2008年12月10日

生きていくための哲学とは


====スペシャルPR====

宣伝バナー


==============



sokudokusokucho at 00:06|Permalinkclip!

2006年10月09日

信頼関係を築く その3

今日は、動作を真似るということについて書きます。

これについては、あまり深く考えすぎず、相手の動作を
真似ることで、一体感が得られる、と考えれば
良いと思います。

相手が腕をくむと自分も腕をくむ。
相手が右手を上げると、こちらは左手を上げる。

・・・

そんな感じで鏡のようにこちらが意識的に動作を
真似るようにします。

ただ、このことが、相手に意識的な感覚が分からないように
さりげなく動作をすることが大切です。

このトレーニングを私は、何度も受けましたが、これが
以外と相手とのコミュニケションに役に立つことを
肌で感じました。

コツとしては、あまり大げさ過ぎず、さりげなく動作を
真似ることが大切だと思います。

繰り返しますが、これが以外と効果があります。

コミュニケーション能力が格段と上達するでしょう♪

 



sokudokusokucho at 17:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月08日

信頼関係を築く その2

言葉を繰り返すということは、「貴方の話を聞いていますよ」という
サインとなります。

例えば、相手がクレームをつけるのに対して、感情を沈めようと
したり反論するような態度をとると、ますます相手の感情に火が
ついてしまいます。

「どうしても譲れない・・・」という相手に対して、
「そんなわがままを言ってはよくない」と
反論するのではなくて、まずは「あなたは、こうしたいのですね」
というように、相手の言葉をそのまま返してあげるのです。

同意するわけではなく、ただ、「あなたのことを聞いていますよ」
というメッセージを出します。

それだけで、相手は自分が受け入れられていると思います。

バックトラッキングは、それ自体が目的ではなくて、
あくまでも信頼関係を築くことが目的となります。

コツとしては、相手に意見を言わないことだと思います。

精神的に受け入れ態勢をもつことで、相手との距離感が
縮まってくるでしょう。



sokudokusokucho at 17:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!