ハイスコアガール

セガは担当者『約2年前にスクエニ社が申請にやってきた、しかしすでに連載は始まり一部のキャラクターが無断で使用されていたため厳重に抗議した』







77:そくどく!:7777/77/77(速) 77:77:77.77 ID:sokudokuex






ハイスコアガール

【衝撃事件の核心】消えたスクエニ「ハイスコアガール」警察の強制捜査を呼んだ著作権「なあなあ認識」のツケ

(略)

スクウェア・エニックスが発行する漫画「ハイスコアガール」。
著作権法にかかわる問題が浮上し、書店の本棚から消えた。大阪府警による捜査も進んでいる

たとえばゲーム大手「カプコン」(大阪)。同社のゲーム「ストリートファイター」も作中で数多く登場するが、連載開始時から使用許可を取っていたという。「ドラゴンスピリット」などが使われた「バンダイナムコゲームス」(東京)も同様だ。

また、「バーチャファイター」などのゲームが使われた「セガ」(同)は、担当者によると
約2年前にスクエニ社が申請にやってきた。
しかしすでに連載は始まり一部のキャラクターが無断で使用されていたためセガ社は「厳重に抗議した」


ただ、ゲームのPR効果も期待できるとして
今後はキャラクターが使用されている部分を事前に確認することを条件に、許諾したという。

 結果的に、SNK社とこれらの社との間では対応が異なっていたことになる。

(全文はソースで)










































オススメサイト人気記事


オススメサイトの新着記事