IMG_20201215_210350

今回は色々あって延期され、ようやく出たダークアドヴェントの第二弾

ダークアドヴェント Krakendress ラーニア DXverのレビューです

今回はイカをモチーフにしたクラーケンドレスになってますね
DXではクラゲも付属するのでDXVerを紹介出来る範囲でレビューしていきます

前作のソフィアのレビューはこちら
ドラゴンドレス ソフィア



IMG_20201215_211219

IMG_20201215_212213

ランナー紹介
まずはノーマル版から
今回もスタンドが付属しますが支柱ランナーが2つになってます
外装のパールが丁度いい具合のパールですね




IMG_20201215_212546

手は5種、顔は3種付属
手は少し硬いPVCなので、硬い場合はドライヤーで温める指示があります
顔パーツはチークがないクール系な顔ですね
デカールはフード、胸元、肩外装に貼るのが付属




IMG_20201215_213642

今回はパチ組ですが、お手軽仕上げだったら
スミ入れの黒、ホワイトピンクを入れるといいですね
あと金パーツを塗装してもいいかと思います
GXラフゴールドのみの指定なので、単色で吹くだけでいいですしね




IMG_20201215_215320

スタンドはラーニアと同じものなんですが、成型色が無色クリアになり
支柱ランナーが2枚に増えました
DXのクラゲを展示するために2枚になってるんでしょうね
支柱は余るんですが、スタンドに接続するパーツが足りないので
長さ調節に使うのが一番いいんですが、接続部の横に刺す
補強パーツを差し込むと、なかなか外すのが大変なので
補強パーツは付けないか長さを決めてから差すといいですね




IMG_20201215_221055

まずは頭部から組み立て
通常版とアドヴェントモードを切り替えられるようになってました
アドヴェントモードの金色パーツはランナーの都合でもう1セット余ります




IMG_20201215_221233

髪の編み込みの造形もよく、なかなか良い感じです
頭部に限った話じゃないんですが、ソフィアより調節されてるようで
全体的に組みやすくなったという印象です
デザインナイフでゴリゴリ削るようなとこは無いですね




IMG_20201215_224112

素体はソフィアとほとんど同じで、おっぱいと一部の飾りだけ
違うようになってました
ラーニアは布を垂れ下げるデザインなので、汎用ランナーの
ソフィアで使われてたパーツが余るので
ソフィアのおっぱいをそのまま再現出来ます
もちろん、メガミデバイス向けのパーツも付属してて大変嬉しい余剰パーツですね




IMG_20201215_225146

個体差なのか胸とお腹を繋ぐジョイントを固定する箇所が
どうしても上手くハマらず、若干削って接着しました
全体的にかなりよくなったとはいえ、どうしても僅かなとこで
調節した方が良い箇所もありますね
ちなみに股関節はPOMとABSの選択式です




IMG_20201215_225646

これで胴体の完成
パンツの金色パーツのデザインがソフィアから変更されてますが
基本的にソフィアと同じなので、可動範囲も良好ですね




IMG_20201216_224146

肩もちょっと硬かったので、今回はシリコンスプレーを使ってみました
買ったのはプラスチックに影響しないタイプのものですが
物によっては溶剤が含まれてるものがあったり
多く吹くと放出するガスがあまり良くなかったり
逆にゆるゆるになりすぎたり、余計なとこに付いたりするので



IMG_20201216_224130

ピンポイントで本当に少しシュッっと吹いてみました
グニグニ動かすだけで、なかなか滑りが良くなりますね
硬かったら削ればええやろの精神でやってきましたが
今後はシリコンスプレーを使うことが増えるかも

今回買ったのは東京マルイのシリコンメンテナンススプレーという
本来はエアガン用のですがプラスチックに浸透しないタイプで
プラモ用に使う方も多いようなので使ってみました






IMG_20201215_221901

素体の外見以外で唯一変わったのは太もものジョイントです
前回は両方肉抜きされてたんですが
今回は片方だけの肉抜きになってました
正直、どういう目的なのかは分かりませんが調節しやすいように
したかった・・・のかなぁ?




