P1010280

今回はアオシマの新シリーズ ヴァリアブルファイターガールズの第一弾
マクロスΔ VF-31J ジークフリードの素体のみのレビューとなります

武装は時間が足りなかったので、後日更新します

マクロスガールとか色々言われてますが
VFガールが一番浸透しそうですね  FAガールみたいなw

 
P1010281

P1010282

P1010283

P1010285

P1010286

P1010287

P1010288

ランナー一覧
FAガールのように顔パーツや手パーツは包装されてました
塗装済みパーツは特になく、素材は一般的な素材のみですが
素体はABSがほとんどで、少し柔らかい独特のABSという感じです
また、手はPVCですが少し固めですかね
関節などにPOMは使われてません




P1010284

バルキリーらしく、モールドもしっかり入ってました
メカ部分にスミ入れすると良さそうですね



P1010289

シールとデカール
デカールは目のみで、他は全てシールです
ちなみにおまけを含めると100枚ほどありますねw



P1010290

指定色
バルキリーは配色が派手で細かいので、どこも完全な色分けは出来ず
大抵はデカールやシールで補いますが、VFガールも同じです



P1010291

ただ、かなり薄いシールなので、綺麗に貼れるんだろうか?
と、かなり不安になりますね・・・



P1010292

説明書は普通に組みやすくなってます
が、地味に不便なところも少し・・・それは後述にて



P1010293

というわけで、頭部から組んでいきます
小さいピンまで削らないようにご注意を



P1010294

頭部は髪が良く動くようになってて
顔パーツに髪パーツを付けるという斬新な手法になってます



P1010295

顔パーツ交換時に髪パーツも外すことになるので要注意
接続部は四角になってました



P1010296

P1010297

てなわけで、頭部の完成
髪はメガミデバイスのように顔にフィットするタイプで見栄えもいいですね



P1010298

ただ、顔を交換する際は、ここまでバラすことになるので
横の髪パーツのピンを少し削ると交換しやすいかと思います



P1010299

続いては胴体部の組み立て
まずは胸からですが首はBJの2重接続でかなり柔軟に動きます
一方で肩はBJのみで、あとは回転軸があるだけなので
引き出しなどは出来ません



P1010300

ちなみに、この辺から素体では組み立てつつシールを貼ることになります
ですが、貼り付け指示は説明書末尾のみの記載で
組みつつ貼るにしても、いつどこに貼るのか分かりません
胸、胴、腰、腕とそれぞれ組み合わせる前に貼った方がいいですね

貼る場合は・・・ですが



P1010301
 
次は腰の組み立て
胸との接続部分は可動するんですが、少し硬いので
組む前に少し動かしておくといいでしょう
足の接続部は下にずらして可動範囲を広げられます



P1010302

というわけで、胴体を接続する前にシールを貼るんですが・・・

いや・・・これはないなぁ・・・

薄いシールなので、危惧した通りに綺麗に貼るのは難しい上に
下地の色が透けて見えるという有様
正直、これには凄くガッカリしましたね



P1010303
 
続いて腕の組み立て
まぁ普通なんですが、手はBJ接続なので初期FAガールのようですね
なので、手で表情を付けるのはやや不向きです
また、手が画像の2種の平手のみなのも少し残念でしょうか
軽く開いた手がないと、素体のみでポージングしにくいですね



P1010304

足の可動範囲はまずまずで普通に二重関節です
足首も横などに動くので接地性もまずまず
膝は装甲が干渉するので、曲がるのはこの角度までです



P1010309-crop

今回は素体の完成まで
こういうポーズには良い平手ではあるんですけどね



P1010311

顔はタンポ印刷で綺麗に仕上がってます
バイザーはクリアパーツにしてますが、普通のプラパーツ版もあって
接続穴を隠したい人にも安心ですね



P1010312

問題のシールですが、切れ込みを追加で入れても
おっぱいやお腹を綺麗に貼るのは、めちゃくちゃ難しく
綺麗に貼れても地色が透けるという、キャラ物としては如何なものかと思いますね

メガミデバイスのように白と青の
2パーツにしてラインだけシールとか
塗装済みパーツにするとか
せめて白いパーツにして、そこに青いシールを貼るとか
塗装用にマスキングシールを入れるとか

何かしらの対策はしてほしかったですね

ここだけでも部分塗装するか、いっそのこと貼らない方がいいでしょう



P1010313
 
腰も結構シールを貼りますが、こっちは透けない分マシですかね



P1010314-crop
 
スタンドの接続穴はジョイントを使って3mm軸が利用可能です



P1010315

後ろから見ても髪は細かく分けられてると分かりますね



P1010319-crop

武装というかバルキリーに乗るポーズも楽々なのはいいですね



P1010320-crop

比較にメガミデバイスでも
メガミデバイスぐらい胴体は曲がることが出来ます



P1010321-crop

並べると、ほぼほぼ同じ曲がり具合と分かるでしょうか?
VFガールではお腹が見えないようになってるのは〇
ただ、背中が1パーツ余計に見えるので、一長一短ですかね



P1010322

髪はもみあげ、耳横、後ろ髪、ツインテが動きます
なので可動範囲の妨げになることはないですね



P1010323

肩の可動範囲は並なんですが、形状が丸っぽくなっていて
自然なフォルムに見えるようになってるのは非常に良いです



P1010324-crop

肩自体はこれぐらい上がります
まぁ、武器を持つわけでもないので、これで十分かと思います
というか、小型じゃないガンポッドないとか・・・

足は若干女の子座りが出来ないぐらいですかね






これはアオシマに限らないことではあるんですが、バルキリーのプラモとなると
最大の鬼門は色分けですね
バンダイのものでもシールてんこ盛りですし、正直どうにかならんものかと・・・
一般機のカイロスぐらい地味なカラーリングでも、良いと思うんですけどねぇ

シールはぶっちゃけ酷いですが、色以外の可動範囲やルックスなどは素晴らしいので
尚のこと、色分けが残念に思っちゃいますね

次は完成版のレビューになります