩壊している、と断じます。

 

✲もしも日蓮宗の僧侶で、宗祖滅後五百年の人が、あなた方と同じように「日蓮宗にだけ伝わるこの曼荼羅が正当な曼荼羅だ!」などと主張したら、あなたはなんと言うのでしょうか?


少なくとも、そんな固有の曼荼羅を取り上げて、これこそ宗祖出世の本懐で、その他の曼荼羅は枝葉のようなものだなどという主張をするのは、 大石寺と保田の万年救護本尊と、小野寺さんくらいでしょうか。

 

→宗祖滅後五百年に初めて出てきた、などというのが、そもそも貴職の勝手な思い込みです。当方は、そんなことは一言も言っておりません。

勝手な思い込みから、悪口を並べていますが、ペテン師の小野寺某と変わらないのは、偽書を御書だと謀る貴職の方です。

 

✲鬼の首を取ったようにあれは「あれは日因著作」だと言いますが、それこそ日有の時代には戒壇本尊がなかった証拠でしょうに。

 

→べつに、鬼の首を取ったようになど言っていませんよ。貴職が、二書あることを知らずに混乱した批判を繰り返しているので、教えてあげただけのことです。

では、その自らの初歩的な間違いについては認めたのですね?

自分が間違っていたら、素直に間違いを認めなさいと、貴職は青少年に指導していませんか?子供達に指導する前に、自分が実行したらいかがですか。

しかも、「それこそ日有の時代には戒壇本尊がなかった証拠でしょうに」などと述べていますが、貴職には論理性が全く欠如しています。どうして「証拠」になるというのか、貴職の頭の中で勝手に思い込んだ論理()は全く世の中には通用しません。

 

✲あなたは日寛が言ったので間違いないと言いたいでしょうけれど、日因は日寛の後、たったの十四年後の相承者ですよ。

それがこのあり様です。こんな適当な相承を信じることが、はたして宗祖の本意であるのかどうか、冷静にお調べになられてはいかがでしょうか。

 

→前半部分は、何を言いたいのか意味不明です。

後半については、日因上人が私的に書き留められて公刊されなかった「物語聴聞抄佳跡上」の中に、たまたま日付の誤記があったからといって、「このあり様」だとか「こんな適当な相承」云々などと言って揶揄するわけですね。まるで自分を凡夫にあらざる完全無欠の人、と思い込んでいる者の言葉であり、その心根の醜さに反吐が出そうです。

文献を取り違え、それを正式な法論中で強弁し続け、さんざん支離滅裂な主張を繰り返し、あげく素知らぬ顔で偽書まで利用しようとした御仁が、偉そうなことを言うのはお止めなさい。

 

✲日付まで宗祖の命日と間違える始末。

なぜこれを問題にしないのですか?冷静に探究されてみてはいかがでしょうか。

こんな矛盾だらけの本尊やら血脈やらを信じて、結果人を騙している可能性すらありますよ、このままでは。

 

→人を騙そうとしたのは貴職の方でしょう。何を惚けたことを言っているんですか。

いわんや、単純な日付の誤記を取り上げ、それこそ鬼の首でも取ったかのごとく「矛盾だらけの本尊や血脈」などと声高に罵っていますが、本当の「矛盾だらけの本尊」というのは貴職の寺における本尊雑乱のことでしょう。それは、これから明らかにして差し上げますから、今は触れないでおきます。

 

✲よくもこんな曖昧な相承を尊びて、無責任にも人を勧誘できるなと、事実を知らず入信する人達が哀れで仕方ありません。

 

→これも、単純な誤記を取り上げて、「よくもこんな曖昧な相承」などと並べ立てた悪口ですが、こんなことまで言って、自分で恥ずかしくなりませんか?

読み返してみても、言葉だけは本当に大仰でご立派ですね、何の中身もありませんが。

 

✲全て関連質問ですよ。


なぜ答えないのでしょうか。初出の書は、大石寺の正式な見解ではなんという書物なのかを聞いているだけですよ。

 

→答えないのではない、一つずつやりましょう、と言っているのです。 日本語のわからない人ですね。

貴職の「で、その最古の書の執筆者の時代まで、宗祖はおろか日興上人も日目、日道もだれも戒壇本尊にふれていないのは何故ですか?なんとも思いませんか? との問いにも、順を追って回答してあげますから、慌てずお待ちなさい、と言っているでしょうが。

それとも、関連する質問と称して次々と疑難を投げかけ、それに答え続けさせていないと、都合が悪いのですか?

こちらに、質問の機会を与えては困るのですか?

それが、貴職の法論(呆論)のテクニックなのですね。もうミエミエですよ。

 

✲これも関連質問ですよ。

九世が初めて世に言い出したという疑念にはそれを否定せずここまできておいて、では誰なんですか?

それは宗祖滅何年ですか?と聞いているだけですよ。

⑤都合の悪いことは答えないのですね、やはり。

 

→ほらほら、同じ趣旨の繰り返しでしょう?

順を追って答えてあげますよ。関連質問とやらを何度も繰り返さずとも。

 

✲「対比」などと言ってますが、『二千二百三十余年云々と書いてある本尊に背くな』と書かれている以上、 二十余年とある戒壇本尊は、御伝土代から言えばまったく該当しない矛盾を言っているのですよ。

こんな分かりやすい指摘を意味不明とは、それこそ意味不明です。

 

→そういう意味なのでしたら、すでに回答済みです。以下に再掲しておきますから、よくお読みなさい(これに対する貴職の反論は、自説の強弁だけで、全く反論の体をなしていません)

 

貴職の引かれた第四世日道上人の「御伝土代」に

「仏滅後二千二百三十余年が間、一閻浮提の内、未曾有の大曼荼羅なりと図し給ふ御本尊に背く意は罪を無間に開く」

とある文は、もとより「二千二百二十余年」と「二千二百三十余年」の御本尊を対比して「二千二百三十余年」の御本尊を簡ぶ、という文意ではありません。

貴職も御承知のとおり、宗祖大聖人御図顕の曼荼羅御本尊の仏滅讚文には「二千二百二十余年」と「二千二百三十余年」の両様がありますが、そのうちの「二千二百三十余年」の御本尊を取って「二千二百二十余年」の御本尊を捨てる(本尊として崇めない)、などという義が、本宗には片鱗すらないことからも、明らかです。