IMG_20201216_230013

腕や脚で嵌め具合があまりよろしく無かったソフィアでしたが
今回はそんなこともなく、非常にスムーズに組めました

実際、ギッチギチだった太もものロールは全然余裕で
回せるように調節されてて、スポスポ抜けることもなく丁度よかったです
あと、素材自体も硬めだった前回より気持ち柔らかいABSになったのかなという印象です




IMG_20201216_230229

これで素体の完成
ほとんどソフィアと同じ素体なんですが、おっぱいの違いは大きいですね




IMG_20201216_231731

ここからはアドヴェントモードに切り替え
と言っても各部に外装を付けるだけなのでお手軽です
肩はリングのフィンを外装に差し込むとこにデカールを貼ります
少しはみ出ても大丈夫なので筆塗りなどで塗っても良いですね




IMG_20201216_233045

あとは膝アーマーも付けて素体は切り替えました
他は全部クラーケンドレスに集約されてます

ちなみにクラーケンドレスの外装はPS素材になってて
素体はABSメイン、クラーケンドレスはPSメインでジョイントなどにABSとPOM
という構成になってました
金パーツを塗装してもいいかと思いますと書きましたが
金色ランナーはPS素材なので、気兼ねなく塗装出来るというわけですね




IMG_20201217_213518

いつもデカールは貼らないことが多いんですが
今回はクラーケンドレスのフードのだけは貼ってみました
雑に貼ってもペロンと剥がれない限りは全然余裕です




IMG_20201217_213624

というのもその上にパーツを更に重ねるので
スリットの間から見えるとこがちゃんとしてれば大丈夫だからです
更に合わせ目もフードの先端部だけになるので、見た目も非常に良いですね




IMG_20201217_214622

フードの横の飾りは外して手持ちの武器にすることも出来ます
基部は軸接続なので、基部ごと外して他の3mm軸穴に付ける
なんていうカスタマイズも出来てプレイバリューがいいですね




IMG_20201217_215252

背中のジョイントにフードを付けますが
被せるギミックもあって、結構柔軟に動かせる軸可動のジョイントになってます




IMG_20201217_221928

触手パーツは同じのを4つ組んでいきます
3つのパーツに分けられて、それぞれが軸接続なので
触手として伸ばしても扱いやすくなってます




IMG_20201217_222824

クラーケンドレス自体が結構大きいので
背中のジョイントはPOMを使います
中心のはABSのも付属してますが、強度を考えたらPOMの方が良いかも




IMG_20201217_222921

触手は畳んでスカートにするんですが、基部が中心のジョイントの
スリットで位置が固定出来るのでスカートにもしやすく
展開して触手にもしやすくなってます




IMG_20201217_223646

あとは腰部アーマーの組み立て
BJ接続なので割と柔軟に動かせますね




IMG_20201217_223751

ソフィアは主にガントレットが素体との大きな変更点だったんですが
ラーニアはクラーケンドレスに集約されてるのが面白いですね
大きい武装を1個取り付けて、ガラっと素体からイメージを
変えるというコンセプトが他にない魅力かと思います




IMG_20201217_224500

スタンドはクラーケンドレスの中央に取り付けますが
フードのジョイントと干渉するので少し上げておきましょう




IMG_20201217_230014

あとはメイスの組み立て。トゲは3mm軸で取り付けます
白いパーツは綺麗なパールでなかなか良いんですが
メイスのように箇所によっては、少し見栄えが寂しくなるので
ピンクでスミ入れするといいですね




IMG_20201217_225115

ソフィア以外の余剰パーツはメイスのピン(色を選択するので)
汎用的に使えそうなPOMの3mm軸ジョイント
あと、どう見ても軸が細い触手の先を変えれるジョイントがありました




IMG_20201217_232153

どんな用途で使うのかなと思いましたが、手首ジョイントの軸と同じようなので
試しに刺してみたら丁度いい太さでした
このように触手で遊べる余剰パーツなんじゃないかと思います




