アストロ球団

『アストロ球団』などの漫画家・中島徳博氏(なかじま・のりひろ)が8月28日、大腸がんのため死去、64歳
お悔やみ申し上げます








77:そくどく!:7777/77/77(速) 77:77:77.77 ID:sokudokuex






「アストロ球団」の漫画家、中島徳博氏が死去

「アストロ球団」の漫画家、中島徳博氏が死去

中島徳博氏(なかじま・のりひろ=漫画家)8月28日、大腸がんのため死去、64歳。

(略)

昭和47~51年に「週刊少年ジャンプ」に連載された「アストロ球団」(遠崎史朗原作)の作画を担当し人気を博した。



「アストロ球団」

(アストロきゅうだん)は、原作:遠崎史朗、作画:中島徳博による日本の野球スポ根漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて、1972年(昭和47年)39号から1976年(昭和51年)26号にかけて連載された。

概要

本作品は、沢村栄治の遺志を受け継いだボール型のアザを持つ1954年(昭和29年)9月9日生まれの九人の超人たちが、打倒読売巨人軍、打倒アメリカ大リーグの目標を掲げ、一試合完全燃焼を信条に世界最強の野球チームの結成を目指して戦う物語である。『南総里見八犬伝』を下敷きにしており、結集するアストロ超人たちには八犬士の牡丹のアザと同じようにボール型のアザがある。

様々な魔球や必殺技が乱れ飛び、スポーツ漫画でありながら試合の中でデスマッチを繰り広げ、死者や廃人が累出するなど、異様ともいえる展開であり、単行本にして全20巻という長丁場でありながら、その展開ゆえに試合描写が長く、作中では僅か3試合しか行われていない。また、初期設定の矛盾や修正[1]、野球ルールの間違い[2]なども随所に見られるが、その熱さは他の追随を許さず、青少年ファンを熱狂させた。

また「盲目の美男子」というキャラクターを登場させたことによって、女性購読者層を大幅に拡大させた。

(続きはソースで)




























































オススメサイト人気記事


オススメサイトの新着記事