戦国BASARA Judge End 第1話 キャプチャ画像

第1話「決別感想まとめ
イントロダクション
時は群雄割拠の戦国乱世。

天下布武を唱える魔王・織田信長が本能寺にて、その腹心である明智光秀によって討ち取られる。
信長亡き後、圧倒的な武力をもって各地に侵攻したのは覇王・豊臣秀吉であった。

豊臣軍は抵抗を続ける関東名門・北条家の小田原城を包囲。その軍勢には、秀吉に忠誠を誓う石田三成や、同じく三河領主・徳川家康の姿もあった。

一方その頃、北条家侵攻を聞きつけた奥州筆頭・伊達政宗は、自らの高みを目指し小田原城へ進軍。無謀とも思える勝負に意気込むのだった。そして甲斐の武田軍では伊達進軍の報告を受け、真田幸村が戦場に想いを馳せていた。

乱世の先を見つめ、今時代が動き出す!









77:そくどく!:7777/77/77(速) 77:77:77.77 ID:sokudokuex






戦国BASARA Judge End 第1話 キャプチャ画像 まとめ





































































※豊臣秀吉役・置鮎龍太郎さん










オススメサイト人気記事


オススメサイトの新着記事