この「御伝土代」の文は、()「釈尊像を本尊として崇め、正像二千年間に未曾有(すなわち末法に初めて出現)の曼荼羅御本尊に背けば、無間地獄に堕ちる」との趣旨で、釈尊像を崇めることを批判されたものに他なりません。

つまり、ここで「二千二百三十余年に未曾有」と言われた文意は、あくまでも「正像二千年間に未曾有(末法に初めて出現)の曼荼羅御本尊」という意味であって、それ以外の意味は全くありません。

 

✲日順「本門心底抄」

日尊「日尊実録」

日眼「五人所破抄見聞」

これらの「三十余年」は、以前挙げた「本尊七箇相承」とは合致し、戒壇本尊とは合致しない。

これが矛盾でなくてなんなのですか?

また違う書だ!と言って逃げますか?全て御伝土代と同様の「三十余年と書いてる!」という書ですよ。

 

→それらの書に述べられる仏滅讃文も、全て「御伝土代」における文意と同じく「正像二千年間に未曾有の大曼荼羅」の意です。他意はありません。

もし、戒壇大御本尊のことを述べられるのなら、「全ての宗祖御図顕の曼荼羅のうちでも弘安二年の大曼荼羅は···」と述べられますよ。

また、宗祖大聖人御図顕の曼荼羅御本尊の仏滅讚文には、「二千二百二十余年」と「二千二百三十余年」の他に「正像未弘之大曼荼羅」と示されたものもあり、まさに仏滅讚文の意味するところを示しています。日道上人の「御伝土代」における「仏滅後二千二百三十余年」もその趣旨を示されているに他なりません。

 

✲この中でも日尊「銘に云く」日眼の「三十余年とある文永十一年のころよりの御筆の曼陀羅、猶以て肝心也」。

こんな明確な言がありながら、「対比」ですか?「釈尊像を崇めるな」ということですか?

 

→私は「対比」ではない、と言っているのです。それが逆に読めるというのは、日本語がわかりませんか?

 

✲これらの僧侶は、「そう書いてる現物について」言っているのでしょう?

日本語だとそう読む以外に解釈できませんが。

 

→それは貴職が恣意的に読むからですよ。諸師は、正像に未曾有の大曼荼羅を信ずる、と言われているのであり、特に数多の曼荼羅中のこの曼荼羅を信ずる(他の曼荼羅は信じない)等と言われているのではありません。

 

✲最後はまた日寛の「二十余年」を出しますか?

 

→何のことですか? 私が日寛上人の文から挙げたのは「十月十二日」の建立日付ですよ。いよいよ錯乱してきましたか?

 

✲なぜ、上代の弟子よりも、宗祖滅五百年の歴代が優先されるのですかね。

全て日本語ですよ。

上記の書にも、当然御伝土代とも、戒壇本尊とは無関係であると明確だと言っているのですよ。

 

→誰も貴職の挙げた文が、戒壇大御本尊のことを述べている文だ、などと言っていませんよ。それなのに「無関係であると明確だと言っている」と、力んでどうするのですか?

本当に頭は大丈夫でしょうか?

 

✲何が意味不明なのでしょう?

三十余年と戒壇本尊の矛盾に関する関連書物です。

逃げずに向き合ってください。

 

→貴職の言には意味不明の箇所が多すぎる!それは、後日この双方のやり取りを読む人の、誰もが気付くことでしょう。

また、すでに説明したことですが、仏滅讃文が「二千二百二十余年」であれ「三十余年」であれ、曼荼羅御本尊はいずれも宗祖大聖人の御魂ですから、その違いによる取捨はなく、戒壇大御本尊とも何の矛盾もありません。

したがって、誰も逃げたりしていませんよ。

 

✲⑥捏造に捏造を重ねてきた日蓮正宗の義など証明になるわけないでしょうに。

>その全ての御本尊の中心・本体にあたるのが、広宣流布の暁に本門戒壇に安置される弘安二年の大御本尊である、

質問 ・・・その根拠を挙げてください。宗祖筆の証拠もない。疑念だらけ。

よくもまあこんなでたらめを言えますね。是非根拠を示されてください。

→貴職は、宗祖大聖人の御金言もまともに拝さず、ただ日蓮正宗への怨嫉の謗言を並べる大莫迦者です。

「三大秘法抄」における本門戒壇に関する御教示と、大御本尊の示し書に認められた「本門戒壇」の文字、それをよくよくお考えなさい。それでも、わからなければ、それは貴職の能力不足である、としか言いようがありません。

 

✲質問四・・・弘安二年十月著作の宗祖曼荼羅だけでも三遍現存。なぜ弘安二年の曼荼羅なのか?そして、それが戒壇本尊だと言えるのかの根拠を示してください。

 

→自分の文章をよく読み直してください。日本語として意味不明ですよ。

あえて貴職の意味不明の文章を、親切に読解してあげることはいたしません。

 

✲ちなみに、弘安二年以降の宗祖筆曼荼羅はおよそ六十遍。宗祖は、出世の本懐ほどの曼荼羅を図じした後、信仰の対象とできない枝葉の曼荼羅を六十遍も書かれたのですか?

これを信じてしまうことに、疑念を抱かないですか?

