2013年12月

2013年12月26日

内定のご報告♪

こんにちは(。・ω・)ノ゙
医療秘書科2年のきのこです


今日は内定についてお話します
私は調剤薬局から内定をいただきました(*´∇`*)
から調剤事務として働きます

BlogPaint









1次面接
最終面接回面接を行いました(`・ω・´)

履歴書の添削や、面接練習など、
キャリアサポートセンター(CSC)の方々に
サポートしていただきました

そして、最終面接はなんと…
社長さんとの面接で、とても緊張しました

緊張しましたが、SOKKI では面接練習などを
とても熱心に行ってくださるので、
無事に練習の成果を発揮することができました(*´ェ`*)

応援してくださったSOKKIの先生家族友人には
感謝しています

この気持ちを忘れないように、残り少ない学生生活
楽しみたいと思います


SOKKI は行事も充実していますよ
11月には河童祭(学園祭)があり、
とても楽しかったです

BlogPaint






私は2年連続学園祭実行委員をやらせていただいたので、
盛り上がれる河童祭にするため今年も頑張りました(*゚▽゚*)

多くの方にご来場いただき、嬉しかったです

SOKKI は冬休みに入りましたよ〜
みなさんも、たのしい年末年始を過ごしてくださいね



sokkiblog at 18:05 |  

2013年12月20日

*学園祭レポート* 頑張ったW−1グランプリ

こんにちは

介護福祉科2年のゴンです(・∀・)つ

今回は、今年の河童祭にも行われた
W−1グランプリ についてお伝えします(o^∇^o)

W−1グランプリとは
ダンス・歌・コント…などなど一発芸を発表して
その内容を競うSOKKI 恒例のイベントです

今年のW−1は自分にとって最後の河童祭だったので
思いきってW−1に参加しました。
W−1では、ダンスをゴンと大和田(力士)でやりました。
曲は、EXILEの銀河鉄道999

BlogPaint






放課後の時間や朝早く学校に来てめっちゃ練習をしました(^_^)
ダンス初心者だった自分は最初はまったくできず
振付を覚えるだけでとても苦労しました
でも、大和田(力士)やクラスメイトのおかげにより
なんとか振付を覚えられダンスを完成させることができました

そして、本番当日
優勝を勝ち取るために最後の練習をして本番を迎えました

発表する順番が1番最初だったので裏で待機している時は
とても緊張しました。
でも、始まってしまうと緊張感もだいぶなくなり、
ここまで来たら楽しもうと思い精一杯ダンスを踊りました

結果は、優勝をすることはできず入賞でした。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
でも、とても楽しくいい思い出になりましたヾ(=^▽^=)ノ


最後に今の1年生と来年入学する学生に一言

いつW−1出るか

来年でしょ



sokkiblog at 17:49 |  

2013年12月19日

実習病院選び(^v^)

こんにちは
医療秘書科1年のたぬぬです


先日2年次に行う実習病院選びを行いました

P1050633BlogPaint







最初はどこの病院にしようかとても迷っていましたが、
卒業生や先輩方が残していってくれた資料や
病院実習報告書を見たり
先生方に相談したりして決めました!!


また、内定者懇談会で先輩方の話を実際に聞いたり、病院の方から
仕事内容を聞き、実習病院を決めるのにとても参考になりました


実習病院選びは就職にもつながるのでとても慎重に選びました


まだ自分が就職するという自覚があまりないので
2年生になる前にはもっと自覚を持てるようにしたいです(´;ω;`)


実習は不安でもありますが、医療の現場を実際に学べるチャンスなので
より多くのことを学べるよう、元気よく頑張りたいたいと思います(*'-'*)



sokkiblog at 18:33 |  

2013年12月12日

*学園祭レポート* 第41回河童祭!!!

鍼灸医療科2年の三浦です

先日、第41回目となる河童祭が開催されました
自分は今年度、河童祭実行委員長を務めさせてもらいました
初めてのことで戸惑いながらも頑張ることができました

そして、昨年度に引き続き河童祭オープニングでは
バンド演奏をやらせてもらいました

BlogPaint






昨年度よりも学生の皆さんに盛り上げてもらい、
とても楽しく演奏することができました


そしてバンド演奏の後、開催の言葉を務めたのですが・・・笑

BlogPaint






頭の中が真っ白になってしまい、
うまく言えることができませんでした
とても恥ずかしかったです(笑)


我らが鍼灸医療科2年A組の出し物は
フォアグラハンバーグ
やらせていただきました
学園祭にしては珍しいものを出したことにより、
おかげさまで大盛況


今年の河童祭はせわしなく動いていましたが、
とても充実した河童祭でした
来年で最後の年ですが、最後の河童祭も
全力で楽しみたいと思っています



sokkiblog at 09:56 |  

2013年12月10日

*学園祭レポート* 実はおもしろい速記の世界

こんにちは
速記コンピュータ科の勅使河原です

去る11月30日に学園祭が開催されました。
クラスでは前述のとおり、ポップコーンを販売しました

BlogPaint






同時に、速記に関する本や速記者が関係する小説などを
展示するコーナーを設けました

IMG_0258BlogPaint






速記の本というと、教科書的な、硬いイメージを持たれがちです。
学園祭ではそのイメージを払拭し、身近に感じていただくために
小説を多めに展示しました
こちらもポップコーン同様、好評をいただきました

そこでこの場をおかりしまして、改めて
知っているようで知らない
実は奥の深い速記の世界
を御紹介します。

皆さんは「速記」と聞いて、何を思い浮かべますか
一番多いのは、国会の速記者ではないでしょうか。
本会議場の真ん中で演説を書き取っている姿に見覚えはありませんか。
展示では、国会速記者の方のインタビュー記事を掲示しました

IMG_0257






私も議会実習を経験しましたが、話し言葉を記録することは何と難しい
ことかと思いました。
検定問題では、ある程度言葉の規則性がありますが、人の口から
発せられる言葉に規則性はありません。
時には発言者の口元を見て速記する国会速記者。まさに職人技
です。

元速記者だった有名な作家もいらっしゃいますし、専属の速記者に
口述速記をさせて作品を書いていた作家もいらっしゃいます。

実は落語とも深くかかわっています
「速記本」を御存じですか。速記本は話芸を速記して出版したもので、
三遊亭円朝の「怪談牡丹燈籠」が始まりとされ、当時のベストセラー
となりました。
もし日本に速記術が誕生していなかったら「怪談牡丹燈籠」も現代まで
残らなかったかもしれません

速記者の仕事は速記文字を書くだけではありません。
一番重要なのは、記録として残せる正しい文章をつくり上げることです
国語力はもちろん、幅広い知識が要求されます。

記録を残す仕事は、単なる「記録係」ではなく、
文化の伝承という意味において、
とても重要な役割を担っているのではないか、そう思いました。

sokkiblog at 10:36 |