リトルプリンス 星の王子様と私

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名作小説「星の王子さま」を、1943年に出版されて以来、初めてアニメーション映画化する『リトルプリンス 星の王子さまと私』が、2015年冬に日本公開







77:そくどく!:7777/77/77(速) 77:77:77.77 ID:sokudokuex






リトルプリンス 星の王子様と私

「星の王子さま」が初アニメ映画化!2015年冬公開

 アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの名作小説「星の王子さま」を、1943年に出版されて以来、初めてアニメーション映画化する『リトルプリンス 星の王子さまと私』が、2015年冬に日本公開されることがわかった。監督を務めるのは『カンフー・パンダ』のマーク・オズボーン。オズボーン監督をはじめ、ドリームワークス アニメーション、ディズニー、ピクサーなどで大作を手掛けてきた世界の一流アーティストが集結して製作されているビッグプロジェクトだ。

 サハラ砂漠に不時着した飛行士と星の王子さまの交流を描いた「星の王子さま」は、1943年の出版以来270以上の言語に翻訳され、全世界で1億4,500万部以上を売り上げている不朽の名作だ。

 「このプロジェクトについて初めて打診されたとき、僕は興奮したと同時に心配になった。あれほどまでに詩的な名作を、損なうことなくどうやって映画化できる? あのストーリーの長編アニメ映画化なんて、不可能なことに思えたんだ」と打ち明けたオズボーン監督。しかし最終的には「これは一生に一度のチャンスだ」と考えるようになったといい、「映画化する上での鍵は、その本を巡って展開される、より壮大なストーリー……原作の世界観を忠実に描きつつ、そこを核にして大きく展開されるストーリーを描くことだと気付いた」と本作で取ることにしたアプローチについて語っている。

(続きはソースで)













































オススメサイト人気記事


オススメサイトの新着記事