 

→だから、戒壇大御本尊以外の曼荼羅御本尊は信仰の対象にできない、などと、誰も言っていないではないですか。人の主張はよく読め、と言っておきます。

 

✲>したがって、宗祖の顕わされた仏滅讃文が「二十余年」の御本尊も「三十余年」の御本尊も、いずれも宗祖大聖人の御魂ですが、総体の本門戒壇大御本尊から離れた曼荼羅は、信仰の対象とはできない、というのが本宗の教義信条であります。

質問五 ・・・ご自分で書かれていて、なんの疑念も抱かないのでしょうか?上記の根拠を挙げてください。日蓮正宗の教義信条などなんの答えにも根拠にもなりません。

 

→この愚問についても、先程の、全ての御本尊の中心・本体に当たるのが戒壇大御本尊、というところで示した回答で充分です。

 

✲>これだけ説明すれば、貴職の批判が全くの的外れであったことがわかりますよね。

 

長文を挙げられたのはいいですが、なんですかこの根拠なき希望的解釈は。

 

→先程は、あえて根拠を教えてあげましたが、本当は、根拠を示す必要すらないのです。

何故ならば、これは、貴職が、日蓮正宗の信条について

 

あなたの文意では、別に「本門戒壇の大御本尊」でなくてもいいということになりますよ?歴史上、日蓮宗などが所持している宗祖曼荼羅さえ否定してきたのではないのですか?

いずれの仏滅讚文が示された御本尊も、皆、宗祖大聖人の御魂であると拝している、ということは、戒壇本尊以外の宗祖本尊(筆跡鑑定された百二十数遍)も、「信仰の対象として認める」ということでよろしいですね?

 

と問うてきたので、当方の信条を説明してあげたのです。したがって、この回答に根拠まで示す必要はない(そこまで求められてはいない)わけです。違いますか?

 

✲⑦>大御本尊の下部には別な示し書がありますので、その上の花押の、更に上を「下部」とは言いませんよ。

質問六・・・では、あの位置を何部というのですか?

 

→ほら、こうやって、すぐ別な方向へと脱線する。後の方でも、繰り返し日達上人を謗りながら、論点を逸らそうとしていますよね。

そもそもは貴職が、日達上人の文意を読み間違え、日達上人が「二千二百二十余年」を否定している、などと騒いだが故に、私がそれを破折したんじゃありませんか。それが議論の主旨でしょう?

そこでの私の言葉尻を捉えて、では讚文の認められている位置を何部と呼ぶか、なんて方向へ脱線させて誤魔化すような真似は止めなさい!恥ずかしいかぎりだ、まったく。

自分の明らかな間違い(日達上人が二千二百二十余年を否定したという主張)は、間違いであったと認めなさいよ。後から読む人達が呆れますよ(すでに私は呆れ返っていますが)

 

✲「右為現當二世 造立如件・・・・」という、字体も宗祖のものでもなく、金箔もなぜかそこだけ無いというところですよね?それ故に、写真でも見ることが困難な箇所ですよね?

「御首題御勧請皆金薄入りなり」ですので、勧請ではないから金箔はほどこされていないという言い訳を、もう散々聞いてきましたが・・・。

 

→金箔が施されていない!? 何か夢でも見ているのではありませんか?そんなことはない、とだけ言っておきましょう。

 

「右」と言いながら、なぜ花押の下にあるのか、不思議に思いませんか?

 

→これも日本語力が無いための珍説ですね。御本尊を認められて、その最後に(すなわち下部に)、これは現当二世のために造立・・・という意味で「右 現当二世の為に造立件の如し」と記されたわけです。普通の表現ではないですか。

不思議といえば、貴職の頭の構造こそが不思議であります。

 

✲>何も私が特別に見て知っているわけではありません ( )

 

見えないものを信じて大石寺のアナウンスを鵜呑みにして、それを信じてしまっていることはよく分かりました。人を誘うにはあまりに無責任ですね。

実物を見たこともない顕正会員となんら変わりませんよ。

いちいち「(笑)」など使わないほうがよろしいかと思いますよ。子供のケンカではないのですから。

 

→やはり日本語がわからないのですね。

私が何も特別な距離で拝して知っているわけではない、と言ったことに対しての反論()がこれですか?

ああ言えばこう言う、単なる反発のための反発を口先で言っているだけで、これではオウムの広報部長(当時)と変わりがありません。

また、私を特別な位置まで行ける立場だなどと、ふざけたことを書いてこられたから、笑ったのです。法義のことでは一度も笑っていませんよ。

笑われて腹か立ったなら、ああいう、人を持ち上げるかのようにして下げる、ふざけた文は書かないことです。

 

✲上代は皆「三十余年」、後世は「二十余」。そんな矛盾が理解できませんかね。

 

→もはや何を言っているのか、意味不明です。自分の頭の中でわかっているだけでは、他人と議論などできませんよ。もう少し自分の書いた文章の意味を考えてみたらどうですか?

 

✲⑧>私は、あくまでも議論の土俵は、日道上人の文意についてでなくては、議論が拡散して収拾がつかなくなる、と言っているのです。

 

溜息が出ますが、日道さんは日興上人からの系譜の人で、それをまとめたものが三師御伝土代ではないのですか?

それを、「三十余年」と戒壇本尊の矛盾について、「釈尊像を崇めるなという意味」だと言ったのはあなたでしょう?

では日興上人に「釈尊像を崇めるな」というお考えがあったのかを調べるのは当たり前でしょうに。

こんな簡単な道理が分かりませんか?

 

→全然わかりませんね。日道上人の書かれた文意が何か、を論じている時に、日道上人は日興上人の系譜だといって、日興上人の本尊観へと論点を移す、こういうのを議論の拡大というのです。

それを何回説明してもわからない、溜息が出ているのはこちらの方です。

 

 

以上、貴職の反論の悉くを破しました。もはや、貴職が出してきた当初の二つの疑難についても、自ずと決着は明らかになっていると思います。

 

すなわち、戒壇大御本尊の初出の建立日付からして違っている、との貴職の疑難は、何ら大御本尊を疑うに足るものではありませんでした。

 

また、日道上人が、仏滅後二千二百三十余年の御本尊に背けば堕地獄、と言われていることは、戒壇本尊より別な曼荼羅への信仰を求めていることになる、との疑難は、全く貴職の意味の取り違えであります。

 

以上のとおり決着は明らかだと思いますが、どうですか?

