3D 義足

複数の企業からなるグループが、3Dプリンターの力で医療機器のデザイン性を高める取り組みをはじめていることが話題に









77:そくどく!:7777/77/77(速) 77:77:77.77 ID:sokudokuex






3D 義足

3Dプリンターが「義足」の民主化を加速する


手足を失うのは、悲劇的でショッキングな出来事だ。複数の企業からなるグループが、3Dプリンターの力でおしゃれとはいえない医療機器のデザイン性を高める取り組みを進めている。

芸術作品のような義肢を扱うBespoke Innovation。低価格の3Dプリンターを使って高性能の義肢をつくっているe-Nable。そこに、NYプラット・インスティテュートを最近卒業したウィリアム・ルーツが加わり、超軽量で“ステルス様式“の義足を3Dプリントするシステムを開発した。

「Exo」と名づけられた彼らの義肢のコンセプトは、ルート氏の美学とバイオメカトロニクス、肢切断患者への意識調査の結果を合体させて完成した。

(略)

この価格は、手作業での調整の理論上の廃止、格好良さや軽さという利点に釣り合うものだ。3Dプリンターがさらに普及すれば、患者がブートレッグ (海賊版) を使用することも起こりえる。

「Exoであれば、義足を手に入れるのに、プリント料金だけで済むことになるかもしれません」とルート氏は言う。「3Dプリント技術が進歩してさらに普及が進めば、価格は確実に下がるでしょう」

(全文はソースで)

































オススメサイト人気記事


オススメサイトの新着記事