そばもん 1 (ビッグコミックス)

『福島をどう描くか』漫画「そばもん」山本おさむさん “主張が事実より上なわけがないですよ。主張にあわせて取材してもしょうがないのです。”








77:そくどく!:7777/77/77(速) 77:77:77.77 ID:sokudokuex






そばもん 1 (ビッグコミックス)

そばもん 1 (ビッグコミックス)

福島をどう描くか:第2回 漫画「そばもん」 山本おさむさん

漫画家はどう福島を描いたか。第2回は山本おさむさん(60)のインタビューをお届けする。

 山本さんは妻の両親の実家があった縁で福島県天栄村に約10年前に家を買い、職場のさいたま市との往復生活を始めたが、3年前の東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で、天栄村に住んでいた家族を埼玉県内に避難させた。自主避難生活を約2年間続け、現在は往復生活を再開している。この間の揺れ動く気持ちや自宅の除染、天栄村の米農家の様子などを「今日もいい天気 原発事故編」(双葉社)にまとめた。

 その後も福島県の食について継続的に取材を重ね、「ビッグコミック」(小学館)で連載中の「そばもん」では福島県産食材と放射性物質の問題を正面から取り上げ、話題となっている。山本さんは「福島県や福島産が危険か危険じゃないかといった議論は数値、データをベースにすべきだ」と話す。なぜ、福島での生活を再開したのか。福島と食を巡る問題などを山本さんに聞いた。


(略)


◇「原発の賛否と、人間の健康の問題、福島県産食材の問題は切り分けて考える必要がある」

−−立場を決めないことを表現することに葛藤はありましたか。

昔から、一つの情報だけに頼るのはやめようと決めていました。無知だとすぐ最初に出合った情報に染まってしまいます。

 何に関しても、ある論があれば、それに反対する論を調べています。だから放射能問題に関してもさまざまな情報を集め、安易に立場を決めない、という態度で接してきました。今も僕自身が専門家じゃないから正確な判定はできないと思っています。論争があることは分かるけど、どっちが正しいというのは断定できません。

 反原発かどうか、と聞かれると僕は反原発です。事故後、大熊町の町議さんに同行して取材として大熊に入りました。この時に思いました。僕は原発を消極的であれ、容認してきたのです。特に反対もしていませんでしたし、東京、埼玉で何の疑問もなく原発で作った電気を使ってきました。そのことを人に問うのではなく、まず自分に問おうと。原発事故で強制避難した方はこれ自体が被害です。僕も家を除染したり、避難したりした。これも今回の事故の被害だと言えます。事故で甚大な被害をもたらす原発をこれからも容認しようとは思いません。

 それでも、反原発だから放射能と健康の問題について危険寄りの見方をしたり、原発推進だから安全寄りの見方をしたりするといったことには賛同できないのです。原発の賛否と人間の健康の問題、福島県産食材の問題は切り分けて考える必要があると思っています。福島産を放射能の恐怖のスケープゴートにしてはいけないのではないでしょうか。反原発と反福島産はまったく別で語るべきです。


(略)


◇「事実やデータを無視して主張先行で話を展開すれば、批判を受けるのは当然です」

−−主人公はただデータを挙げて安全だと言うのではなく、生産者の取り組みについて「数値にはできないが、信頼している。だから、ありがたくいただく」という話もしています。

僕の実感を込めました。天栄村の米農家が研究して、1キロ当たり10ベクレルの検出限界値以下のお米を作ってくれたり、生産者の努力があったりしたおかげで僕は帰れたのです。ありがたいですし、恩人です。だから、感謝を込めて、ありがたくいただくのです。「コープふくしま」の陰膳(かげぜん)調査(コープふくしま福島は組合員に1人前余計に作ってもらい、放射性物質の測定結果を公表している)も調べましたが、日常の食事からは、ほとんどセシウムが検出されていないという事実もあります。食べ物が汚染されていたら、何のために戻るのかと考えてしまいます。

 こんな話もありました。僕が福島に戻って、旬のタケノコでタケノコご飯を食べようと思い立って買いに行ったのです。そうしたら「今、計測中で出していません」というお店ばかりで、やっと探せたのが山口県産タケノコの水煮です。そのくらい福島では測って出すというのが徹底しています。僕の家も梅の実を測ってもらったことがあります。その時は5ベクレルでした。「隠蔽(いんぺい)している」という人もいますが、隠しているとは思えません。

−−「そばもん」は何かを主張するより、事実を見るという姿勢ですね。

多様な事実を積み上げていくことで主張が出てくると僕は思っています。主張が事実より上なわけがないですよ。主張にあわせて取材してもしょうがないのです。事実から入ることが大事です。事実やデータを無視して主張先行で話を展開すれば、批判を受けるのは当然のことです。

−−今後の「そばもん」の展開は。

「いい天気」以降、震災後から3年が経過した僕の考えは「そばもん」の中で全て語っています。放射性物質とそばの話は今回の話で終わりにして、あとは通常の「そばもん」に戻ります。これから会津そばの話がいっぱい出てきますよ。

(全文はソースで)



















































オススメサイト人気記事


オススメサイトの新着記事