貴職がこれに異を称えなければ、次は貴職に対する当方からの質問(まさに宗旨の根幹に関わる疑難)を出させてもらおうと思います。

今回は長くなってしまったので、改めて数日中に送りますので、心してお答えください。以上



シリーズ⑦日蓮宗鎌倉薬王寺住職・大埜慈誠の邪義を破す!


【メール七・日蓮宗僧侶からの抗弁】(平成二十九年九月二十七日受信)

さて、返信遅くなりました。

彼岸、また今日は御嶽山の噴火犠牲者の慰霊に行っていたので遅くなりました。

なかなかご都合の悪いところにはお答えを頂けないようですので、ちょっとここまでのやりとりで、決定されたことを一つ確認させてください。

質問 一 ・・・戒壇本尊が宗祖筆である確たる証拠は持ちあわせていないということは自覚されているのですよね?証拠は無いけど、戒壇本尊に纏わる大石寺のアナウンスを信じておられるということでよろしいですね?

では、答えていきましょう。 
もちろん、審判が下るまでやりましょう。人類の幸福の為に、または誰かが詐欺的宗教に騙される可能性がなくなることですのでね。

①②③日有だろうが日因だろうが、血脈相承者であるにもかかわらす、誰が言った書いたを拘る意味が分かりませんが、では、日有=日因=他歴代大石寺住職が言えなくなるのではないのですか?

まあ、それを一信徒であるあなたがお認めなことはすでに確認しましたのでいいでしょう。

大石寺が売りに出された時代の方ですからね。曖昧になるのもうなずけます。戒壇本尊がありながら大石寺を売りに出されてしまうというのも、「それはどうしてだろう」と冷静に探究されるのが道理というものだと思いますが、それができない。ただただ大石寺のアナウンスを鵜呑みにしてしまう。

本当に残念なことですね。 
日有さんとすれば二十貫で買い戻して頑張ったのでしょう。大石寺の存続の為に右往左往なさったのでしょうね。

さてまず、あたなの文意であると、日有に至っては、「戒壇本尊についてはまったく触れていない」ということを認めていることになりますが、それでいいのですね? 
ですから何度も聞いている通り、

質問二・・・戒壇本尊の初出は、誰のなんという書物ですか?なぜ答えないのか理解できません。関連項目ですよ。

せめて日有くらいの時代にでも初出があればまだいくつかの疑念には対応できそうなものですが、もしも初出が日寛なら、宗祖滅後およそ五百年、日因ならさらに後。五百年ですよ?五百年。日有ならおそよ宗祖滅二百年でしたがね。

だから私は「この書も三十一世になって突然出てきたので、文献学では日有の書かも疑義がだされてきたものですが、大石寺では、これが初出とするわけですね?」と聞きましたでしょ?それをあなたが違うという。 
であるならば、

質問二・・・戒壇本尊の初出は、誰のなんという書物ですか?

なぜ答えないのでしょうか?逃げずに答えましょう。 
次に、「高橋智遍」『創価学会が真実ならば私は日蓮聖人の信仰をやめる』という書を読んだことはありますか?

その十一頁. 
【二】日蓮聖人滅後二〇〇年ごろ、はじめて出てきた「板マンダラ」 
という項で、日浄の『日有、開山の本懐に背き、未聞未見の板本尊これを彫刻す』という一説を挙げて、日有が突然言い出したと説明しています。

これに対して、「日蓮正宗創価学会批判を破す」の中で、ご丁寧に高橋氏の項目をつくってなんと反論したか。 
日浄の批判に終始し、何も触れずですよ。あなたと同じように「戒壇本尊初出」についても触れない。

さらに、日因は「日法伝」として「家中抄」を引用して、戒壇本尊の詳細を言うのではないのですか?

さらに御書を挙げて「一躰ならず三躰まで作る」と言ったかと思えば、「此御書は世間希なる間今具に之を書くなり、然に此の中に一体に非ず三尊まで造ると者当山の最初仏重須正御影なり、一躰は岡宮に之有りと云へり、又七面の明神者本来之有るか、七面の池之有り此池水に浮ひ出たる楠木なり、此板御本尊倶に三尊と遊されたるか、亦板御本尊の事をは略し遊されたるか測り難き者なり。」と。

『此板御本尊倶に三尊と遊されたるか、亦板御本尊の事をは略し遊されたるか測り難き者なり。』だそうですよ。

つまり、時系列で言えば、日法、日有、日因。日有は、日法彫刻も戒壇本尊の詳細も、どこにも触れずにこの世を去ったということですよ。

で、宗祖滅五百年の日因が、「戒壇本尊のことは略されたのかどうか分からない」と。

そりゃそうですよね、宗祖滅五百年の人が分かるわけありません。

もしも日蓮宗の僧侶で、宗祖滅後五百年の人が、あなた方と同じように「日蓮宗にだけ伝わるこの曼荼羅が正当な曼荼羅だ!」などと主張したら、あなたはなんと言うのでしょうか? 
少なくとも、そんな固有の曼荼羅を取り上げて、これこそ宗祖出世の本懐で、その他の曼荼羅は枝葉のようなものだなどという主張をするのは、大石寺と保田の万年救護本尊と、小野寺さんくらいでしょうか。

鬼の首を取ったようにあれは「あれは日因著作」だと言いますが、それこそ日有の時代には戒壇本尊がなかった証拠でしょうに。

あなたは日寛が言ったので間違いないと言いたいでしょうけれど、日因は日寛の後、たったの十四年後の相承者ですよ。

それがこのあり様です。こんな適当な相承を信じることが、はたして宗祖の本意であるのかどうか、冷静にお調べになられてはいかがでしょうか。

では、初出は誰がなんという書で残したのですか?宗祖滅何年の書ですか?