IMG_20201217_233413-crop

ここからはDX版をここのブログで紹介出来る範囲でレビューしていきます
印刷なし顔パーツの他は主にクラゲがメインになりますね




IMG_20201218_000604

LEDユニットが付属してて、ボタン電池LR41をそれぞれ2個使います
なので両方を光らせる場合は4個用意しときましょう
ちなみにスイッチは基盤にあるので、点灯→点滅→消灯と切り替えられますが
その際はLEDユニットを外して、カバーを外す必要があります




IMG_20201218_001641

クラゲにLEDユニットを仕込んでいきますが
真ん中に差し込むだけなので、割と簡単に取り出せます
展開ギミック付きで先端部が伸びたり脚を出せたり出来ます
先端部にクリアパーツが出てたりして、なかなか効果的に光って非常に綺麗です
プラスチックの透けを逆に利用して凄くいいですねぇ




IMG_20201218_001734-crop

クラゲは差し替えのおっぱいパーツに取り付けたり
専用のジョイントを使って腕に取り付けることも出来ます




IMG_20201218_002422

パッと見で分かりにくいんですがLEDユニットは向きがあって
間違えるとメイスに取り付けるジョイントを付けれなくなっちゃいます
その場合はピンセットやラジオペンチで取り出すといいですね




IMG_20201220_104043

あとはメイスにクラゲを付けて完成です!
流石にクラゲを付けるとめちゃ重いですねw
微妙に柄がスタンドに付くかどうかぐらいの長さなので、地面に付けるのも
あまり安定しにくいので、トゲを外して補助スタンドや
余剰パーツの支柱を上手く使うといいですね




IMG_20201220_104058-crop

非常に綺麗なパールの成型色がイカっぽさが出てていいですねぇ
プラスチックの透けが逆にイカっぽくていいんですよね




IMG_20201220_104111-crop

フードの飾りを武器に出来たり、フードを被せたり
触手を展開出来たりとプレイバリューが高く面白いですね
余剰パーツを使って遊ぶのもいいですし、各部が3mm軸なので
色々とカスタマイズしてもいいですね




IMG_20201220_104551

顔はチークが無いクール系なのがキリっとしてていいですね
おっぱいも布が何とも言えない色っぽさを引き出してます




IMG_20201220_105041

クラゲは他の支柱で単体で飾れるので、メイスから外して単体に
フードを被せ触手を展開してみました
触手、フードともによく動くので展開しやすく扱いやすいのがいいですね




IMG_20201220_104454-crop

自然光のみで撮影してたんですが、その状態で点灯させると
淡い光でぼや~っと光る感じですね




IMG_20201220_104517-crop

暗くして点灯させると半艶なクリアパーツとパールのプラスチックの
透けを非常に上手く活用して、凄く綺麗に光りますね
直接ピカーーっと光らないLEDの使い方が本当にいいですね



というわけで、ダークアドヴェント Krakendress ラーニア DXverのレビューでした

ソフィアよりグッと組み立てやすくなりデザインナイフで
ゴリゴリ削るようなことがなく、腕や脚の嵌め具合も丁度よくなってました
素材もABSばかりだったのがクラーケンドレスの多くがPSになって
素体こそ塗装には注意しなきゃですが、クラーケンドレスの大部分は
塗装しやすくなったのも大きな改善点ですね

ノーマル版でも十分プレイバリューが高く、クラーケンドレスが扱いやすいので
ギミックが楽しいキットなんですが、エロを抜きにしても
DXのクラゲも非常に出来が良いので、DXverを買ってもいいかと思います
特にLEDで光らせると凄く綺麗なのはコンセプトとマッチした
上手い光らせ具合なのが非常に綺麗で良かったです

武装を1個大きいのを付けてイメージを変えるコンセプトも面白いシリーズで
プレイバリューもよく、調整されて組みやすくなり
見た目も非常にいいので気になった方は是非、お手に取ってみては如何でしょうか?


ちなみに少し遅れてのレビューになったので、執筆時はどこも品薄or完売してるんですが
再販が割と早く来るかと思うので少し待って再販を買うといいですね





というわけで、載せれない箇所はリンク集にある別館のブログをご覧ください