加えて日付まで宗祖の命日と間違える始末。

なぜこれを問題にしないのですか?冷静に探究されてみてはいかがでしょうか。

こんな矛盾だらけの本尊やら血脈やらを信じて、結果人を騙している可能性すらありますよ、このままでは。

>いずれにせよ、本宗では、血脈相承を尊びますが、 
よくもこんな曖昧な相承を尊びて、無責任にも人を勧誘できるなと、事実を知らず入信する人達が哀れで仕方ありません。

>質問は、当初の疑難が決着してからにしてください。さもないと、話題がどんどん拡散して、明確な結論が出なくなってしまいます。

全て関連質問ですよ。 
なぜ答えないのでしょうか。初出の書は、大石寺の正式な見解ではなんという書物なのかを聞いているだけですよ。

>「で、その最古の書の執筆者の時代まで、宗祖はおろか日興上人も日目、日道もだれも戒壇本尊にふれていないのは何故ですか?なんとも思いませんか? 」との問いにも、順を追って回答してあげますから、慌てずお待ちなさい。

これも関連質問ですよ。 
九世が初めて世に言い出したという疑念にはそれを否定せずここまできておいて、では誰なんですか?

それは宗祖滅何年ですか?と聞いているだけですよ。 
⑤都合の悪いことは答えないのですね、やはり。

「対比」などと言ってますが、『二千二百三十余年云々と書いてある本尊に背くな』と書かれている以上、二十余年とある戒壇本尊は、御伝土代から言えばまったく該当しない矛盾を言っているのですよ。

こんな分かりやすい指摘を意味不明とは、それこそ意味不明です。

また難癖で言い逃れをされるのでしょうけれど、 
日順「本門心底抄」 
『仏滅度後二千二百三十余年の間・一閻浮提の内未曽有の大漫荼羅なり、朝には低頭合掌し・夕には端坐思惟し・謹んで末法弘通の大御本尊の功徳を勘ふるに』

日尊「日尊実録」 
『本尊の銘に云く仏滅後二千二百三十余年之間一閻浮提之内未曽有大曼荼羅也』

日眼「五人所破抄見聞」 
『仏滅後二千二百三十余年の間一閻浮提の内未曾有の大曼陀羅と遊ばす也、所仏・菩薩・諸天等は衆生利益を肝要とせり、三十余年とある文永十一年のころよりの御筆の曼陀羅、猶以て肝心也』

これらの「三十余年」は、以前挙げた「本尊七箇相承」とは合致し、戒壇本尊とは合致しない。 
これが矛盾でなくてなんなのですか?

また違う書だ!と言って逃げますか?全て御伝土代と同様の「三十余年と書いてる!」という書ですよ。


この中でも日尊「銘に云く」日眼の「三十余年とある文永十一年のころよりの御筆の曼陀羅、猶以て肝心也」。 
こんな明確な言がありながら、「対比」ですか?「釈尊像を崇めるな」ということですか?それのほうが意味不明です。 
これらの僧侶は、「そう書いてる現物について」言っているのでしょう? 
日本語だとそう読む以外に解釈できませんが。

最後はまた日寛の「二十余年」を出しますか? 
なぜ、上代の弟子よりも、宗祖滅五百年の歴代が優先されるのですかね。

全て日本語ですよ。 
上記の書にも、当然御伝土代とも戒壇本尊とは無関係であると明確だと言っているのですよ。 
何が意味不明なのでしょう?

三十余年と戒壇本尊の矛盾に関する関連書物です。

逃げずに向き合ってください。

⑥捏造に捏造を重ねてきた日蓮正宗の義など証明になるわけないでしょうに。

>その全ての御本尊の中心・本体にあたるのが、広宣流布の暁に本門戒壇に安置される弘安二年の大御本尊である、

質問 三 ・・・その根拠を挙げてください。宗祖筆の証拠もない。疑念だらけ。 
よくもまあこんなでたらめを言えますね。是非根拠を示されてください。


質問四・・・弘安二年十月著作の宗祖曼荼羅だけでも三遍現存。なぜ弘安二年の曼荼羅なのか?そして、それが戒壇本尊だと言えるのかの根拠を示してください。

ちなみに、弘安二年以降の宗祖筆曼荼羅はおよそ六十遍。宗祖は、出世の本懐ほどの曼荼羅を図じした後、信仰の対象とできない枝葉の曼荼羅を六十遍も書かれたのですか? 
これを信じてしまうことに、疑念を抱かないですか?

>したがって、宗祖の顕わされた仏滅讃文が「二十余年」の御本尊も「三十余年」の御本尊も、いずれも宗祖大聖人の御魂ですが、総体の本門戒壇大御本尊から離れた曼荼羅は、信仰の対象とはできない、というのが本宗の教義信条であります。

質問五 ・・・ご自分で書かれていて、なんの疑念も抱かないのでしょうか?上記の根拠を挙げてください。日蓮正宗の教義信条などなんの答えにも根拠にもなりません。

>これだけ説明すれば、貴職の批判が全くの的外れであったことがわかりますよね。

長文を挙げられたのはいいですが、なんですかこの根拠なき希望的解釈は 
⑦>大御本尊の下部には別な示し書がありますので、その上の花押の、更に上を「下部」とは言いませんよ。

質問六・・・では、あの位置を何部というのですか?

もちろん、知ってますよ。 
「右為現當二世 造立如件・・・・」という、字体も宗祖のものでもなく、金箔もなぜかそこだけ無いというところですよね?それ故に、写真でも見ることが困難な箇所ですよね?

「御首題御勧請皆金薄入りなり」ですので、勧請ではないから金箔はほどこされていないという言い訳を、もう散々聞いてきましたが・・・。 
「右」と言いながら、なぜ花押の下にあるのか、不思議に思いませんか? 
少なくともあの箇所が、後世にとって付けたパッチワークだと言われる所以ですね。 
ちなみに、花押の下に授与者やら造立理由が書かれている宗祖筆曼荼羅も日興上人筆曼荼羅も私は見たことありませんね。 
開帳の時、どうぞお近くに行かれて、はたして宗祖の筆かどうか御確認されてはいかがでしょうか。

ご教授お待ちしております。

>貴職が言いたかったのは、日達上人が二千二百二十余年を否定した、というのでしょう?

「下方の部ではない」と言いたいが為に、「 安永君は板御本尊の下方の部に仏滅後二千二百二十余年 未曾有の大漫荼羅の御文が入れてあるというが、よくも斯様な出鱈目が言えたものと唯あきれる許りである。一度も拝せずして世情の与太議論の書を半齧りして根も葉もないことを誠しやかに論ずることになる」と言ったのですか?細井さんは。

では、あそこは「下方の部」ではなくて、なんという箇所であると、大石寺ではされてきたのですか?ご教授ください。

ちなみに、ここでは参考程度にしますが、細井さんが昭和四十一年一月一日書写した曼荼羅は、最下部に「仏滅後・・・・」とあり、そこには「二千二百三十余年」とありますね。 
統一性のかけらもない歴代の書写ですね。

>何も私が特別に見て知っているわけではありません ( 笑 ) 。

見えないものを信じて大石寺のアナウンスを鵜呑みにして、それを信じてしまっていることはよく分かりました。人を誘うにはあまりに無責任ですね。 
実物を見たこともない顕正会員となんら変わりませんよ。

いちいち「(笑)」など使わないほうがよろしいかと思いますよ。子供のケンカではないのですから。

>大御本尊の仏滅讃文が二千二百二十余年であることは、本宗内では広知の事実

ええ、ですから、それが大きな矛盾をきたしていることを言っているのですよ。 
上代は皆「三十余年」、後世は「二十余」。そんな矛盾が理解できませんかね。 
本宗の広知の事実などなんの答えにも根拠にもなりません。 
都合よく捏造してしまえば、広知の事実になりますからね、当然。 
しかしそんなものは通用しません。根拠を示してから人を勧誘すべきですね。詐欺の加担になりかねませんよ。

⑧>私は、あくまでも議論の土俵は、日道上人の文意についてでなくては、議論が拡散して収拾がつかなくなる、と言っているのです。

溜息が出ますが、日道さんは日興上人からの系譜の人で、それをまとめたものが三師御伝土代ではないのですか? 
それを、「三十余年」と戒壇本尊の矛盾について、「釈尊像を崇めるなという意味」だと言ったのはあなたでしょう? 
では日興上人に「釈尊像を崇めるな」というお考えがあったのかを調べるのは当たり前でしょうに。 
こんな簡単な道理が分かりませんか? 
それとも、また日興上人よりも後世の言を優先しないと都合が悪いですか?


⑨全て戒壇本尊に纏わる疑念ですからね、答えず逃げることはないでしょうから、お待ちしておりますよ。

大変申し訳ないのですが、大石寺やら日蓮正宗の主張など、なんの根拠にもなりませんよ。宗祖、日興上人、上代の弟子の言っていることと矛盾しているのですから。 
なぜ上代の書よりも後世の歴代を優先するんですかね、大石寺の皆さんは。 
まあ、そうでないと矛盾が解消しないのは分かりますが、宗祖に対する実直な探究とは到底言えませんね。

【シリーズ⑥日蓮宗鎌倉薬王寺住職・大埜慈誠の邪義を破す!】

【メール六・法華講員からの破折】(平成二十九年九月二十四日送信) 
前略 
貴職の本性が丸出しになったような返信を拝見しました。 
何度も忠告申し上げているように、もっと心を落ち着かせて、熟慮して文を書かれた方がよいと思いますよ。 
まず、貴職は私の所論を「揚げ足取りばかりで答えになっていない」などと言っていますが、答えになっているか、いないかは、回を重ねる毎に明らかになっていると存じますし、貴職の独善的な思い込みの強さによって議論が噛み合わなくなっていることや、貴職が勝他の念から頑として自らの誤りを認めまいとしていること等が、客観的に明らかになっている、と確信します。 
個人対個人とはいえ、正式な法論であり、メールの文章を証拠として残している以上、いずれ、この内容は公の目に触れるでしょうから、自ずと審判は下ります。それをお互い楽しみに、法論を続けましょう。 
①最初に、法論の出発点となった「有師物語聴聞抄佳跡上」に関して、私が、これは日有上人の所談と、それに関する日因上人の注釈をまとめた書であり、貴職はその日因上人の注釈部分を日有上人のものと見誤っている、と指摘したことに対し、貴職はあくまでも、
「富士宗学要集目次 は『日有上人談 日因上人記  有師物語聴聞抄佳跡 上』こうなってませんか?これを有師の言としてきたのはだれであろう大石寺ですよ」 
「揚げ足とるのやめましょうよ。時間も機会ももったいない」 
「私はこの書を見た時から、『日有の名を借りた、日因の創作書』だと思っていましたよ」 
などという妄説を主張しています。 
そこで、まず、文献の理解すらできなければ法論など進められませんから、その趣旨において、この文献についての位置付けをはっきりさせておきましょう。 
以下、日本語の理解に乏しい貴職のために、明らかな事実を示して、貴職の主張が誤っていることを証明します。 
「有師物語聴聞抄佳跡上」の文中、「本書に曰く」「日有上人の仰せに曰く」以下の文章ですが、これは、日有上人所談の聞書「御物語聴聞抄」からの引用であります。 
そして、その「御物語聴聞抄」の一節一節について日因上人が注釈を加えられたのが「有師物語聴聞抄佳跡上」なのです(ゆえに富士宗学要集の目次では、「有師物語聴聞抄佳跡上」の中に、日有上人談の部分と、日因上人記の部分があることを、併記して示しているのです)。 
ですから、もとより大石寺では「これ(有師物語聴聞抄佳跡上の注釈部分)を有師の言」だなどとしてはいません。 
また「私はこの書を見た時から、『日有の名を借りた、日因の創作書』だと思っていましたよ」などという貴職の主張も、邪心から出てくる妄想であります。 
ここまで説明すれば、わかりましたか?まず日有上人談「御物語聴聞抄」という書があり、それに日因上人が注釈を記された「有師物語聴聞抄佳跡上」があるのであり、これは理解の相違ではなく、厳然たる事実です。 
しかるに貴職は、「御物語聴聞抄」と「有師物語聴聞抄佳跡上」とがあることも知らず、日因上人の記述を日有上人のものであるかのように言ったり(これは前回指摘しましたね)、日有上人の所談をも日因上人が創作したかのごとく決めつける、という混乱を生じ、その上から謗言を恣にしているのです。 
こんな出鱈目な理解では(貴職は文献学云々と言っていますが)、貴職の主張は支離滅裂となり、まともな法論など進められようはずがありませんので、労を厭わず貴職の誤りを指摘した次第です。 
率直に自身の誤りを認めたらいかがですか。 
重ねて言いますが、貴職は文献の内容についての読解力が大きく欠如しています。その自覚もなく、強気で出鱈目な解釈を加えてこられますが、こんなレベルで法論をしようとは百年早い、というものです。 
②次に私が、貴職の 
「これが戒壇の大本尊の初出ですから、日蓮聖人の書にはおろか、日興さんも日目さんも、そこから八世まではどこにも出てこないわけですね。戒壇の大本尊ほどのもののことが。九世(日有上人)になって突然出てきたかと思えば、その日付が違っていると。これをどう思われますか」 
との言葉を挙げて、 
「この文のどこをどう読めば、日因上人の説だと思っていた、などと読めるのですか?少なくとも、戒壇大御本尊に触れた当該箇所について、貴職は、明確に日有上人のものとして批判をしているではないですか」 
と糾弾したことに対し、 
「揚げ足とるのやめましょうよ。時間も機会ももったいない」 
などと逃げを打ってしまわれました。 
この言からすれば、貴職が戒壇大御本尊についての初出を日有上人談であると書いたのは、貴職の日本語能力が足らなかったに過ぎない、これをまともに取り上げて批判してくるのは揚げ足取りだ、そこを攻めるのは止めてほしい、ということですね。 
よくわかりました。 
でも自分の表現の間違いを、相手側に転嫁するのは、やめてくださいね。何か「言うだけ番長」みたいで、正直さが感じられませんから。こういう姿勢は、世の中の青少年にも、良い影響を与えないと思いますよ。 
③次に貴職は、私が、戒壇大御本尊の日付は前代の日寛上人も明らかに「十月十二日」と述べられており、これは宗内で広知の事実だった、したがって後代の日因上人が「十月十三日」と記されたのは臨時の御失錯と考える他ない、と述べたことについて、 
「三十一世だろうと、戒壇本尊を相承された唯受一人血脈者が、相承を受けた十七年後の書物で、宗祖の命日と戒壇本尊の造立年月日を書き間違えたと。あなたはそれで納得なのですね? 
あなたがそれで納得しているならばそれでいいのではないでしょうか。 
血脈相承が聞いてあきれますが」 
などと言ってこられました。 
これだから貴職は真面目な学究者ではない、というのです。 
そもそも貴職が私に問うたのは、戒壇大御本尊の日付が初出から不確かではないか、との疑難でしたよね? 
私が、その疑難は当たらない、その以前から「十月十二日」は宗内で広知だったからだ、と明らかにしたところ、それに対する貴職の答えが、日因上人への揶揄誹謗というわけですか。 
呆れて物が言えません。 
このことからも、貴職は、表面上は偏りのないフリをしながら、内心は大石寺に対する勝他の念と怨嫉で固まっていることが、よくわかります。 
いずれにせよ、本宗では、血脈相承を尊びますが、それは法主上人の凡身の無謬論ではありませんので、いくら貴職が揶揄したところで、当方の教義信条が揺らぐわけではなく、ただ貴職の命が濁り、悪業が刻まれるだけのことであります。 
④このことに関連して、貴職は 
「それで最初の質問です。戒壇本尊初出はなんという書物で、誰の著作ですか? 
これは前にも聞いてます」 
と、更なる質問をしてきています。 
質問は、当初の疑難が決着してからにしてください。さもないと、話題がどんどん拡散して、明確な結論が出なくなってしまいます。 
「これは前にも聞いてます」とも言っていますが、貴職がこの問いを出してきたのは途中からであり、当初の疑難の中には含まれていません(最初のメールを見直してご覧なさい)。 
いずれにしても、一つずつ回答し、決着を付けていきますから、慌てなさるな。次下の 
「で、その最古の書の執筆者の時代まで、宗祖はおろか日興上人も日目、日道もだれも戒壇本尊にふれていないのは何故ですか?なんとも思いませんか? 」 
との問いにも、順を追って回答してあげますから、慌てずお待ちなさい。ただ、一つだけ言っておけば、戒壇大御本尊については、上古の時代から随所で触れられておりますが、貴職の勉強不足か、あるいは目が曇っているために、それらが見えないだけのことです。
⑤また貴職は、私が 
「どこからどう読んでも、『二千二百二十余年』とある御本尊と『三十余年』とある御本尊の対比ではないですか。 頭は大丈夫ですか? 」 
と述べたことに対し、 
「『図し給ふ御本尊に』をどう読んでるんですか?それこそ頭は大丈夫ですか?『そう書かれている本尊』以外の読み方があるのですか? 
『二千二百三十余年云々と書いてある本尊に背くな』と、『日本語』で書いてるのが読めませんか? 
二十余年とある戒壇本尊を相承されていながら、『二千二百三十余年と書いてある』本尊に背くなと、どうしてなっているのかを聞いているのです」 
などと述べていますが、もはや貴職が何をもって反駁としているのか、意味不明です。全く議論が噛み合っていません。 
この箇所については、重ねて説明などしても無駄でしょうから、当方の文をよく読み直してから改めて反駁してください。 
⑥また、これに続けて貴職は、私が「本宗では、『二千二百二十余年』と『二千二百三十余年』のいずれの仏滅讚文が示された御本尊も、皆、宗祖大聖人の御魂であると拝している」と述べたことに対し、 
「え?あなたの文意では、別に『本門戒壇の大御本尊』でなくてもいいということになりますよ? 
歴史上、日蓮宗などが所持している宗祖曼荼羅さえ否定してきたのではないのですか? 」 
「ということは、戒壇本尊以外の宗祖本尊(筆跡鑑定された百二十数遍)も、『信仰の対象として認める』ということでよろしいですね? 」 
などと反駁されています。 
法論において、相手の論点を批判しようというときは、もう少し相手の教義を調べてからにした方がよいのではありませんか? 
貴職の主張は全くの的外れであり、反駁にも値しませんが、かといって放置すれば、どうせ貴職のことですから「反論に詰まって逃避した」と言うに決まっています。 
ゆえに、煩わしいことですが、本宗の教義信条の一端を教えておきます。 
本宗では、仏滅讃文が「二千二百二十余年」の御本尊も「三十余年」の御本尊も、いずれも宗祖大聖人の御魂と拝しています。そして、その全ての御本尊の中心・本体にあたるのが、広宣流布の暁に本門戒壇に安置される弘安二年の大御本尊である、と拝しているのです(それは、本門戒壇は一閻浮提の衆生の参詣すべき道場ですから、そこに安置される御本尊は総体、それに対し、個々の信受する御本尊は別体にあたるからです)。 
しかして、この中心・総体の大御本尊から離れ背く人々は、いかに別体の御本尊を拝んだとしても、木の幹から切り離された枝に養分が行かないように、大御本尊からの血脈が切れ、何の功徳もないのです(現に、貴職の属する日蓮宗の寺々の僧侶方も、自分の宗旨には功徳などないと認めていましたよ)。 
また、総体の大御本尊に背く人々が、いかに宗祖の顕わされた曼荼羅本尊を護持していたとしても、そこには別体の意義が具わりませんから、我々はそこで礼拝したりしないのです。 
したがって、宗祖の顕わされた仏滅讃文が「二十余年」の御本尊も「三十余年」の御本尊も、いずれも宗祖大聖人の御魂ですが、総体の本門戒壇大御本尊から離れた曼荼羅は、信仰の対象とはできない、というのが本宗の教義信条であります。 
これだけ説明すれば、貴職の批判が全くの的外れであったことがわかりますよね。 
⑦次に、貴職が日達上人の所論を挙げて、 
「いったいどうなっているのですか? 細井さんに至っては、二十余年までも否定されている。 開帳できる貴殿は、ご覧になられた時にどう書いてありましたか?是非教えてください」 
などと述べたことについて、私は、それは貴職の読み間違えであり、日達上人は二千二百二十余年を否定したのではなく、讚文の位置が「下方の部ではない」と言われたのだ、ということを明らかにしました。 
すると、驚いたことに貴職は、 
「またすごいことを言いだしますね。 
では、どこに書かれているのですか? 写真を見た限り、主題の経の旁の下、宗祖花押の上、つまり下部に見えますが、どこの部に記されているのですか? 
まさか、下部ではなく、右下部であるとでも言いたいのですか? 
それを言う為に細井さんはあのようなコメントで批判したとか言うつもりではありませんよね? 」 
などと言い返してきました。 
大御本尊の下部には別な示し書がありますので、その上の花押の、更に上を「下部」とは言いませんよ。 
しかも、貴職が言いたかったのは、日達上人が二千二百二十余年を否定した、というのでしょう? 
それが貴職の読み間違えだった、ということを明らかにしたのですから、素直に認めたらいかがですか。 
こういうところにも、絶対に自らの誤りを認められない、貴職の見苦しさが現わわれています。 
ついでに言っておけば、大御本尊の仏滅讃文が二千二百二十余年であることは、本宗内では広知の事実であり、何も私が特別に見て知っているわけではありません(笑)。 
⑧次に、私は、日道上人の「御伝土代」の一節を論ずるのに「原殿御返事」を引いて日興上人の本尊観へと論点をずらしてはいけない、と述べておきましたが、それについて貴職は 
「何を言っているのでしょうか? 御伝土代のあの一説は、『日興上人御伝草案』ですよ?それをあなたが、あの一説を、『釈尊像を崇めることを批判されたもの』と言ったのでしょう? 
日興上人の書物をもって論証するのは当たり前でしょうに」 
などと弁明しています。 
しかし、この「御伝土代」が日興上人御伝の箇所であるにせよ、そこで述べられているのは、観心本尊抄の文意などを挙げられて、日道上人の立場から本尊観を示されたものです。 
その日道上人の述べられた文意について(といっても、文意を正しく理解できていないのですが)、貴職が疑難を投げかけてきたのですから、私は、あくまでも議論の土俵は、日道上人の文意についてでなくては、議論が拡散して収拾がつかなくなる、と言っているのです。 
こんな簡単な道理がわかりませんか? 本当にわからないのだとしたら、貴職はすでに頭破七分して意根が破壊されており、まともな議論などできなくなっている、としか言いようがありません。 
⑨最後に重ねて言いますが、まずは、最初のメールで貴職が提示した二つの疑難について決着させましょう。それが決着しないうちに、さらに論点を拡大させたり逸らせるような疑難をいくら出してきても、それには乗りませんよ。 
最初の二つについて決着させてから、当然、次は当方からの質問にお答えいただき、さらに貴職から出ている追加の疑難に私が答える、という進め方でなくては、公平な法論とは呼べないでしょう。それは誰が聞いてもわかりますよね。 
いずれにしても、これから法論を進めていく過程で、貴職が途中で持ち出してこられた日興上人の本尊観、「七箇之相承」中の讚文の事、熱原法難に関連する諸々、全て答えてあげますから、「逃げた」などと、とんでもない勘違いはしないことです。 
よろしいですか。 
以上、始めた法論はとことん行ないますので、急がなくても結構ですから、誠意ある返答をしてください。
記事検索
プロフィール

黒川 和雄

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